pongo007さんの映画レビュー・感想・評価

pongo007

pongo007

May the force be with you!

映画(146)
ドラマ(0)

告白(2010年製作の映画)

4.2

 自分の幼い娘を教え子に殺された中学校の女性教師の壮絶な復讐劇。松たか子が、殺害に関与した2人の生徒を、高度な心理戦で追い込んでいきます。湊かなえの原作を読んで衝撃を受け、映画を見ました。ラストで松た>>続きを読む

フラガール(2006年製作の映画)

4.5

 寂れゆく炭鉱の町をハワイにする!そんな荒唐無稽なことにチャレンジした人々の、汗と涙と再生の物語。ラストの蒼井優ちゃんのソロパートは圧巻でした。泣ける映画です。

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.6

 この映画は何度見ても泣いてしまいます。松雪泰子と娘が、クズみたいな元夫を成り行きで殺害してしまうところから始まります。隣に住んでいる高校の数学教師の堤真一が、母娘を無罪にするために、大きな犠牲を払っ>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

4.0

 おっかない映画です。小野不由美が自身のホラードキュメンタリー「残穢」の中で、この世に強い怨念を持って死んだり、不慮の死を遂げた人に関して、その死自体が穢れとなり、その場を汚染、その場に近づいたり着座>>続きを読む

漂流教室(1987年製作の映画)

-

 こんなひどい映画は見たことがありません。楳図かずお先生の大傑作漫画に対する冒涜です。この監督は、原作読んでないんじゃないかと思うくらいひどい。日本映画史上、最大の汚点。

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

3.3

 全然期待しないで見たのですが、意外と面白かったです。B級感半端ないですが、次々にゾンビに襲われる場面は迫力ありました。最後には、やっぱり人間が一番恐ろしいという教訓もきちんと描かれていて、ゾンビ映画>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

 寂れゆく炭鉱町。周囲の大人はみんな炭鉱夫。そんな環境で、ロシアの人工衛星スプートニクのニュースに衝撃を受けたホーマー少年が仲間と一緒にロケットづくりにのめり込んでいく。試行錯誤してどんどんロケットは>>続きを読む

パシフィック・ウォー(2016年製作の映画)

2.6

 戦争映画だと思って見たら、人と闘うよりはサメと闘う映画でした。なんかちょっと物足りない感じが残りました。

スネーク・アイズ(1998年製作の映画)

4.7

 冒頭のノーカットの10分以上の長回しがおもしろいです。悪徳警官のニコラス・ケイジが、大変な陰謀を知ってしまい、正義に目覚めてしまいます。ヒロイン役のカーラ・グギーノがきれいです。全編通して緊迫感があ>>続きを読む

バンコック・デンジャラス(2008年製作の映画)

4.3

 世界中を股に掛けて仕事をするプロの殺し屋の話。タイでの仕事のためバンコクへ。そこで弟分みたいなタイ人と仲良くなってしまう。そして薬局ではたらく美しい女性に心を奪われてしまう。そういった人間関係は、プ>>続きを読む

ノウイング(2009年製作の映画)

4.2

 地球滅亡の映画。ノアの箱舟みたいな壮大な話です。僕は好きです。

レフト・ビハインド(2014年製作の映画)

2.5

 ニコラス・ケイジって、なぜかときどきこういう変なというか、不思議な映画に出ますね。なんなんだろう?

コン・エアー(1997年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます

 暴漢にからまれた妻を守るために、相手を殺してしまったニコラス・ケイジ。日本だったら高倉健さんみたいな役柄です。刑期を終え、愛する妻とまだ顔を見たことが無い幼い娘に会いに行くために乗った囚人護送飛行機>>続きを読む

ザ・ロック(1996年製作の映画)

4.7

 この映画は文句なしにおもしろい!アルカトラズ島を舞台に、島を占拠したエド・ハリスら兵隊たちに、過去唯一、アルカトラズ島から脱獄した元英国の諜報部員ショーン・コネリー、科学お宅のニコラス・ケイジが立ち>>続きを読む

パーフェクト・プラン(2014年製作の映画)

3.2

 出処不明の大金に手を出してしまい、案の定、いろんな悪党に命を狙われてしまう夫婦の話。何回も修羅場になりますが、最後はハッピーエンドになって、安心しました。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.7

 日常の生活の中で、命のやりとりがある。怖くて美しい映画です。フランシスマクドーマンドがいい!

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

2.3

 まどろっこしい。説明が長すぎる。ちょっと期待外れでした。良かったのは、シャイニングとメカゴジラとガンダムのシーンくらい。スピルバーグ、年かな?と思ってしまいました。1時間半でまとめられる話。スピルバ>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

3.4

 宮沢りえが墜ちていく、どんどんどんどん墜ちていく。心の中のからっぽな部分を埋めるように、なにかに追われているかのようにひたすら横領を繰り返す。なんであんな男のために?と思いましたが、たぶん相手は誰で>>続きを読む

ドッジボール(2004年製作の映画)

5.0

 これはめちゃめちゃ笑えて、最後には感動してしまう映画です。大好きです。

ディープ・インパクト(1998年製作の映画)

5.0

 この映画は何度も見ましたが、見るたびに泣いてしまいます。
 地球に迫ってくる隕石を発見した少年、スペースシャトルに乗って隕石を爆破しにいく宇宙飛行士たち、隕石のニュースを伝える女性ニュースキャスター
>>続きを読む

アルマゲドン(1998年製作の映画)

4.9

 言わずと知れたディザスターパニックの名作。ブルース・ウィリスはじめ、登場人物がみんなかっこいい。何度見ても飽きません。

ブレインデッド(1992年製作の映画)

4.9

 若い男女の恋愛物語。恋の障害がゾンビです。いろいろなタイプのゾンビが出てきておもしろい!クライマックスで、カップルに次々と襲いかかってくるゾンビを芝刈り機でバラバラにしていくシーンは圧巻です。ゾンビ>>続きを読む

エヴァリー(2014年製作の映画)

4.7

 サルマハエック、大暴れ!次々と襲いかかってくる日本人ヤクザどもをバッタバッタと殺しまくる!女性版ジョンマクレーンみたい。壮快です。過小評価され過ぎている傑作です。

ジェーン・エア(2011年製作の映画)

4.0

 シャルロット・ゲンズブールのと比べると、やや暗い気分になってしまいました。ただし、とてもいい映画です。

ジェイン・エア(1996年製作の映画)

4.4

 ミア・ワシコウスカ版のも見たのですが、こちらのシャルロット・ゲンズブール版の方がしっくりきました。薄幸で、だけど真摯にまじめに人生と向き合う心の優しい女性、ジェーン・エアの半生の物語です。いろいろな>>続きを読む

スタンドアップ(2005年製作の映画)

5.0

 1980~90年代に、米国の炭鉱で働いた女性たちの物語。炭鉱夫のほとんどは男で、十数人しかいない女性たちは、悪質で卑劣なセクハラに日々さらされます。下品な落書きや男性器のおもちゃを弁当箱に入れられる>>続きを読む

ムカデ人間(2009年製作の映画)

3.1

 口と肛門を繋げて、三人の人間を一つの生命体にするという、猛烈に悪趣味な映画です。見ていて気持ちわるくなりますが、見始めたら、なんか気になって最後までついつい見てしまいます。途中で警察の捜査が入ったり>>続きを読む

悪魔の棲む家(2005年製作の映画)

2.0

 そもそも、家を決めるときに、不動産屋から、昔、一家惨殺事件が起きた事故物件だと聞いたのに、お父さんが契約しちゃうし、案の定、毎日怪奇現象が起きて家族みんな((((;゜Д゜)))))))ガクガクしてて>>続きを読む

ディアボリカル(2014年製作の映画)

1.5

 幼い息子、娘と一軒家に生活するシングルマザー。ある日から家の中で怪奇現象が起こり始め、なんか気持ちの悪い怪人が家の中に出現するようになる。恋人の科学教師と協力してその招待を暴こうとするのだが、怪奇現>>続きを読む

ジェームス・ブラウン 最高の魂を持つ男(2014年製作の映画)

2.7

 歌とダンスのパフォーマンスは迫力ありました。もう少しジェームス・ブラウンの内面に迫るような描写なりエピソードがほしかったような。

テイク・シェルター(2011年製作の映画)

3.1

 大嵐に見舞われる悪夢を見続けてしまった男が家族を守るためにシェルターをつくる映画。
 男の母親は重度の統合失調症を患った人で、男も自分が壊れていっているのではないかと悩みますが、シェルターづくりをや
>>続きを読む

メジャーリーグ2(1994年製作の映画)

3.5

 パート1が最高すぎる映画だったので、少し物足りなさがありました。前シーズンで優勝して、選手たちが勘違いし、エリート意識を持ってしまい、まったく結果が出ない。日本から来た助っ人の石橋貴明がチームにカツ>>続きを読む

メジャーリーグ(1989年製作の映画)

4.7

 チャーリーシーンとトムベレンジャーという、プラトゥーンと同じ顔ぶれですが、こちらは壮快な娯楽映画。
 メジャーリーグのお荷物球団クリーブランドインディアンズに集まったヘナチョコ選手たちが、球団を売り
>>続きを読む

俺たちフィギュアスケーター(2007年製作の映画)

4.7

 ウィルフェレルがワイルドで破天荒なスケーターを、ジョンヘダーが羽生さんみたいな優雅なスケーターを演じています。二人はいつもいがみ合っていて、表彰式の舞台で乱闘騒ぎを起こし、スケート界から追放されてし>>続きを読む

終戦のエンペラー(2012年製作の映画)

3.5

 マッカーサーがどういう判断をするのか、ワクワクしました。映画は、昭和天皇に戦争責任があったかをGHQ が調べていく内容。天皇制を考えるいい機会になりました。