もんてすQさんの映画レビュー・感想・評価

もんてすQ

もんてすQ

映画(1228)
ドラマ(52)

アレンジメント/愛の旋律(1969年製作の映画)

2.6

エリア・カザン、カーク・ダグラス、フェイ・ダナウェイとか最強チームでしょと思ったら別にそんなには...

広告代理店勤務の男が自殺未遂を行ったあと、何もかもを失って精神病院に入院させられるまで
何かこ
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

2.8

思ってたより面白いっちゃあ面白いが
『シャイニング』のシチュエーションが終始ホテルなのに対して、あっちこっち場を移してるから散漫な印象が拭えない

あとローズの悪役感が足りないのではと思った

二次創
>>続きを読む

ガラスの動物園(1987年製作の映画)

3.5

テネシー・ウィリアムズの有名な戯曲がベース
俳優ポール・ニューマンが監督
旦那に捨てられた母、内気で引きこもりの娘、倉庫勤務で現実から目を背けている息子

過去の栄光に浸ってばかりのヒステリックで押し
>>続きを読む

ミュージックボックス(1989年製作の映画)

3.9

「私の父さんは絶対に虐殺なんかしてない、そんなケダモノじゃない、人違いに決まってる...」
ユダヤ人虐殺の容疑をかけられたハンガリー人の父の疑惑を晴らすために、弁護士として立ち上がる娘だったが...
>>続きを読む

アメリカン・ジゴロ(1980年製作の映画)

3.2

リチャード・ギアが熟女向け出張ホスト(身もふたもない言い方ですが、まじでそういう役...)を熱演
客の一人が殺されてしまったことで容疑をかけられてしまい...

ストーリーはなーんも面白くないのですが
>>続きを読む

イグジステンズ(1999年製作の映画)

3.2

天才的ゲームデザイナー参加の下に行われる、新作ゲームの発表会でテロが発生し...

まんま×ナルセックスみたいな描写があって驚いた
女から攻められて眉間にシワを寄せるジュード・ロウ

ラストは予想どお
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

2.8

暴行や窃盗で生計を立てている男性が、ふとした事がキッカケで犯罪現場のカメラマンとして生きていく...という話

主人公のルー(ジェイク・ギレンホール)はものすごい醜悪なキャラクターで、自分は散々犯罪を
>>続きを読む

ペギー・スーの結婚(1986年製作の映画)

2.5

ティーンエイジャーの子どもを持つ女性が高校の同窓会に出席した事で、なんやかんやで高校時代にタイムトラベルしてしまう...というラブコメディ

アメリカの青春ドラマって学生に見えないキャストばかりだから
>>続きを読む

マタンゴ(1963年製作の映画)

3.9

リア充グループがクルージング中に難破し無人島に漂着
そこで世にも恐ろしいキノコ怪人に出会い...

本当に無理、怖い
もうまじで私キノコ食べれないよ
これ美術すごいな...

東宝がソダーバーグからの
>>続きを読む

はりぼて(2020年製作の映画)

-

政治資金の不正使用がテーマのドキュメンタリーで、舞台は富山市
製作はチューリップテレビ(富山のローカルTV局)
満席でした

もうダメだわ、なんか私のキャパシティーを超えてしまった感じがする
市議達の
>>続きを読む

の・ようなもの(1981年製作の映画)

4.0

捉えどころのなさが逆に心地よかった
季節も今にぴったり

落語を酷評された帰り道、明け方まで夜通し歩きながら景色を言葉にしていくシーンとか泣きそうになっちゃった
私にもああいう事をした日々があった事を
>>続きを読む

パリは霧にぬれて(1971年製作の映画)

3.8

主人公・女流画家のジル(フェイ・ダナウェイ)は二人の子供と学者の旦那と4人でパリで生活中
ジルは記憶がよく飛んでしまう?せいで旦那と不仲になっている
そんな折、二人の子供たちが行方不明に...

なん
>>続きを読む

スネーク・アイズ(1998年製作の映画)

3.0

何でもカネで言うこと聞く汚職警官・ニコケイが、カジノホテルで行われるボクシングの試合にて、警護を任せられる
すると、そこで思わぬ殺人事件が!
実は事件の裏に、国家機密に関わる問題が隠れていて...とい
>>続きを読む

七年目の浮気(1955年製作の映画)

3.0

名作なのは知ってたけど、なぜか絶対にサブスクにこないので観る機会を先延ばしにしてた

自意識過剰な痛い中年男への皮肉だね〜
「どうカナ?これは、ボクの、大好きな、ラフマニノフの、ピアノ協奏曲です(^^
>>続きを読む

ベビイドール(1956年製作の映画)

3.5

綿繰り(コットンから中のタネを抜き出す?)工場の工場長とその妻(19歳)、工場長のビジネスライバルのお話
幼妻がテーマということもあって聖職者から反発があり、国によっては上映が禁止されたりした作品
>>続きを読む

群衆の中の一つの顔(1957年製作の映画)

4.2

『群衆の中の一つの顔』というラジオ番組の女性プロデューサーが拘置所を取材
そこで出会った謎のカリスマ性を持つ男を番組でフィーチャーしたところ、次第に彼は人気者になっていくのだが...

いかにも自分が
>>続きを読む

エリザベスタウン(2005年製作の映画)

1.2

会社に十億ドルの損失を出して解雇されたシューズデザイナーの元へ、父親の訃報が入る...

何となくWOWOWでよく放送されてそうなイメージ
アラサーOLをターゲットにしてそう

終始滑りまくってた
>>続きを読む

プレイタイム(1967年製作の映画)

3.3

三菱地所が作った街って感じで、まるでフランス感がないのが逆にすごかった

あまりにストーリーがないので正直ちょっと眠くなったけど、静かに灯っていくライトなんかに独特のあたたかみがあったと思う(文明批判
>>続きを読む

バタフライはフリー(1972年製作の映画)

4.3

盲目の青年と女優志望ギャルとの交流を描いたラブストーリー

『ゴールディ·ホーンのカワイイ映画でも観て癒やされましょうね〜』と思ったらめっちゃくっちゃ哀しい話でどうにかなりそうだった!!!!
これ書き
>>続きを読む

大時計(1948年製作の映画)

3.3

社長から罪を着せられたジャーナリストが、無罪を証明するために社内を駆け回るクライム・サスペンス
これをリメイクしたのが『追い詰められて』(未見)

ここでもアメリカの批評サイトでも評価が高いけれど、結
>>続きを読む

都市とモードのビデオノート(1989年製作の映画)

-

ファッションデザイナー、ヨウジヤマモトを追ったドキュメンタリー

寝落ち...
山本耀司の服よりも、本人だけをクローズアップしてる感じがちょっとあったと思う

二つの映像を平行に流されると気が散って仕
>>続きを読む

科学者の道(1936年製作の映画)

3.6

ワインの防腐、炭疽菌、狂犬病などをライフワークとして生きた、偉大な感染症研究の第一人者の伝記映画

羊のGotoキャンペーンがすごかった

シャルボネ先生のあまりの畜生っぷりに絶句し、怒りで言葉がでな
>>続きを読む

蛇の穴(1948年製作の映画)

3.5

精神病院に入院した女性が、自らの過去を知っていくドラマ...

精神病院の描写があまりに恐ろしすぎて
正気を失った主演のオリヴィア・デハヴィランドの壮絶な演技がすさまじい(オスカー候補になってる)
>>続きを読む

モンキー・ビジネス(1952年製作の映画)

3.9

こんなめちゃくちゃなクラシック映画いいのか!とびっくりした
チンパンジーが適当に調合した薬で精神年齢がめちゃくちゃ若くなるというSFコメディ

赤ちゃんにむかってみんなで合唱するシーン(笑)でマリリン
>>続きを読む

旅愁(1950年製作の映画)

2.5

私は未だかつてこんなに不倫を美化している作品を観たことがない
旅行先のイタリアで出会った二人(男は既婚)が恋に落ちてしまって...色々あって同棲することになるんだけど、という話
フィクションの不倫には
>>続きを読む

害虫(2002年製作の映画)

3.2

中学生の宮崎あおい主演、蒼井優や田辺誠一など脇役が(今見ると)豪華で、音楽はナンバガ

特別面白くはないし好きでもないけれど、心が揺さぶられる禍々しさに満ちている...観る価値はある映画
2000年代
>>続きを読む

ライトスタッフ(1983年製作の映画)

2.9

全長版を観た

なんとなく『フォードvsフェラーリ』に近いものを感じたけど、とにかく長くて疲れた
あの採用テスト辺りまででお腹いっぱい

飛行に失敗した夫に『あたしだってホワイトハウスに行ってジャッキ
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.0

エリザベス・モスから上目遣いで睨まれたら絶対怖くて泣いてしまう

セシリアの夫は自分に黙って避妊薬を飲んでいたことが許せずに復讐しに来るんだけど、これはアメリカで議論されている『堕胎を認めるか否か問題
>>続きを読む

コリアタウン殺人事件(2020年製作の映画)

3.0

SNSで話題のホラー映画
『ブレアウィッチプロジェクト』みたいな、フッテージ系
この映画の詳細がよくわからないところがまたホラー

めちゃくちゃ怖いけどこういう怖いのはマジで無理
こんなにロサンゼルス
>>続きを読む

ロッジ 白い惨劇(2019年製作の映画)

3.7

ホラーで有名なハマーフィルム製作
『パラサイト』をアメリカで配給したネオンが本作の米国でのディストリビューターみたいなので、それなりにちゃんとした映画なのかな〜と思って視聴
(アメリカ以外ではソニー・
>>続きを読む

女優フランシス(1982年製作の映画)

3.8

シシー・スペイセクがロレッタ・ヤングの伝記映画を作った時に、女子高生から30歳くらいまでを演じててすごいな〜と思ったんだけど本作のジェシカ・ラングも負けてない熱演(オスカー候補になった)

車の中で絹
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.4

様々な専門分野の博士たちが団結し、ドラッグを売りさばいて荒稼ぎしようとするコメディ
『ブレイキング・バッド』に近い

工事現場で働いている考古学の先生が、ローマの遺跡が見つかるたびに騒いで工事をやめさ
>>続きを読む

不法侵入(1992年製作の映画)

3.0

カート・ラッセル、レイ・リオッタ、マデリーン・ストウっていうキャストがもう何かいいですよね...笑
「これはあんまり凝ったストーリーじゃなくって、ふつーに楽しめるやつ」っていうのがわかる

とある夫婦
>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

3.4

普段全くみないDC原作もの
イギリスが北朝鮮みたいな社会主義国家になってしまったら?という話

意外と今の世界的な状況とリンクしてるなーと思うところがあって、例えば謎の感染症がアウトブレイクしちゃうと
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

2.7

アメリカという国が主題だけれど、日本も他人事ではないという
危険やストレスに晒されている仕事をしてくれている人の存在があって、私たちの日々の生活があるのだという事を改めて思い出させられた、というか..
>>続きを読む

ゾラの生涯(1937年製作の映画)

3.6

かの有名な『ドレフュス冤罪事件』の裁判を描いた歴史ドラマ

こんなにホイホイ罪を着せられてたまるかよ〜(笑)と思ったけど、今の日本の政治と照らし合わせて考えると全く笑えない...
ドレフュスさんの無罪
>>続きを読む

>|