みうさんさんの映画レビュー・感想・評価

みうさん

みうさん

感想というかメモですね。
ベストムービーはオールタイムではありません。随時更新。
感想文ブログはリンクから。
----
面白い文章書く人が好きで探してフォロー。フォロー返しなど不要でございますゆえ、無言フォローお赦しください。つまり、感想を書いてない方は知ってる人でもフォローしてないかもしれません。ごめんね、感想書いてね。
そ無言フォローされるのは大歓迎です。めんどい挨拶不要!
-----

マクベス(1971年製作の映画)

-

とても生々しくて、ちょっとサイケデリックな向きもある、時代性もあるけど、すごく芝居っぽいマクベス。ジョンフィンチは美しい。ポランスキーの裏話とか知ると味わい深い。ファスベンダーのマクベスは観ました。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

エンタメ興行師PTバーナムの伝記でもあるミュージカル映画。場面転換とか、わざと古くさいミュージカル映画っぽさを出している感じがした。部分的にはシチュエーションと曲で鳥肌が立つところもあったけど、全体と>>続きを読む

恋のじゃま者(1986年製作の映画)

-

長いこと塩漬けしてました。トムハンクスがイケメン代理店男枠、80年代でキュートさはある。親父がクズすぎるのに、その親父に恋を邪魔されても寄り添うという、制作側にこういう親父がいるんだろうなというふうに>>続きを読む

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

-

新ピカの爆音で観ました。もちろん初見ではありません。爆音は若干音の分離が悪いものの、大きすぎず(ただ音量があればいいというものではありません)(大きすぎて具合が悪くなるようなのは野蛮)ジョゼフヴァンヴ>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

-

未体験ゾーンで観たよ。わたしはチャーリーハナムが好きなんでね、これいつ公開されるんだろうって待ってたんだけど、このような興行でしか公開されないのだろうか…アマゾンの映像美しいから大きくて明るいスクリー>>続きを読む

イノセンス(2004年製作の映画)

-

電脳の構造はギブスンのサイバースペースと似てるのかな…。少佐は実体として出てこない。バトーさん素敵。三度繰り返すところあえて難しそうにしてる感じなのかな。ギブスンよりもっとなんか東洋哲学的で難解。子供>>続きを読む

沈黙 SILENCE(1971年製作の映画)

-

WOWOWでサイレンス連続放送企画があって、ずっと気になってたので観ました。いかにも日本の時代劇っぽいところとか、突然の前衛映画みとかありつつも、割と演出似てるなーというところが随所にありました。まあ>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

-

最近のアニメーションのレンダリングすごいなーというところばっかり気になってしまった。ツルツルしてるけどマットな質感とか髪の毛とか女神の体の細かい草とか海とか。多分なんらかの南の国の神話を下敷きにしてる>>続きを読む

リターン・トゥ・アース(2014年製作の映画)

-

録画してたの消化中なんですけど、これまた低予算宇宙もので、宇宙と言い張れば宇宙みたいな映画シリーズ。これの前のジュピターなんとかよりはお金がかかってるのと、カナダの映画でなんとなくスタイリッシュでフラ>>続きを読む

ジュピター20XX(2012年製作の映画)

-

予想してたけど、すごいチープ。精神的なアレとかあるのかもしれないけど、序盤で飽きた。ドキュメンタリー風にしようとしたのもわかるけど、もうとにかくチープさが気になってしまう。作りたかった気持ちだけ受け止>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

-

やっと観た。ものすごく絶賛されているし、賞も取っているのけど、ものすごく感動とか心揺さぶられるとかではなかったな。ちょっと拍子抜け。でも、ちょう田舎町エビングの人間模様、結局性根が腐ってる住人はいなか>>続きを読む

ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠(2015年製作の映画)

-

パトリック ウィルソンの見た目好きなんですよ。それはいいとして、この映画のテーマは何なんでしょうか。とにかくエロい気持ちに歯止めが効かなくなる様が、えー?そんなにかー?となるし、常にシリアスな調子なの>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

-

デトロイトの暴動の最中にアルジェモーテルで起きた警官による殺人事件の話です。実話。とはいえ、公式にはなかったことになっているので色々聞き込みをして作られたとか。ウィルポールターの嫌さがもっと嫌かと思っ>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

-

最近すっかりエルファニングの虜なわけですが、これも良かった。良かったけど、これはレイについての話でもあるけれど、原題の3ジェネレーションズ(レイ、マギー、ドードー)の話なんである。特にレイの母親のマギ>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

-

2017年もっともがっかりしたで賞を受賞していたのは知っていたけど、イドリスエルバ見たさに行ってきた。やたら音楽が好きだなーと思ったら、トムホーケンバーグ(ジャンキーXL)だったとか、十分にイドリスが>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

-

ムビチケをもらったので、見てなかった1を観て、割と面白い(ほんわかホワホワだけの映画じゃないところが好き)と思ったので、期待して鑑賞。面白かった!ヒューグラント良い。シェークスピア劇に造詣があればもっ>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

-

パディントン2を観ようと思ったので、予習。子供向けというよりは大人向け。パディントンは難民でもあるのかな。全体的にはコミカルなタッチだし、女装あり、笑いのセンスがすごくブリティッシュだった。ほんわかす>>続きを読む

デジャヴ(2006年製作の映画)

-

WOWOWつけたらやってて、最初の30分欠けてるんだけど、面白くて引き込まれる感じで見た。トニスコか!(好き)あの過去を写すカメラのズームの音がブレードランナーに出てくる写真見る機械と似てるんだけど、>>続きを読む

サム・ペキンパー 情熱と美学(2005年製作の映画)

-

映画と中の人は別物と常に思っているので、まあ、想像はしていたけれども、間違った方向の武勇伝みたいなドキュメンタリーで途中で見るのをやめてしまった。やっぱり中の人のタイプも時代とともに変わっているよね、>>続きを読む

不屈の男 アンブロークン(2014年製作の映画)

-

WOWOWで観ましたよ。公開前に反日映画だとか言って、すったもんだあったけれども、正しい反日反戦映画だったような気がします。今の日本人とは切り離して考えられているような…。意図は知らんけど、俺にはそう>>続きを読む

デッド・シティ2055(2015年製作の映画)

-

スナッフ用のアンドロイドが覚醒するとことか好き。ところどころサッカーパンチも思い出した。あと、マトリックスとか?ちょっとギブスン。アイデア面白い。熱血デカ。技術者。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

アクションの新鮮さはもうない(前作では教会のシーンが印象的だったけど、今作では既視感あった、連発しすぎかな)アタマから飛ばし気味に進むので楽しいことは楽しい。チャニングテイタムが活躍すると思いきや、ペ>>続きを読む

ブラック・シー(2014年製作の映画)

-

ジュードロウかっこよすぎ結末。スクートマクネイリーの小物嫌さ感。ベンメンデルソーンのいつものダメさ。密室は息苦しくていかん。年末に見たのに記録もれ。

ソルト(2010年製作の映画)

-

二重スパイのはずなのに、なんでそもそもの任務に逆らってしまうのか、蜘蛛マニアの夫のせい?ちょっと動機が弱くない?アンジェリーナジョリーってなんかこういう体を張った役をやるとなんとなく、辛い目にあってる>>続きを読む

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

-

記録漏れてたー
確か、ツイッターのTLで話題になってて、予定にはなかったけど観に行った。シネパレスに行ったの久しぶりすぎた。
イドリスのかっこよさと、変則バディーものの良さ。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

なんだろう、色々釈然としなくてあんまり好きな作品ではなかったなー。これが新しい風なのだと言われたら、だったらスターウォーズじゃなくていいんじゃ?って思ってしまう派です。続きはあとでブログに書こう。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

-

原作も前作もオチも知らずに観たので、満足した。豪華すぎるキャスト、豪華なセット。ジョニデがあーなるので、心配してたウザさも抑えられててよかった(ああならなくても、抑えめでよかった)でも、あのダンサーの>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

-

若返ったスーパーマン。ヴィランが良かったですよね。アイアンマンの擬似父親みたいなのもなかなか良い。メイおばさん色っぽすぎた。好き。全年齢層を射程に入れてる感じはすごいなーと思ったけど、大人にはちょっと>>続きを読む

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

-

宗教とは命とは。宗教家とは、医者とは。サミュエル先生が邪魔をするのかなと思ったら、いい人で良かった(とツイッターに書いてあった)(思い出した)見直したいな。あと、マックスリヒター。

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

-

書き忘れてましたので、手短に。子供の頃に植え付けられた考え方って、その後の人生に本当に大きく影響するから気をつけて!っていう感じ。キラキラした部分が多めかと思いきや、結構しんどい話だった。

エルストリー1976 新たなる希望が生まれた街(2015年製作の映画)

-

スターウォーズにエキストラとかちょい役で出た人たちのインタビュー。1秒くらいしか写ってない人でもコンベンションとか出ちゃうんだなー。そして、みんな半信半疑ながらも自慢に思ってる。ただ、ドキュメンタリー>>続きを読む

マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年(2016年製作の映画)

-

マノロの靴は一足も持っていません。
甲高い笑い声、ちょっと意地悪な物言い、若い時の二枚目っぷり、きらびやかな交友関係。ビアンカジャガー。ジョンガリアーノ。ルパートエヴェレット。ルパートはちょっとおじい
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

-

リンコの女性以上に理想の女性(誰の?)らしい感じとか、トモの母親の描き方がなんだか嫌だったなー。この監督は女性だけど、男性的な感覚なんかな?フェミニズムの真逆じゃないかしらこれは。そんで、編み物…。ち>>続きを読む

Mr.&Mrs. スパイ(2016年製作の映画)

-

お隣に越してきた夫婦が実はスパイだった!というコメディです。
ジョンハムとガルガドットのスパイ夫妻は本当に絵に描いたようなスパイ夫妻だけど、隣の夫婦は人事部の旦那とその奥さんでいたって普通なんだけど、
>>続きを読む

グリーン・ランタン(2011年製作の映画)

-

そういえば、どういう話か全然知らないなーと思って。JLに出てきたしなー。
グリーンランタンというのはたくさんいるんですね、なるほど。ライアンレイノルズは大体こんな感じですよね。首から下がアニメになって
>>続きを読む

ランナーランナー(2013年製作の映画)

-

ギャンブルがらみのクライムサスペンスかな。ジャスティンティンバーレイクてうまいのか下手なのかわからんけど、よく主演してるよね。そしてなんかデジャブ感がある。悪いベンアフとちょいワルFBIにアンソニーマ>>続きを読む

>|