ninjaさんの映画レビュー・感想・評価

ninja

ninja

パパが遺した物語(2015年製作の映画)

4.2

親娘の絆の物語。

エンディングの曲が的確に
娘を思う父の気持ちが
込められてるきがする。

父と娘に“さよなら”はない

マダム・マロリーと魔法のスパイス(2014年製作の映画)

4.3

ミシュラン一つ星を誇る老舗フレンチレストラン頑固な女主人、ヘレン・ミレンと向かいにオープンしたインドレストランとの戦い。

話は、思っている通りに進んで行く。
それがつまらないって事でなく安心して引き
>>続きを読む

ウォルト・ディズニーの約束(2013年製作の映画)

4.2

『メリー・ポピンズ』の作者、パメラ・トラヴァースの幼少時代と、1961年にウォルト・ディズニーと『メリー・ポピンズ』映画化の交渉をする過程が描かれる。

『ウォルト・ディズニーの約束』、このタイトルは
>>続きを読む

ポンペイ(2014年製作の映画)

3.0

火山の噴火で壊滅した街の話だけに
火山の噴火の描写が凄かった。

レプリカズ(2018年製作の映画)

3.0

事故で家族を失った天才科学者が、クローンや意識の移植によって家族のレプリカを作る。
『ジョン・ウィック』シリーズとは別のキアヌ・リーブス暴走映画。

最後、エドも助けても良かったのでは

シャロン・ストーン in シークレット・スパイ(2004年製作の映画)

2.8

イギリスの特派員レオと結婚し、幸せな生活を送っていた女性サリー。
ある日突然レオが失跡。彼女は、夫レオがソ連の二重スパイだったことを知る。
国を売った男とその妻。愛を取り戻そうとするのだが…。

劇場
>>続きを読む

フェティッシュ(1996年製作の映画)

3.2

クエンティン・タランティーノ製作総指揮によるブラックコメディ。

可愛いが変わった趣味のガブリエラ。
さらぁ〜っと楽しめた

カポネ(2020年製作の映画)

2.6

マフィアのドン、アル・カポネは刑期を終えてひっそりと暮らしていた。アルは思考力や判断力をすっかり失っていた。幻覚やフラッシュバックで精神状態は悪化の一途。

アル・カポネの知られざる晩年を描いた作品。
>>続きを読む

EVE/イヴ(1991年製作の映画)

3.3

ハイヒールを履いたターミネーター。ってキャッチコピーまんまでした。

古さは感じたが、楽しめた。

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

3.5

本作品は、『エンド・オブ・ホワイトハウス』、『エンド・オブ・キングダム』に続く『エンド・オブ・』シリーズ3作目。
冒頭のドローンでの攻撃、これやられたら防ぎようない気がする。

シリーズの安定感、楽し
>>続きを読む

スリープレス・ナイト(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

簡単に言うと、
極秘任務遂行し、息子を助け、内務調査官の追跡を逃れると言う主人公の一晩の出来事なんだが、詰め込み過ぎて話の内容に厚みが無かった気がする。

しかも最近の、流行なのか、続編を匂わすエンデ
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

3.0

荷物を22マイル先に運ぶ事をミッションにしたアクション映画だが、劇中に登場する母親二人。

最終的には、誰のミッションが成功したのだろうか?

本作品は、三部作の一作目となってるからか、結局はミッショ
>>続きを読む

フォックスファイア 少女たちの告白/ガールズ・ギャング・ストーリー(2012年製作の映画)

3.8

1955年、高校生だった少女たちが起こした“革命”を描いた作品。

前知識無く観たが引き込まれてしまった。
140分が、あっという間だった。

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.0

エジソンは、子供の頃伝記で読み天才発明家と認識してたが、大人になってからは、企業家としてはかなり悪どいと聞いていた。

そんなエジソンの良いところも悪いところも見れた。

今、映画が観れるのもエジソン
>>続きを読む

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

3.2

まったり、ほのぼのとした作品。
いくつになっても、こんな作品を楽しんで見ていきたいです。

選挙の勝ち方教えます(2015年製作の映画)

3.0

シリアルなのかコメディなのか、二兎追うものは一頭も得ず状態でどっちにも中途半端感を感じた。

日本では、劇場未公開。

インサイド・マン2(2019年製作の映画)

3.5

前作はスパーク・リー監督、デンゼル・ワシントン、ジョディ・フォスターなど豪華スター共演で話題となった『インサイド・マン』の続編。

前作と違い名の通った役者が一人も居ない。
評価を見ると割れてたが、僕
>>続きを読む

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

4.0

小説『老いたる詐欺師』を原作としている。

このタイトルがしっくりくる気がする。

おじいちゃんとおばあちゃんがチャトで知り合い恋がはじまる。
恋愛映画から、ホラー映画がまじりミステリー映画と。

>>続きを読む

バックトレース(2018年製作の映画)

2.8

主演、ジルベスター・スタローンになってるが・・・。

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.8

世界屈指の犯罪都市ロサンゼルスを舞台に銀行強盗団(アウトロー)と重犯罪特捜班(アウトロー)を率いる型破りな刑事の対決。どちらにも感情導入できる。

今までの犯罪スリラー映画の古典の数々に並々ならぬ敬意
>>続きを読む

グリンチ(2000年製作の映画)

2.8

アニメ版が思ったより好印象だったので実写版見てみたが、アニメの方が僕は良かった。

バイオハザードV リトリビューション(2012年製作の映画)

3.0

ファイナル見てて、なんか話しが繋がらないと思ったら、これ見逃してたみたい。

ここから、ファイナルへ!

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.6

アイアンマンシリーズの監督、ジョン・ファヴローが監督・脚本・製作・主演を務めたコメディドラマ映画。

ほのぼの、楽しめた。

グリンチ(2018年製作の映画)

3.2

ゴールデンウィークなのにクリスマス映画鑑賞。
何も考えないで見たが、最後はポロっとしてしまった。
シンディ・ルー、良い子だね。良い子に育てたドナがまた最高。

続けて吹き替えでも見たが、大泉洋のグリン
>>続きを読む

バグダッド・スキャンダル(2018年製作の映画)

3.5

元国連職員が自身の体験をもとに執筆した小説の映画化で、国連史上最悪の政治スキャンダルとされる、困窮するイラク国民を救うはずの夢の人道支援プログラム「石油食料交換プログラム」の裏で行われていた不正を描い>>続きを読む

カタリーナ・ブルームの失われた名誉(1975年製作の映画)

3.0

1970年代、一人の独身女性が過剰の報道に捲きこまれ不運な人生をたどることになる姿を描く。

汚れた血(1986年製作の映画)

2.8

レオス・カラックス監督作品で、ボーイ・ミーツ・ガール に続く『アレックス青春三部作』のニ作目。

公開時期に観てたら入り込めたんだろうか、今初めて観て僕の評価はこんなもんかな。


ジュリエット・ビノ
>>続きを読む

>|