meiさんの映画レビュー・感想・評価

mei

mei

映画(415)
ドラマ(7)

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

才能を磨くことと愛情はどっちが大切なのか、小さな女の子から教えてもらえる。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

ありがちな話と思ったら、まさかだった。病気だったからたまたま日常とか、普通に生きれることの大切さがわかっていたけど、でも本当はなんともなくても感じていなくちゃいけないことなんだなって。はあ、やりきれな>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

死者の日。死が悲しいだけのものではないように感じた。実は祖先は周りで私たちを見てくれてるとか、想ってくれているとかを教えてくれる映画。子どもの頃の、大人は何もわかってくれないというミゲルの気持ちが、た>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

5.0

奥さんを助けたいという気持ちと、文化的にそれをわかってもらえない環境と。女の人のことを理解しようとしない場所で、あんなにも女性の問題に向き合って諦めなかった人がいたんだなあと感動。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

観ていていい気分にはならないけど、スーツとコリンファースは素敵。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

4.5

ガガ歌上手い、ブラッドリークーパー素敵、人間の感情複雑、っていう映画。
ぼろぼろに泣いた。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.5

とにかく興奮だった。
ウーーーーワーーーーってかんじ。
ただファンタビの魔法動物はあんまり好きじゃない。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

4.0

久しぶりの邦画。過去に戻るお話だけど、結局は自分の未来を自分のこれからの行動でどう変えていくのかっていうところがポイントなのかな。松重豊のとこ号泣した。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

お笑い要素もあり、だけど安定にソーとロキがかっこいいので満足

ジュリーと恋と靴工場(2016年製作の映画)

3.5

みやすいフランス映画だったけど、中身は薄め。靴に戦う女って名前がついているのがかわいい

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.0

観れば観るほどダニエルクレイグがセクシーで、青い瞳に本当に吸い込まれそうになる。個人的にレアセドゥはまっているので出演していて見とれてしまった。

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

4.0

カジノロワイヤルから連続で鑑賞。
ボンドガールかわいい。けどアクション連発であっという間に終わってしまった。

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

4.0

ダニエルクレイグの007は初めて見たんだけど、めちゃめちゃにかっこよかった。エヴァグリーンも美しくてかわいすぎた はあ。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

4.0

嘘だったけど、その背景が悲しすぎてきっちゃん、、、ってなった。2人とも美しかったな。でもあんな女はいやだ。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.0

機内で鑑賞。
綾瀬はるかがきれいすぎて何も言えなかったかわいい。好きな人に触れずに、ただずっとそばにいてほしいという切実な思いが心にきました。よい。

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.5

自分のことを誰かにさらけ出したり、恋をしたり、たった少しの変化で自分の人生がきらきらしたものになったり辛い状態になったり、いわゆるティーンの映画という感じだったけど、なんだろう、恋とか人を支えるって性>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

やっぱりこのシリーズははらはらどきどきが止まらない。そしてみんなが騙しあってておもしろい

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.5

AIが体を持ったら本当にこんなになりそう。警鐘。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.0

かっこいい。ひたすらかっこよかった。
スターウォーズにつながる部分がたくさんあって、興奮しました。

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

4.5

「我々は悪くない。奴隷を売ってきた商人が悪いんだ」っていう白人の言葉を聞いたことがあるけど、当時の白人には悪の意識はないっていうところがまた怖い。
突然奴隷になる恐怖と、必死に抵抗したり絶望を感じたり
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.5

こんな話本当にあるんだっていうかんじ。最後に涙と鳥肌がぶわああああって。

ガザの美容室(2015年製作の映画)

4.0

美容室しかうつされなくて、それが彼女たちの生活の全てと言ってるみたい。映画館出た後に自分の周りが平和だとか、どうでもいいことをただ話すとか、そういうのが不思議なことに思えた。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.0

ジェシーアイゼンバーグとクリステンスチュワートと。好きな2人だったから観れてよかった。昔のザ・アメリカってかんじで、服とかもかわいいし、街も可愛い。ただ終わり方がララランドに似てたような。昔の特別な人>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

オギーだけの目線で描いた物語じゃないのがよかった。自分だけの悩みをみんながみんな持ってて、いろんな葛藤を抱えながらの交友関係とか、涙うるうる。オギーの家族があたたかくて、ほっこりした。

>|