おとなのみほんさんの映画レビュー・感想・評価

おとなのみほん

おとなのみほん

どうもMIHOです。
面白い映画は熱く!つまらない映画は楽しく!映画好きとどわっと盛り上がりたいだけ!!
淀川長治先生敬愛!その映画愛を魂を私も現代に生きる者として引き継ぎたい。ゴードンウィリス・ルベツキ撮影作、ドゥニ・ヴィルヌーヴの映画が死ぬほど好きです。

映画(928)
ドラマ(0)

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

2.5

思った以上にテンプレートな展開でがっかり。
プーさんの名言はプーの世界観が出てて良かったんだけど、まあこういう話になるとこういう展開にはなっちゃうよね……。

ハッピー フィート(2006年製作の映画)

2.5

Huluで配信されてたので鑑賞。
歌が命のペンギン達にタップダンスの才能を持ったペンギンが産まれちゃったよ!歌の才能は皆無だよ!
それだけでこんな迫害されるー?!(笑)
何気にテーマは深いんだけど、現
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.0

濡場の撮影どうやったの?っていうのがとにかく気になる映画。
女優陣の体の張り方も凄いけど松坂桃李も腰が砕けそうな程頑張ったとか。いや、皆んな頑張ってた。
ただ、終盤のあのセックスシーンの見せ方がどうに
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

1.0

こんなにキャスト豪華にする必要ある作品か?

今一何がしたかったのか分からないまま終わってしまって消化不良。
やっぱり三池崇史と相性悪いんだよなあ。
話の繋がりが淡々とし過ぎて登場人物全員がただの駒の
>>続きを読む

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

2.5

小悪魔な女の子と純粋な男の子のラブストーリー。

上手く映像化したもんだなあというのが、正直な感想。
ただ、登場人物がクソ過ぎて誰にも入れ込めなかった。
ストーリー自体はああそうなのねふーんって感じな
>>続きを読む

ブック・オブ・ライフ ~マノロの数奇な冒険~(2014年製作の映画)

2.8

懐かしのアニメーション。
リメンバーミーで思い出したクリップし忘れ作品。
こちらもメキシコの死者の日をモチーフにした作品。良くも悪くも画面がうるさい印象。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.8

やっと劇場で観れました。
「親子とは」是枝監督と小津監督はそのテーマの方向性がとても似ていて毎度重いテーマを日常に落とし込むことで観やすくするのが上手な監督だと思ってるけど、今回もまたやってくれました
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.5

姉貴くそ格好良いっす!
さすが姉貴!格好良いっす!
しか言えない。

ストーリーも中々面白かったけど正直、自分の中で「ボーンシリーズ」と「裏切りのサーカス」がずば抜けてお気に入りスパイ映画なので比べて
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.0

原作読んでないけど、中々の出来だと思う。

それぞれの青春があり、「桐島」と言う一つのものが抜け落ちる喪失感が観てる側にも伝わるのが凄い。
全く別の生活をしてる人々全てに焦点を当てる事で普通ならモブみ
>>続きを読む

チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~(2017年製作の映画)

1.0

そうなっちゃうの……?感がハンパない。

精神病棟×チャッキーなんて設定的には中々面白い筈なのに、やっぱり精神病棟鉄板ネタをチャッキーで装飾しただけでこれならチャッキー出て来なくてもよくない?と言う。
>>続きを読む

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.5

長い割に二人の会話のテンポが雰囲気系映画にしよ感凄くて、有村と松潤の会話のテンポがメトロノームに合わせて全く同じと言う感じでただただ間延びしてる。
松潤だからしょうがないけど、もう少し芝居して欲しかっ
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.7

話題の「コクソン」やっと観ることが出来ました。
ナ・ホンジン監督らしい非常に難解であり、イレギュラーだらけの世界感に驚かされる一作でしたね。ではでは、個人的な解釈を。

この映画はルカによる福音書の一
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

2.5

ノオミ・ラパスと朴璐美の一人七役!
いやあ、思ったより楽しめました。

B級SFなので、近未来感がチープなのはまあ仕方がないとして。
食品により産まれて来る子供に影響が出た事で有名な結合双生児達の話と
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

2.5

実話と言うことで主人公が行方不明になるところから、あたたかな部屋で再び暮らしを始めるまでは物凄く緻密に描かれて居てインドの現状に驚かされます。

ただ青年期の撮り方は今ひとつ。カット割りが粗かったり、
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.0

弟(5歳)が去年から観たがって居たので劇場鑑賞!
ストーリーは結構ぶっ飛んでるけど、弟が鑑賞後にあらすじを話せたりストーリーを理解して居たので、細田守のようなぶっ飛びでは無く、子供心が爆発したお伽話な
>>続きを読む

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)

-

「ホテル・ルワンダ」「ルワンダの涙」の時も感じたけれど、この事実を読むのと見るのとでは全く異なる事で。この残虐な真実を俳優では無く、当人に演じさせたと言うのがまた意味のある作品にさせたんだと思う。
>>続きを読む

ANTIPORNO アンチポルノ(2016年製作の映画)

3.8

これは冒頭から「あ、また賛否両論ある作品出したな園子温」と思わされた作品でしたが、観終えた上で私は推す派。
元から園監督はポルノ映画は撮れないがアンチ・ポルノ映画なら撮れると言うことでオーケーを貰い創
>>続きを読む

ミルコのひかり(2005年製作の映画)

5.0

イタリア映画界のサウンド・デザイナーミルコ・メンカッチの実話を描いたミルコのひかり。のちレビュ溜めしていたものを消化していきます!

ミルコは銃の暴発により10歳の時に盲目になり、国の規定により盲目学
>>続きを読む

仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー(2017年製作の映画)

3.0

4歳の弟の煌めく瞳に負け、スターウォーズのスクリーンを横切り観て参りました。そしてインフルエンザの為ダウン中な訳でスターウォーズまだ観れてません。泣きたい…観たいよう(´;ω;`)

スターウォーズス
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

5.0

私の愛するタランティーノの最高の一本!パルプフィクション!愛し過ぎてレビューが書けませんでした!
この映画の一番の魅力は何が起こるか分からなすぎると言うところではないでしょうか!じゃあ一度観りゃいいや
>>続きを読む

妖怪大戦争(2005年製作の映画)

-

桐島部活やめるってよ、借りて思い出したのでマーク。ドクソつまらんゴミフィルム。
三池自体もうなんかゴア云々の前にあいつ嫌いなんですよ!(すいません)
芝居よりB級笑い狙ってるんだろうけどクソ過ぎて笑え
>>続きを読む

父を探して(2013年製作の映画)

1.0

マーニー以来の記録超え。5回寝落ち、バットマンvsスーパーマン以来久しぶりに鑑賞挫折し掛けた作品です。

そんなに駄作なの?と聞かれると駄作と言うよりは手書きの絵本のような映画なのでセリフもほとんどな
>>続きを読む

薔薇の名前(1986年製作の映画)

5.0

何と秩序のない映画だろう!

あの難解作をこの尺に収め、その上起承転結の点と点の結びが荒い割に何故か観て居てワンシーンワンシーンの乱雑さをあまり感じないんですね!と言うのも、とても難しいテーマを扱う分
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

2.5

この監督とは相性が合わん。自覚しました。
どうしてこんなにも眠たくなったのか真剣に考えた結果。

・「ブルーリベンジ」とプロットの重要なポイントが全く一緒だし、その表現も同じ。
・絵にワンシーンでも絵
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

5.0

のちレビュ溜めてたものを消化して参ります!

この作品は書きたい魅力があり過ぎて、ちゃんと文章になるのやら……でも愛をたっぷり書いて行こう!

【メッセージ性が凄い!!】
映画の中の果実は殆どが「色欲
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

映画秘宝ベスト10で町山んが入れてるのを見て、すぐ劇場に参りました。
何も知らない当時の彼とデートでww
彼:水族館でも行く?
私:水族館で魚眺めるくらいなら釣りがしてえ。
彼:釣りは時間的に難しいか
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング(2017年製作の映画)

-

弟と観に行ったキュウレンジャーとの二本立て。
今回の仮面ライダーなんと医者でした。
そんなヒーローなんて副業せんでも儲けとるやないですか。(金の話しかしない)
燃え上がる大悪党が暴れ回ってる間、在来線
>>続きを読む

宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲(2017年製作の映画)

-

実家に帰った時のこと……
弟(4):ねえね、こえ観たい。
私:んー?どれー?
弟(4):ねえねのビデオ。
【北北西に進路を取れ】
私:よし、それないないして映画館に行こう。

と言うことで、行って参り
>>続きを読む

バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍(2015年製作の映画)

2.5

<<ゾンビじゃないよ!>>


ロシア軍初めての女性のみの秘密部隊と言う実在した兵士達の話。
男性達が強制に反して女性達は志願して行くのですが、演じる女優陣の目がとても弱い。
初監督作で136分以下、
>>続きを読む

湿地(2006年製作の映画)

1.0

かああああああああつ!!!!
何だこの小説の描写まんま綺麗に撮ってみましたみたいなゴミ映画!!
関係性も個性もないよ!!このサスペンスくっそ面白いよ!!のゴリ押し!脚本に!頼るなバカたれ!!
なんっに
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

-

こっちから先に観ちまったあああああ
ああああああああああああああああああ
訳わからんかったあああああああああ
私のばかああああああああああ

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

2.5


ホアキンとエマだって浮れてた私が悪いとは思うのですがね。
もうちょっといつものぶつくさ屁理屈捏ね回すウディアレン節見たかったなあ。

ここらで一発「泥棒野郎」的なのが観たいです監督。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

2.0

うーん、何もヒリヒリ来るものが無かった。

サスペンスやストーリー進行を重視し過ぎてこんなシーンに時間掛けるなら、もっと描かなければならない悲しみや憎しみがあって、それも描けてないのにはいどんでん返し
>>続きを読む

静かなる叫び(2009年製作の映画)

-

これはもっと多くの人の目に触れるべき映画。
1989年12月、モントリオール理工科大学銃乱射事件を元に描かれた作品。先日も乱射事件がありましたけど、こう言う無関係で無抵抗の弱い人を巻き込む犯罪は本当に
>>続きを読む

>|