もんてすQさんの映画レビュー・感想・評価

もんてすQ

もんてすQ

その道の向こうに(2022年製作の映画)

2.5

戦場で脳に損傷を負ったア元フガン帰還兵の女性と、喪失感を抱えながら生きる黒人の整備士の交流を描いたドラマ

似たような作品は見た事がある気がするし、これと言って新鮮味もなかった

う〜ん...結構評判
>>続きを読む

ザリガニの鳴くところ(2022年製作の映画)

3.0

60年代末のアメリカ
田舎の湿地で発見された青年の死体を巡るサスペンスドラマ

アクションやヒーローものばかり客入りの良いアメリカの興行収入ランキングで、珍しくスマッシュヒットした一方、批評家ウケが物
>>続きを読む

魔法にかけられて2(2022年製作の映画)

2.7

おとぎの国からやってきたプリンセスが、現代のニューヨークで恋に落ちる前作から15年後を描いたファンタジー映画

前作には劣るけど、まあぼちぼち...
配信限定にしては美術やCGにかなり金がかかってるし
>>続きを読む

ドント・ウォーリー・ダーリン(2022年製作の映画)

3.1

全ての家族が完璧な生活を送っている街が舞台
夫の仕事をよく知らないまま、家事に励む妻たち
しかし主人公のアリスは不穏な事故を目撃したことで、自分の世界に疑問を抱くようになり...て感じの話

興収はま
>>続きを読む

グッド・ナース(2022年製作の映画)

3.9

心疾患を抱えたシングルマザーの看護師が主人公
職場の新人ナースと仲良くなるが、彼が職場に来てから患者の不審死が多発するようになり...というサスペンス映画
犯人の異常さのみを描くにとどまらず、医療機関
>>続きを読む

エスケープ・フロム・L.A.(1996年製作の映画)

-

未視聴の「ニューヨーク1997」の続編と知らずに観てしまいました
ジョンカーペンターらしさが溢れていました

アムステルダム(2022年製作の映画)

3.0

1930年代ごろ実際にあった殺人事件を基にしたポリティカルサスペンス+コメディ映画(?)
会社からタダ券を貰ったので鑑賞
キャスティングが超豪華でウィル・スミスから殴られたコメディアンなんかも出演
>>続きを読む

キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱(2019年製作の映画)

1.5

ラジウムを発見した女性科学者の半生記
アメリカでは劇場公開されず(コロナ禍が原因)、Amazonプライムで配信になったらしい

なぜか実家に学研の偉人マンガでキュリー夫人の巻があり、小さい頃に何度も読
>>続きを読む

スペンサー ダイアナの決意(2021年製作の映画)

3.0

故ダイアナ妃が皇室で過ごした数日間を描いたドラマ
ダイアナはイギリス皇室に適応できず、精神的に問題を抱えていたらしい

そもそもダイアナ妃って私が幼稚園児くらいの時に亡くなってるので、個人的にはあまり
>>続きを読む

私は世界一幸運よ(2022年製作の映画)

3.0

スクールシューティングのサバイバーである女性が、理想の男との結婚を直前にして秘めてきた過去と対峙することとなる...というドラマ

まあまあ

主人公は女性向け雑誌のライターなんだけど、その中で性に関
>>続きを読む

ウルフ(1994年製作の映画)

3.5

ジャックニコルソン演じるのは出版社に勤める中年の編集長
部下が追い上げてきて、左遷されそうになってる
そんな時、運転中にぶつかって来た狼に咬まれたことで人生は一変する...

オオカミパワーを手に入れ
>>続きを読む

狂った野獣(1976年製作の映画)

3.3

私も乱視強めなんですけど、ブルーベリーのサプリはボチボチ効きました

ロードキラー(2001年製作の映画)

3.0

車載の無線機を使ったイタズラのせいで、とんでもない報復を受ける兄弟を描いたスリラー映画
故ポール・ウォーカー主演

ネカマ(?)で男を釣ったらとんでもない奴だった!という話
まだギリギリ携帯電話が普及
>>続きを読む

ラストサマー(1997年製作の映画)

3.0

高校卒業の夜、はしゃぎ過ぎた若者四人は夜道で人身事故を起こしてしまうが、それを隠蔽
事故から一年後、彼らの身に恐ろしい出来事が...!という話

この時代にたくさん作られた青春スリラー映画のひとつ
>>続きを読む

メイクアップ・アーティスト:ケヴィン・オークイン・ストーリー/ケヴィン・オークイン:美の哲学(2017年製作の映画)

3.5

90年代のスーパーモデル旋風を陰で支えていたメーキャップアーティストのドキュメンタリー
なんでアメリカ公開からこんなに時間が経って日本公開なのか不思議だけど、おそらく化粧品の日本市場が大きくなってるこ
>>続きを読む

ブロンド(2022年製作の映画)

1.5

稀代のセックスシンボル、マリリン・モンローの知られざる人生を描いた伝記映画

フェミニストから叩かれているという記事を読んだけど、確かにこれは酷い!
マリリンの性的にもそれ以外でも搾取されまくったとこ
>>続きを読む

ロングタイム・コンパニオン(1990年製作の映画)

3.8

80年代のゲイコミュニティ内でのエイズ禍を描いたドラマ
ゲイばかりが発症する癌が話題になり、やがてコミュニティ内の男たちがひとり、またひとりと逝ってしまう...というジワジワ忍び寄る恐怖
恥ずかしなが
>>続きを読む

でっかくなっちゃった赤い子犬 僕はクリフォード(2021年製作の映画)

2.0

謎の老人から赤い子犬を譲り受けた少女が主人公
突然子犬が巨大化してしまい、それをつけ狙う悪の科学者と対峙することになる...というハートフルコメディ
名作絵本が原作とのこと

CGの犬がかわいいようで
>>続きを読む

真実の瞬間(とき)(1991年製作の映画)

3.0

第二次大戦後のハリウッド
共産主義者の映画関係者を一掃しようというFBIの思惑によって、人生を狂わされる脚本家の話

主演ロバート・デ・ニーロはいつも通りで普通に良いんだけど、クリス・クーパーの奥さん
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

-

??????????

多分声優の人たちは声量が足りてないからちゃんとセリフが言えてないのかもしれないと思った

リベンジ・スワップ(2022年製作の映画)

2.0

学園の女王がその座から転落、冴えない転校生と手を組み報復を目論む...という話
『リバーデイル』のメインの子とイーサンホークの娘がダブル主演

この展開は予想できなかったけれど、だからといって「ウォ〜
>>続きを読む

つばさ(1927年製作の映画)

2.0

第一回オスカー作品賞受賞作
第一次世界大戦を描いたドラマ
来年公開の『バビロン』でマーゴット・ロビーが演じるクララ・ボウの代表作

この長さのサイレン映画って絶対途中飽きるだろうなと思って副音声で落語
>>続きを読む

危険な遊び(1993年製作の映画)

2.5

母を病気で亡くした少年・マークが主人公
父の仕事の都合で短期間の間、いとこの家に滞在することになった
しかし、そのいとこがとんでもないサイコパスだった...というお話
二大スター子役の共演

本作の監
>>続きを読む

エスケープ・ルーム2:決勝戦(2021年製作の映画)

2.4

脱出ゲーム映画の続編
前作のデスゲームを生き延びた二人が、再び謎の組織ミノスのゲームに参加させられるスリラー映画

テアトル東京系列で劇場公開された前作だけど、今回はビデオスルーということで仕上がりが
>>続きを読む

ナイルの宝石(1985年製作の映画)

1.8

前作より全然良くなかった
ハリウッドはアフリカ先住民族をバカにしていると思う

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

-

舞台は日本
新幹線でブリーフケースを盗む仕事を依頼された殺し屋が主人公
彼に降りかかる災難を描いたアクションコメディ

面白いのか、つまらないのかも判断できない怪作
『ロスト・イン・トランスレーション
>>続きを読む

ヘルムート・ニュートンと12人の女たち(2020年製作の映画)

3.5

マツコ・デラックスが小池栄子について『全く男に媚びてないのにグラビアアイドルとして成立している、威圧しているのにエロいのよ』とか言っていたけれど、今作のメインであるヘルムート・ニュートンの作品にも似た>>続きを読む

カプリコン・1(1977年製作の映画)

3.8

『火星探査は捏造だった』という陰謀論を映画化
三人の宇宙飛行士と権力者、そして新聞記者を巡るサスペンス

微妙に話の持って行き方にボロが出ている気がするけど、面白かった!
日本も政治と宗教問題に揺れて
>>続きを読む

シンデレラ(1950年製作の映画)

-

主人公シンデレラがあんまり出てこなくてびっくりした
ほぼネズミの話だった

2つの人生が教えてくれること(2022年製作の映画)

3.0

アニメーション作家志望の主人公は大学生最後の夜、妊娠検査薬でテストをしようとしていた
妊娠していた世界線と、していなかった世界線をそれぞれ描いたドラマ

地味だけど悪く無いな〜とは思った
「もしもあの
>>続きを読む

ステップフォード・ワイフ(2004年製作の映画)

3.4

超敏腕の女性テレビプロデューサーが解雇され、失意のうちに家族と田舎へ転居することに
しかし、新天地は異常な妻と夫たちが暮らす不気味な街だった...というホラーサスペンス
腑抜けた夫たちになぜか甲斐甲斐
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2016年製作の映画)

3.5

英文学を代表する名著である『高慢と偏見』のパロディ作品
元々のストーリーの骨組みを残しつつ、ゾンビがイギリスを支配しようとする世界観に置き換えられている

元の作品の主人公・エリザベスというキャラクタ
>>続きを読む

バタアシ金魚(1990年製作の映画)

2.5

水泳部のソノコに一目惚れした主人公を描いた青春映画

いい意味でバブル時代っぽい邦画なんだけど、盲目的な恋を糧にした主人公の成長があまり見られず、そこがこの作品にハマれなかった一因かな
雰囲気はかなり
>>続きを読む

ロイヤル・セブンティーン(2003年製作の映画)

2.3

母子家庭で育ったアメリカ娘が、貴族家系の父を探して単身ロンドンへと渡るティーン向けコメディ

コリン・ファースがピチピチ革パンツで踊り狂うシーンすごかった

主人公役の女優さんは現在の私生活がメチャク
>>続きを読む

>|