舵芽衣子さそり監督魂のアソコさんの映画レビュー・感想・評価

舵芽衣子さそり監督魂のアソコ

舵芽衣子さそり監督魂のアソコ

2月17日(土)18時半開演・高円寺アンノウンシアターにて歌と美少女の映画祭『賀々贒三VSさそり。ジャスティスの崩壊』開催。映画『少女の王国』他上映とトークと歌。ゲスト・淀橋長治、藤沢純、他。 高円寺unknownシアターで上映!鳥肌実、綾小路翔魂のアソコhttp://amzn.to/aKgwYK

ハタリ!(1962年製作の映画)

4.0

ハワードホークスらしい豪快な世界!本当に映画に力があった時代の娯楽大作。ジョンウェイン、レッドバトンズの凸凹コンビ始めとして世界中の荒くれ男たちの面々がいい。野生動物の保護の為に捕獲する男たちが実際に>>続きを読む

馬鹿宣言(1983年製作の映画)

5.0

これは韓国映画と言うより世界映画史に残る本当の大傑作です!
あるところに馬鹿がいましたって子供のナレーションで始まる冒頭から凄い!その後もチャップリンの様な馬鹿と美女との一方的な恋愛がとてつもない終局
>>続きを読む

弾丸特急ジェット・バス(1976年製作の映画)

1.0

物凄く面白くなりそうな題材で、芸達者な出演者がいるにもかかわらず、脚本がひどすぎるのとビッグバスが140キロ出してるのに全然高速に見えないところが致命的。伏線みたいのと乗客の設定がクライマックスで全く>>続きを読む

桑の葉(1985年製作の映画)

3.3

平昌五輪という事で思い出した!主題歌が強烈で耳に焼き付いてる。扇子で股間を隠す女とか、逆にエロい。桑畑がハイパースペースを感じさせる、三十郎。いや、そろそろ四十郎かな。

ゴーストシップ(2002年製作の映画)

3.5

冒頭のぶっちぎりから最後まで無駄がなく簡潔なホラー。久しぶりに見たら面白かった。何と美少女はゴッドヘルプザガールのエミリーブラウニング!この頃から本当に可愛い!

ジョバンニの島(2014年製作の映画)

4.0

こんな上質な名作アニメの存在を知らなかった。声優も本当に豪華。銀河鉄道の夜を元にした少年とその家族の話だけど、後半は壮絶な悲惨さだった。北方領土の色丹島の話。前半のソビエトの少女との交流がとてもいい。>>続きを読む

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.3

小松菜奈が今までで一番いいかも。本当に可愛いです。最初の30分くらいはムズムズしてくるような展開ですが、途中から「ああそうか!」という意外な展開になり納得します。その仕掛けが要ですが、えーとえーと…と>>続きを読む

軽蔑(1963年製作の映画)

4.0

ひたすら、ひたすら素晴らしいゴダールの映画愛映画。フリッツラング本人が映画監督役で色々あっても「私はこの映画を仕上げる」と巨匠の映画魂を見せる。全編映画の撮影とその間の女優と脚本家の映画に対する思いだ>>続きを読む

ダイ・ハード/ラスト・デイ(2012年製作の映画)

2.5

24みたいになっちゃったダイハード。何か状況とか良く分からなくてやたらと爆発してるうちに終わった感。悪役はいい女だったけど。やっぱ一作目の脚本とアランリックマンが如何に素晴らしかったかよく判る。

オオカミ少女と黒王子(2016年製作の映画)

1.4

出だしは凄く面白かったです。ドMな処女がドSなイケメンに惚れていく過程の感情の動きが細やかです。カメラワークも素晴らしい。でも途中からの展開がホストにハマるメンヘラ女子の実態みたいになり興ざめ。もしか>>続きを読む

失われた地平線(1973年製作の映画)

3.0

リブウルマンのファンだったのでわざわざ名画座まで観に行った。理想郷に辿り着いた白人たちのSF的な話。急にミュージカル風になったりする。キャストはピーターフィンチ、サリーケラーマン、ジョージケネディ、オ>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

2.2

これが本当に北野武作品なのでしょうか?嘗ての映像だけで表現する作風が養老院の舞台みたいにセリフだけで説明しています。ヤクザなのに全然迫力無い!ピエール瀧が一番良かった。あと、チャン役の人。その男、凶暴>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.8

『アルファビル』と『不思議惑星キン・ザ・ザ』と『ドレミファ娘の血は騒ぐ』をミックスしたような摩訶不思議な映画でした。松田龍平は宇宙人というか野獣死すべしの松田優作がずっとリップヴァンウィンクルの話して>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

2.9

本当に下品だな。主人公はラリッて働かないクズだし。それはいいけど、身障者やオタクやジョギングしてる人に暴力ふるったり馬鹿にするのは主人公たちに全く共感出来ず不愉快だな。やっていいネタとダメなネタってあ>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.0

ガルガドット出てないやん!本当に車が何度も飛んでてスカイミッションのタイトル通り。頭のおかしい人が作った映画。生身の人間なのにターミネーター対トランスフォーマーみたいやん。ハゲ対ハゲ対ハゲ対ハゲ。まだ>>続きを読む

海月姫(2014年製作の映画)

4.0

アニメの印象が強烈過ぎましたが、これは最近の(といっても4年前ですが)実写化のベストではないでしょうか?ドラマもやってますが、再現度という事ではこれに及びません!のんが本当に可愛く輝いていて、彼女のベ>>続きを読む

リベンジ・マッチ(2013年製作の映画)

2.9

レイジングブルのデニーロとロッキーのスタローンのボクシング映画と言ったら出オチかギャグと思ったらその通りだった、展開がグダグダで全く面白くない。二人が老いた事を表現したのか?それが目立たないようにアラ>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

5.0

本当に面白いです!劇場で観る事をお勧めします。最初から最後まで笑いっ放しで劇場は笑いの渦でした。ちゃんと感動するし、映像も凝ってます。ヒューグラント上手い!あと刑務所の囚人たちの愛らしさ。全員いいです>>続きを読む

チャイルド44 森に消えた子供たち(2014年製作の映画)

3.2

少年が多数変質者に殺される暗く重い話で画面も暗く、アクションシーンは何をやってるのか判らない。出て来る軍人も最悪の奴らばっかで、正義感に燃えた夫婦が犯人を追う。主人公が弱いと思ったらマッドマックス怒り>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.5

前作観たけど全部忘れてるので新鮮な気持ちで楽しめました。なんでもアリですね。作品の構成そのものがイリュージョンという仕掛けで。やっぱモーガンフリーマンとかバットマン組の役者の貫禄が違います。主役の役者>>続きを読む

愛の狩人(1971年製作の映画)

3.5

続・卒業といった趣でしょうか?ヤリチン・ジャックニコルソンと童貞臭のアートガーファンクルが女漁り。ニコルソンは文字通りやりまくるが、ガーファンクルは悩み、真面目に出会った女と結婚する。キャンディスバー>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

4.0

絶対に見たくない家族向きの動物CG映画かと思ったら、モンティバイソン伝統のイギリス映画らしい皮肉とユーモアに溢れた傑作だった。トムクルーズの元妻ニコールキッドマンがミッションインポッシブルのパロディ演>>続きを読む

雨月物語(1953年製作の映画)

4.0

もう、何というか溝口芸術の極みというか、全部代表作だけど、これが最も知られた作品でしょう。漫画日本昔話的なストーリーですが、その中に女の怨念の恐ろしさ、愛の美しさが描かれてます。ここまで過酷な運命にし>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.3

これは凄いのではないでしょうか?日本のアイアムアヒーローも良かったけど、感染者の演技がとてつもなくて、アナログの演技力が一番怖いと思い知らされました。かなり美人女優でも徹底的にやってて天晴。大空港みた>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.3

バットマンの世界のみでジャスティスリーグしてるのが面白い。ちゃんとジャスティスリーグのメンバーも出てるし。それでテレビ版の設定に戻ってる。バットマン愛の映画。アイアンマンネタに笑った。出てくる情報量が>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.8

主人公バットマンとほぼ変わらないキャラ!脚本が良く出来てますね。自閉症を描いているのにこれ程ポジティブな映画は初めて観た。怒らないJ・K・シモンズもいいですね。70年代のアランJパクラ、シドニールメッ>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

2.9

2作目まで観て3作目を観る気が全く起こらず、15年経ってやっと観た。ミフネ船長がまんま三船敏郎で笑った。菊千代じゃん。マトリックスがスターウォーズみたいになっちゃって何だかなあ。一作目は攻殻機動隊だっ>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

-

ここまで主人公と警察が無能な映画は初めて見た。犯人目の前で何回も逃してるし、弱いし、あんな犠牲者が出る前にどうにかならなかったのか?白昼、あんなカエルの仮面かぶった奴が人混み歩いてたらすぐ捕まるだろう>>続きを読む

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

4.0

殺人鬼の「悪いチャップリン」が、それまでの放浪紳士チャーリーを全て覆している。前半緩いテンポだが、道で殺す実験の為拾った娼婦を助けるシーンから緊張感漲る演出になる。さすが天才だ。女優も美しい。殺しのシ>>続きを読む

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

2.5

どう見てもチンチンにしか読めない!映像やカメラワークはパーフェクトに素晴らしい!でも話が面白くない。レイダース+フックじゃん。CGだからこその良さもあるが、実写じゃないと演技ではないから深みがない。

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

5.0

82年前にオートメーション化は人間を狂わせると警鐘していた先見の明は正に天才。ロボットが職場に導入され、労働者が追いやられる現代を予言していた。ベルトコンベヤーの単純作業で気が狂い、覚せい剤飲んでテン>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.6

実際にこの映画に出て来るような人に金を持ち逃げされた経験があるので、凄くこの世界は判る。どん底の人に保証人になってって頼まれたが断ったらtwitterでボロクソに書かれた事もある。つまり、本当にクズは>>続きを読む

サンゲリア(1979年製作の映画)

-

サンガリアのジュースが飲めなくなる位、タイトルが凄過ぎるのと、映画館の前でジャンジャジャジャジャンジャジャジャジャンジャジャジャジャン!って怖くて悲しげな音楽が流れて来て、怖くて映画館に行けなくなりま>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

5.0

こんな凄い映画は無い!これは映画史というより、人類史、世界史に残る偉業でしょう!本物の天才が撮った本物の名作です。1940年、現実にヒトラーが大頭してたリアルタイムにユダヤ人のチャップリンがヒトラーを>>続きを読む

オー!ゴッド(1977年製作の映画)

3.3

ある日突然神様が現れた!それもただの爺さんの姿で。それを広めようとするのがジョンデンバーとテリーガーという、人の良さそうな夫婦。全く悪い人の出てこないほのぼのコメディ。やんわりエクソシストとか批判して>>続きを読む

処女ゲバゲバ(1969年製作の映画)

1.5

タイトル聞いて処女がゲバゲバピッ!てやる『ゲバゲバ90分』みたいなコメディだとマジで信じて観たら、全く面白くなくて暗いだけの映画だった!ズビズバー!パパパヤー!やめてけれ、やめてけれ、やめてけれ処女ゲ>>続きを読む

>|