pongo007さんの映画レビュー・感想・評価

pongo007

pongo007

May the force be with you!

映画(280)
ドラマ(0)

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.9

 ヴィン・ディーゼル再び。やはりアクションがいいです。

トリプルX ネクスト・レベル(2005年製作の映画)

3.1

 二代目トリプルエックスはアイスキューブ。それなりにスピード感もあってよかったです。

トリプルX(2002年製作の映画)

3.7

 ヴィン・ディーゼルのアクションすごくいいです。

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.3

 児童虐待被害の後遺症を引きずるケヴィン・コスナーと、幼い少年との心の交流を描いた作品。少年は逃げようと思えばいつでも逃げられるのに、ずっとケヴィン・コスナーのそばから離れようとしません。二人の間に芽>>続きを読む

イントゥ・ザ・ストーム(2014年製作の映画)

2.9

 エメリッヒのデイ・アフター・トゥモローのコンパクト版みたいな映画でした。竜巻の描写はそれなりに迫力もあり、旅客機が空に浮かぶシーンとかはびっくりしました。面白かったです。

ロンゲスト・ヤード(2005年製作の映画)

2.8

 面白いですが、バート・レイノルズ版に敬意を表して。

ロンゲスト・ヤード(1974年製作の映画)

3.5

 看守チーム対囚人チームのフットボール対決!勝ったら不利な境遇になってしまうバート・レイノルズは、八百長で看守チームに負けようとしますが、最後は元プロのプライドを取り戻して全力でプレーします。すがすが>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.2

 音を立てたら即死、というキャッチコピーそのままの映画でした。緊迫感が半端なく、みているこっちの方も、映画館でなるべく音をたてないように息をのんで鑑賞しました。家族愛の映画です。

トリプルヘッド・ジョーズ(2015年製作の映画)

2.5

 悪くはなかったです。いろんな映画のいいところをとった感じの、いかにもB級な映画でしたが、それなりに緊迫感も人間ドラマも有り、良かったとお思います。ダニー・トレッホがマチェーテ振り回してジョーズの首を>>続きを読む

3-4x10月(1990年製作の映画)

2.5

 たけしの演技って、テレビのバラエティ出てるときと変わらないからおもしろい。映画自体は後味が悪かったです。

その男、凶暴につき(1989年製作の映画)

2.8

 たけしのうちに秘めた狂気というか凶暴性が映像化されたみたい。たけしはずっとこういう映画を撮りたかったんだと思いました。たけしと白龍の命の奪い合いが執拗で怖い。ラストの「こいつらみんなキチガイだ」の台>>続きを読む

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

2.7

 展開が理不尽すぎて、ジェフ・ブリッジスがすごくかわいそうでした。ティム・ロビンス、ああいう役をやるんですね。後味の悪い映画でした。

ララピポ(2008年製作の映画)

2.3

 奥田英朗の原作がすごく面白かったので鑑賞。成宮君の間抜けな演技が笑えました。

死霊館(2013年製作の映画)

3.0

 あまり怖くありません。家族愛の物語です。

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

4.2

 クリストフ・ヴァルツのうそつきっぷりに大爆笑しました。

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

2.6

 なんとも絶望的な気分になる映画ですが、ラストに救いがありました。特撮はすごいです。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

4.6

 英米合同のイスラム原理主義テロリスト掃討作戦の一場面を切り取った映画。自爆テロを計画していると思われる集団が一軒家に集合している。テロを防ぐためにはテロリストの排除が必要。すぐにドローンでミサイルを>>続きを読む

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

4.0

 エンド・オブ・ホワイトハウスの続編。英国首相が急死、各国の元首がロンドンに集まる→同時多発テロ発生→アメリカ合衆国大統領、窮地に→ジェラルド・バトラー大暴れ。今回も手に汗のアクション大作でした。

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

4.5

 アメリカ合衆国大統領と韓国首相との会談中、北朝鮮のテロリストらがホワイトハウスを占拠!人質はアメリカ合衆国大統領はじめ、米政府中枢の幹部ら。韓国首相はテロリストに処刑される。要求は日本海に展開する米>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.1

 僕の好きな俳優ジョン・キャロル・リンチ目当てに鑑賞。マクドナルドの創業者、マクドナルド兄弟が、事実上マクドナルドレストランを乗っ取られる話。乗っ取り屋のマイケル・キートンが憎らしく、マクドナルド兄弟>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

4.5

 主人公のゲイは、周囲の偏見や差別に負けず、精いっぱい、素敵な生き方をしたと思う。重いテーマの割には、出演者たちの軽快なトークや色鮮やかな美しい映像もあり、すがすがしい仕上がりになっていていました。普>>続きを読む

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

2.6

 主人公のタニシが、とにかくどうしようもない負け犬根性。何をしてもダメだが、人としてのプライドをかけて、恋敵のいる会社に乗り込む場面だけはよかった。ただ、不様にぶちのめされて、最後まで負け犬だった。タ>>続きを読む

ハナ 奇跡の46日間(2012年製作の映画)

4.3

 普通にいい映画でした。卓球の世界選手権に、韓国と北朝鮮が南北統一コレアとして出場し、奮闘する物語。実話ベースです。合同練習を始めたときは、文化や国家体勢の違いから、衝突を繰り返しますが、次第に友情が>>続きを読む

11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち(2011年製作の映画)

1.6

 三島のバカっぷり全開!若松こうじは、これ撮りながら爆笑してたんだろうなと思いました。たぶん、若松監督のユーモア。しかし井浦新も、よくオファーうけたなと感心しました。

NO EXIT/ノー・イグジット(2015年製作の映画)

2.1

 なんか、登場人物がみんな間抜けで、緊迫感がないような、あるような、見ても見なくてもいいような映画でした。

松ヶ根乱射事件(2006年製作の映画)

2.3

 新井浩文が静かに壊れていく感じが独特で、味がありました。

エミリー 悪夢のベビーシッター(2015年製作の映画)

1.8

 なんというか、いつ盛り上がるんだろうと思って待っていたら、いつの間にか終わってしまいました。

ユナイテッド93(2006年製作の映画)

3.8

 米中枢同時テロで、乗っ取られた航空機のうち、唯一ターゲットを攻撃できなかったユナイテッド93便の機内で繰り広げられた、ハイジャッカーのイスラム原理主義者らと、乗客との攻防。あの状況で、テロリスト相手>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

3.0

 あの奥さんが、そもそもなんであんなに気味の悪い人形をほしがったのかがわからない。アナベル人形、憑依されてると言うよりは、悪魔そのもの。とにかくアナベル人形の顔、怖すぎる。

バーニング・ブライト(2010年製作の映画)

2.0

 おうちの中で飢えた虎がうろうろして、姉弟を襲う。姉弟、キャーキャー言いながら逃げ回る。外はハリケーンで出られない。緊迫感ありました。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

 たった50年前に起きたワスプの人種差別主義者の警官たちによるアフリカンアメリカン3人殺害事件。アメリカ合衆国の暗黒の歴史の一幕。殺人を犯したワスプどもは、ワスプが作り上げた司法制度に守られ、裁判で無>>続きを読む

>|