ゆっきーさんの映画レビュー・感想・評価

ゆっきー

ゆっきー

ツイッター @nelnelnelne511

つまらん ★2.0 イマイチ ★2.5
まぁまぁ ★3.0 面白かった ★3.5
傑作❗ ★4
年間ベスト級 ★4.5
人生ベスト級 ★5

映画(3352)
ドラマ(0)

死霊館 エンフィールド事件(2016年製作の映画)

3.5

前半どちゃクソ怖すぎだろ…
背景の人間のシルエット→壁に貼ったポスターでした~とかほんと怖いから。

猛獣大脱走(1983年製作の映画)

3.5

かなり良かった。『ベン』なんかでは見れなかったネズミの丸焼きが容赦なく撮られており、今だと倫理的にNGでは?って感じの映像が満載だった。基本血まみれだしね。
ラストの子供たちはガチで怖かった!

ピーチガール(2017年製作の映画)

1.0

酷すぎて5分で見るのをやめた。映るもの全てが酷いので、どこがどう酷いのか語るのはもはや不可能である。

山本美月は二度と映画に出なくてヨシ

PとJK(2017年製作の映画)

2.0

いまいち。亀梨達也と土屋太鳳の主演-2人の顔のアップに耐えられず。
全く魅力がないし、無駄にシリアス。
主人公が公僕なのも気持ち悪いし。
二人の会話が引きのショットで延々と取られるのだが、神代辰巳を表
>>続きを読む

僕らのごはんは明日で待ってる(2017年製作の映画)

1.5

あまりの酷さに30分で中断。
演技の付け方下手すぎ…
俳優が喋るシーンは棒立ちで喋るだけで運動皆無。増村を見習え。

二人の世界だけで完結している気持ち悪さも異様。
とにかくタイトルとは裏腹に貧しい映
>>続きを読む

静寂の森の凍えた姉妹(2016年製作の映画)

2.5

そこそこ。姉妹を殺した犯人を追う警察と容疑者たちの話。
アイスランドなんて人口30万人しかいないので警察も被害者も容疑者も知り合いなのがヘンテコ~

あと、人口少なすぎて俳優が少ないからか知らんが、顔
>>続きを読む

潮騒(1975年製作の映画)

2.0

山口百恵×三浦友和もの。
2人の恋愛を引き裂く親父は説得で解決という。映画的にはちっとも面白くもない手法がとられておりげんなりする。
普通かよっていう。

乳見せ合いっこのシーンはくだらなくて爆笑。
>>続きを読む

ウィンター・ウォー(2017年製作の映画)

1.5

酷いので1時間で断念。
ひたすらかったるい。これを2時間半も見るのかと思うと耐えられなかった。
ただし、ヒロインのジェーン・マーチは死ぬほどかわゆい…
彼女の作品を追うのもありか。

薔薇の素顔(1994年製作の映画)

1.5

酷いので1時間で断念。
ひたすらかったるい。これを2時間半も見るのかと思うと耐えられなかった。
ただし、ヒロインのジェーン・マーチは死ぬほどかわゆい…
彼女の作品を追うのもありか。

ラスト・シューティスト(1976年製作の映画)

3.5

おもろいのだが期待値が高すぎてそこまでではないって言う

真昼の死闘(1970年製作の映画)

3.0

変な映画だなこれ。シャーリー・マクレーンが尼のコスプレをした娼婦でゲリラ戦士っていう無茶な設定。メキシコ人たちと一緒にフランス軍と戦い、インディアンに弓で体を射抜かれたりする。

あとラストで、ゴージ
>>続きを読む

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

3.5

北大路欣也が生理的に無理すぎる。
が、千葉真一がヤバすぎるので高評価!

仁義なき戦い(1973年製作の映画)

4.0

問答無用の名作。
会社員としては見てて辛いものがある。

黒薔薇の館(1969年製作の映画)

3.5

ヴェーラにて。
こともあろうにファム・ファタール役を男(三輪明宏)にやらせるとは!退廃的な雰囲気の和製ノワールの佳作ですた。

大演説をかます西村晃。だれも相手にしていないのが良い。笑える。

県警対組織暴力(1975年製作の映画)

4.5

べらぼーに面白かった。
金子信雄のエロじじいっぷりが滅茶苦茶面白い。暴力的取り調べのシーン大好き。
そのあとの警察の便所で女とヤラせてあげるシーンも!

抗争で首を刃物で叩き落されて、そのまま生首が切
>>続きを読む

血染の代紋(1970年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

アガりまくる!傑作!サム・ペキンパーの世界!汚い策略で破滅に追い込まれて兄貴分の鶴田浩二まで殺られてしまう弱小組の組長、菅原文太が兄弟分の梅宮辰夫に無言でドスを渡し、敵陣地に殴り込みをかけるラストは、>>続きを読む

楽聖ベートーヴェン(1936年製作の映画)

4.0

2人の女の狭間で苦悩するモテ親父…
しかし、とてつもなく不器用…
幸せになって欲しかった。
そしてやっぱり高速モンタージュ。フラッシュバックする記憶…エモいっす…!

あ、あと、劇中はもちろんベートー
>>続きを読む

世界の終り(1930年製作の映画)

3.0

マイケル・ベイ『アルマゲドン』の元ネタ。前半のだらだらしたメロドラマパートは置いといて、後半&クライマックスがすんごい。
最も劇的であるはずの人々の最期を描いたカットバックで、何故かドキュメンタリーの
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.5

トンネルに閉じ込められた男の話で、普通に面白い。ハリウッドの職人娯楽映画って感じ。
現代の韓国の作家と持て囃される監督たちが軒並みダメな中で、こーゆー映画あるなんて隅に置けない。まぁ、傑作ってほどでは
>>続きを読む

殺人捜査線(1958年製作の映画)

5.0

今まで見た彼の作品の中でもベストではなかろうか?信じ難い傑作!
圧倒的な凶暴性!
お馴染みのサイレンサー!!
長い沈黙からの「お前は死ぬ」のヤバさ!
転落死!!!
最強!!!
年間ベスト決定!!!

濡れた二人(1968年製作の映画)

4.0

クソ笑える。
陽性増村と言うと語弊あるかもだが俺はそう受け取った。
増村はやっぱ運動の作家すよ。
彼は俳優に常に物を持たせる。
それは、ポロッと落とす運動の為であり、投げる運動の為であり、叩く運動の為
>>続きを読む

人間の値打ち(2013年製作の映画)

2.0

毒にも薬にもならないので1時間で断念。
カルメロ・ベーネの『トルコ人たちのマドンナ』を見ながらSEXするシーンがある。

宇宙からの脱出(1969年製作の映画)

1.5

地上と宇宙で交信してるだけの酷い映画。
ジョン・スタージェスはなにやってもダメ。

恐喝こそわが人生(1968年製作の映画)

4.0

社会の底辺にいるクズ共が政界の大物にゆすりをかけるという超PUNKな映画であり、鬱屈した人間は見るべきである。えらそーなクソどもが大嫌いなそこのあなた! 一刻も早く観なさい!

あと本作の松方弘樹の死
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

4.0

『死霊伝説』の感想で吸血鬼映画は棺桶を開くシーンが一番怖い。と呟いたが、本作は遺体を解剖=開く運動の映画であり、そのせいで終始怖い…
いやマジで怖いっす!

地下の検死場の使い方はあんまりうまくなく、
>>続きを読む

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

3.0

まあ普通。本田翼の騎乗位と、菜々緒の顔面に便器吸い器を押し当てるシーンのしつこさは良かった。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

1.5

アクションシーンが全てスローモーション(かったるい)&謎のコマ落としで撮られており、耐えきれず1時間で断念。
インド映画やっぱレベル低いなー。

としごろ(1968年製作の映画)

3.0

オッサンと少女のラブもの。
なんかめっちゃ肩の力抜いてとってる感ある。女に逆レイプされるシーンをギャグのノリで撮っており、今だとポリコレ炎上しそうなのが最高。ヘレン・ミレンは常に乳を出しているし、自由
>>続きを読む

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI(2014年製作の映画)

2.5

うーん、怒鳴って自分に気合い入れる系の演出にはウンザリ~
仲里依紗とセックスできんのはまぢでうらやまー。

悲愁物語(1977年製作の映画)

4.5

超絶大傑作!
しかし、意味が分からない!! 狂ってる! やばい! ジャケに騙されるな! 白木葉子のサインを包丁で「料理」する江波杏子!ぱねぇ! 弟こうぇぇぇええ。 ピストル作ってると言うシーンで「これ
>>続きを読む

>|