ねこまるキャットさんの映画レビュー・感想・評価

ねこまるキャット

ねこまるキャット

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.6

『タイムループ』×『ラブコメ』
同じ日を繰り返す男女のラブコメ。

個人的にはつい最近見た同じ設定の"明日への地図を探して"の方がオススメ。

比較すると純愛度はかなり低く、コメディ要素が強いの
>>続きを読む

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

『青春』×『岐路』
魚人の子供が陸に憧れ、海の世界から飛び出す映画。

前半は箱入り息子が知らない世界に飛び込み、全てがキラキラ輝いてみえるといった青春ものでワクワク出来ます。

新しい事への挑戦や発
>>続きを読む

クラウズ 雲の彼方へ(2020年製作の映画)

-

『余命』×『時間』
癌で余命宣告された主人公が、友達や恋人、家族と向き合い、趣味である音楽としてメッセージを発信していく、実話ベースの映画。

死が迫っていなくても人生を大切に生きてほしいという主人公
>>続きを読む

奇跡の旅(1993年製作の映画)

3.7

『犬』×『猫』
家に帰ろうとする犬2匹と猫1匹のロードムービー。
口が動かないCG無しのアフレコのみというのも今となっては新鮮。

何のひねりもない王道ストーリーでも作品に愛情を感じる事が出来、壮大な
>>続きを読む

スパイ in デンジャー(2019年製作の映画)

3.8

『鳩』×『薬』
一流スパイがハトに変身して、変人研究者とコンビを組み悪に立ち向かう映画。

安定のウィルスミス節が炸裂してる作品。
スパイ映画が好きな人は安心して見られるクオリティ。

安定安心王道す
>>続きを読む

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

4.0

『踊』×『街』
年老いた老夫婦のショートムービー。
7分間台詞なしで最高のBGMで踊りまくる。

7分で超絶満たされるインパクト。
全人類が見るべきショートムービー。

これを見るためにDisney+
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.8

『信』×『疑』
分裂した異なる種族の争いが続く世界で、平和を取り戻そうとする冒険アドベンチャーファンタジー。

それぞれ特色のある種族、国、そこに向かい魔法の石の欠片を集めていき、悪の根源を断とうとす
>>続きを読む

スケーターガール(2021年製作の映画)

3.8

『束縛』×『自由』
スケートボードを与えられたインドの村の子供達が自由を感じる映画。

肩身の狭いインドの女性をテーマにした映画は沢山ありますが、スケボーを題材にするとは斬新。

ダンスなどはありませ
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.8

『日常』×『矛先』
バカリズムのギャグセンを堪能出来る、OLの日常を覗く映画。

OLの日常は知らなくても、なぜか共感してしまうあるあるネタ。

ゆとりーマンのように知らない業種の世界を覗く面白さがあ
>>続きを読む

明日への地図を探して(2020年製作の映画)

3.7

『タイムループ』×『ラブコメ』
時間が巻き戻されて、同じ日を過ごす男女のお話。

同じ日を繰り返す中で、小さな奇跡を見付けていく事でループから脱出出来るのではという発想が面白い。

アバウトタイム
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.7

『不死』×『実験』
不老不死の軍団がモルモットにされそうになり戦うお話。

王道ストーリーに沿って美女のクールなアクションを堪能する映画。

ガンアクション多めです。

傷が治っていく描写は、ウルヴァ
>>続きを読む

エセルとアーネスト ふたりの物語(2016年製作の映画)

3.7

『人生』×『半生』
実の息子である原作者が、自分の両親の人生、夫婦の出会いから終わりまでを描いた作品。

出会ってから結婚、労働、出産、病気、戦争など、一生を描いた映画となり、作品に対しての愛情や想い
>>続きを読む

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

3.5

『想像』×『教育』
孤独な元小説家とシングルマザーの家族が触れ合うお話。

モーガンフリーマンの低い声をひたすら聞き、乱れた自律神経を整える映画。

深い事言ってる雰囲気の割に、主人公の情報も少ないの
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.5

『覚醒』×『兵器』
コンビニで働いてる男が覚醒する映画。

アクションに派手さがないので、最強なのかどうかもちょっとよく分からなくなる。

今は覚醒してない普通の状態なのか、ずっと覚醒してる状態なのか
>>続きを読む

最高の人生のつくり方/最高の人生の描き方(2014年製作の映画)

3.6

『人生』×『余生』
妻に先立たれた男性と、夫に先立たれた女性のラブストーリー。

最高の人生のつくり方というよりは、孤独でひねくれた人間となり生活を送っている男が、恋愛によって思いやりという感情を思い
>>続きを読む

Away(2019年製作の映画)

3.6

『生存』×『脱出』
飛行機事故で生き延び、辿り着いた島でのお話。
全編台詞なしのアニメーション。

ほぼ前情報なしで鑑賞。
トムハンクスのキャストアウェイみたいな感じかと思いきや、冒頭でいきなりデイダ
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

3.8

『極道』×『人権』
ヤクザの道を歩むも時代に順応する事が出来ない男の話。

綾野剛が最高にカッコ良い。

働く術、お金を稼ぐ術を知らずに、路上で暮らしたり、生活保護で生きている方も多くいますが、ヤクザ
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.7

『残飯』×『格差』
何百層とある建物、1層の狭い空間に二人、上から限られた食事が運ばれてくる、一ヶ月ごとに階が変わる、そんな謎の実験が行われている施設のお話。

"CUBE"のように謎が解決されないま
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

3.7

『家族』×『養子』
養子を迎えた夫婦と、子を養子に出した女性のお話。

ミステリーと宣伝してますが、どちらかというとドキュメンタリーチック。
ミステリーを期待しすぎると思ったのと違がったとなる可能性が
>>続きを読む

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年製作の映画)

3.7

『映画』×『故人』
亡き母親が出演していたホラー映画の中に入り込んでしまう、良作B級ホラーコメディ。

映画好きが映画を作って映画愛が溢れてるような作品。
テンポ良くダレずに最後まで見れます。

"泣
>>続きを読む

クルードさんちのはじめての冒険(2013年製作の映画)

3.8

『家族』×『生存』
原始時代で生き抜く家族を描いたドリームワークスの良作3Dアニメーション映画。

家族を守るためにルールを徹底し、好奇心というものを断つ、保守的な考え、教育をする父親と、好奇心旺盛な
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2019年製作の映画)

3.6

『人生』×『終活』
癌で余命僅かな二人がやりたい事リストをやっていく、邦画リメイク。

ベース以外はモーガンフリーマンの方とは全く別物なので、あまり比較するものでもないかと思いますが、日本人にウケそう
>>続きを読む

ラブ&モンスターズ(2020年製作の映画)

3.6

『怪物』×『冒険』
地球が怪物に支配されてしまった状況の中、ただひたすらに恋人に会いに行こうとするお話。

腰抜けの主人公が、外の世界で成長していくという冒険アドベンチャーモンスター映画。

ここぞと
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

3.7

『タイムリープ』×『死』
白人の警察に殺され、生き返る、死に戻りを繰り返す黒人の短編作品。

何度も何度も殺され、終わる事はなく"繰り返される"

見ている最中"なぜなのか?"と鑑賞し、見終わった後
>>続きを読む

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

3.8

『家族』×『AI』
AIロボの支配による人類滅亡の危機。
変人一家が世界を救うお話。

スパイダーバースの製作陣の作品という事で気になり鑑賞に至りましたが、最高でした。

3Dアニメーションと2Dを混
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.2

『家』×『家』
同じ家が並ぶ奇妙な住宅街、空間に閉じ込められるミステリー映画。

子育てや資本主義社会に対してのブラックジョーク的な映画らしいですが、とにかく全体的に意味不明なので、観賞後にあれこれ調
>>続きを読む

ズーム/見えない参加者(2020年製作の映画)

3.5

『自粛』×『悪霊』
ロックダウン中のZoomで霊媒師を招待して、悪ふざけで交霊会をする、まさかのZoomホラー。

BGMは一切なく、音質も荒々しい、まさしくZoom。

映画という見方はしない方がい
>>続きを読む

カウントダウン(2019年製作の映画)

3.6

『携帯』×『余命』
自分の余命が分かるアプリをダウンロードして、その運命から逃れようとするB級ホラー。

余命宣告されてその死に抗おうとすると、「利用規約違反」とアプリの通知が来て、悪魔が殺しにくると
>>続きを読む

グッド・ネイバー(2016年製作の映画)

3.4

『盗撮』×『観察』
若者が若気の至りで孤独な老人を盗撮し、イラズラを仕掛け、観察する映画。

ドントブリーズ的な映画ではないので、そういうのは期待しない方がいいです。

「このジジィ、かなりヤバい」
>>続きを読む

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.7

『爆益』×『爆損』
世界経済の崩壊、リーマンショックで空売りを仕掛け、爆儲けする投資家達の群像劇。

2018年から積み立てNISAが始まり、投資の世界に足を踏み入れたという方も多いかと思います。
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.4

『狩り』×『実写』
異世界転生した主人公が、生き残って元の世界に帰ろうとする、モンハンワールドをベースとした世界観の実写映画。

悪くないけど、面白くもない。
なんか想像してたのと違う。

モンスター
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

3.8

『豚』×『神』
ラクガキ王国が消滅の危機。
しんちゃんがミラクルクレヨンを使って世界を救うお話。

めっちゃ当たり。
しんちゃんの映画は全部見てますが、今回はかなり当たり。

構成、音楽演出、めちゃ壮
>>続きを読む

ウィッシュ・ルーム(2019年製作の映画)

3.7

『事実』×『虚構』
新しく住み始めた家で見つけた"何でも望みが叶う部屋"。
夫婦の長年の望みが叶うも…というお話。

もしもボックス映画です。

なんでも願いが叶う部屋。
いいですよね。

でもRPG
>>続きを読む

許された子どもたち(2019年製作の映画)

3.8

『殺害』×『贖罪』
同級生への虐めがエスカレートして殺してしまった中学生のお話。

胸糞悪いの確定なので覚悟して鑑賞。
案の定胸糞ですが、カメラワークや音の使い方がかなりハイセンス。
想像以上に強烈的
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.5

『同性愛』×『孤独』
牧場での労働、日々の不満を酒とセックスで紛らわす主人公が、一人の男性に愛情を感じ、変わっていくお話。

恋愛観が合わなかったのかなという感想。
基本的に、酒に溺れる人間、物に当た
>>続きを読む

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

3.7

『孤児』×『意思』
日常的に虐待が行われている養護施設で、自由を求める子供達を追った、実話ベースのお話。

見ていて結構辛くなるので、ある程度は覚悟して鑑賞する必要があります。

「これ辛いだけで見る
>>続きを読む

>|