つるみんさんの映画レビュー・感想・評価

つるみん

つるみん

映画(3033)
ドラマ(198)

私の愛、私の花嫁(2014年製作の映画)

3.3

付き合っている時とは違う、結婚生活。
蓋を開ければ些細なすれ違いやいさかいの連続で、いつしか妻は鬼嫁に、夫はダメ男に変貌してしまう…。

それでも愛を育み、一緒に乗り越えていくのが夫婦ってもんなんだろ
>>続きを読む

教授とわたし、そして映画(2010年製作の映画)

3.7

タコの踊り食いをした場合、吐いてもまだ踊ってることが証明された映画です。

はい、監督はホン・サンス。
日本映画に、そして仏映画に最も感覚が近いと思われる韓国映画監督は本作もその静かなテイストは変わら
>>続きを読む

大好きだから(2017年製作の映画)

3.6

チャ・テヒョンは相変わらず映画の序盤で死んだり、自殺未遂したり、他人と身体が入れ替わったりと大変な役柄ばかりですね(笑)
ちなみに本作は開始2分で交通事故にあい、JKの身体に乗り移ってしまいます。その
>>続きを読む

必ず捕まえる(2017年製作の映画)

3.5

おじさん2人がスクーターに乗って、休憩時間にようかんをシェアする、そんな可愛い映画でございます。

と言いたいところなのですが、後半はなかなかシリアスな(いつもの)韓国サスペンスとなっていました。全体
>>続きを読む

スペンサー・コンフィデンシャル(2020年製作の映画)

3.5

ピーター・バーグxマーク・ウォールバーグの第5弾!
今回はNetflix映画として帰ってきた。

僕は彼らの作る映画が大好きなので非常に嬉しいです。しかし毎回これは言ってますが、彼らは付き合ってるの?
>>続きを読む

グッバイ・シングル(2016年製作の映画)

3.5

冷徹な女キム・ヘスによるコメディドラマ。
落ち目のトップ女優が、注目を集めようと妊娠の偽装を計画。ひそかに10代の少女の赤ん坊を養子に迎えることにした彼女なのだが……。

あのキム・ヘスがこんな明るい
>>続きを読む

建築学概論(2012年製作の映画)

3.5

韓国で男性から熱狂的な支持を得て社会現象を巻き起こした恋愛映画。

主人公は建築士になるという夢を叶え、結婚も控えていた頃、大学時代に出会った初恋の相手に「家を建てて欲しい」と依頼される。15年の時を
>>続きを読む

今日の恋愛(2014年製作の映画)

3.5

本当は皆さんに教えたくないのですが、自粛要請が出てストレスが溜まってる今、この映画で癒され欲しいと思い、教えます。

本作はムン・チェウォン史上1番可愛い映画でございます。本当に可愛い。

以上。
>>続きを読む

娘は戦場で生まれた(2019年製作の映画)

3.7

This is Aleepo What’s justice
エンドロールに出てくる子供が掲げているボードのメッセージ。

100分の間に映される嘘偽りのない描写にただただ呆然とする。

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.5

次々と出てくるカメオ出演が豪華で飽きなかったデス!
広瀬すず、吉沢亮のキャラはどうかな〜と渋い顔をしてたけど、終わってみれば彼らのことはやっぱり好きデス! 

でも、この作品は平凡デス!

ジュマンジ/ネクスト・レベル(2019年製作の映画)

3.5

ちょっと面白かった。
基本的にやってる事はゲーム内での話なので、なんら新しい事はやっていなかったのだが、おじいちゃんとしてダニー・デヴィートとダニー・グローヴァーの共演には燃えた。

カレン・ギランの
>>続きを読む

カンフー・ジャングル(2014年製作の映画)

3.7

三者線の濡れた公道で闘うラスト20分はどうして夜の描写なのにあんなにアクションが見易いのだろう。めちゃ良かった。中国あるあるバンブーを使った闘いも見応え抜群。
そんな長くなくて、でも迫力があるアクショ
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

3.0

後半の失速感半端な。
『64』も乗れなかった人からすれば、本作はもっと乗れないかも。前半めちゃくちゃ良かったんだけどなー。

人にオススメはしない。

義兄弟 SECRET REUNION(2010年製作の映画)

3.9

ソン・ガンホとカン・ドンウォンのW主演。

北朝鮮のスパイ出身ソン・ジウォンと、韓国の元保安部イ・ハンギュが運命的に再会し、相手が敵であることを知りながら、互いの素性を隠して奇妙な同居をし始めるお話。
>>続きを読む

イルマーレ(2001年製作の映画)

3.8

『誰かを愛して、その愛を失った人は、何も失わない人より美しい。』

んー、刺さるー!

韓国ではこの映画を観ると恋人たちが結ばれると噂され〝幸運のデートムービー〟として当時は話題になったんだとか。
>>続きを読む

私のチンピラな彼氏(2010年製作の映画)

4.0

良い!すごく良い!
韓国の恋愛ものは圧倒的にドラマの方が面白いと断言していた自分が恥ずかしくなるほど良かった。

男尊女卑の文化がまだ少し残っている韓国社会。さらに就職難という現状の中で1人の女性が就
>>続きを読む

ザ・キング(2017年製作の映画)

3.7

権力で這い上がる不良の下克上物語。

汚職も殺しも厭わない権力社会のスリリングな駆け引きを実話さながらに描いたスタイリッシュな娯楽巨編。

ただ単に正義面の成り上がり物語ではなく、悪をも飲み込む大人の
>>続きを読む

群盗(2014年製作の映画)

4.1

【寄れば民、散れば盗賊】

韓国映画150本目レビュー。

もう凄い面白かった!!!
韓国の史劇ものというだけで敬遠していたのだが、120%エンタメの韓国版『七人の侍』といった感じで、最後まで楽しませ
>>続きを読む

受取人不明(2001年製作の映画)

3.4

キム・ギドク監督・脚本作品。
正直言ってキム・ギドクが監督を務める作品は人によって大きく評価が分かれると思っていて、『弓』は物凄く好きだったのですが、本作は自分にとっては退屈でした。ただし、本作は間違
>>続きを読む

優しい嘘(2014年製作の映画)

3.7

失ってから分かる妹の優しさと強さ。それに救われる残された家族。

台湾や日本同様、韓国も含めたアジア圏が作るイジメを題材とした映画はやはりレベルが高い。

シングルマザーと反抗期の姉、そして母親・姉に
>>続きを読む

サスペクト 哀しき容疑者(2013年製作の映画)

3.8

走れ!闘え!撃ちまくれ!

コン・ユ主演のサバイバルアクション。
北に裏切られたもと特殊工作員が、警察に追われながらも復讐を果たす本格派アクション。記憶をなくし、自分自身が誰なのか追い求めるという要素
>>続きを読む

シュリ(1999年製作の映画)

4.0

韓国初のエンタメ映画は『ホワイト・バッジ』らしいが、有名なのはやっぱりこの作品。『Mr.&Mrs.スミス』や『奥様は取り扱い注意』の原点となった作品と言っても過言ではないだろう。

個人的には大好きな
>>続きを読む

The Perfect Fishplate(英題)(2006年製作の映画)

3.5

鬼才ナ・ホンジンが『チェイサー』『哀しき獣』『コクソン』を監督する前に撮った短編。

ナ・ホンジンのあの才能はこの頃から狂っているのが十分に分かる作品であった。完璧な魚料理を追い求めて行くうちに半端じ
>>続きを読む

八月のクリスマス(1998年製作の映画)

3.7

「写真のように、愛もいづれ思い出になると思っていた…でも君だけは思い出にしない。愛を胸に秘めたまま旅立たせてくれた君に〝ありがとう〟の言葉を残すよ。」

素敵な心が温まるラブストーリーだった。

小さ
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

どっから銃、調達した?笑

まあそんなツッコミはさて置き、意外と頑張っていた邦画。犯人は分かってしまったものの、その後の展開までを全て把握する事は出来なかった。

まずこの映画が公開される前の宣伝とし
>>続きを読む

甘い人生(2005年製作の映画)

3.8

イ・ビョンホン主演のラブアクション。

裏社会のお話。ボスの女の見張り役として抜擢された主人公だったが、徐々にその女に惚れていって、取り返しのつかない事に…。

イ・ビョンホン主演映画の中でも上位に組
>>続きを読む

プンサンケ/豊山犬(2011年製作の映画)

3.5

監督、俳優以下、全員ノーギャラの問題作。製作費はたったの1400万円。それは全てキム・ギドクのポケットマネー。


ソウルと平壌を行き来する何でも配達屋。しかし彼は国籍不明で言葉も話さない…。

これ
>>続きを読む

エンドレス 繰り返される悪夢(2017年製作の映画)

3.9

良作。
韓国のタイムリープものとしては傑作の部類。

有名外科医は飛行機で目が覚める。離陸し、会見を開き、娘と会う約束だったので、車で待ち合わせ場所に向かう。道の途中、交通事故を目撃したので、運転手を
>>続きを読む

ガール・コップス(2019年製作の映画)

3.5

韓国の女性名脇役ラ・ミランとナム・ジュヒョクの元カノであるイ・ソンギョンの小さき主演でおくるコメディアクション。

見るからにB級感あふれるポスターだが、思っていたよりもテンポが良く、また笑える箇所が
>>続きを読む

ダイナマイト・ファミリー(2014年製作の映画)

3.6

なかなか面白かった。
全体的にコメディ要素が強めではあるのだが、少しシリアスになる場面も。しかし最後はやっぱりコメディに持っていくという構造は嫌いじゃない。

両親の離婚、再婚により血が繋がっていない
>>続きを読む

ゾンビ・サファリパーク(2015年製作の映画)

3.4

思っていたよりも数倍楽しめた。日本版ポスターのデザインはあえて期待させない為の手法だったのか?

単によくあるB級ゾンビかと思いきや戦争や難民問題といった社会派を扱いながら、エンタメサバイバルとして十
>>続きを読む

王になった男(2012年製作の映画)

4.0

「王になりたい。」という言葉の重み。

イ・ビョンホンの代表作。本作が公開されたのが7年前という事だが、映画館でこのポスターを見た記憶があるほど、その当時日本で流行っていた気がする(笑)

内容は、突
>>続きを読む

ただ君だけ(2011年製作の映画)

3.8

ソ・ジソプとハン・ヒョジュのラブストーリー。韓国映画のラブストーリーでベストにあげる人が多いこの作品を観賞。

愛を知らない不器用な男性と目が見えない女性が起こす奇跡。さすがに最後は涙が出た。
目が見
>>続きを読む

トンマッコルへようこそ(2005年製作の映画)

4.2

【3000本 レビュー記念作品】

個人的に韓国映画ベスト10に入る傑作。

これほど美しいポップコーンを見たことがあるか?そしてこれだけ猪との闘いを感動的に描いた作品があるだろうか?

着眼点そこか
>>続きを読む

修羅の華(2017年製作の映画)

3.3

『コインロッカーの女』キム・ヘスと『パラサイト』のイ・ソンギュン主演の韓国ノワール。
良い役者を使っているのにも関わらず、これは評価通りあまり面白いとは思えぬノワールものだった。

犯罪組織をトップに
>>続きを読む

ザ・ソウルメイト(2018年製作の映画)

3.6

のむコレ作品。

マブリーの新作という事で観賞したのだが、思わぬ感動話に泣いてしまった。オチは途中から分かっていたのにも関わらず、涙が溢れた。最近涙腺緩くなったのかな。

内容は、柔道教室の館長を務め
>>続きを読む

>|