おとなのみほんさんの映画レビュー・感想・評価

おとなのみほん

おとなのみほん

どうもMIHOです。
面白い映画は熱く!つまらない映画は楽しく!映画好きとどわっと盛り上がりたいだけ!!
淀川長治先生敬愛!その映画愛を魂を私も現代に生きる者として引き継ぎたい。ゴードンウィリス・ルベツキ撮影作、ドゥニ・ヴィルヌーヴの映画が死ぬほど好きです。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

5.0

私の愛するタランティーノの最高の一本!パルプフィクション!愛し過ぎてレビューが書けませんでした!
この映画の一番の魅力は何が起こるか分からなすぎると言うところではないでしょうか!じゃあ一度観りゃいいや
>>続きを読む

妖怪大戦争(2005年製作の映画)

-

桐島部活やめるってよ、借りて思い出したのでマーク。ドクソつまらんゴミフィルム。
三池自体もうなんかゴア云々の前にあいつ嫌いなんですよ!(すいません)
芝居よりB級笑い狙ってるんだろうけどクソ過ぎて笑え
>>続きを読む

父を探して(2013年製作の映画)

1.0

マーニー以来の記録超え。5回寝落ち、バットマンvsスーパーマン以来久しぶりに鑑賞挫折し掛けた作品です。

そんなに駄作なの?と聞かれると駄作と言うよりは手書きの絵本のような映画なのでセリフもほとんどな
>>続きを読む

薔薇の名前(1986年製作の映画)

5.0

何と秩序のない映画だろう!

あの難解作をこの尺に収め、その上起承転結の点と点の結びが荒い割に何故か観て居てワンシーンワンシーンの乱雑さをあまり感じないんですね!と言うのも、とても難しいテーマを扱う分
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

2.5

この監督とは相性が合わん。自覚しました。
どうしてこんなにも眠たくなったのか真剣に考えた結果。

・「ブルーリベンジ」とプロットの重要なポイントが全く一緒だし、その表現も同じ。
・絵にワンシーンでも絵
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

5.0

のちレビュ溜めてたものを消化して参ります!

この作品は書きたい魅力があり過ぎて、ちゃんと文章になるのやら……でも愛をたっぷり書いて行こう!

【メッセージ性が凄い!!】
映画の中の果実は殆どが「色欲
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

映画秘宝ベスト10で町山んが入れてるのを見て、すぐ劇場に参りました。
何も知らない当時の彼とデートでww
彼:水族館でも行く?
私:水族館で魚眺めるくらいなら釣りがしてえ。
彼:釣りは時間的に難しいか
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング(2017年製作の映画)

-

弟と観に行ったキュウレンジャーとの二本立て。
今回の仮面ライダーなんと医者でした。
そんなヒーローなんて副業せんでも儲けとるやないですか。(金の話しかしない)
燃え上がる大悪党が暴れ回ってる間、在来線
>>続きを読む

宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲(2017年製作の映画)

-

実家に帰った時のこと……
弟(4):ねえね、こえ観たい。
私:んー?どれー?
弟(4):ねえねのビデオ。
【北北西に進路を取れ】
私:よし、それないないして映画館に行こう。

と言うことで、行って参り
>>続きを読む

バタリオン ロシア婦人決死隊VSドイツ軍(2015年製作の映画)

2.5

<<ゾンビじゃないよ!>>


ロシア軍初めての女性のみの秘密部隊と言う実在した兵士達の話。
男性達が強制に反して女性達は志願して行くのですが、演じる女優陣の目がとても弱い。
初監督作で136分以下、
>>続きを読む

湿地(2006年製作の映画)

1.0

かああああああああつ!!!!
何だこの小説の描写まんま綺麗に撮ってみましたみたいなゴミ映画!!
関係性も個性もないよ!!このサスペンスくっそ面白いよ!!のゴリ押し!脚本に!頼るなバカたれ!!
なんっに
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

-

こっちから先に観ちまったあああああ
ああああああああああああああああああ
訳わからんかったあああああああああ
私のばかああああああああああ

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

2.5


ホアキンとエマだって浮れてた私が悪いとは思うのですがね。
もうちょっといつものぶつくさ屁理屈捏ね回すウディアレン節見たかったなあ。

ここらで一発「泥棒野郎」的なのが観たいです監督。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

2.0

うーん、何もヒリヒリ来るものが無かった。

サスペンスやストーリー進行を重視し過ぎてこんなシーンに時間掛けるなら、もっと描かなければならない悲しみや憎しみがあって、それも描けてないのにはいどんでん返し
>>続きを読む

静かなる叫び(2009年製作の映画)

-

これはもっと多くの人の目に触れるべき映画。
1989年12月、モントリオール理工科大学銃乱射事件を元に描かれた作品。先日も乱射事件がありましたけど、こう言う無関係で無抵抗の弱い人を巻き込む犯罪は本当に
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.0

深いなあ。

人間にはあまりに不親切な純粋の大自然。美しい花も、水々しい果物がある訳でも無くただの海、草、砂、空。
アダムとイブのような神秘的な物語かと思えばそんなことは無く、ただ空虚。
着衣だって
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.0

ヴィルヌーヴの「メッセージ」で生命の美しさを知った後に、観たのがこちら。香川照之のずっと俺のターン!映画ですよ。はっはっは!まだまだいくぞー!


冒頭にも書きましたが、ヴィルヌーヴの後の黒澤清だった
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

5.0

恐ろしい位に完璧な映画。
きっと、愛してしまう。私はいつどこでどうなろうとも、同じ人生を歩む。そしてそれは自分のためであり、誰かのためでもあり、その悲しみも嬉しさも慈しみも愛しさも、すべてがある限り。
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

3.0

母がレンタルして、弟(4歳)と初鑑賞。弟に「これは怖い映画だね。」と言ったところ、弟は普通に楽しんで居たのが何とも不思議な気持ちでした。


-------以下ネタバレ含自論----------
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.0

勿体ないなあ。

原作を読んで、村山さんのことに関してもう少し知識を入れた上で再度考えたいなあとは思うのですが、無知なりに勿体無いと感じました。
元々の魅力的な人物像を実直に描けば、松山ケンイチの役作
>>続きを読む

バケモノの子(2015年製作の映画)

1.0

さよなら、細田守。

「時をかける少女」で相性の不一致を感じて居たのですが、今作で誠に心からもうこの監督とは合わないと痛感しました。
人は個性で生きてるわけじゃない。人が、薄っぺらすぎる!!!!
意味
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

5.0

ラ・ラ・ランド。
それは一人の鼻歌のようで二人のラブソングのようで、華やかなミュージカルのようで。

夢が創り上げた街、ロサンゼルスを舞台に自信へ縋り、喪失に踏まれ、愛に浮かれるひと時の男女を我らがエ
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

3.0

2017年2月28日。
そう、それは私の誕生日であった。
デイミアン監督の新作「ララランド」を観にいく筈が、その映画館では上演しておらず……ーーー?!


まさかの誕生日朝一上映で一人で観ちまった作品
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.0

"作品賞は君たちのものだ、ムーンライト!"
あのドラマティックな授賞式にどんな作品かも知らないのに胸を打たれて、公開当日に観に行った一本。

正直な感想はまずアカデミー作品賞らしくない。「アカデミーが
>>続きを読む

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

2.0

観たのはかなり前だけど、終始何だこのヒロイン何だこの男はとなりつつこのサディスティックコメディ今でも端々に覚えてるのはそれだけ印象が強かったんだと思う。
その後味を占めた監督の作品ラストが大体似通って
>>続きを読む

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

1.0

妹に付き合い鑑賞第2弾。
くっだらねー!wwwwwww

これ見るんならしょうもないスプラッター流しながらオールナイトB級映画上映会の方が絶対楽しい。

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

1.0

妹に付き合い鑑賞。
原作は友人の家で呑みながら読んだことあるんだけど結構良かったのでオススメ!

山崎賢人以外の男性キャストゴミ過ぎるんだがどしたのあのクソゴミ配役。まともにセリフ喋れねえ奴が映画に出
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

2.5

観て来たぜえええええええ
つまんなかったぜええええ
期待し過ぎたぜえええええ


〜以下ネタバレ少々含〜











勿論それまでの全員悪人顔でろくなことしない群像劇と北野監督のブラック過ぎ
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

「私は『時計じかけのオレンジ』で問いかけを残している。選択できない問いを。
人間の本性が邪悪だからといって、その自由意思を制限することが許されるのか? 自由意思のない者を人間と呼ぶことができるのか?」
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

【タイムマシーンを人生でたった1度使えるとしたら「この世界の片隅に」はDVDでいいわあと言ってた自分を1度ぼこぼこにして来ます。】


溜まってたレビューちょっとづつ上げてこー!
全然見に行く気は無か
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

3.0

ズートピアでは何にでもなれる夢の楽園!では無くて、コンプレックスを気にしないくらい人が沢山いるからむしろそれは個性になるんだよってところが、うまいこというなあとにこやかに観ちゃいました。

動物たちの
>>続きを読む

疑惑のチャンピオン(2015年製作の映画)

2.5

映画ってよりはドキュメンタリー。

「ベルヴィルランデブー」と言う作品で自転車レースのことはなーんとなくふんわり分かっては居たけど、過酷。
疑惑のチャンピオンってタイトルだから、最後ぼかしてどう思うも
>>続きを読む

ファインディング・ドリー(2016年製作の映画)

3.5

ついに。

観てる時とか、観終えた時はちょっといらいらとか、なんだこれは。って感想が強かったんだけど、他の映画観ながらふっと思い出すと海綺麗だったなあとか、じわじわ。
大人になったんだなあ、私も。
>>続きを読む

>|