nago19さんの映画レビュー・感想・評価

nago19

nago19

映画(3121)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

コレクティブ 国家の嘘(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメンタリー風ではないんだ。本当に同時進行で撮影しているというのに驚く。ここまで分かっているのに変わらないのかな。日本の何たらかんたら文句を書いたんだけど、何処かから脅されそうだからやめた。写真の>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

こういう事件は時系列に追っていくのが分かりやすい。ボストンストロングは見たけど事件全体がこんな感じだったのかと。防犯カメラの威力、住宅街での銃撃戦、もともとの目的は逆恨み感も強い。一般人が爆弾が作れち>>続きを読む

パリの調香師 しあわせの香りを探して(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

匂いがしなくなる辛さ。今コロナでよく聞くけどこんな職業の人だったら致命的。自分ではなったことはないけれど香りは一番記憶を呼び起こすものだそうだし、嗅覚なかったら寂しいだろうな。頑ななアンヌの気持ちをほ>>続きを読む

ハッピーアワー(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

長かったけど自分も友達の1人のような気分で鑑賞。感情を込めない台詞で表現するのはこの監督の方法なのが何作か見てわかって来た。イメージフィルムみたいになるのは嫌だけど言いたいことを詰め込むと長くなるのは>>続きを読む

Summer of 85(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ダヴィド、私は絶対惹かれないけど男女両方イケて口八丁の感じは怪しい魅力。母親も夫を亡くして不安定(この女優さんはこんな役がほんと上手い。元々そういう感じの人なのかな)そんな危うやの中で、ノルマンディー>>続きを読む

獅子座(1959年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

こういう今までにないストーリーを若手監督が取ったのがヌーヴェルバーグなのね。ただパリの街を歩くピエール。ラスト近くまでどうなるか分からない。自分ならどうするかなぁとか遺産が手に入る前にあんなことしてと>>続きを読む

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

死者を丁寧に心を込めて弔って来たからこそ、ここから生きてる人間との新たな関係を築いていける、ビリーが出会わせてくれたのか、いい映画だなぁと思って見てたのに。この結末は悲しい。報われない。ジョンは見返り>>続きを読む

パーフェクト・ケア(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

天罰はどこで下るのかと思ったら。。。

気の毒なお年寄りと思って見始めたらマフィア絡みでどっちの味方でいたらいいのかグチャグチャな気分で見てた。途中のマフィア、あんな不確かな殺し方はしないだろうしボデ
>>続きを読む

いとこ同志(1959年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

一つの銃をどう使うのか、誰が誰を撃つのか、銃弾はいつ出るのか。ラストに山場を持って来てその後は想像するしかない。ベルを鳴らしているのは。ポールはどうする。途中の人々の関連性に反感も共感も微笑ましさも腹>>続きを読む

CUT(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あんなに殴られたら普通なら死ぬ。みんな加減してるのかな。映画愛と殴られ屋(そもそもの殴られ屋のイメージは街中に立って今晩ぶら下げて見知らぬ人に殴られるもんだと思ってた)が繋がらずなんでかなぁと思いなが>>続きを読む

悪い種子(たね)(1956年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

もともと舞台だそう。次々と人が訪ねてくるあたりとかモノローグとかとても舞台っぽい。最後に登場人物の紹介するところも。ストーリーはテンポも良くローダがもともと薄気味悪いし使用人も不気味で釘付けになる。面>>続きを読む

いとみち(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。津軽弁と岩木山とりんごの木、対照的なメイドカフェ。特技があるのは強い、その強みを知って生かせるようになれば最高。駒井蓮ちゃんは青森県出身、津軽弁は馴染みがあったとしても津軽三味線は凄いね。音>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作も、ワーニャおじさんも未読。子どもを亡くす、妻を亡くす、流産、水商売の母で中学生で運転、北海道の土砂災害、悲しみを詰め込んでる。それでも生きていかなきゃいけない人に、我慢しないでしっかり悲しんで生>>続きを読む

帰郷(2004年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

名前はチハル、ハルオさんのハルよでもう自分の子どもかもと思っちゃう真面目な青年。昔好きだった人、身に覚えもある。母親何やってんだか。都会から田舎に帰って実家が臭いというところだけでシングルマザーの苦労>>続きを読む

2/デュオ(1997年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

早送り、ながら見したため評価せず。

プロポーズのくだり、西嶋の後ろからのカメラだけどガラスに写ってる顔が印象的。即興とか読んだけどストーリーとかラストを決めた上でなのかな。難しそうだ。

いずれ売れ
>>続きを読む

岬のマヨイガ(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

大災害に見舞われて悲しみを抱えながらその場所で生きていこうとする人たちへのエール。
見ながら思ってたことは地域の人との繋がりを大事にしようってことだった。マヨイガやふしぎっとには会えないと思うけど人間
>>続きを読む

フリー・ウィリー(1993年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

水槽のガラスを叩かれて芸をするのを嫌がって首を横に振るウイリーでもう泣けた。逃したいあたりはE.T.とも重なる。儲け主義の水族館関係者はきっとこんな施設いまもある。

で、ウィリー役がkeikoってな
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

警備会社の中をこんなに出していいの?と思いながら見始めた。 
ジェイソンステイサムも元は悪者。FBIは警備会社の人間を調べてて復讐することに協力したってことなんだよね。過去に何かあるような人じゃないと
>>続きを読む

(1957年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。松本清張にハズレなしだなぁ。高度成長の時代、田舎と東京の格差。あれだけバタくさい岡田茉莉子の顔ならそれを武器にのしあがろうと思うだろうな。貧しい過去、断ち切りたい男、いい人間ではないけど可哀>>続きを読む

ブータン 山の教室(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

標高5000m以上の村、首都が2000m以上。想像がつかない高地でいきなり行ったら絶対高山病だね。美しい景色と思いを伝える歌。いい映画だった。
先生が家族や友人と離れて山に住むことはないだろう。ルナナ
>>続きを読む

マスカレード・ナイト(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

みんなそれぞれ何かありそうでどんどん増えてくるのが期待を煽る。





麻生久美子が旦那さんの話をしたとき、「私は最初からそうだと思ってたよ〜」と自慢げに思ったことが恥ずかしいわww覗いてた人、密告
>>続きを読む

大いなる勇者(1972年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

西部劇だけどロッキー山脈の山中で雪の中が多い。作品情報で実在した人の物語と知る。マウンテンマンとかビーバーの帽子がヨーロッパで売れていたとかマウンテンマンの多くは毛皮会社に雇われていたとか。
ストーリ
>>続きを読む

愛と精霊の家(1993年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

途中、チリ地震とチリ・クーデターをwikiで調べる。特別の階級の人たちの話。さらに特別な能力のある奥様。家族、夫婦、他者への愛。あんなに姉を疎んじたのは自分自身への憐れみ、階級への偏見か。独善的な生き>>続きを読む

461個のおべんとう(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読、テレビ版も本人出演の娘版も見てない。子ども2人にちゃんとお弁当を作ってあげなかったから東京ガスのCMとかこう言う話は耳が痛い。とにかく毎日作ってあげるだけで凄いこと。原作の渡辺俊美さんは知ら>>続きを読む

テーラー 人生の仕立て屋(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

序盤、銀行員のボタンの糸や肩につく糸、エンドロールの糸と印象的。中島みゆきの糸は紡ぐ糸だけどこちらは縫い合わせる糸か。隣の奥さんも若い頃デザイナーになりたかった〜とかあるのかな。雨が少ない地中海沿岸だ>>続きを読む

復讐者たち(2020年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

国同士が戦ってきた戦争とただの殺人は違うと思ったこともあったけど意味のない虐殺、一方的な侵略、無限の報復、全て殺人。後で謝罪しても亡くなった人は戻らないし残された人の悲しみ苦しみは癒えない。よく生きる>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ロバートデニーロの若い頃の狂気の演技はホント凄い。あの笑顔、あの目。誘拐罪ってあんなもんなのか?銃が偽物だったから?おそらく病院行き、最後のは幸せな妄想。
思い込みの激しい話の通じない人間。安倍さんの
>>続きを読む

明日に向かって笑え!(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

後半の何度も呼び出しをかけるあたりが一番面白かった。実際に金庫を襲うところは嵐の夜で仕方ないけど画面が暗くて楽しくない。町の人が悪者になりきれない中、女社長の息子だけが持ち逃げ。ずっと信じきれない母親>>続きを読む

キネマの神様(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。ジュリーの作品はいくつかみたけど今作何故か声の良さが気になった。役に合わないというか、歌手の声。他の作品は抑えた台詞が多かったからか。この年齢であの生活をするイメージではない。やっぱ志村けん>>続きを読む

ムニュランガボ(2007年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

生きていくことが精一杯の状況では、思いやりとか望めなくなる。逆恨みとか傲慢とか意地悪とかで気力を繋ぐ。生まれ落ちた国の違いで人の命の重さが変わっていく。虐殺の名残は続く。ラストの詩は心に響く。ルワンダ>>続きを読む

MINAMATAーミナマター(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こんな劇的に描かなくてもドキュメンタリーの方がいいのではと最初の方は思っていたけれど、後半の買収や放火に屈せずやり通したことは前半の描写が生きてくる。知識でしか知らなかった苦しみが生々しい。どこかでピ>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

監督の自伝的映画とのこと。悲しみも小さな幸せを感じることも大事。犬もきっと話してる。タイトルはビギナーズ。新しいことをすることも誰かがいなくなることも変化。不安とドキドキの加減が難しい。クリストファー>>続きを読む

リボルバー(1988年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

バラバラな人達が絡み合っていく面白さとロードムービーの面白さ、ジュリーの魅力だけじゃないハマり役のキャスト陣。ストーリーテラー的な柄本明と尾美としのりのコンビが最高に良かった。ラストもそこに落ち着くか>>続きを読む

陽のあたる場所(1951年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

途中まで浮気男の自業自得の話だと思っていたけどラスト数分考えさせられる。死んでくれればいいと思っていた→実際に手は下していない→都合よく事故が起きる→助けられたかも知れないけれど助けなかった→さて殺人>>続きを読む

リバティ・バランスを射った男(1962年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

西部の荒野が町になって行く時代。男気に溢れたジョンウェインと東部の空気を纏ったジェームズスチュアートがぴったりのキャスティング。遅れて悪かったと入ってきた時に実は死んでくれたらハリーが自分のものになる>>続きを読む

ときめきに死す(1984年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作未読。原作は場所は信州でターゲットは政治家だそう。80年代は怪しい新興宗教が出て来た頃。あまり知らない先輩から勧誘されたなぁ。映画はきっとターゲットは関係なくその日までの謎の生活を魅せるのが目的。>>続きを読む

>|