ryuさんの映画レビュー・感想・評価

ryu

ryu

映画(1464)
ドラマ(0)

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

2.5

ハラハラするサスペンス度→ほぼなし
主人公が孤児のチック症である必然度→ほぼなし
主人公がサヴァン症候群である必要性→これは若干あり
キザなジャズトランペッターのナルシス度→際立つほどあり
誰だ!誰が
>>続きを読む

ソウル・キッチン(2009年製作の映画)

3.0

人は何かに依存しなければ、生きられない。
異性だったり、
酒だったり、
ギャンブルだったり、
媚薬だったり。
でも、一番依存度が高いのは、居場所(ソウル・キッチン)かな。

デッドクリフ(2009年製作の映画)

2.0

ルイックへ送ることば。

情けは人のためならず。
(情けはギヨームのためならず。)

ギヨームに親切にすれば、その相手のためになるだけでなく、やがてはよい報いとなってルイックにもどってくる、という意味
>>続きを読む

スイート・チャリティ(1968年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

吊り橋効果とは、心理学の実験で吊り橋の上のような不安や恐怖を強く感じる場所で出会った人に対し、恋愛感情を抱きやすくなる現象のこと。
エレベーターに閉じ込められて、ピンチに陥った二人が、だんだん恋愛関
>>続きを読む

血塗られた予定表(2011年製作の映画)

1.5

命にかけて約束したことを
直後に破ろうとする奴。
子どもが大人に幻滅するのは、
大体そんな時。

マッド・ダディ(2017年製作の映画)

1.5

庭の枝たちを切るのに、
あの電ノコが欲しいと思ったのと、
かたいお肉をたたくやつが欲しいなと、
思ったのと、
ビリヤード台も悪くないなと思ったのと。
思ったのと、思ったのと、思ったのと、、、。

激流(1994年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

よくよく考えたら、犯人と一緒に川下るだけのストーリー。
それと、陸地から先回りできるなら、危険を冒してボートで下る必要ねーし。
メリル・ストリープの無表情こえーよ(;´д`)。
と、ツッコミを入れなが
>>続きを読む

毒戦 BELIEVER(2017年製作の映画)

2.5

ブライアン理事のせいで、
ギャグ映画になってしまった。
アーメン(´-`).。oO

テッド・バンディ(2019年製作の映画)

2.5

本当にヤバい奴は
いい人そうに見える。
騙しそうな奴に
騙される奴はそういない。

七小福(1988年製作の映画)

3.0

項羽と劉邦の漫画好きだったな。

力は山を抜き気は世を蓋う
時に利あらず騅ゆかず
騅のゆかざるをいかにすべき
虞や虞や汝をいかにせん

先生の力は山を引き抜くほどで、
気力は世界を蓋い尽くすほどであっ
>>続きを読む

アメリカン・アサシン(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

結局
アメ公どうしで争う。
でもイランはいらん。
なんじゃそりゃ。

マイ・インターン(2015年製作の映画)

2.0

世知辛い現実を忘れ、心温まりたいときのためのファンタジー映画。
いいところだけ切りとっても、世界のいい面しか見えない。

オーバーボード(2018年製作の映画)

3.0

幸せはお金で買えない。
ついでに言えば、
記憶もお金で買えない。
愛とお金どちらがいいだろう。
愛はなくなることがままあるが、
金もなくなることがよくある。

お!バカんす家族(2015年製作の映画)

3.0

川下りのシーンだけ
3回観た。
3回とも笑った。
思い出し笑いで
5回は笑った。

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.0

境界の上を歩く。
どっちかに落ちる。
人種差別。
人じゃないけど。
特殊能力。
生きていくのに役立つ。

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅(2018年製作の映画)

2.0

爆風スランプのリゾ・ラバ風で、

全部嘘さ そんなもんさ
アジャの恋は まぼろし
嘘じゃないさ うぶじゃないさ
アジャの女はまやかし
10万ユーロは ちょっとね 身悶える

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

2.5

あいかわらず
命はるトム。
今、57歳。
はじめてトムの映画を見たのは
7月4日に生まれて。
映画館でみた。
その時の彼女とはじめてみた映画。
高校1年の時。
その時トム27歳。
お互い年とった。
M
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.5

権力は腐敗する、
絶対的権力は絶対に腐敗する。
ジョン=アクトン。

イーストウッドの痛烈な権力批判。
信じたものが、
信じるに値しなかったら。
信仰心とはなんだろうか。

誠実な人間は、
常にその誠
>>続きを読む

ハイエナ・ロード(2015年製作の映画)

2.5

砂漠のライオンにすべて持っていかれた感ありあり。
郷に入っては郷に従え。余計なお世話。敵の敵は味方。などなど、色々と浮かんできます。だけど、観終わった後の結局なんだかなーという、もやもや感もあるある。

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

3.0

想定外の展開。
なるほど、そうくるか。
でも細かいシーンで乗り切れず。
戦争映画というよりRPG的映画。

カクテル(1988年製作の映画)

3.0

トム。
君の魅力は、
何とも垢抜けない、
あの間抜けな佇まい。
トム。
若かりしころの、
君の魅力は、
とりあえず笑っとけで通じる
あの人たらし的な笑顔。
トム。
君にはM:インポより
卒業白書やカク
>>続きを読む

EXIT(2019年製作の映画)

2.5

店長最高。
いいアクセントになってました。
ヨンナム。
ダメなやつほどかわいいという典型。
副店長ハニー。
ヨンナムは大器晩成型なのでヨロシク。
ヨンナムの家族。
あんな仲のいい親族関係は、
日本には
>>続きを読む

KILLERS キラーズ 10人の殺し屋たち(2019年製作の映画)

2.5

ケイジ・ニコ。
悪いやつ殺って、
組織からいいやつ守る。
キラーズ2
評価低いしないかもね^ ^

イントゥ・ザ・シー(2014年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

過ちて改めざる是を過ちという。
とは少し違うけど、やってしもたー(゚o゚;;からの、ごめんm(._.)mは大事。
空の居眠りは超・危険。

大好きだから(2017年製作の映画)

2.5

サクっと観れるが、
サクっと観たこと忘れそう。
ハローゴーストとゴッちゃに
なりそう。

テッド 2(2015年製作の映画)

2.5

ペットのテッドが敗訴してサッド。捕まってデッドしそうになる物語。
乱闘シーンが楽しすぎる。特にチャッキーの機敏な動きが必見。

>|