リュウセイさんの映画レビュー・感想・評価

リュウセイ

リュウセイ

ジャンルを問わず気になっていた作品を少しずつ鑑賞しています。評価はあくまで主観によるものです。

映画(335)
ドラマ(0)
  • 335Marks
  • 188Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.0

現在でも十分通用するサイコサスペンスな内容で、それを20年も前にアニメで作ってたことに先見の目のがある監督だと思います。ただ絵柄の好みやアニメ化の必要性の要否は評価が分かれそう。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.0

遠野くんの未熟さが自分の経験とオーバーラップして痛いほど伝わります。3話目が理解しづらいのが、ちょっと残念です。別の意味で長編PV(プロモーションビデオ)に思うかもしれませんね。

耳をすませば(1995年製作の映画)

5.0

この作品を見ると忘れていた記憶が蘇ります。そして、この頃の大事な何かを探したい気持ちにさせてくれます。

太陽がいっぱい(1960年製作の映画)

3.0

アラン・ドロンの魅力を十分見れる作品です。行き当たりバッタリの行動で観る側がハラハラしてしまいます。ラストのアラン・ドロンの表情と現実の対比が印象的でした。

千年女優(2001年製作の映画)

3.0

ストーリーはシンプルなんですけど、演出が素晴らしく、社長とカメラマンが回想シーンに居合わせる演出は、昨今のドラマでも使われてる手法で、これをアニメで行なっていた監督のセンスが凄すぎます。

ニューヨーク1997(1981年製作の映画)

1.0

近未来SFアクションの傑作も今見ると古臭さが否めなかったです。

ロンゲスト・ヤード(1974年製作の映画)

2.0

看守チームと囚人チームのフットボールの試合をあまり重く暗くならずに描いおり見やすかったです。フットボールの知識を持ってるとさらに楽しめると思います。

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

4.0

壮大なスケールで描くファンタジー映画の序盤ですが、ロケーションといい迫力のある映像で今後を期待させます。長時間なのがちょっとしんどいけど、家で見るぶんには休憩を挟めるから平気ですね。

ナイル殺人事件(1978年製作の映画)

2.0

オールスターキャストの作品にもかかわらず、私の知識不足のため、数名しか分からず、この映画の楽しさが半減しました。

バケモノの子(2015年製作の映画)

5.0

親子の成長物語だが、ストーリー展開に無駄がなく、胸にジーンと来るものがある見事な作品です。

勝利への脱出(1980年製作の映画)

3.0

シルヴェスター・スタローンがかっこいい、もっと代表作として評価されていいと思います。クライマックスのサッカー試合は手に汗握ります。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

2.0

本作を見ることで前作での伏線を回収しているのでスッキリします。個人的には、時系列で見たかった、親子の見せ方の比重が違いすぎること、この点が改修されることで更にクライマックスが盛り上がったと思うと非常に>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

2.0

荒唐無稽なアクションや奇想天外な演出が楽しめました。二部作の前半ということで、ストーリー半ばで終わるのが残念です。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

コメディ、サスペンス、バイオレンスなど色んなジャンルのドラマが盛り込まれているにもかかわらず、破綻していない完成度の高い脚本にとにかく驚かされます。

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

1.0

観る前は、知恵と勇気と友情で迷路内の数々のトラップをくぐり抜けて出口を目指す、なんてことを想像していたので実際は違ってました。続編を見たらまた評価が変わるかもしれません。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

ディザスター映画にありがちな自然災害ではなく、人為的災害というのが新鮮でした。また細かいことは気にせず、一気にストーリーを展開させるのも好印象でした。

赤い影(1973年製作の映画)

2.0

オカルトなのかミステリーなのか不思議な感覚で見続けました。たどり着いたラストのフラッシュバックで余韻に浸れます。

情婦(1957年製作の映画)

3.0

50年代にこんな凝ったストーリー展開の作品があったことに驚きです。邦題は何故このタイトルを付けたのか意図が分かりませんでした。

チャッピー(2015年製作の映画)

4.0

第九地区を彷彿とさせる世界観、日本アニメの影響など、監督の遊び心にニヤリとしてしまいます。

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)(2006年製作の映画)

3.0

劇場版10作目ということでオールスターキャストのお祭り的作品です。内容もバランスがよくミステリーとしても満足できる内容に仕上がってます。

ランボー(1982年製作の映画)

4.0

ベトナム帰還兵の悲哀を感じるうえに、アクションも凄い、見応えがある作品です。

名探偵コナン 銀翼の奇術師(マジシャン)(2004年製作の映画)

2.0

監督が変更になったせいか、これまでのミステリーにパニックの要素がプラスされています。これはこれで新鮮で面白かったです。

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(2003年製作の映画)

1.0

京都の名所を行きながら事件を解決する、なんか2時間枠のミステリードラマみたいでした。平次の初恋相手が判明するのはホッコリします。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章 発進篇(2017年製作の映画)

2.0

リアリティを求めるため、説明が丁寧になったのは良いが、若干テンポが悪くなった気がします。

名探偵コナン ベイカー街の亡霊(2002年製作の映画)

2.0

バーチャルとリアルの世界で同時にストーリーが進行して行くのが面白い試みだと思います。犯人の動機付けが弱いのが残念でした。

ダーティハリー(1971年製作の映画)

3.0

70年代にこんなアウトローな刑事が登場していたとは、監督、役者共にセンスが良すぎます。

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢篇(2017年製作の映画)

3.0

新解釈の中にちゃんとオリジナルのオマージュが散りばめており、見てて安心できるものがあります。エンディング曲は嬉しいサプライズでした。

ゲーム(1997年製作の映画)

4.0

途中で気が重くなるほど、目まぐるしいストーリー展開に唖然。ネタバレを知ったあとでももう一度見たくなる不思議な余韻が残りました。

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

2.0

オカルト映画としては優等生的な作りです。ただ、時代設定が60年代の割にレトロ感が少ないのが気になりました。

>|