猫さんの映画レビュー・感想・評価

猫

もと映画「少女」(笑)
年間にスクリーンで250本くらい映画を観ます
#2017上半期映画ベスト10
①夜空はいつでも最高密度の青色だ
②わたしは、ダニエル・ブレイク
③モン・ロワ
④たかが世界の終わり
⑤僕と世界の方程式
⑥人生フルーツ
⑦私の少女時代
⑧ムーンライト
⑨百日告別
⑩晴れた日は会えない、雨の日は~
次点:T2
劇場鑑賞 129本

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.5

こんな映画だとは思ってもいませんでした(笑)
普通のboy meets girl 映画だと思って観に行ったので
…ビックリ!
…コレは好き嫌いが分かれるかも?(笑)
私は大丈夫。 
ただそっちの方(私
>>続きを読む

74歳のペリカンはパンを売る(2017年製作の映画)

3.4

くまず年を77歳と勘違いし
次に、
いつになったら77歳のペリカンさんが登場するの?と勘違い(笑)
すでに心は東京、浅草、ペリカンのパンを沢山買って息子の職場に届けようと思いながら観ていました(笑)
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.9

原題になかった「肯定」(原作本にはあるらしい)を、
チラシとは別の意味で、裁判官の語りから自分なりに理解した。
人は、物事を見たいようにしか見ないし、理解できない。
真偽は人によって異なる。
そんな風
>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

3.4

二番館での上映、最終日に鑑賞。 

ずるーい!ずるーい!
けれど優しい映画だった。
タイムトラベルだけどSFとして観てはいけない。ただただ、大切な人を思う友情と恋の映画。
あり得ないし、ズルいけれど
>>続きを読む

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者(2016年製作の映画)

3.8

副題は余計だと思うけれど、名前だけじゃimpactが弱いからつけたのかしら?

映画の造りが解るまでは何がナンやらで少し寝落ち。
目覚めてからは、造りがわかり、なんとオシャレな(と言うかセンスのいい)
>>続きを読む

はじまりの街(2016年製作の映画)

3.5

イタリア(だけではないが)
の見過ごしごちな問題が随所に散らばめた、母と息子の新たな土地での出発・これからを描いた作品。

息子の眼が本当にきれい。
story全体としては一体感を感じにくいが、ちょっ
>>続きを読む

夜間もやってる保育園(2017年製作の映画)

3.3

撮っていくうちに、伝えたいものが増えたのかもしれませんが、少し題名からピントがズレた様に思いました。
観客は若い女の人が多かったです。(保育士さん?)

私自身子ども四人とも保育園→学童でお世話になり
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.6

本当は字幕スーパーで観たかったけれど、字幕版は街でしかやっていなくて
見逃したら大変!と思い
仕事帰りにシネコンで鑑賞しました。

ロマンチック・ダーク・ファンタジー、というか…
とにかくクボの能力が
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.1

期待し過ぎたかも?
普通でした。
…と書くの、ちょっと勇気いる。 
だって、私は感動も涙も無かったから。
世間との乖離を感じます・苦笑
 
実は『アイ・アム・サム』もダメだった。 
基本、動物・子ども
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

3.8

今年は職業婦人(敢えて古い言い方をします・笑)の映画の当たり年。
前情報全く無しで、でも何となく皆さんの評判が良くて(感想は未読)
見逃しちゃダメと思って優先鑑賞しましたが正解!
ホロリと涙が…。
>>続きを読む

リュミエール!(2016年製作の映画)

3.8

108本のうち30本くらいは(例によって食後だったので)寝落ちしたため
見損ねたかも?😩
基本的に、字幕の多いドキュメンタリーに弱い私。
でも映画はとても楽しかった!
50秒の一本一本を、構図や光の具
>>続きを読む

汚れたダイヤモンド(2016年製作の映画)

3.7

題名から想像したイメージとは違って、サスペンス・ヒューマンドラマでした。
家族と復讐と…
職人魂と
昔風の悪人(義の通った昔のヤクザみたいな)と…
映像がなんだか懐かしい感じ。
悪に徹しきれない主人公
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.7

題名から、普通の泥臭い泥棒話を想像していたのだけれど
全然違い、とてもオシャレな話でした!
あちらこちらで笑わせて貰いましたが、笑っていたのは私達だけ
絆創膏とかジョン・デンバーとか
仕掛けは沢山あっ
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.8

…………なんだか
…………昔の自分、と言うか、恋をしていた頃の自分を思い出してしまった。
“なに、やってるんだろう?自分”って
思いながら生きていた「時」があった。
切なさと哀しみとやり切れなさと、投
>>続きを読む

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.7

ビョンホンが主演する事以外、前情報なし。
ほとんど期待せずに観ましたが、コレがなかなかの出来でした。
脚本はしっかりしてるし、カン・ドンウォンはカッコイいし。
(イヤー、本当にイイオトコになったわぁ~
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.0

映画自体の感想にはならないかもしれない。

詰まんなかった。 
観てて不愉快だった。
札束を無造作に扱い過ぎ。違法な金儲けの何が楽しいの? 
実話だから仕方ないのかもしれないけれど…
副題からすると、
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6

先に観た夫の「面白かったよ」の言葉を信じて
レディースデーに独りで出かけました。 
はい。ほぼ仕事を定時に終え(終わらせ?)一時間車を走らせ
18:25の回にギリギリセーフ。
135分を21時過ぎのレ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

非常に上質の復讐劇でした。
独りで観ていたら、涙ぐんで(少しは滲みましたが)暫く席を立つことが出来なかったかも。
感想を書こうと思うとネタバレになってしまうので
コメント欄に書くことにします。

 2
>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃ面白かった。
ガハハと笑えるという意味ではなく、人間の色んな「負」の心を垣間見せてくれたという意味で。
今年、初のパンフレット購入。
家でじっくりと、映画の背景や主人公の台詞等を、味わいた
>>続きを読む

星空(2011年製作の映画)

3.5

観終わって、シネマスコーレさんのポスターを見て初めて知りました!
『百日告別』の監督さんの作品だったんですね。
しみじみ感が似ているかも?です。
ファンタジーの中に妙にリアルがあって、思春期初期のここ
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.4

発想が無茶苦茶面白い!
ノオミのギャラは何人分だったのか?せめて二人分は貰ってね(笑)
今の技術だからこそ観られる映画(笑)
ですね。

話としては
7人全員の性格を替えなくてもいいのでは?とか
どう
>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

3.7

新聞広告で見て、初めて上映を知った……
と言うわけで
いつもよりも前情報全くなし。
(チラシも持ってないです・涙)
どうして吹替版しか上映していないのか?幕が開けて理解した。

何と表現したらいいのか
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.9

衝撃的でした。
身体が震えます。
流石の白石和彌監督
この感覚…数年前の『凶悪』の時にも感じたように思いました。
役者さん達が(あんなヤな役を)
頑張ってました。
特に、蒼井優さん
『花とアリス』や 
>>続きを読む

DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団(2017年製作の映画)

4.1

今年のベスト3内に(邦画部門)に突然食い込みました!
今年、一番、笑いました。しかも大声をたてて。
知らない観客の皆さんと一緒に!(笑)
もう
すごーく楽しかった。
『銀魂』を
軽く越えたパロディ
>>続きを読む

婚約者の友人(2016年製作の映画)

3.4

映像的には
ノスタルジックな雰囲気が
とても好きでしたが 
ラスト
私は彼に向かって「この鈍感野郎ー!ナルシストー! 
結局は自分の事だけじゃんかー!」
と毒づいてしまいました。汗。

1.喪失をどう
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.5

前編で蒔かれた種が、刈り取られておらず残念。
結局、主役はバリカンだったのかなぁ…と、思わざるを得ないラスト。
原作を読んでいないので判らないが、テーゼを盛り込み過ぎて、集約できなかった感あり。
題名
>>続きを読む

野良犬(1949年製作の映画)

3.4

巨匠、黒澤明監督の作品を評するのは
面はゆいのですが…

私が観た黒澤明監督作品では、一番古い作品。
ゆえに……
三船敏郎さんが最初、判らなかった!汗。
若い~!で、そういう刑事役なんだけど、熱いだけ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

うーん……
期待したほどではなかったなぁ。余りに特殊な状況(設定)での恐怖なので、リアル感がない、というか…
この映画の底辺に、差別が横たわっていて、それ故の製作だということは間違いないと思うけれど。
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.7

5日前に『ブレードランナー ファイナルカット』を観ておいて、良かったです。
でなければ、オリジナル版が未見だったので、レプリカントが何なのかも知らなかったから…苦笑

世界観というか、風情は同じ
(特
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

初めてジェシカ・チャステインをいいな、と思った。
アクションではなく頭脳で戦う孤独な女。
感想を書くとネタばれになるので少しだけ。

面白いです。
この映画を観て、日本人も政治や選挙に関心を持つひとが
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.6

…汗。
最後、セロン姉さまが、ジョリー姉さんとかぶってしまいましたわー。
面白かったんだけど
騙し騙されで、頭の中が
猫が遊んだ後のこんがらがった毛糸みたいになりました、汗。
セロン姉さんはもう40代
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.6

オリジナル版も、このファイナルカットも未見でした。
『ブレードランナー2049』上映にあたり、街の映画館で二週間限定上映してくれたので
予習を兼ねて観に行って来ました。

昔の映画ほどスクリーンで鑑賞
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.1

ロードショーの時、見逃した。
結構評判良かったので、ちょっと心残りしていたところ
再上映決定!
ルンルンで
(ただし、台風接近!の中)
映画館へ向かった。

少し期待し過ぎたかも?
画面が暗くて、わか
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.9

157分全く退屈しませんでした。
面白かった!
幼児用パズルみたく、大きなピースをはめ込んでいくような、群衆劇の感じ。15Rシーンが程よく組み込まれていて(笑)
人間のリビドーを感じました。(笑)
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

2.9

時間的に他に観る物が無かったんだよね。なら観るの止めたら?ってダンナも言ったけど、レディースデーだもん、なんか観なきゃ損じゃん…
ズミマゼン。
アナベル初めてです。
『死霊館エンフィールド事件』が
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.3

140分を長いとは思わなかったし、飽きはしなかったけど
普通だった。
新シリーズの最初のは本当に面白かったのになぁ…
結局、戦争ものじゃん!と思ってしまった。(いや、題名通りですね。スミマセン・汗)
>>続きを読む

>|