猫さんの映画レビュー・感想・評価

猫

映画は映画館で観ます。前情報はほとんど遮断し、まっ更な気持ちで作品を楽しみたい一発勝負派(笑)
評価は辛め。
あらすじを書かれている感想には興ざめ。ちゃんと読んで「いいね」します。見知らぬ方にも感動したら挨拶なしで「いいね」しますのでご了承下さいm(_ _)m
2017年 劇場鑑賞 外国語映画184本
         日本語映画63本 
         旧作16本

映画(454)
ドラマ(0)

アウト&アウト(2018年製作の映画)

3.0

フリーパスだった為
鑑賞。

原作は漫画?
あ、違った、小説でした。
なんか、話に既視感があった。
本の中なら
ちょっとオモシロイかもしれない個性の子どもも
映像で出てくると
その存在をすんなりとは受
>>続きを読む

ギャングース(2018年製作の映画)

3.7

面白かった!
ここんとこの入江悠作品では一番いいのでは?
分かりやすいし
社会問題を背景に、ちょこちょこっと風刺。
振り込め詐欺集団の訓戒?もわからなくもない、、ところがあるんだよね……。
と、言うよ
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

3.4

美しい羊さんには
ものすごく、ものすごく
出来のいい、鶏さんがいました、とさ。


ごめんなさい、前半のアビューズに吐き気。
誰の立場でも観られなかったです。
強いていうならば木野花さんかな?やっぱり
>>続きを読む

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.6

こういう内容の映画に文句を垂れるのは、勇気いるけど
そうそうたる俳優陣を構えて、
凄く勿体無い、というか
恵まれてる監督さんだなぁ、と思った。
ごめんなさい。自殺防止キャンペーン映画に見えてしまった。
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.3

観終わって、感想が書けずに
ほったらかしになっていました…

…と言うことは
自分にとって、何も残らなかった、ってことなんだと思います。
絶賛も酷評もなし
ただ、普通。
前作はかなり面白かったんだけど
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲(2018年製作の映画)

3.7

凄く面白かった!
出だしの小学校の風景から、ちょこちょこっと笑いっぱなし。
スマホの危険性を、軽くうたいながら
アナログ行動まっしぐら。
エマ・トンプソンもチャーミングだし
おじさんになったアトキンソ
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

4.2

(再投稿です。追記してます。
いいね、下さった方ごめんなさい)


これ、かなり好きかも。
うまく言えないけど、心の穴にストーンと落ちた感じ。この作品が。

遠い昔
他人に映る自分ばかり気にして
学年
>>続きを読む

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

2.6

あ!ビリオネアって
億の事かー、と観てから気付いた馬鹿な私(--;)

カスの若者たちのカスの話。
ケビン・スペイシーが出ていてビックリ!
こんな映画だからのcasting?( ; ゚Д゚)
片耳(ボ
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.4

……
もうちょっと、面白いかな?
って思ってたんだよね。
『ジーサンズ』くらいのレベルを期待してたんてすが……

エンディングロールでの
映像に興ざめ。
知らない俳優ばかりだったから
ある程度は覚悟し
>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

3.3

自分にとって
波瑠さんは
『流れ星が消えないうちに』
のsensitiveな女の子のイメージが
ずっと心に残っているので
こんな役は
ちょっと意外でした。
『コーヒーが冷めないうちに』でも
イメージ違
>>続きを読む

あいあい傘(2018年製作の映画)

3.3

宅間さんの舞台は一度も見たことがありません。
映画『くちづけ』の出演者が
舞台演技過ぎて(演技がオーバー)
ちょっとなぁー……だったので少し心配していたのですが
この作品はそこまでくどくはなかったです
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.3

誰もが思ったと思うけれど
スマホの簡単な認証は辞めよう!
securityをしっかりしよう!
と思いました。( ; ゚Д゚)
あと、余分な情報も写真も
残すのはやめよう、とも……(笑)

鬘のシーンは
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.3

吹替版鑑賞。
ジョン・ブラックの声じゃなーい!
ブランシェットでもなーい!
と思ったけど観てるうちに慣れた(^^;
まぁ普通に面白かった。
私のお気に入りは、椅子(笑)
ルイスが、自分のやり方で呪文を
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.2

SF として成り立たないじゃん!
と思いながらいたら
最後の最後エンディングロールで解説。
でもそれではパラレルワールドでなら
成り立つ話だよ。
ま、中のstoryが描きたいんでしょうから
別にいいけ
>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

2.4

まだ、感想をあげていない映画が20本くらいたまってるけど
先に感想をあげちゃうよー!
近年
これほど
たらたら文句言いたい映画は久々なので……!苦笑

いやーとんでもないモノを観てしまった。
オカルト
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

活躍していた時のクイーンは全く知らない。
顔も遠目の写真だけ、
でもフレディがAIDS で亡くなったことは知っていた。
観客の大半はクイーンのファン、
so do i
逆にそれ故、
自伝的な映画にして
>>続きを読む

億男(2018年製作の映画)

3.4

この眼鏡誰?
え?!高橋君が悪役~?!

から始まった私の感想。
途中で佐藤健君だと気づく。
華ちゃん、お母さん役かー、上手いな。
が中途の感想。
どうしてモロッコ?
が後半の感想。
まぁ、上手くまと
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.5

前作も前々作も観ていたのに、始まるまでどんな映画か忘れていた…( ̄▽ ̄;)

ストーリーが大したことなくても
ベラーズの歌声やパーフォーマンスを観ているだけで楽しかった🎶
コネタがちょこちょこあって、
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

2.8

鑑賞した次の日の朝の夫との会話。
“ひっどいねー”←私
“でしょー、銃至上主義じゃん”←夫

夫は観てすぐ私にその事が言いたかったらしいが、じっと我慢していたそうな。
私も、ブルース・ウィリスはライフ
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

3.3

フリーパス鑑賞 (こう記するのは、フリーパスでなければ観なかった、と言う意味です。汗)

TVを全く観てないので
冒頭の大まかなあらすじは、少し助かった。
ヘリが「医者」を運ぶ、というのを初めて知った
>>続きを読む

パーフェクトワールド 君といる奇跡(2018年製作の映画)

3.3

フリーパス鑑賞 (こう記するのは、フリーパスでなければ観なかった、と言う意味です。汗)

普通の恋愛映画として観るべきなのだろう。
残念ながら
それ以上のものを感じ取れなかった。

娘には苦労をさせた
>>続きを読む

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

3.3

大昔、
二十歳の頃
思い悩んでいた時期に
高校の同級生(男子)から
勧められた 「ライ麦畑でつかまえて」……

サリンジャーにかけて、よくある青春話を作っただけ…
にしか見えなかった。残念。
事実に近
>>続きを読む

テルマ(2017年製作の映画)

3.6

ミステリーだと思っていたら
家族物サイコでした。
監督はトリアーの甥。
偏見だけど(笑) 
監督自身が「親」からの抑圧を感じていたのではないかと…
前作も含め。

色んな要素を含んだ、
ドロドロしない
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.9

強烈なトランプ批判かと思いきや
ここ数年のアメリカの様子を、多大な情報量で見せてくれた。
言葉の多いドキュメンタリーは必ず寝てしまう私が
寝なかった!

殆どの話は、新聞で読んだ記事の再確認だったけれ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

何が最悪なのか?(笑)

先月『遊星からの物体X』を観た私にとって
コイツ可愛いじゃんー!
だった。(笑)
だってエディの言うこと一応聞いてるし、
恋愛アドバイスはするし、自分の欲に忠実だし(笑)
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・フリード(2018年製作の映画)

3.0

フリーパス鑑賞。
……
つまりフリーパスじゃなかったら
観ない、という意味です(笑)
実際、観ている人は少ないだろうな……

前作二作を観ていたので、彼等のその後を知りたくて鑑賞。
相変わらずでした(
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.8

なかなか素晴らしい出来でした。

『ドント・ブリーズ』のような屋内劇かと思っていたらサバイバルだったのね。
知恵と知識と愛情と行動力の物語。

ある選択(もしかしたら不可避だった?)で
アホかー?!
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

4.0

いい先生たちだなぁー。こんな風に打ち明けれる先生がいるの、って素敵だよね。
幅広いこころで受け止めて貰えて。
この映画、中学~高校で上映したらいいのに。口で言うだけでなく、映像で見せるのって
分かりや
>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.1

原作未読。

黒木さんはホントに上手いな。古本好きの栞子さんにしか見えなかった。
ストーリー展開に、大穴が。
あの時点で犯人、絶対にわかるはずなのに
納得できないー。
だってこれ、基本的にミステリーで
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.7

面白かった!
何で映画館で、こんな画面ばかり観なきゃいかんの?
とは思うけれど
サスペンスとして上手く創ってあり、退屈せず楽しめました。
父と娘の関係は難しいよね、とくに思春期だし。
お父さんの必死さ
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2018年製作の映画)

3.4

オリジナルが大好きだったので観るつもりはなかったけれど、
フリーパス取得で鑑賞。

思ったより悪くはない。
けれど申し訳ないけれどヒロインにそれほどの華がなかった。
故に
キラキラ感がなく残念。
主役
>>続きを読む

愛と法(2017年製作の映画)

4.0

英語字幕より日本語字幕が欲しかった!
言葉が聞こえにくく、聞き取りにくかった。
特に大阪弁に慣れてないので。残念!

題名の通りの内容だったので
少し詰め込み感あり。
もっと二人の生活に寄り添った映画
>>続きを読む

ゲンボとタシの夢見るブータン(2017年製作の映画)

3.6

幸せの国を観ていたら、幸せな心地になってしまい
半ば寝てしまった(--;)

兄妹と父が、普通に日本人に見える。
祖先は同じ?
子どもに対する父親の考えは、昭和の日本人みたい。
自分の跡をついで欲しい
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.4

とんでもない話だ、苦笑。
ソフィアに引き摺られた?二人の男、
特にダンナさんが気の毒だった。
題名を恋に掛けた一言、
まぁ、男と女なんて
そんなもんだけどね(笑)

画家の彼氏、観たことあると思ったら
>>続きを読む

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年製作の映画)

3.6

大先輩の映画友達からの超オススメ作品!
だったので鑑賞。

自分としては、
ゴッホが好きで模写を続ける人の話だと思っていたので、ビックリ!
まさか中国が舞台とは。
しかも仕事?!!!
それを発注する業
>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.0

三浦貴大君主演という事と、
時間がちょうど合ったので鑑賞したのですが
凄くいい映画でした。
全国で何館の劇場で公開されるか分かりませんが、
是非、ご覧頂きたいです。

三浦君が
「ブラックジャックによ
>>続きを読む

>|