ネギトロさんの映画レビュー・感想・評価

ネギトロ

ネギトロ

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.2


結婚式の二次会までの妙な時間
日が暮れていく時間
青春の過去と今が溶け合っていく

ありありと思い浮かぶ青春時代と、現在の自分とのギャップが、至る所に見えてきてしまう。
友人と再会したって戻れるわけ
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.3


少女をとりかこむ現実
気持ち悪い
不快

ただ、構成上どうしても出てしまうバラエティ的なノリがどこかミスマッチにも感じる

ブックセラーズ(2019年製作の映画)

3.0


歴史的遺産としての本
その価値は、デジタルの台頭と全く関係なく引き継がれる

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.5


せめぎあう宇宙飛行士と母親

規範を突き破ってはじめて両立できるのだと

宇宙の神秘と、親子の愛情との時を超えた接触はやはり美しい

ビーチ・バム まじめに不真面目(2019年製作の映画)

4.1


自由!欲望!詩!
ぶっちぎりめちゃめちゃクソの極み✌︎

酒!煙!ハッパ!
常にハイ✌︎ オール黄昏✌︎

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告(2020年製作の映画)

3.4


じいちゃんだって関係ねぇ!
手加減なしの爺孫バトル

トランポリンで飛び跳ねながらドッジボールするジジババのエネルギー

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.5


楽しみしていたリニア狙撃は、あっさりハテナ

今回もやりすぎコナン君
オリンピックも守られることはなく、しっかりメチャクチャに

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

3.5


化石は奥底にあるだけじゃない
何かのはずみで地上に顔を出す

掘り起こされた後、
丁寧に磨かれるのか
こじんまりと売られるのか
整然と展示されるのか

すれ違う恋愛と化石

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.3


騙し合いというか、
裏で手を回すビジネスライクなバトル

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

4.2


ジャンル愛に満ちた今を駆けるランドン印のホラーコメディ

JKとおっさん殺人鬼がスイッチなんて面白いに決まってる。それをちゃんと面白く撮るのが凄いんだ。

お決まりのお馬鹿ティーンの惨殺にはじまり、
>>続きを読む

14歳の栞(2021年製作の映画)

4.6


存在自体が奇跡的な映画

中二。14歳。
35人のクラスメイト。

クラスの真ん中からはしっこまで、ひとりひとりをまじまじと見つめる。

中学校に行ったことのある人ならば、誰もが自らの記憶の断片とこ
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.2


人と人の会話は実はかくもぎこちない。
付き合っている恋人でも、
初めて会った人でも、
人と人の間には、そこにしか発生しない"空気"が満ちていて、
普通はそんな"空気"はなんとなくしか感じられないのに
>>続きを読む

テスラ エジソンが恐れた天才(2020年製作の映画)

3.3


伝記をあくまで伝記的に、不気味で痺れる演出で。

Google検索結果を引き合いに出して伝記を語りはじめるストーリーテラーは登場人物も兼任し、
ときたま、スクリーンに投影された偽の背景で彼らは演じる
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.4


冒頭から、くだらないバカ映画だと全面的に主張してくる

ループに入ってしまった2人、どちらにとっても決していい一日ではなかったはず。しかしループする中で、自力でいい一日にしていく。
僕らの一日はいつ
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.3


この世界観をストップモーションでつくるとは。ライカにも匹敵する熱量がある。

キモくてグロい近未来SF
得体の知れない世界、キャラクター、ストーリー。

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.8


第一声はディアブロス

何度も戦い、討伐してきたモンスターがスクリーンで暴れ散らかしている
ハンターならばすぐ立ち上がって回復薬を飲めば済むところ、本物の人間はそうはいかない
納得の地獄絵図はモンス
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.4


アメリカの周縁をフィクショナルにあたたかく照らす

周縁部の人々のリアルは、人間的で文化的で何よりもアメリカ的だ

僕らとはかけ離れているはずの彼らの息遣いを身近に感じ取れる

夜明け、夕暮れの太陽
>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.2


やはりトムとジェリーは魅力的だ

アニメーションのドタバタをどうしても実写が邪魔してしまうような
頑張って実写をアニメーションに寄せているが化学反応は起きず

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.0


かなり出オチ
あらすじ・予告の時点でわかる設定がほぼ発展せず、鬱々と流れる

謎が明らかにされるのを期待してしまうと、不条理に投げ出される

狂った人は穴を掘る

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.3


対普通、脱まとも
ひたすら会話劇コメディ

「普通」な女子高生の会話の中、不機嫌とも気怠いともうんざりとも形容できない清原果耶の顔

圧倒的こじらせ女子感
ゴーストワールドの現代日本的進化系では
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.8


いかにもアメリカな開拓精神をベースに、移民事情を盛り込んで、
家族という普遍のものまで

穏やかに進んでいくストーリーに散りばめられたかすかな違和感
拾いきれないアメリカ事情

大変なこともあるけど
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.6


あまり起伏がなく、しっとりと日々が流れる

東京、地方都市と大胆に提示するが、社会階層への言及はかすかな一部にクローズアップして。

女性の様々なコミュニティをこと細かく描く。社会に分断を強いられて
>>続きを読む

ライアー×ライアー(2021年製作の映画)

3.3


大学はどうしようもない馬鹿で溢れていると。

気持ち悪さを「前から好きだった論」で乗り越えるのはどうだろうか。はりぼてハッピーエンドの常套手段では。

ブレイブ 群青戦記(2021年製作の映画)

3.4


高校の部活でどれが最強か?
ど定番のこの問いを、戦国時代に突っ込んでやってみちゃう映画

冒頭からバッタバッタと殺される高校生にギョッとする

あるあるというか、部活ステレオタイプが駆動力
剣道弓道
>>続きを読む

すくってごらん(2021年製作の映画)

3.5

百田夏菜子を見に行きました


新感覚ポップエンターテイメント
→半端な部分も勿論あるが、日本でミュージカル映画をやるならば、このポップ感と緩みが最適解か

金魚鉢イメージの360°カメラ、画面内の配
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.5



本当に終わるんだなという
一度きりしか味わえない不思議な心持ちがある


TVと旧劇とのオーバーラップ
良くも悪くも、これだけ年月が経っても変わらないエヴァらしさがある

綾波は綾波
アスカはアス
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.7


ディズニーのど直球がスクリーンに

東南アジア多部族桃太郎with龍
流石のテンポ感

歌わないけど、闘います

何度も何度も裏切られる
でも、いつでも初めての気持ちで信じるのだ

夏時間(2019年製作の映画)

3.7


『ぼくなつ』ぐらいの夏感
ゆっくり流れる時間、何気ないことにわくわくして、自由の気持ちよさ。
親戚の集まりの空気感

慣れてきたくらいで顔を覗かせる悩みごと諸々
やるせないことも悲しいことも

おと
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

3.5


確かにあの頃ほどはじけてはないが、あの頃が人生のピークではない
あの頃は脈々と今に生きる
推しが変わって、やりたいことが変わって、たとえ死んだって、人生のピークはあの頃から続く今だ

仲野太賀がぶっ
>>続きを読む

野球少女(2019年製作の映画)

3.3


"女子"とはいえ、野球ものはどう してもやりつくされている。
目が肥えてしまっているのか、
肝心の野球シーンが物足りない
野球もドラマも『メジャー』に及ばないと厳しい

背景ぼかしのアップ多用に韓ド
>>続きを読む

ノンストップ(2019年製作の映画)

3.5


ばりばりのコメディも韓国強し

韓流演技はそもそもコメディ向きか

世界で一番しあわせな食堂(2019年製作の映画)

3.9


スウェーデンの自然の美しさもあるが、数秒のロングショットがどれもばっちり決まっている。

中華料理の調理過程も見ていて気持ちいい

北欧の穏やかな時間の流れと合わせてストーリーも然るべき方へと進んで
>>続きを読む

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

3.1


ロマンチックおとぎ話

衣装美術はきれいなのに、ラストの海だけなんだかきれいじゃないのが気になってしまう

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.9


ヤクザ大河

ヤクザの盛衰と家族の因果

家族を失った痛みはいつまでも続く

>|