macoさんの映画レビュー・感想・評価

maco

maco

映画(3220)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

大人は判ってくれない(1959年製作の映画)

-

自伝的な作品というと思い入れやこだわりがありすぎて、個人史から抜けだせないイメージがあるのだけれど、これは違う。両親から愛されない少年の反抗が、誰もが知っている反抗期の思いと重なって、普遍的な物語にな>>続きを読む

アンナ・カレーニナ(2012年製作の映画)

-

情熱的に恋に堕ちることと、愛を持って日常をともに過ごすことはイコールではない、という不倫ものによくある展開だ。キーラ・ナイトレイは奔放でヒステリックな女性によく合っているけれど、あの時代の抑圧された女>>続きを読む

いまを生きる(1989年製作の映画)

-

学生時代に観たときは、死ぬべきではない人が死んだ憤りみたいなものを感じた映画だ。若かったな。ロビン・ウィリアムズには、どうしてかこういう、優しさと繊細さをかねそなえた人物がよく合う。彼が去っても、彼に>>続きを読む

地獄の黙示録 ファイナル・カット(2019年製作の映画)

-

前に観たのがどのバージョンだったのか、細かいところは覚えていないけれど、狂気は変わらない。映画の内容も狂気だし、撮影陣も狂気めいている。

勝手にしやがれ!! 脱出計画(1995年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

そうだろうとは思ったけれど、やっぱり脱出できないんだよね。

子ぎつねヘレン(2005年製作の映画)

-

野生で生きていたらあっというまに淘汰されたであろう小さな命。その命に自分を重ねながら、世話をすることで少しずつ大人になっていく少年の姿が切ない。

恋におちたシェイクスピア(1998年製作の映画)

-

以前観たときはそこまで好きではなかったのだけれど、今回はなぜか楽しめた。シェイクスピア作品を連想させる展開を散りばめながら、ロマンチックで、どこかファンタジックな展開がくり広げられる。人がすしずめにな>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

-

音楽を文章で表現して評価された原作を映像化する、というのはなかなか面白い挑戦で、筋は同じだけれど演出はまったく別ものになる。私は音楽の知識はほとんどないので、美しい演奏から何を感じとればいいのか、理解>>続きを読む

ウルフ(1994年製作の映画)

-

吸血鬼ものもそうだけれど、噛みつくからか、どこかエロスを感じる。特殊メイクは少し古いけれど、アブノーマルでロマンチックな雰囲気は今でも楽しめる。

アメリ(2001年製作の映画)

-

「アメリ」が大ヒットしたのはちょうど学生のころで、友達とみんなで観て盛り上がったいい思い出がある。パリの縁の店にも訪ねていった。就職活動は嫌だったけれど、証明写真はこの映画を思い出してにやにやしながら>>続きを読む

マリリンに逢いたい(1988年製作の映画)

-

実話をもとにした犬映画。犬の話より人間の話が多かったような。実際のシロが演じていると思うと、芸達者ですごい。

レンタネコ(2011年製作の映画)

-

優しくておとぎ話感のある、くせになる雰囲気の映画だ。猫貸しますの歌が頭から離れない。

デリシュ!(2021年製作の映画)

-

フランスで初めてレストランを作った男の話。フランス革命間近の時代で、わかりやすく貴族が悪として描かれた、おとぎ話のような雰囲気の映画だった。静物画のような美しい静止画面が多用されていて、自然の美しさも>>続きを読む

DEATH NOTE リライト 幻視する神 ディレクターズカット版(2008年製作の映画)

-

L編を2時間にまとめるので当然かけ足なのだけれど、話を知っていれば十分に魅力的な総集編だった。前後編に分けてくれたらなお良かったかも。ライトがほどよくかっこ悪い。

きな子〜見習い警察犬の物語〜(2010年製作の映画)

-

もちろん可愛いのだけれど、警察犬になることだけが幸せではないのだし、その犬の特性に合わないのに無理に目指す必要はないかなと思ってしまった。

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

青春ゾンビミュージカルという斬新な演出で話題になった作品。ゾンビというアイテムを使って、田舎の人間関係をぶち壊す映画にも見えた。ジョンがヒーロー役かと思っていたので、退場が早すぎて悲しかった。

ゴーストランドの惨劇(2018年製作の映画)

-

これは本当に怖い映画だった。たぶん日常的に暴力をふるわれながら耐えた長い時間の経過が、ちゃんと感じられたから、怖ろしかったのだと思う。逃避の方が救いになる感じ、よくわかる。

おろかもの(2019年製作の映画)

-

わかりやすく嫌な人、いい人、というわけではなく、わりきれない人間関係がリアルだと思った。

>|