obaさんの映画レビュー・感想・評価

oba

oba

映画(51)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.0

ポン・ジュノ監督 4作目。
ゴジラみたいな映画かと思ったら韓国らしい家族愛の詰まった作品。
トンチンカンなお父さんさん たまにクスッと笑わせてくれました。

接吻(2006年製作の映画)

3.5

随分、前に観た映画。
今だにハッピバースデートゥユー♪聴くと 豊川悦司が頭に浮かぶ…

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.0

天安門事件もこんな感じだったのだろうか…
政治的な映画かと思ったが、それだけじゃないメッセージ。
観るひと 裏切りません。

ハン・ゴンジュ 17歳の涙(2013年製作の映画)

2.6

酷い…。
韓国は実話が多いけれど、それにしてもこれは酷い。
ゴンジュの父親も、加害者側にもひとりもまともな親がいない。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

子役がすごい!
竹原ピストルもすごく良かった!

恋人たち(2015年製作の映画)

4.5

有名な俳優さんはあまり出てなかったところ、良かった。
傑作だと思います。

海炭市叙景(2010年製作の映画)

3.0

加瀬亮目当てでしたが、こういう単館映画やっぱり好きです。

EXIT(2019年製作の映画)

2.8

主演のヨンナムくん 山田孝之かと思った。
高所恐怖症なので充分ハラハラ出来た。
みんなが自分自分じゃなくて、店長だけがクズ男でした。
セォール号の船長と被った。

望み(2020年製作の映画)

3.6

だいすきなゆり子さんの映画。
久しぶりの劇場観賞。
暫く観なかった堤真一のお芝居 力強い!
平凡な日常がどれ程ありがたいものなのか、深く感じされました。

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.5

序盤眠くなったが、え?なんでんすと?になり…
いい映画でした。

楽園(2019年製作の映画)

3.5

ふたつの話が同時に構成進行。
愛ちゃん殺したのは誰ですか?

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.0

ポン・ジュノ監督2作目観賞。
終わりスッキリしない抽象的。
内容は骨太でおもしろかったです。
蹴っ飛ばしてばかりいるから、クギ刺さって罰当たったんだろうな…

ひとよ(2019年製作の映画)

3.5

佐藤健 さすが仮面ライダー出身!
お母さん役の田中裕子深かったです。

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

2.5

ゆり子さんが好きなので観ました。
ありがちなラブストーリーでしたでしたがパリに行ってみたい、と思いました。

デッド・クリフ(2019年製作の映画)

2.0

間違えて借りて観た作品。
ファンタジー。
なんとも言えない…

デッドクリフ(2009年製作の映画)

2.5

崖上りにしてはあまりの軽装。
罠にはまるシーンは痛くて痛くて眼を閉じた。

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

3.0

おもしろかった。
はちどりに出てた餅も食べたかったけど、こちらのチキンの方が上でした。
鑑賞時はチキンのご用意を。

コンフィデンシャル/共助(2017年製作の映画)

3.5

ヒョンビンがひたすらカッコいい映画。
ラスト 南の刑事さんとまた逢えてバディ組めてよかった。

淵に立つ(2016年製作の映画)

2.9

浅野忠信 地味に怖い。
こういう映画に筒井真理子は欠かせないですね。

影踏み(2019年製作の映画)

3.0

山崎まさよし。『月とキャベツ』の方がお上手でした。

轢き逃げ -最高の最悪な日-(2019年製作の映画)

3.0

劇場で観たかった映画。
キャストが有名人ばかりでなかったのがリアルに感じさせてくれた。
当事者は本当に最悪だと思う。

よこがお(2019年製作の映画)

3.0

人の心の中はわからない。
深田晃司監督の作品。
人間は間違えを起こすもの。
結末は自分でまとめる作品でした。

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.0

どうして、引き取って育てる選択がなかったのだろう。

母なる証明(2009年製作の映画)

3.3

お母さんが手を切り落とさないかハラハラ。
一番印象に残ったのは、冤罪を被せられたのがダウン症の男の子だったこと。

>|