ymoさんの映画レビュー・感想・評価

ymo

ymo

映画(447)
ドラマ(0)

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

3.0

ぶっちゃけ中身はあんまり無いけど役者の演技が面白くて飽きは来ないと思う。
ミュージカル調の場面も最初は面白かったけど途中からは長過ぎて少しだれてしまった。
菜々緒とムロツヨシの歌のシーンが一番面白かっ
>>続きを読む

BLACKPINK ライトアップ・ザ・スカイ(2020年製作の映画)

4.0

楽曲やパフォーマンスでは強いイメージ(「強い」って表現あんましたくないけど)があって、素の表情をあまり見ることが無い彼女達だけど、良い意味で普通の一面もあり、プロ意識や才能を感じる一面も見れた。
あと
>>続きを読む

カツベン!(2019年製作の映画)

3.5

あれ?成田凌ってこんな良い役者だったっけ?と思わされるくらい劇中での成田凌の語り(活弁)がすごく良い。
後半はかなりベタな展開になってしまったのが少し冷めてしまったけど役者さん達の語りは是非観て欲しい

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.5

物語の中で特に大きな出来事も起こらないんだけど10年という歳月の中で色んな人や話が繋がっていくのが面白かった。
時間の関係でしょうがないとは思うけど欲を言えば個々のストーリー(特に三浦春馬と多部ちゃん
>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.0

原作も読んだけど、映画だと様々な社会の言葉に耐えたり戦ったりする女性達の表情が映し出されてより強く印象を受ける。
もっとこうなって欲しいと思う一方、それがとてつもなく難しいということが思い知らされる。
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.5

時間を逆行するというテーマが難しくて最初は全然理解できなかったけど後半から色んなシーンが繋がってきてなるほど!と思えた。二回目観たらまた違う印象になりそう。

#生きている(2020年製作の映画)

3.5

謎の感染症により国全体がゾンビで溢れてしまって家から出られないというすんごい設定だけど、テンポ良く話が進むしグロいシーンもそこまで無いから平気だった。
状況は違うけど家からあまり出れないステイホーム感
>>続きを読む

ユ・ヨルの音楽アルバム(2019年製作の映画)

3.5

90年代〜00年代の話で携帯が無い場面もあるから二人が何度も何度もすれ違うもどかしさや不自然さは若干あるけど、キムゴウンとチョンヘインの雰囲気がお似合いで何かもうあんまり気にならなかった(笑)
一昔前
>>続きを読む

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

4.0

北村匠海の魅力がすごい。
実質一人二役状態だけど、アキが入り込んだときには完全にアキになってる。
音楽や恋愛の要素もあるけど、友情や仲間が大事に描かれてて全体としてとても爽やかで綺麗な映画。

EYES ON ME : The Movie(2019年製作の映画)

4.0

約半分がコンサート映像で残り半分がコンサートに向けての準備を撮影したドキュメントなので、ファンからするとライブビューイングのような感じで楽しめた。
アイドルのドキュメンタリーにありがちな過酷だったり辛
>>続きを読む

わたしのハワイの歩きかた(2014年製作の映画)

2.0

結局主人公が嫌な現実から逃げるためにハワイに行って他人に説教しながら寄生して生きてる物語でしかなくて残念だった。せっかく魅力的な役者さん沢山出てるのに、、、

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

3.5

ドラマの劇場版って演出が派手になったりして別物になっちゃうことが多いけれど、これは良い意味でドラマの延長って感じで面白かったところや雰囲気がそのままで良かった。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.0

FFと絡めた作品だけど知らない人でも十分楽しめるし、ストーリーもしっかりしてる。
親子愛がテーマだけどゲームを挟んでるから重すぎず、ほっこりできる内容。
FF好きな人はもちろん楽しめる。

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.0

女主人公の行動がどう見てもぶっ飛んでるし有り得ないんだけど、何か分かってしまう感じ。
リアルでも色々あった主演の二人だけど、映画の中でも空気感がすごい合ってた。

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.0

コナンの映画は安定して楽しめるけど今回はアクション(バトル)が多すぎて謎解き要素が少なかったのが残念

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.0

心温まる優しい話だった。
こんなに優しい人達ばかりの環境なんてこの世にないだろうなぁと思うと同時にあって欲しいなぁと思う。

mellow(2020年製作の映画)

3.0

色んな愛のかたちがあるけど誰も相手を否定しないで認め合ってるのが穏やかで良かった。
落ち着きながらヤバいことしまくるともさかりえは誰か止めろとは思ったけど(笑)

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.0

ダメな男女の話なんだけど、二人とも悪い人では無いしそこまで依存しあってるわけでも無いからなんとも言えない緩い空気感が良い。
当たり前に臼田あさ美は美しい。

ういらぶ。(2018年製作の映画)

2.0

いくら役だと分かっていてもヒロインに対してのイライラが最後まで止まらなかった、、、
そしてこれが桜井日奈子じゃなかったら少し違ったんだろうなーとなったからヒロインってやっぱり重要。

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

4.0

すごく良かった。
大きな展開があるわけでもなく、ゆっくり時間が流れてく中に青春がすごく詰まってる。
この時間の使い方は映画じゃないと出来ないと思う。
学生同士の友情だけでなく素敵な大人達に囲まれてるの
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

3.5

大人しい役の多い浜辺美波がめちゃくちゃ身体張ってて良い意味でイメージ変わった。
恋愛映画にありがちな中盤で主人公が本命以外の男に惹かれたりするのが無いのも良かった。
北川景子とか山田裕貴がチョイ役で出
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

2.5

前作からかなり期間が空いて記憶が抜けてたところもあるけど、話が全体的に難しくて新キャラも説明のないままポンポン出てくるからいまいち入り込めなかった。
世界観は相変わらず綺麗。

覚悟はいいかそこの女子。(2018年製作の映画)

3.0

内容はあまり期待してなかったけど、中川大志を囲む友人達の演技が良くてスラスラ観れた。
逆に唐田えりかは演技派って聞いてたけどかなり浮いてたなぁ

兄友(2018年製作の映画)

2.0

ドラマ版を少し観てたから観てみたけど映画じゃなくてドラマの方が合ってると思う。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.5

全ての青春要素が入っている良い意味でベタで正統派な映画だから誰が見ても楽しめる内容だと思う。
この時は新田真剣佑も伊藤健太郎も苗字が無い。

となりの怪物くん(2018年製作の映画)

3.0

原作読んでたけど菅田将暉のハル役はすごく合ってて良かった。
時間の都合上仕方ないけど主人公二人以外の話があまり掘り下げられなかったのが少し残念。

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

4.0

正直全然期待して無かったけど、平手友梨奈の演技がめちゃくちゃ役に合ってて、他の俳優さんが下手に見えてしまうぐらい良かった。

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.5

恋愛要素よりも青春要素が強くて全体的に爽やか。
小松菜奈の独特の雰囲気が役に合ってた。

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.0

出てくる人みんな良い人で平和な映画。
土屋太鳳や北村匠海の得意そうな役柄で安定はしてるけど別の映画で既に演じたことあるような既視感。

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.0

原作は全く読んだことなかったし、何となく苦手意識あったから地上波録画したまま放置してたけど、思ったよりも楽しめた。
バトルだけじゃなくて家族や仲間との関係にもフォーカスされてたし、設定もそこまで難しく
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.0

あんまりもう映画という感じはしないけど笑えるシーンや懐かしのパロディもあって楽しかった。
中盤から柳楽優弥と吉沢亮と三浦春馬と窪田正孝の尺が長すぎてメイン3人の印象があんまり無い(笑)

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

原作一度も見たことなかったけどすごく楽しめたし漫画読みたくなった!
山崎賢人の熱苦しい感じ良かったし、吉沢亮も表情やら仕草やら細かいところまで二役演じ分けてて今までのイメージ変わった。そして長澤まさみ
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

伊藤健太郎は何故あの時間に将来の子供が時間を戻しにくるのがわかったのだろう、、、?
地上波verはカットされたのかな?

>|