猫さんの映画レビュー・感想・評価

猫

映画は映画館で観ます。前情報はほとんど遮断し、まっ更な気持ちで作品を楽しみたい一発勝負派(笑)
評価は辛め。
あらすじを書かれている感想には興ざめ。ちゃんと読んで「いいね」します。見知らぬ方にも感動したら挨拶なしで「いいね」しますのでご了承下さいm(_ _)m
2017年 劇場鑑賞 外国語映画184本
         日本語映画63本 
         旧作16本

映画(312)
ドラマ(0)

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.6

TOHO シネマズの日だからか?平日昼なのに観客が多くビックリ。
(ちなみに私は現在フリーパス中🎵)

さすがの白石監督、暴力的な映画が苦手な私でさえ面白いと思わす力量を感じました。
役所さんは勿論の
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.3

もはや、観客による謎解きは不可能(笑)
今の社会的アイコンをふんだんに用い、
ちょびっと考えようね♪
映画になっている。
ドローン、司法と検察、警察の関係等。
かなりはしょっている(笑)
それ故これは
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.0

原作は出だしを少し読んでいて、とても面白かったので期待していた。
映画とは関係ないが、
本を少し読んでいたからこそ思ったこと。
「魔女」の能力が
天才ではなく、ああいうことからのものだと知りショックだ
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.9

事件の事は、全く知らなかった。
とにかくトーニャの母が凄い!
人の五倍ぐらいのエネルギーがあるのでは?と思われる。
良くも悪くも、この母がトーニャの出発点なのだ。

構成も話も面白かった。
愛されてい
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.3

副題にちょっと違和感。
間違いだね。仮面なんて被ってない、あからさまな街だもん。

1950年代のアメリカ。二つの話が並行して描かれているけど殆んど絡まない。
それ故、クルーニがどうしてこの作品を作っ
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.6

非常に難しい映画だった。
色々な事象がありすぎて、中にはどう解釈したらいいのかわからない話もあった。
人間は異質のものを受け入れ難いと言う事がテーマだったのでしょうか?

各戸に手紙を入れる、というこ
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.7

二度のうちの、一度目は結婚なのかな?と最初は思ったけれど……

あの道しか選べなかったのだろうか?
私は一番先に弁護士や友人たちの顔が浮かんでしまった…
彼女の憎しみは彼等だけでなく、自分自身にも向か
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

3.7

未見だった為、刈谷日劇まで遠征(車で小一時間かかります)

あれこの目玉…?
あ!Luckyじゃん!
…ハリー・D・スタントンが主役とは知りませんでした汗。

…たぶん公開当時←自分が若い に観ていた
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

GW で帰って来ている二男と、夫と三人で鑑賞。
めーちゃくゃ面白かった。
ゲームと遊園地と映画と、三倍楽しめましたー!
これこそ
スクリーンで観なくてどうするの?っていう映画。未見の人、急げ!

『シ
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.7

きらめく木漏れ日
青空
何かが始まる予感
ひと夏のゆえの輝き

「17才の夏の恋」でした。
初めから、それが一つの「為すべき」人生の経験として描かれていたように思いました。
そこがイタリア。
「恋」の
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.4

題名から『クリーピー』のようなオカルトホラーを想像していたら、SF でした。苦笑。
『寄生獣』と『散歩する侵略者』を少し思い出しましたが、後者は関係なかったです。
全く、何がやりたかったのか…私にはわ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.6

前作未見。
予想に反して面白かったです。
実は『トランスフォーマー』シリーズ途中から画面の速さについていけなくて
機械ものの鑑賞は外していたんですが、先に観た夫からガンダムみたいなものだ、と聞き鑑賞。
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

2.2

主演男優さんも
たぶん内容も苦手だったんですが
某シネマサロンの課題作品となったので
観るべきかな?と思い鑑賞。
!!!
いやはや…こんなのシネコンで上映していいんでしょうか? 
これは、単館系の小さ
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.7

ま~るこびっち、マルコビッチ~、爺ぃになっても好きだよ~ん♪
はっ!失礼致しました汗。
面白かったですー。
豪華な役者達、98分にまとめた脚本
イスラムを複眼でみて描いているストーリー
よくできていま
>>続きを読む

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

2.9

吹替版鑑賞
(字幕版の上映がなかった為)

うーん…
監督の想いはわかるんだけど、何だか空回りしています。
何より!キャラが可愛くない~!
あの三頭身に背広は似合わないし、可愛いげが全くない!(笑)
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.8

面白かった! 前作の何倍も(笑)
これは『SW/最後のジェダイ』と同じ手法?
それぞれの場面に緊迫感があって全く飽きませんでした。
しかし、ズルいー(笑)
次回を観ない訳にいかないじゃん。
「マーベル
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.8

前情報無しで鑑賞
主演女優も勘違い、ハンガリー映画だと観終わってから知りました。
とても繊細な映画でした。
とにかく…あの浴槽のシーンは、お願い、止めてと心で叫び続けました。

人は見かけではわからな
>>続きを読む

ニッポン国 vs 泉南石綿村(2017年製作の映画)

3.8

休憩を挟んで一部・二部とすると
一部はテンポが良く、鑑賞した殆んどの方が共感されるような構成。
二部、
私は少し違和感。これが監督の持ち味なんだろうな、必要以上に観客を掻き立てる。ご馳走様、と言いたい
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

3.5

ユンフォニアムシリーズのスピンオフ作品。
女性監督だからなのか、あの世代の微妙な友人関係が上手く描かれていたように思いました。
あの頃自分も、
「自分」を無意識に演じていたような気がします。
自分は親
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.6

事実に基づいた、とあるために
かえって、どこまでが事実でどの部分が脚色?という事がとても気になった。
史実に必要以上のドラマを足すと、真実味が薄れてしまうように感じたから。
だから、少し素直に鑑賞でき
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.7

いやー面白かった、と言うか楽しかったー!
余りいい評判がないのは何故?
のっけの音楽、若い美男美女の主役、おとぼけイーサン、百面相ダンス。
ストーリーはどーってこと無いけれど、場面場面のワクワク感がた
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.8

重い…
冬の凍りついた世界に閉ざされたままの気分。
キッカケは望まぬものだったかもしれないけれど、12年だよ。
確かに嫌いな相手に似てる、ということが憎しみの対象になる事もあるかもしれないけれど、12
>>続きを読む

おみおくり(2018年製作の映画)

2.8

前情報を遮断するにも程がある。
私はずっと主演が余貴美子さんだと思っていた、涙。
余さんだから観ようと思ったのに、涙。

女性納棺士の話なんですが、ストーリーが多すぎで、散漫な映画になってしまっていま
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.2

う~ん…
全く面白くないわけじゃないけれど
やっぱ設定に無理がありますねー(笑)
だって、見つけられなかったらアウトな訳だから。それにしては
ちょこちょこタイムリーに電話が入るし
どうやって何処で見張
>>続きを読む

馬を放つ(2017年製作の映画)

3.2

キルギスの自然が美しい。
途中で数分寝落ちしたため、ややストーリーが不鮮明。
主題に対して監督の言わんとすることは判るのだけれど、
自身の価値観(伝統への郷愁?)で人の所有物を放していいものか?
もち
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.6

もちろん最後に向かうシーンで、何度も涙しましたが、どうしても気になるところがあり絶賛できず。
女は家事育児の道しかない、よりはマシなのかもしれないけれど
父の夢の為、トレーニングをさせられるという事へ
>>続きを読む

ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

押し付けがましいところがなく、とても潔い映画だった。
生まれるのも1人、死ぬのも1人
alone とlonelyは違う。
あの一曲の唄で 彼の人生の一部を垣間見た。亀の行動を理解したリンチの台詞も秀逸
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.6

いやー、朝イチで観る映画ではなかった(笑)
久々に赤い色をたくさん観ました・苦笑
内容はともかく、作品の出来は悪くないです。だけど映像カットは既視感あり。
ラブシーンしかり 雪の中のラストしかり。
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.5

これは、小説だと深みがあって面白いだろうなーと思った。

…と言うのは
モノクロとカラーが交互に出てきて
最初は実験的な映画なのか?
と観ていて悩んだからだ。
本であれば
章ごとに話が替わっても違和感
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.7

あっちにいったり、こっちにいったり
あれれ?一体どっち側になるの?
と、最後まで全く読めませんでした(笑)
国を代表するバレリーナが、あんな日常的な事をしてるんだろうか?
あんなに足が太くてもいいんだ
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.6

面白かった!
たまには何も考えずに単純に笑える映画もいいものだ♪
ボード(平面)から四角(立体)にチェンジしたところから要所要所で笑いづめ。
あれー?昔の話はどうだったっけ?と、ビデオで観返したくなり
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.6

アニメなのに、まさかこんなシリアスな話だとは!

ダルデンヌ兄弟の『少年と自転車』を思い出してしまったので、少し物足りなさを感じてしまいました。
あの二人はhappyかもしれないけど、残りの子達は?と
>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.7

例のごとく予備知識無しで観賞に臨んだら
25年くらい前の話でした。

冒頭のシーンのような過激的な行動が苦手なので
少し引いてしまいましたが、
暖簾に腕押し状態を何度も経験すると、そういう行動に出ざる
>>続きを読む

ストロングマン/ストロングマン 最低男の男気大決戦!!(2015年製作の映画)

3.5

2015年の映画。(公開は2017年)
刈谷日劇さんで、二本立てで上映してくれたうちのもう一本。

ちょっと違うかもしれないけれど
『おとなの事情』を思い出してしまった。
誰が一番(男らしい)か?
>>続きを読む

無頼漢 渇いた罪(2015年製作の映画)

3.2

2015年の映画。
刈谷日劇さんで二本立てで、上映してくれたうちの一本です。
観損ねていたので、ラッキーでした。

題名としては男がメインのように思うけれど、私はドヨンさん(相変わらずキレイ)
の映画
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.4

全く恥ずかしい話なんですが
実は一年くらい前に原作を読んでいました。
でも内容を全く覚えていなかったので
・レディースデイ
・もうすぐ公開終了
・評価もそれほど悪くない
ってことで、
観賞に臨んだんで
>>続きを読む

>|