さらささんの映画レビュー・感想・評価 - 8ページ目

さらさ

さらさ

映画(1063)
ドラマ(80)
アニメ(0)

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

おかしな話だなと思って観てたけど
最後トゥルーマンに掛けられた言葉がまんま親目線やんと思って泣いてしまった。
コメディぽいけど秀逸で深い。

PLAN 75(2022年製作の映画)

3.9

悲しい、淋しい、悔しい、侘しい。
映画の雰囲気もずっとそんな感じ。
現実としてこういうプランは無理かも、でもいいかも、と思ったけど
やっぱりこういうかたちで自分で死にたいと心から願う人はいないんじゃな
>>続きを読む

映画ドラえもん 新のび太と鉄人兵団 〜はばたけ 天使たち〜(2011年製作の映画)

4.0

十数年前にBUMPが主題歌だったから映画館に友達と観に行った、
アマプラにあったから、あの時よりもっと大人になって観てみたけど余計泣いた。笑
戦争の話でもあるしこんなに深い内容だったんだと。なんで未だ
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

3.9

映画好きのポイントをよく捉えてる。
確かに長すぎる映画より90分くらいの映画が良いのはわかる。
芸術、芸能、事業とかで成功するには
大切なものを切り捨てなきゃいけないよね〜。

クーリエ:最高機密の運び屋(2020年製作の映画)

4.0

悲しい、でも誇れる話。
KGBに見つかった時の演技とか、捕まって死にそうな役作りとか、とにかく凄い。

みをつくし料理帖(2020年製作の映画)

3.5

もう少し料理見たかった。
美味しそう、やっぱり和食は良いな。

ちひろさん(2023年製作の映画)

3.8

有村架純が元風俗嬢ってのが合わなすぎて逆に良かった。
原作読んでないからわからないけど
映画にしたからたぶんひとつひとつの内容が薄くなってる感じはした。
水属性なので海面の光が部屋まで入るのとか羨まし
>>続きを読む

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

3.7

島では痛そう、の連続。
その後がまぁ仕方ないよねと思うけど辛かった。
自然で火を起こせないと生き延びるために何もできないな。

いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~(2020年製作の映画)

3.5

意外と面白かった。
彼女たちはちょいお姉さん世代だけど
あーあの頃こんな服着てたわ!
とか思った。
今見るとダサい。笑

青の炎(2003年製作の映画)

3.5

高校生が抱えるには重い。。
あと昔の演技って感じがした。

1922(2017年製作の映画)

3.6

不穏な雰囲気の時のBGMがシャイニングぽくて良い。
悲しい話。

犬も食わねどチャーリーは笑う(2022年製作の映画)

3.5

散々言ってきたけどもう言い争うのも疲れてネットに...てのはわかるけど
やっぱ直接言い合って喧嘩するって大事なのねと思った。

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

最後死なんでも良かったやん!!
途中までいい話だな〜と思ってた、
なんか死ぬ話だけ
取ってつけたように感じた...

静かなる叫び(2009年製作の映画)

3.7

私も技術者なので彼女たちの気持ちは少しわかる。
それをそんな理不尽な理由で殺されるなんて。

チチを撮りに(2012年製作の映画)

3.7

最後ふざけたな笑
まぁまぁ好き。たまたまだけど昨日観たblank13に通ずる所があった。
人って誰かにとっては憎い人でも別の誰かにはとても大切な人だったりするんだな。

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.7

ダークコメディだなぁ。
登場人物それぞれに面白味を感じた。

カラダ探し(2022年製作の映画)

3.6

評価低いけど意外と良かったヨ!
原作知らんけんかな。青春×ホラー。
みんなで同じ目的に向かって何かをするって大事だなと思った。笑

男の優しさは全部下心なんですって(2019年製作の映画)

3.7

全体的にMVみたいな映画。
内容考えないなら音楽が良いし画も綺麗。
好き嫌いは確かに分かれる。

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.7

エンドロールでの相談の会話聞いてたらあの授業先生たち唐突すぎだし余計なお世話でしょ、ってなった。

ディープエンド・オブ・オーシャン(1999年製作の映画)

3.7

そもそも同窓会に子ども3人連れて行くの無謀じゃねっていう
同じくらいの歳の子持つ私からの意見です。笑
兄弟ってやっぱりいいな。

ノイズ(2022年製作の映画)

3.5

面白かったけど普通だった。
嘘はいつかバレるよな。

梅切らぬバカ(2021年製作の映画)

3.8

良い。短い、もうちょっと観たかった。
きっとお母さんは今までも何回も頭を下げていろんな人にいろんなことを言われたんだろう、
でも初めて離れて暮らす時も戻ってきちゃった時も愛を感じた。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.8

夫のお世話しながら他の人の介助もなく子ども3人育てるなんて無理じゃない?
子どもがある程度大きくなるまでそれを続けてたのもびっくりだしそもそも子ども3人産もうと思ったのも驚き。
76まで生きられたのも
>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

3.9

いじめ、犯罪含めた重め恋愛映画だった。
主人公の女の子が幸薄そうで可愛かった。笑

映画 太陽の子(2021年製作の映画)

3.7

爆弾を落とす、落とされるじゃなくて作る側の話。
爆弾を作るための研究だったけど未来のためには全てが無駄な研究ではなかったよね。
イミテーションゲームを思い出した。

愛なき森で叫べ(2019年製作の映画)

3.5

解体するところなんかまんま冷たい熱帯魚。
実際の事件よりもっとあたおかな感じ。