Eitaさんの映画レビュー・感想・評価

Eita

Eita

映画(683)
ドラマ(5)

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

3.9

セス・ローゲン節がこれまでのセス・ローゲン出演作品とは違った形で物語と上手いこと馴染んでて良かった。

独裁者(1940年製作の映画)

4.9

Fight for liberty!
最後のスピーチはあまりにも有名。
『ジョジョ・ラビット』の予習も兼ねて。
監督がこの作品に言及してる動画→ https://youtu.be/ixQay2og0u
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.7

ピュアなジェイク・ギレンホールが観れて良かった。
ちなみに泣きました。題名アナグラムになってるのか…!October Sky→Rocket Boys。これには「脱帽」だわ。

トゥームレイダー(2001年製作の映画)

2.4

『トゥームレイダー』が存在することそのものがミステリーなんですっ!!(ドヤッ)と言わんばかりに、永遠に解かれることのないであろう謎に満ち満ちた作品でした。アドベンチャー映画としてではなくおバカ映画とし>>続きを読む

Kitbull(原題)(2019年製作の映画)

4.0

アカデミー賞短編映画賞ノミネートおめでとう。
Youtubeで本編全部観れます。
https://youtu.be/AZS5cgybKcI
制作裏はこちら。
https://youtu.be/I6AM
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.3

ちょっとそれはないんじゃないかと思いたくなるほどの負の連鎖…それでも生きていくトーニャの強さには感服。

ザ・レポート(2019年製作の映画)

4.7

拷問することの酷さに焦点を当てているレビューが多くあって、それもこの作品の伝えていることだし、重要なことだとは思うけれど、僕は手続的正義(※)が民主主義において如何に重要かを伝えているという意味で今観>>続きを読む

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

4.0

コンポーザーであるSteven Price(『ゼロ・グラビティ』でもコンポーザーやってた)の仕事が今作でも光ってた。気球というシチュエーションが絵的に地味なのもあるし、半分以上フェリシティ・ジョーンズ>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.1

無難と言えば無難。前回までの答え合わせによって面白さを引き延ばしてる感は否めず(それって面白いうちに入るのか…?)、特筆すべき特徴は今作にはない。まあ、JJは頑張った方だと思う(でも過去作展開意識しす>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.8

オチがなあ…丁度中間地点にあるあの場面が一番きつかったな。目を背けたくなるようなシーンがてんこ盛りなわけだけど、そうなるのもこの作品の場合は俳優さんの演技が良いというのと、各カットが非常に丁寧に作りこ>>続きを読む

ライムライト(1952年製作の映画)

4.6

リヴァー・フェニックスに続いて、またしても主演であるチャップリンの命日にこの作品を観ていたらしい。なんたる偶然。

自由と壁とヒップホップ(2008年製作の映画)

4.1

この映画には何組かのヒップホップグループが登場するが、一番最初に登場したのはDAMだった。彼らは、イスラエル内に住む、初のパレスチナ人ヒップホップグループでもある。DAMがヒップホップの影響を受けるこ>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.9

リアル。機能しなくなった電動の門を協力して手動で閉めるシーンが象徴しているように、夫婦生活の幕引きも(おそらく最後の)共同作業ってことですな…タイトルが”Marriage Story”なので、内容と矛>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.7

マーレってしまったなあ(訳: 最後に全部持っていかれた)
僕は前作の方が好み

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.7

スケールがでかくなったのに反して、歌等が前作よりインパクトに欠けるとは思うけれど、ルーツが全てに繋がっていく話である今作の方が個人的に好感は持てる…が…うーん…もやる。上手く丸め込まれたというのか、消>>続きを読む

招かれざる客(1967年製作の映画)

4.8

傑作。『ゲット・アウト』の元ネタでもあるらしい。確かにシチュエーションは非常に似てると観ながら思ってた。両方合わせて観ると面白いかも。今観ると女性の描かれ方が微妙っていう反応はあると思う(そしてそれは>>続きを読む

ノーカントリー(2007年製作の映画)

4.8

理不尽映画の代表作と言えそう。そこらへんのホラーよりよっぽど怖い。ひとつひとつのセリフに重みを感じた。

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.8

もう設定に限界があるのかもしれない。内容的にはこれまでの作品とそう変わらず。アクションは激アツ。

ターミネーター(1984年製作の映画)

3.7

初めてまともに観た。アイルビーバックがウケた理由もわかった気がする。

>|