ナカノカナさんの映画レビュー・感想・評価

ナカノカナ

ナカノカナ

映画(772)
ドラマ(17)

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

4.4


絶対観るなら今だなと思って即課金。
かなりよかった。映画館で見たかったなー。

ダウン症であるかどうかよりも
その人がどうやって生きるのかっていう
生き方についてフォーカスしているのがよかったなあ。
>>続きを読む

レディ・オア・ノット(2019年製作の映画)

3.0


ひゃーやっと見れた。
サマラちゃんかわいすぎてずっと見たかった。

しかしまあ結婚するの怖くなりますね!(笑)
カジュアルな世の中になったけど、結婚して嫁入りするってことは自分の家族や血筋から離れる
>>続きを読む

スウィンダラーズ(2017年製作の映画)

-


だろうなあと思う流れでしか進んでいかなくて残念。
驚きとか感動とかなし。 

もう少しエンタメか残忍な方かどちらかに振って欲しかったなー。

アス(2019年製作の映画)

2.7


いつのまにアマプラインされてて即鑑賞!
前作ほど張り詰めてなくて、笑えるところがありがたい。(まあブラックジョークですが...)

いろいろ知識がある方は深読みできて
更に面白そうだねえ。

仁寺洞スキャンダル 〜神の手を持つ男〜(2009年製作の映画)

-


最初はまあまあ面白いかなって思えたのに
途中からなぜか坂を急降下し始めて残念なことに。


しっかしまあ韓国あるあるの日本語を頑張って喋って日本人のフリするの本当にやめてほしい。それやるなら字幕入れ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.3


냄세가...

最近脳細胞が死滅してきてるのか、
おもしろい!と思っているはずなのに
どこそこの、何それが、これこれで面白いんだと説明できない。無念。

アマゾンさんが先行でレンタルオープンしてくれ
>>続きを読む

Curve(原題)(2016年製作の映画)

-


メタファーとかワカランまま年をとってしまってかなしいなあ。
何が面白いのか全く理解できないんだから。

ハリー・ポッターと魔法の歴史(2017年製作の映画)

2.5


改めてハリーポッター見返したくなったー。

これ系の分野はいつになってもわくわくするなあ。

ザ・キング(2017年製作の映画)

-


眠くはないけど、退屈。

ただでさえ、どうせ最後はこうなるんでしょうねとわかってしまうストーリーなのに、テスが淡々と語り続けるのは盛り上がりに欠ける。

アレコレ出す割に役目がない人たちも多すぎて
>>続きを読む

トラスト・ミー 楽しかったあの日々を(2017年製作の映画)

-


イケてる女子が出てこないソロリティなんて、、、
21世紀つら、、、

サイレントヒル(2006年製作の映画)

-


原作やらないまま見たからなのか、そうでないかは知らんけど、よくわからん。

怖くもなければ、ラストもよくわからん。
ホラーあるあるのよくわからん怖いと違って、ただよくわかんないw

検察側の罪人(2018年製作の映画)

-


ナンダコレ。
何見せられた2時間も。笑

風呂敷広げたらいいけどしまえない!
ならまだしも、政治宗教戦争を持出されたらもう終わりだ。見たくない。気分が悪い。

そんなものはエンタメ以外でやってくれ。
>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.1


とにかく平和な映画はいつ見てもいいなあ。

娘ちゃんと息子くんがイケ過ぎててウラヤマ。

パターソン(2016年製作の映画)

-


まさに詩のような映画。
ちゃちな脳みそしかない私にはハードすぎた。

奥さんはどう頑張っても旦那の金を食いつぶす破綻した女にしか見えないし、旦那はうじうじしてる放火魔の手前としか思えない(笑)

a
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.4


最近気分が沈みがちでシンドイ映画見ると
メンタル持って枯れちゃうので、全然見れてなかったけど、ローガンラッキー100円でポチったら当たりだった〜

ゲラゲラ笑ってたわ。

ムチムチなパパ役がチャニン
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.0



はぁ。しんどかった。
特に最後。

憎しみに居場所なし。そのとおりだな。

あんな互いに忌み嫌ってる人たちで構成された国に
世界を上げて憧れてるんだから馬鹿な生き物だな人間って。

生き抜くために
>>続きを読む

最‘愛’絶叫計画(2006年製作の映画)

3.0


グロいけど個人的にはかなり好きw

元ネタがわかると結構笑えるしね。

ペット2(2019年製作の映画)

3.8


疲れた心を癒すのにうってつけなのは
やっぱりアニメ。

わかりやすさと面白さが染みる。

Panda!!!

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

-


前作ラストが結構ワクワクする感じだったので
期待して鑑賞するも、やっぱり合わず...

なんだろうなあ。
殴られ待ちっぽい予定調和とか、え...○○じゃないんだっけ?みたいな大量の矛盾とか、ネイティ
>>続きを読む

トゥルース・オア・デア ~殺人ゲーム~(2017年製作の映画)

-


びっくりした〜〜全然怖くなくて...

怖くないホラーなんてあるんだなあ。

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.8


暇つぶしに頑張って始め5分みたらあとは笑えるパラレルワールド。

音楽がモロ好みでずっとニヤニヤしてしまった...そりゃそうだよね、あんなAdditional Musicianがいたらさ、いいに決ま
>>続きを読む

ワンライン/5人の詐欺師たち(2016年製作の映画)

-


特段パッとする部分も感銘を受けるようなこともなく、韓国特有のエグさも結構薄めなのでキャスト目当てで見るしかなさそう。

ストーリーに魅力が感じられないから、ただ一般人騙され続けてるけど手助けだから〜
>>続きを読む

オースティン・パワーズ(1997年製作の映画)

-


下品すぎる上に面白ポイントが分からず、久しぶりに観てたら寝落ち。

汚いのはマジで無理だなあ。

捜査官X(2011年製作の映画)

-


邦画のお陰で金城さん主演かと思ったけどそうでもない。そして邦題ダッサいなあ。どうしたらこんな身も蓋もないダッサいタイトルつけられるんでしょ。

前半アッサリ、後半ごっちゃりすぎて総合的にはまあ普通っ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

-


こういうの好きなはずなのに、ジョン・ウィックだけはなんかハマらない。

最強で幽霊のはずが、結構怪我するし、顔バレしてる有名人。

どんどんやれること狭めてるけど次回はどうなるのやら

アングリーバード(2016年製作の映画)

-


英語の勉強に〜と思って見たけど、小ネタが多くてそっちばっかり楽しくなっちゃった。

-Home tweet home

食べる女(2018年製作の映画)

3.5


邦画にこんな素敵な作品あったんだなあ。
エンタメやドラマなどというひと枠にハマらない、現代の日本人が感じているであろう感情を的確に描いた映画でした。

全体的に陽だまりのような穏やかさがありつつも、
>>続きを読む

ミッドナイト・ランナー(2017年製作の映画)

3.5


想像してたより存分に笑えて、ちょっとエッチで面白かったー

パクソジュンの腹筋拝めるのも最高

破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年製作の映画)

-


コメディと思いきや笑える部分はほんの僅か。

佐々木蔵之介のえっちな銀縁メガネストライプ細身スーツと薄白ニットのバックショットを拝む為の2時間

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

-


原作がおもしろいんだろうし、こういう日常モノは映画にしたところで30分アニメの繋ぎ合わせみたいになってしまうの残念だなあ。


伝えたいことはまあ、悪くないんだろうけど、もはや面白いと思えなくなった
>>続きを読む

恋するシェフの最強レシピ(2017年製作の映画)

3.5


久々のなにも考えずにファンタジーな恋愛話に浸れる映画。

所々さすがにそれは...と思う部分もあるけど、無駄な駆け引きとか貶し合いが全くないから見ていて安心感がある。

マイ・ファニー・レディ(2014年製作の映画)

2.9


意外と中盤くらいまでは爆笑。
後半は言いたいこと言わなきゃと思ったかドタバタしすぎて面白くはない。
言いたいことはよくわかるから悪くはないけど。

あなたが幸せだと思う場所があなたの居場所ってこのご
>>続きを読む

フラワーショウ!(2014年製作の映画)

-


神経図太め、ワガママな不思議ちゃんの自伝。

天才って凡人から見たらイライラするよなあ...

あとクリスが昔好きだった人に似てて全く集中できなかった〜笑

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

-


ううーん。思ってたのとちがうを引きましたね。

架空の独裁者の幼少期を見せられるが特に面白いシーンもなく、BGMのオーケストラだけは好みだった。

FOR ADAが気になりすぎて...結局は初恋が忘
>>続きを読む

>|