Ricottaさんの映画レビュー・感想・評価

Ricotta

Ricotta

映画(495)
ドラマ(51)

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.3

よく考えられたお話に切なさを感じながら観ました。
あり得ない話ではあるけれど、人と人は導き合っているのだろうなとか、永遠の美貌って欲しいようでこんな現実が待っているのだろうなとかとにかく胸が締め付けら
>>続きを読む

ノクターン(2020年製作の映画)

3.5

双子の姉妹の嫉妬と競争心、比べられることへの嫌気などダークな感情がたくさん詰まってた。
ブラックスワンを思い出させるような、音楽にとらわれ自分を失いながらも存在価値を見出していくストーリー。
同じ奏者
>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.9

見ていてこんなにも心が温かくも、冷たくも、怒りにも変わる映画はなかなかない。

胸が締め付けられるほど、人々の沢山の声があってどれも強い思いが込められていました。
死を目の前にした道、それまでの時間の
>>続きを読む

クリスティ(2014年製作の映画)

2.8

暇つぶし程度の気持ちで観ました。
最後の一言、しっくりこない。

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.3

もう終わりにしたい、そう観ていて思うほどのジワジワとくる嫌悪感。やめたいけとやめられない、けど心にくるものがあって言葉がどれほど大切か分かるし、雰囲気を転がせるかすごくわかった。

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

3.5

Netflixさん最近すごすぎやしませんか...

まずキャストが豪華。
大好きなジョセフがいて歓喜。

新たな設定に、なるほどと納得と驚きを感じながら観ました。人によって出てくるパワーが違くて面白い
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

3.0

見応えあり。
同じ団地内で繰り広げ続ける、ゾンビたちとの戦い。これが意外にも飽きずに見られる...

ザ・ベビーシッター ~キラークイーン~(2020年製作の映画)

3.4

一作目が大好きすぎて、これで終わりかと惜しい気持ちがあったけれど待望すぎる2作目に歓喜。そして期待以上だった。

一作目の伏線を回収しながらも、前作同様にテンポの良いグロと程よい笑い、ポップなテキスト
>>続きを読む

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.3

世界観は良いけれど、設定が甘いところが多かった。先入観なしで見たらまあまあだった。

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.9

かつて大好きだったシャイニング 。
その空気感と不気味な世界観がじわりじわりと迫ってきて、懐かしい気持ちに。

まずドクター・スリープの意味を知った時に、ダニーのシャイニング が認められた気がしたし、
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.5

エイミーやるなあ
見てるだけで笑顔になれるし、容姿がどうであれ自分がどうあるかは気持ち次第だなと前向きな気持ちになれる一本。

自分の良いところまで見えなくなってしまったり、自信が無いと踏み出す勇気も
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.5

大きな一歩を踏み出した、人生の希望。
時代感もかなり出ていたし、成功の裏には沢山の試練や人生があるのだなと...
大迫力の映像でした。これは映画館で見たら凄かっただろうなあ。

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.6

〝お前たち 大人になったな〟

ペニーワイズの狂気っぷりに磨きがかかっていた。更にルーザーズ個々のことがより深掘りされていて良かった...
これで本当に終わってしまったのかと寂しくなるほど、それぞれに
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.5

上映中逃したのでようやくアマプラにて鑑賞。It follows の監督と同じとの事でかなり期待して観ました。

いやあもう主人公が恐ろしい、、、
全体に向けたものを自分だけに向いたものと思ってしまうと
>>続きを読む

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

3.3

男のいう幸せって、、、ってなったし
女性側として見ているとゾワっとするような描写ばかりだった。

色もすごく綺麗でお洒落なカットがすごく多くて写真集かと思うシーンばかりだったけれど、見れば見るほど裏に
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.5

受け止められない現実をどう受け止めるか。

目の前に恐怖が立ち憚っており、その存在も迫りきていることもわかっているのに目を背けたくなる気持ちを大いに表していた。

私も、大切な人が弱っていく恐怖を見た
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.5

映像がすごく綺麗。
華やかな家も、青い空も、髪も
すべてが鮮やか。

貧困に着目しながらも親子の関係や子どものあり方、力がよく込められた作品だった。

最後だけ撮り方を変えていたのがまたよかった

来る(2018年製作の映画)

3.5

久しぶりにこんなに恐ろしい映画を観た。

人の恨みや妬みほど恐ろしいものはないなと思ったし、キャラが各々よかった。

ラストスパートが凄かった、、
怖くてもう見れません、、

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.3

香川さんの怪演具合ったら...
見ているだけでぞわぞわして仕方がない。
ほっとすることが出来ない状況に終始鼓動が早まっていました。

見ていてすごく興味深かったし、面白かったけれど結局解決しないことが
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7


消えた娘の生存を信じ続けた父が
ネットの中で娘の手がかりを探す。

もどかしさを感じながらも、
応援したくなるストーリー。

最後はガッツポーズしてしまった。

海底47m(2017年製作の映画)

3.3

見てたらドキドキしてきて
鑑賞者のこっちが息を飲むほどでした

夏に観たい映画です

僕のワンダフル・ジャーニー(2019年製作の映画)

4.0

名作すぎて常に号泣してました、、、
愛犬のいる方は必見です。

何度も転生しイーサンとの人生を歩みながら、今度は新たな宝物と約束を元に突き進むベイリーの気持ちが報われていくかのようでとにかく胸熱。観て
>>続きを読む

ザ・ルームメイト(2011年製作の映画)

2.8

とってもじわじわ来る。
女の人の執着ほど怖いものはないなと、、
キャムがこういう映画に出てるのが意外でした(笑)

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

子どもならではの、赤ちゃんとの向き合い方が上手く表されててよかった。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.7

観終わった時に、大きな声で
「騙されたーーー!」と叫びたくなるのがドラマの時からこの作品の良いところ。

見えてるものの裏の裏の裏までしっかりと交錯されているのがすごい。
スカッとする。
そして長澤ま
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.3

ネトフリオリジナル、侮れない、、

愛されること、甘えること、素直になることって簡単そうで難しいってことを改めて。
自分の存在価値を肯定するのは、
自分以外の誰かなわけで、1人では生きていけない。
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

アンが可愛いからよしだよ、、、
コメディとしてみたら面白かった

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.5

大好きなチャッキー!待ってました!!!
トイストーリー4と同時期に公開され、
愛されるおもちゃとそうでないおもちゃとの比較ポスターを見てからもうずっと楽しみで、好きなシリーズなのでリメイクがずっと楽し
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.5

もうずっとずっと観たかった作品。

友情から始まり、人の良い主人公が謎を解きながらも自分を変えていく。
憧れの生活と、その中にある疑問を嗅ぎ分け問題を解いていくのが面白い。
そしてヒロインの二人が美し
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

悲しい世の中だな、と人間の優しい面と
そうでない面や言葉の重みを感じる場面が多く、こんな世間だからこそジョーカーが出来上がってしまったのだなとなんだかふに落ちる。

とにかく演技が上手く、『her』の
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.5

数式という過程がなくても、愛すべき答えがある。
統合失調症になった主人公が、彷徨いながらも自分と向き合い、愛と向き合っていく。

ずしんと重たい内容だったけれど、わかりやすく表現されていたし、ラストの
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.8

なんとも淡々としている。
CMだけ見た時にすごく面白そうで期待していて、アマプラに出ていて嬉しくなって観たら期待を裏切られた気分、、、
出演者がホットな若手たちなので最後まで見れたけれど、歩に落ちない
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.5

なぜ、どんな意図があってなのかが
わからないままでしたが
決まった場所の中でこんなにも面白くできるのかと、終始夢中になって観ていました。

人間こそ1番恐ろしいのだと思い知らされます。

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.4

陸が水にあふれた時、ワニたちのテリトリーに。
なんともスリルがあり面白かった。
ずっと環境が変わらないのに、その中でも絶望と小さな希望とスリルが交互に来て面白い。

アス(2019年製作の映画)

4.2

久しぶりに凄いものを観てしまった...
終始ぞくぞくするし、散りばめられた伏線が凄すぎる。

衝撃の結末に、観終わってからも恐怖がすごく残る。

アメリカの問題に着眼しつつ、
同じ人間としてみな存在価
>>続きを読む

>|