猫さんの映画レビュー・感想・評価

猫

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

2.8

うー、吐き気がする。
かなり物議をおこす映画。
マスメディアでは、圧倒的にネットで少女に接触してくる男達の事ばかり取り上げられてるけど
私の不快は
彼等より先に、映画を企画した製作者達に対してである。
>>続きを読む

スプリー(2020年製作の映画)

2.9

題名は乗り合いタクシー?の事。
ジェットコースタースリラー?
怖さより不愉快さが上回る。
怖いと言うならば、彼の行動ではなく思考。
空っぽの頭?誰か栄養を与えてあげて。
と、皮肉りたくなる話。
You
>>続きを読む

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.4

いいんだけど………
素直に観ればいいんだろうけど………

最後に何人ものアストロノーツが出て来たので逆に彼女達の名誉のために、あのシーンは嫌だった、フィクションとわかっていても。
宇宙飛行士に限らず、
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.5

基本、アクションものはほぼ観ないのですが チャドウイックさんの遺作かも?と思い鑑賞。アクションと言うよりは
いつもの警察ものでしたね。
沢山映画を観ていると、
俳優さんを見た瞬間に、これは……と何かを
>>続きを読む

水を抱く女(2020年製作の映画)

3.6

冷たくて哀しいラヴストーリーでした。
直前に『未来を乗り換えた男』の監督作品だと知り少しビビったのですが、今作品はとても分かりやすかったです。

終始流れるバッハ。
旧・新ベルリンの市街地の解説、そし
>>続きを読む

きまじめ楽隊のぼんやり戦争(2020年製作の映画)

4.1

感想が両極端に分かれているので
自分で確認したく鑑賞。

面白かったです。
ある意味とても攻撃的な映画。矛先は昭和の戦時中へなのか、これから起こりうる未来へなのか。
“どんな脅威なのか忘れました”
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.6

いつもならスルーするタイプの映画なんですがとある事情の為鑑賞。
(シネサロンの課題映画でした)

マジ
スクリーンを間違えた、or 違う映画上映してるんじゃない?って思ったよ😥
出だし、ガチ過ぎ。コメ
>>続きを読む

マンディンゴ デジタルリマスター版(1975年製作の映画)

4.0

“誰が悪いのか……” と最後に流れる歌詞
……そう、誰が悪いんだろう?
無論、奴隷制度が悪いに決まってるんだけど……
一番いけないのは、彼女を妻にしたことでは?なんて思っちゃいましたが
話はそんな簡単
>>続きを読む

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

3.4

マ・ドンソク兄の暴れん坊ぶりを観に行ったので、まぁ満足です。
ただあの肉にくしい、二の腕が拝めなかったのは残念でした😢
最終的に行きつく悪の大将はいるんですが、
そこにたどり着く迄に少しごちゃごちゃし
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

3.9

松山くんしかチェックしてなかったので、東出さんと時生君の登場に、嬉しい驚き。

物語のわりと初めの方に、憂鬱という意味ではない、題名の意味が分かりました。
……そういう事か……
ボクシングだけでなく、
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.3

うーん……
『ハッピー・デス・デー』を観ていなかったら素直に面白いと、思えたかも?
タイムループ複数人版にアレンジしてあるだけ、と言ってしまっては
もともこもないでしょうか?
彼や彼女のすることに
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.6

へー、SUBU監督が青春ものを撮るのかー😊
開始直後、呑気に構えてました……


😓朝から観るものじゃなかった……
えーん😭
これはいったい、SF?ホラー?友情もの?
いったい何なんだよー!
と感情の
>>続きを読む

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

3.9

恋愛映画として、とても納得できた映画だった。
『キャロル』や『燃ゆる女の肖像』より恋愛導入がキチンと描かれていて
(無論、一目惚れもあるから一概には言えないけど)
二人が求めあう気持ちがとてもよくわか
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.1

リアル舞台挨拶付き上映。
ほぼ満員の中で映画を観るのは何年ぶりだろう?やっぱり沢山人のいる映画館っていいなぁ、
笑い声があちこちで聞こえるのっていいなぁと、しみじみ思いました。

映画はとても良かった
>>続きを読む

コントラ KONTORA(2019年製作の映画)

3.9

とても蘊蓄ある映画だった、沢山のメタファを感じた。
最初、後ろ歩きの彼から
『ミナリ』のポールを、
途中から『幸福なラザロ』を感じた。
と同時に、監督がインド人ということから
社会的なもの=外から見た
>>続きを読む

たゆたえども沈まず(2021年製作の映画)

3.7

予告を観ただけで涙が溢れてしまったので、
覚悟しましたが、大丈夫でした。
三回ほど潤みましたが……

実は6.7年前に三陸鉄道は乗車したことがあり、とても懐かしかったです。
震災後数日で、残っていた車
>>続きを読む

フィールズ・グッド・マン(2020年製作の映画)

3.6

こんなカエルに誰がした、というコピーは、その通りだったのですね。
ドキュメンタリー映画として、よく出来ていたと思うけれど
いかんせん
ネットの中の世界に興味がなく
ペペがそんな風に使われているとは全く
>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

3.7

ちょっと話題になってたので気になって鑑賞、平日昼なのに7割の入り。
(一日一回上映しかないから、当たり前と言えば当たり前)

…ん、まぁ面白い事は面白い、けど
最後の映像が一番面白かったりして…😅
>>続きを読む

異邦人 デジタル復元版(1967年製作の映画)

3.6

そうか、太陽のせい、ってこの作品だったんだ………
異邦人は誰?
それは無神論者の主人公を意図してるように思えた。彼女がいても何度でも愛してない、無意味だと言い切る主人公。彼の心はからから、だから涙も出
>>続きを読む

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

3.6

題名から、ほんわか家族の話を期待してたんですが…

映画にされるほどDVが拡がっている事に苦しい気持ちになりました。『ジュリアン』も似たような話でしたし。そして家庭裁判所?の曖昧な立場にも胸が痛みまし
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.7

どうしてこの題名なのか?と思ったら原作があったのですね。
普通に面白かったです。
役者、豪華~!メインに加えて氷魚くんや塚本監督まで出てるじゃないですか!😆
個人的には、”細川先輩”(わかるヒトには判
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.5

原作未読、主演の二人の名前だけでの鑑賞、
故にどんな話かも全く知らなかったので、前半はそれなりに楽しめました。

映像化が難しい、ということで、少し張り切っちゃったのでしょうか?無駄に女子高生部分が多
>>続きを読む

きこえなかったあの日(2021年製作の映画)

3.7

監督の今村さんは今回
ほとんど聞き役にまわっていたので、ちょっぴり物足りなかった。
“あの日” は東北の事だけでなく、熊本や広島の豪雨の時も。

新聞で少々記事になる程度で、身近にろうの方を知らない私
>>続きを読む

僕が跳びはねる理由(2020年製作の映画)

3.7

世界自閉症啓発デーに鑑賞したのは偶然。
外国語映画と思っていたら、新聞で原作者が日本の方だと知りました。
彼は語りの中で紹介されます。

数名の当事者と家族のドキュメンタリー。
普段の生活の中では知る
>>続きを読む

HARAJUKU~天使がくれた七日間~(2019年製作の映画)

4.1

とある映画レビューアプリのとある辛口レビューの方(Mさんでーす🎵笑)
の評価が高かったので鑑賞。
拾い物でした。
役者さん、みんな知らない人。
話は一日前に観た『ワン・モア・ライフ』のような設定なんだ
>>続きを読む

ワン・モア・ライフ(2019年製作の映画)

3.0

事故死の場合、直前に頭の中を廻るのは些細なつまらない事かもしれない。だから変な事を思い巡らすのは仕方ない。
けど
まぁ……男にとって、ずいぶん都合のいい話だわさ、と思ってしまったのは
夫が、なかなか良
>>続きを読む

三月のライオン デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.8

題名と監督名で鑑賞を決めたので
こんな話だとは知らなかった…😓
途中まで(コーヒーを三杯も飲んだにも関わらず眠気が!)これは私には合わないかも?と思っていたのだけれど
兄が現場で怪我をし、全てを思い出
>>続きを読む

シャドー・ディール 武器ビジネスの闇(2016年製作の映画)

3.5

思っていたのと違う角度からの話だった。
朝イチドキュメンタリー字幕多し加えて低血圧😓うとうとしながらの鑑賞、字幕を読むのに精一杯。出てくる人の肩書き・在籍期間と喋りの両方読み!😣

内容は想像していた
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.9

エンディングロールの役者名に驚いた、
マクドーマンドとストラザーン以外、
素人(本物のノマド)!その中にマクドーマンドは溶け込んでる。
流石というか凄いというか……

生き方と死に方を想う。全編に流れ
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.7

とても静かな映画だった。
主役がデビットであろう事を考えると
『ヤンヤン夏の想い出』が少し頭をかすめた。
祖母の存在がいい。(チョンシルさんの大家さん?)
たぶん監督に、こんなお祖母さんがいたんだろう
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.9

全編通して、成田く~ん!💓と思って観てました。
『窮鼠はチーズの夢を見る』の彼は、艶かしい色気。この映画では数学大好き鈍男。
両方、サイコー😍💓💓!
コホン、失礼致しました。

会話劇のお好きな方はと
>>続きを読む

14歳の栞(2021年製作の映画)

3.8

終わったとき、胸のざわめきが止まらなかった。
ありがとう、この映画に出てくれて
自分の気持ちを話してくれて。
光のなかにいるあなたたちがとても眩しかった。
よくぞカメラの前で話してくれましたね、ってい
>>続きを読む

ビバリウム(2019年製作の映画)

3.6

なるほど、曲者映画でした。
住宅紹介の店番、
いかにも……!て感じの顔立ち(私ならここで怯みそう😅)
まさかの特急展開でライトグリーンの箱ものに。
仕掛けは分かりません、どうして?もほぼ分かりません。
>>続きを読む

ジャスト 6.5 闘いの証(2019年製作の映画)

3.9

邦題(原題も)何?何の事?と思っていたら最後に明かされます。
物凄く勢いのある映画。
観終わったらクロールで100㍍泳いだ気分、
とても疲れました。見応えのある疲れですが。
何と言うか
とても空しい話
>>続きを読む

ウォーデン 消えた死刑囚(2019年製作の映画)

3.5

この邦題も原題も、知識不足の為不明
→ “刑務所長” という意味でした。

密室ミステリー、というほどではないがそこそこ楽しめました。
出世がかかってるから?必死?
だから題名は所長
(なのに邦題の副
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

面白かった!
以下、『破』しか観ていないエヴァ素人の感想です。

理屈とか理論とかどうでもいい、これは
ロマンチストでナルシストで寂しがりやのシンジの父の起こした、
自分の亡くしたものを取り戻す話。
>>続きを読む

>|