ネギトロさんの映画レビュー・感想・評価

ネギトロ

ネギトロ

大学生。今年は何本みれるかな。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0


歌は良い。音楽は良い。けれどもストーリーは薄っぺらくて雑。序盤のいきなりミュージカルも表面的にしか見えずかなり冷めた。

しかし、この序盤の薄さに落胆することがきっと重要であった!

主人公がつくり
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5


爆音映画祭

ごりごりのインド映画。
崖のぼって歌います。スケールがでかすぎます。

バーフバリ!
バーフバリ!
バーフバリ!

って叫べばいいと思ってやがる。


2018-7

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2


全編笑いがこらえきれない。もっとクスクス笑いながら観るべき。
真面目なシーンでもなんだか笑いがこみ上げてきちゃう。コテコテのラブコメといった感じ。

女の子ってこんなにかわいい生物でしたっけ。確かに
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.5


レズビアン、シングルマザー、トランスジェンダーの三世代と、奇抜で複雑な設定である。この設定を活かしきれているかと言われると微妙。自分には想像がつかない部分なのでもっと丁寧なストーリー展開がほしかった
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0


恨みに次ぐ恨み。全てが行動となって、この映画の過激な繋がりをつくりだす。
過激行動の裏側が見えないようでだんだん見えてくるような気がした。

モヤモヤ。いい意味で。


2018-4

ウェイキング・ライフ(2001年製作の映画)

4.2


夢と現実の狭間をいくアニメーション。
ひたすら喋る喋る。リンクレイターらしさ全開。

白昼夢をひとつの問題提起として、際限なく積み重なるメタ階層。夢、映画、人生、瞬間、あらゆるものに対するメタ的な投
>>続きを読む

ファーストフード・ネイション(2006年製作の映画)

3.5


ハンバーガーからの飛躍が激しい。国全体に広がるハンバーガーの闇。

2018-2

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.5


この映画を観ることはすなわち、ふたりと一緒に歩くことなんだ。

女と男のいる舗道(1962年製作の映画)

4.0


アンナ・カリーナの肖像画のような映画。

独特なゴダールの台詞とカメラの中で味わい深く映るカリーナ。


2018-1

インターステラー(2014年製作の映画)

4.2


文字通り高次元。壮大な世界が地球から宇宙の向こうまでつながっていると。

難解でよくわからないまたは納得いかない描写もいろいろあった。

かなりの鬱映画でもあると思う。壮大すぎるっていう部分も含め。
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.6

バチバチにかっけえ。もってかれた。

そもそも夢の中でアイデアを盗むっていうSF設定がかっこいいよね。それで夢の中だからやりたい放題で凄まじい画ばかり。

彼らがどんどん夢の深い階層に侵入していくのに
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.1


ジョーカー激アツ。これでもか!これでもか!とどんどんエスカレートしていくバトルに興奮。
いくらかシリアスでまさにダークな世界観であった。
バイクに痺れた。


2017-173

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.8


タイトルにある通り。バットマンが誕生する映画。

正義のために、悪を撲滅するために、「恐怖」のシンボルを目指したバットマン。ダークでかっこいい。モービルかっこいい。


2017-172

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

3.8


実際にあった石油掘削施設での爆発事故を元に映画化。

噴き出す泥水、爆発するガス、燃える海からの脱出劇はスペクタクル。

エンディングで、事故への戒め、追悼映画でもあると感じた。アメリカっぽい。
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.6


しんどい。恐かった。

メキシコでバカンス。知り合った軽ノリ男に連れられサメウォッチするはずが、案の定事故って海底に放置プレイ。47mっていうなんとも微妙なチープ感が逆に恐怖を煽る。

なにも見えな
>>続きを読む

ラサへの歩き方 祈りの2400km(2015年製作の映画)

3.3


ひたすらにひたすらに五体投地。

ドキュメンタリーみたいな雰囲気だけど、出産したり事故ったりドラマな展開は多かった。ただ地道にコツコツ五体投地を続ける様はチベットの人たちそのままの姿だといえる。
>>続きを読む

タイニー・ファニチャー(2010年製作の映画)

3.0


大学卒業後のこじらせ女子。
あまり若さは感じられない女子のトークが連続。かったるい。

このかったるさは小規模ならではであり、実はこれがリアルだったりする。


2017-168

ティーンエイジ(2013年製作の映画)

3.8


「ティーンエイジ」の誕生と歩みを辿るドキュメンタリー。
ティーンの映像が豊富。いつの時代も彼らはハツラツとしている。

歴史全体について皆が学ばされるが、もちろんそれはほとんど「大人」の歴史である。
>>続きを読む

はじまりのボーイミーツガール(2016年製作の映画)

3.4


その名の通りボーイミーツガール。
父親のボーイミーツガールもちらつくところが良い。双方の父親ががっつり出ててるから、これは父親映画とも言えると思う。

フランス映画っぽさもある。終わりかたが潔くバッ
>>続きを読む

小さな兵隊(1960年製作の映画)

3.4


『勝手にしやがれ』のマイナーチェンジ感。なのでアンナ・カリーナがこの映画の一番の特徴になるのかなと。


2017-165

木を植えた男(1987年製作の映画)

4.0


素朴なものであればあるほど、つくった人の思いや生き方がくっきり現れる。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

5.0


ついにリアルタイムで、映画館で、スターウォーズを観れた!心臓バクバク。

新世代がはじまったと強く感じる。新しい。エリート家系の伝説は、普通の人びと、名もなき人びとに伝播して新たな物語となる。
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.7


こんなにも感動するなんて…

はじまった瞬間からあふれだす「良い映画」感に、細かいことや結末さらにはストーリーがどうであろうと知ったこっちゃねえ!なんていう次元までエモーションを持っていかれた。
>>続きを読む

鋼の錬金術師(2017年製作の映画)

2.6


実写化でどうしても生まれてしまう「ダサさ」をどーにかこーにか隠そうとしていました。圧倒的なハガレンの格好良さはどこへいってしまったのか。

ただマンガ実写化映画は観る側も普通の映画とは異なる態度でも
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.5


大戦期のロンドン、映画制作現場。

働く女性のストーリーは良くも悪くも普通。それよりも時代描写がおもしろい。

この作品は人生(現実)と映画を近づけてみる試みなんじゃないかと思う。互いに絡み合ってい
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.3


2時間半と長尺だが退屈な長さを感じなかった。

いい意味で文学的な映画といいたい。決して映画としての特性に欠けるということではなく、原作の世界を忠実に映像化している点で自然と文学的だと感じた。相当な
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.2


『KUBO』とは全く異なるタイプのストップモーションアニメーション。
とにかく目ん玉が動く!

親が何らかの問題を抱えるこどもたちが集まって暮らす施設。親を失ったズッキーニはそこへ連れてこられる。個
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.1


人形がこんなに動くとやっぱそれだけで凄いなって思う。髪の毛とか折り紙とか。

日本人の琴線にふれるくらい忠実に、丁寧に、和の世界が描かれている。日本らしさは、三味線や折り紙といったシンボリックなもの
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6


ちょっと古びた遊園地のお化け屋敷パニックのような。

ジュブナイルホラーっていう響きが良い。
ジュブナイルとホラーの連結語であるが、これは無暗な連結ではないように思われる。恐怖:ホラーは少年期:ジュ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8


じわじわ怖い。
終盤の展開はストーリーの因果をしっかり説明してくれている。

テーマとなる人種差別を肌で感じられない日本人であることが惜しい。ミステリーかつホラーに人種を描くのが新鮮だった。


2
>>続きを読む

ヒッチコック/トリュフォー(2015年製作の映画)

3.6


「めまい」のところが面白かったなあ。

あと2人の写真撮影の場面は一見の価値あり。

2017-155

>|