地球外生命体さんの映画レビュー・感想・評価

地球外生命体

地球外生命体

  • List view
  • Grid view

ヴァチカンのエクソシスト(2023年製作の映画)

3.1

ラッセル・クロウがホラー映画初主演を務め、カトリック教会の総本山バチカンのローマ教皇に仕えた実在のエクソシスト、ガブリエーレ・アモルト神父の回顧録「エクソシストは語る」を映画化。

生涯で数万回の悪魔
>>続きを読む

シンデレラマン(2005年製作の映画)

3.1

『ビューティフル・マインド』のロン・ハワード監督とラッセル・クロウが再びタッグを組んだ感動作。家族のために必死で戦った伝説のボクサー、ジム・ブラドックとその家族を描いた人間ドラマ。

 1929年、美
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.1

初の長編劇映画『(500)日のサマー』が絶賛され、大作『アメイジング・スパイダーマン』2部作を成功させたウェッブ監督が、恐らくは本来得意な等身大の人間ドラマに戻った意欲作。

生まれて間もなく母親を亡
>>続きを読む

トーゴー(2019年製作の映画)

3.4

1920年代アラスカで犬ぞりリレーによって血清を運んだ【ノーム血清走行(1925 Serum Run to Nome)】の実話をもとに映画化。

大人のトーゴ役を演じているシベリアン・ハスキーの「ディ
>>続きを読む

ダゲール街の人々(1976年製作の映画)

-

アニエス・バルダのドキュメンタリー作家としての代表作で、自身が事務所兼住居を構えるパリ14区のダゲール通りに暮らす人々の姿を捉えた作品。

パリ14区、モンパルナスの一角にあるダゲール通り。銀板写真を
>>続きを読む

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

3.5

幸福を求める平凡な夫婦に訪れる皮肉な運命を描いた人間ドラマ。

フランソワは美しい妻テレーズや可愛い子どもたちに囲まれ、平穏で幸せな毎日を送っていた。ある日、近くの町へ出かけたフランソワは、郵便局で働
>>続きを読む

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

3.7

処女作から7年後の1961年に発表された初の長編商業映画。

ガンの診断結果を待つ若い女性歌手クレオの5時から7時までをリアルタイムで切り取った作品。ポップ歌手のクレオは自分がガンではないかと疑い、病
>>続きを読む

ラ・ポワント・クールト(1955年製作の映画)

3.4

ゴダールの『勝手にしやがれ』よりも5年、トリュフォーの『大人は判ってくれない』よりも4年も早く製作された、「ヌーヴェルヴァーグはここから始まった」と言っても過言ではない伝説的作品。

1954年、当初
>>続きを読む

アニエスによるヴァルダ(2019年製作の映画)

3.8

2019年3月に他界したフランスの名匠アニエス・バルダの遺作となった作品。

長編劇映画監督デビュー作『ラ・ポワント・クールト』(55)から、世界各国の数々の映画賞に輝いた前作『顔たち、ところどころ』
>>続きを読む

金の国 水の国(2023年製作の映画)

3.1

【このマンガがすごい!2017オンナ編】第1位、【マンガ大賞2017】第2位、【THE BEST MANGA 2017 このマンガを読め!】第3位を獲得した岩本ナオの同名コミックをアニメーション映画化>>続きを読む

ソウルメイト/七月と安生(2016年製作の映画)

3.2

『少年の君』が第93回アカデミー国際長編映画賞にノミネートされたデレク・ツァン監督が、同作の前に手がけた単独監督デビュー作。

『少年の君』にも主演したチョウ・ドンユイが今作でも主演を務め、中国の作家
>>続きを読む

アブラカダブラ 魔法の箱(2019年製作の映画)

3.0

インドネシア産のオフビートなブラックコメディファンタジー。

手品師ルクマンは引退を決意しながら、あるステージに立つ。そこで彼は自分と同じくマジシャンだった父親が残した、人を消すという木箱を使うが、客
>>続きを読む

ベトナムを懐う(2017年製作の映画)

3.1

祖国を離れ、ニューヨークで暮らす3世代のベトナム人たちを描いた、人気舞台の映画化作品。長く戦争が続いたベトナムの哀しい歴史を背負いながら、異国で故郷を懐うそれぞれの想いを丁寧に描き出す。

こちらの元
>>続きを読む

ユンヒへ(2019年製作の映画)

3.0

北海道・小樽の美しい冬景色を背景に、2人の女性が心の奥に封じてきた恋の記憶をミステリアスに紡いだラブストーリー。監督は本作が長編2作目となる新鋭イム・デヒョン。

韓国の地方都市で高校生の娘と暮らすシ
>>続きを読む

群山:鵞鳥を咏う(2018年製作の映画)

4.0

『慶州 ヒョンとユニ』など韓国の地方都市や、「柳川」「福岡」など日本を舞台にした作品を発表しているチャン・リュル監督が、日本統治時代の面影が濃く残る韓国の地方都市・群山を舞台に撮影した作品。

鳴かず
>>続きを読む

眠れぬ夜のカルテ(2014年製作の映画)

2.9

台湾の若手映画監督レスト・チェン、そしてシュウ・チェンがエグゼクティブ・プロデューサーと主演を務めているサスペンス。

精神科医のシゥ・ルイニンは面倒な患者に遭遇する。見えないものが見えると主張するニ
>>続きを読む

軍中楽園(2014年製作の映画)

3.0

台湾の金門島に1950年代初頭から90年まで国防部の正式機関として実在した「軍中特約茶室」(通称、軍中楽園)と呼ばれる娼館を舞台に、時代に翻弄される男女の悲哀を描く。

『モンガに散る』のニウ・チェン
>>続きを読む

ブラインド・マッサージ(2014年製作の映画)

3.9

中国で20万部のベストセラーとなり、茅盾(ボウジュン)文学賞受賞した、ビー・フェイユィによる傑作長編を鬼才ロウ・イエ監督が映画化。南京の盲人マッサージ院で巻き起こる人間模様を描く。

視覚障害者の視点
>>続きを読む

スプリング・フィーバー(2009年製作の映画)

3.3

天安門事件を題材にした『天安門、恋人たち』で2006年に中国当局から5年間の映画製作禁止を言い渡されたロウ・イエ監督が、当局の目をかいくぐって手持ちカメラによるゲリラ撮影で撮りあげた心理サスペンス。現>>続きを読む

ふたりの人魚(2000年製作の映画)

3.3

現代の上海を舞台に、ビデオ・カメラマンの男とナイト・クラブで人魚を演じるメイメイ、運び屋のマーダーとマーダーの前から姿を消した少女ムーダンという2組のカップルの愛が、ミステリアスかつ複雑にからみ合う新>>続きを読む

最愛の子(2014年製作の映画)

3.6

『ラヴソング』『ウォーロード 男たちの誓い』のピーター・チャン監督による、実話を元にしたヒューマンミステリー。

本作は、年間20万人もの子どもが行方不明になっていると言われる中国で、実際に起こった事
>>続きを読む

チェッカーで(毎回)勝つ方法(2015年製作の映画)

3.5

ラッタウット・ラープチャルーンサップのベストセラー短編集『観光』の中の2編『徴兵の⽇』と『カフェ・ラブリーで』を原作に、11歳の少年が傷つきながらもタイの階級社会を⽣き抜く術を⾝に付けて成⻑していく姿>>続きを読む

ブラザーフッド(2004年製作の映画)

3.0

『シュリ』のカン・ジェギュ監督が4年ぶりにメガホンを取った野心作。製作当時では韓国映画史上最高だった製作費を注ぎ、公開59日目にして『シルミド』を破り1200万人の動員新記録を樹立した大ヒット映画。>>続きを読む

スペアキー(2022年製作の映画)

3.2

⼈⽣と⾃由に⽬覚めていく少⼥を瑞々しく演じるセレステ・ブランケル、そしてアルノー・デプレシャンの『あの頃エッフェル塔の下で』で発見された期待の若手俳優カンタン・ドルメールを迎えた、詩情とユーモア溢れる>>続きを読む

のら犬(2023年製作の映画)

3.2

孤独と愛をテーマに社会問題を浮き彫りにし、優しさとは、そして男らしさとは何かを考えさせる作品。

南フランスの小さな村。幼なじみのドッグとミラレスは、一日の大半を路上をぶらついて過ごしている。ドッグを
>>続きを読む

ジャングルのけもの(2023年製作の映画)

3.0

ヘンリー・ジェイムズの1903年に発表された同名⼩説を⾃由な解釈で映画化した、クラブカルチャーへのオマージュ的作品。

25年間、謎の“出来事”を待ち受けて巨大なナイトクラブに出入りする一組の男女。1
>>続きを読む

緑の香水(2022年製作の映画)

3.0

『アリスと市長』が好評だったニコラ・パリゼール監督がコメディエンヌとして絶大な人気を誇るサンドリーヌ・キベルランとやはり引っ張りだこの若手ナンバーワン俳優ヴァンサン・ラコストを主演に迎えた長編三作目。>>続きを読む

楽園(2023年製作の映画)

3.2

少年院で出所の希望が見えてきた青年と、新入りの青年による獄中恋愛を描いた作品。ゼノ・グラトン監督長編デビュー作。

もうじき少年院から出られそうな17歳のジョー。判事が彼の出所を認めれば、晴れて自由の
>>続きを読む

ふたりだけのロデオ(2022年製作の映画)

3.2

ジョエル・デジャルダン=パケット監督が幼少期の思い出を軸に、トラックレース大会「ロデオ」が開かれるカナダ西部の町を目指す父と娘の関係を繊細に描く。

ひと悶着の末、妻と別れたセルジュJr.は、9歳の娘
>>続きを読む

ジャヌスとサムの酔っ払い道中(2023年製作の映画)

3.2

フランスの田舎町を舞台に、大人へと成長する幼なじみ間のズレを巧みに描いた、ユーモラスで温かい青春コメディ。

高校生活最後の日。卒業パーティにお酒を持っていくことになったジャヌスとサムは、お酒が原因で
>>続きを読む

イヌとイタリア人、お断り!/犬とイタリア人お断り(2022年製作の映画)

3.5

イタリア移民である、アラン・ウゲット監督の家族の歴史を、ユーモアを織り交ぜて繊細に描く。ファシズムの台頭により貧しい生活を余儀なくされた北イタリアの一家を描くストップモーションアニメ。

20世紀初頭
>>続きを読む

北極星(2022年製作の映画)

3.3

正反対の姉妹の姿を描くと同時に、女性航海士の地位をも浮き彫りにする作品。物理的にも、精神的にも、隔たりの向こう側に辿り着いたとき、そこには何があるのか…。

人との交流とフランスでの過去の暮らしから距
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.2

第86回アカデミー作品賞受賞作。南部の農園に売られた黒人ソロモン・ノーサップが12年間の壮絶な奴隷生活をつづった伝記を『SHAME シェイム』で注目を集めたスティーブ・マックイーン監督が映画化した人間>>続きを読む

甘い人生(2005年製作の映画)

3.2

表と裏の社会に通じた頭脳明晰な男が、ある女性との出会いをきっかけに自らの運命を狂わせていく姿をラブロマンスを絡めて描いたサスペンス。

韓国・ソウルにある高級ホテルの優雅なスカイラウンジを取り仕切る総
>>続きを読む

高地戦(2011年製作の映画)

3.2

朝鮮戦争の激戦地を舞台に、停戦協定成立から発効までの12時間に行われた最後の戦闘に参加した兵士たちの姿を描いた戦争映画。

2012年・第84回アカデミー賞外国語映画賞韓国代表作品。

1953年冬。
>>続きを読む

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

3.9

韓国現代史を背景に1人の男性の20年間を描き、韓国のアカデミー賞である大鐘賞映画祭で作品賞など主要5部門に輝いた人間ドラマ。イ・チャンドン監督が1999年に手がけた長編第2作。

99年、春。仕事も家
>>続きを読む

>|