デムーちんさんの映画レビュー・感想・評価

デムーちん

デムーちん

映画(770)
ドラマ(273)

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

4.5

ハリウッドならではの迫力戦闘シーンで是非映画館で
みる作品ですごく感動しました。
第二次世界大戦のミッドウェイ海戦の凄まじい日米の
緊迫感を感じる作品でした。
なかなか知らない部分の歴史も多く、このよ
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

4.0

この不思議な感じはなんだろうか?
ふわっと作品に引き込まれていきました。
テーマは『告白』ですかね。
人に何かを告白するには勇気も度胸も必要で
しかし告白した後の爽快感みたいなものが
作品全体に広がっ
>>続きを読む

囚われた国家(2019年製作の映画)

3.0

久しぶりの洋画観賞しました。
予告など見て期待してましたが、期待値よりは上がりませんでした。
もっと地球を侵略したエイリアンと戦うのかと思いきや
そのような方向へはいかず、迫力に欠けた。
人物像も弱く
>>続きを読む

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.5

長く会ってない昔の友達に会いたくなる映画で
女子のパワフルな面が印象的な作品でした。
主役は篠原涼子しかないですね。
過去に歌ったり踊ったりをしてきたので
やはりキレが違いますね。
家族を持つものと独
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

非常に笑える学園コメディーで面白かったです。
すごくありえそうな学園エピソードを全てふくらませて
表現してて、素晴らしかった。
やはり菅田将暉と吉田綱太郎のやり取りが
テンポよく最高でしたね。菅田将暉
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.0

是枝監督らしい、家族の姿をよくとらえた素晴らしい作品でした。
まずは、樹木希林の演技力がとても引き付けられた。
アドリブ等も、たくさん入っていると思える、
何とも言えない『間』が凄いと思います。
家族
>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

4.5

福山雅治主演の『SCOOP!』を見て、とても面白かった
ので、大根仁監督作品を続けて観賞しました。
すごく漫画家の栄光や苦労、挫折や苦悩が
ヒシヒシと感じられすごく面白かったです。
ストーリーがどんど
>>続きを読む

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.5

過去に戻り、自分の両親の生きている時代にタイムスリップ
するファンタジー映画でした。
大泉洋、劇団ひとりのマジック漫才は最高にテンポよく
さすがにプロフェッショナルでしたね。
自信を取り戻したい人にお
>>続きを読む

神様はバリにいる(2014年製作の映画)

3.5

人の忘れている感情や行動を思い出さしてくれる映画でした。
堤真一、最高にきまってましたね。笑顔になります。
大富豪でも、嫌味がなく真っすぐで尊敬します。
劇中の尾野真千子の表情の変わり方がすごく印象的
>>続きを読む

ホットロード(2014年製作の映画)

3.5

若者の熱い青春がとても良かった。
暴走族のリーダー格の登坂広臣と家庭に問題を
抱える少女、能年玲奈の青春恋愛映画。
やはり美男美女で映像的に良かった。
演技経験も少ない2人でしょうが
なかなか良かった
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.5

とにかく出演者がめちゃくちゃ豪華過ぎる。
全員が主役をはれる。
殺人事件の犯人が誰なのか最後まで分からず
集中して見れました。
綾野剛、松山ケンイチ、森山未來、みんな怪しく
暗い思い過去があり逃げなが
>>続きを読む

まほろ駅前狂騒曲(2014年製作の映画)

3.5

1作目が面白かったので、続けて観賞です。
どちらが良かったといえば1作目ですかね。
続編は期待する分、難しいですね。
前作同様、瑛太と松田龍平のコンビは最高で
人間味があって面白い。
2人とも子供に対
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

5.0

これは最高に面白かったですね。
久しぶりに5点満点つけます。
なんせ福山雅治がキレキレですね、
ぶっ飛んでてバッチリはまり役でしたね。
シリアスよりこっちがいい。テンポがいいですね。
男の求める全てが
>>続きを読む

ゲノムハザード ある天才科学者の5日間(2013年製作の映画)

3.0

初めは何だかよくわからなかったが、だんだん面白くなっていった。
韓国映画のマジックですね。
この手の映画は、登場人物が入れ代わったり
時間が行ったり来たりするので、考えながらみる
から、面白い。
記憶
>>続きを読む

スマグラー おまえの未来を運べ(2011年製作の映画)

3.5

妻夫木聡主演、見なければ。
バイオレンス&コメディーみたいな映画なのかなと思いました。
インパクトとしては、高嶋政宏ですね。
拷問のシーンがありますが、少し長すぎて作品の
方向性が分からなくなりました
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

4.0

皆さんの評価も高く、ずっと気になっていました。
南極観測隊の姿がコミカルかつリアルにえがかれていると思います。
生物も細菌でさえも生きられない極寒の南極の地域で
観測隊の8人がとても個性的で笑えました
>>続きを読む

イズ・エー(2003年製作の映画)

3.0

昔の映画ですが、小栗旬など過去の演技に注目しました。
犯罪者家族と被害者家族の復讐の話ですが
目の前で家族を失い、容疑者が少年法に守られ
わずかな年数で社会に復帰する、被害者としては
到底、許されるも
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.5

浜辺美波の新しい局面が見れる青春恋愛ドラマで面白かった。
とにかく彼女の変顔がとてもキュートで良かった。
清楚で可憐な彼女ですが、コメディー的な作品のほうが
際立つイメージです。
ただただ笑ってスカッ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

『浅田家』が公開されますので中野量太監督の作品を見ました。
皆さんの評価通り、素晴らしい感動の作品でした。
ストーリーも予測させない素晴らしい脚本だと思います。
はたして、自分がわずかな余命宣告を受け
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

久しぶりに本木雅弘主演映画を見ました。
とても身近な人が亡くなると今までと違う景色が
見えたり違う感覚になってゆくのが分かる。
子供嫌いが子供好きに気づき、女遊びをしなくなり
新たな自分が生まれてくる
>>続きを読む

君に届け(2010年製作の映画)

4.0

学園生活での青春映画です。
誰でも、ひょっと些細な事からイジメに発展して
ゆく事がある。最近は大人にもこの傾向が出てきた。
しかし、三浦春馬たちのような存在な子たちが
それを食い止める事ができる。
>>続きを読む

夕陽のあと(2019年製作の映画)

4.0

マイナーな映画なんだろうが、皆さんの評価も高かった
ので、見ることに決定しました。
どうしてもメジャーな作品に目が行きがちだが、
こういう作品に素晴らしい要素がたくさんありました。
産みの親と育ての親
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

4.0

綾野剛&松田龍平のW主演で内容も個人的には
好きでしたが、演技を見るだけでも素晴らしいです。
人間の表と裏を描いた作品で、ある意味サスペンス的な
要素もあり、展開が読めず面白かったです。
人間の表を見
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

第一次世界大戦の最前線の塹壕戦がとても臨場感
が伝わってくる作品でした。
ワンカット長回しでこの作品が有名になりましたが
どんなものか期待してました。結果は、
期待以上のハラハラドキドキで自分が戦場に
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

恋愛経験0の松岡さんが突っ走る斬新な映画でした。
とにかく松岡さんのキャラが良かった。
たまに劇中にでるF○CKの連呼が最高でした。
今まで見てきた松岡さんの最高傑作だと思います。
可愛らしい役より行
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.5

大学生の就活にまつわる映画でした。
みんなで就活を頑張って乗り切ろうと奮闘するが
人間なんて人の成功を心の底から喜んでくれる人、
心の中では、ひがむ人に分かれる。
夢を追い続ける者、現実的に生きる道を
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.5

ずっと見ようと思ってましたが、やっと観賞しました。
子供との親子愛を題材にした映画でとても考えさせられる
作品に仕上がっていると思います。
結局、不貞での出来事にハッピーエンドは訪れず
悪い方向に向か
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.5

桐島が出て来ないのが斬新と想像力を膨らせて
なかなか面白い作品でした。
何か学生時代の思い出がよみがえる映画で
たわいのない事に盛り上がったり汗かいたりで
青春満載の学園映画でした。
役柄も神木隆之介
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.5

なかなか考えさせられる映画でした。
『命』をどのようにとらえ、どのように考えるか、
現代の死について様々な考えがあり、人を殺す事で
自分の価値を高めたいという浅はかな幼稚な考え、
その幼稚な殺人に巻き
>>続きを読む

手紙(2006年製作の映画)

4.5

まだ見ぬ映画はに素晴らしい作品がありました。
家族とは、縁を切りたくても血の繋がりは消えない。
兄の事が大好きだが兄の犯した罪のため人生がうまくいかない。
兄を遠ざけようとしても血の繋がりは追って来る
>>続きを読む

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王(2018年製作の映画)

3.0

こういうタイプの映画は、1回観賞では、ちょっと難しいです。
人物も時間も入れ代わり、よく分からなくなってしまいます。
偽札作りの話ですが、本物と偽物を見極めるストーリーですが
人物の本物と偽物、時間の
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.5

若者のいろんな悩みが詰まった作品でした。
何かユルイ感じでどんどん物語が進んでゆく感じで
不思議な作品だった。
欲情、嫉妬、束縛、友情、暴力など若い者たちが対面する
感情をどう向かい合うかを問う作品で
>>続きを読む

at Home アットホーム(2015年製作の映画)

3.5

全く情報を入れずに観賞したため作品名からして
暖かい家族の物語かなと思いきや全然違って意表をつかれた。
まぁ、ある意味家族の暖かい物語だったのかもしれません。
ネグレクト、性虐待、DV、親の過剰な期待
>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

4.5

まだ見ぬ映画に素晴らしい作品がありました。
何となく歌や音楽にまつわる作品を避けてましたが
この作品を見た事により、気持ちが真逆に変わりました。
まずは、強気な新垣結衣に引きつかれました。
何か陽気な
>>続きを読む

想いのこし(2014年製作の映画)

3.5

最後のシーンは感動しましたね。
事故で亡くなった人が事故の生存者の岡田将生
だけが見える、少しファンタジーな作品でした。
本当にダメな人間なんていないのかもしれない。
誰に出会い、どんな経験をするかで
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.0

まだ見ぬ映画に、素晴らしい作品がありますね。
すごく兄弟愛にあふれた作品です。
人間のネガティブな部分をどう向き合って生きてゆくのか
自分の向かう生き方を問う映画でした。
人にどう見られどう言われても
>>続きを読む

>|