魂のアソコ監督さそりさんの映画レビュー・感想・評価

魂のアソコ監督さそり

魂のアソコ監督さそり

原田浩監督『ホライズンブルー』声の出演。高円寺フリーペーパーSHOWOFF芽衣子の異常な愛情連載中。
『アーバンギャルド天才馬鹿』DVD 鳥肌実、綾小路翔『魂のアソコ』DVD発売中。 https://sasorichan.thebase.in

映画(782)
ドラマ(0)

プリンス・オブ・シティ(1981年製作の映画)

4.5

リアルタイムで観て以来久々の再見。これは超傑作!セルピコと同デーマではあるけど、これは更に主人公の苦悩が大きい!狼たちの午後の様な派手な見せ場が無い分、真綿で締め付けられる様にジワジワと苦悩が伝わる。>>続きを読む

戦争の犬たち(1980年製作の映画)

3.8

こんなに細かくディテールに拘った戦争映画初めて見た!テンポが悪いのではなく、主人公の日常や、依頼された独裁国への偵察、武器の依頼、準備、移送等、事細かな描写が後に生きてくる。
クリストファーウォーケン
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.8

サイモンペッグ&エドガーライトの突出した才能を示す出世作。ホットファズとベイビードライバー観てからの再見はキャストや演出が被ってて面白さ倍増!
ゾンビコメディではベスト。日常におわれ、最初全くゾンビに
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

4.0

スティーブカレル主演作にハズレなし。途中まで、ラブアクチュアリーみたいなオムニバスのラブコメかと思ったら、それらが最悪の形で一同に会する脚本が見事過ぎる!
テーマはヤリチン対純愛?
熟年愛、童貞愛、不
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.0

青春群像劇として面白いけど、下の句には及ばない。やはり、試合が説明的過ぎるのでルールが判らない者にはどうして勝ったかとか一瞬で判らないのだ。
分かり易いようにテロップを出したりしてるけど、ドラマならま
>>続きを読む

(1960年製作の映画)

5.0

ブレッソンの『抵抗』と並ぶというか、超えてる?『大脱走』、『アルカトラズの脱出』に多大な影響与えてる!
完璧な演出と撮影!男5人しか出てこない!物凄い緊迫感。あんなデカい音出して看守にバレないのか?と
>>続きを読む

ラルジャン(1983年製作の映画)

4.0

どんなホラー映画より恐ろしい!ブレッソンの冷徹な妥協しない演出は、一切無駄なものを省き、善良な市民がちょっとした歯車の狂いで殺人犯に堕ちてゆく様を描いていく。
無表情、無感情、淡々とした歩き、動き、日
>>続きを読む

バーニング 劇場版(2018年製作の映画)

3.5

な、何なんだこれは?全くジャンル分け出来ないし、展開も読めない。日常をそのまま再現したような長い間と音、感情のない会話。魅力的な美人とパッとしない男とイケメン。その三人が全くかみ合わず、特に映画らしい>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.0

007(ティモシーダルトン)対ミッションインポッシブルか観れるとは思わなかった!
サイモンペッグ&エドガーライトはショーンオブザデッドのコンビ!
ミッションインポッシブル離れるとスティーブマックイーン
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

3.5

冒頭からいきなりクライマックス!この回から今のシリーズ基本が出来上がった感じ。前半のヘリの追撃等見所沢山。トムクルーズのビル歩きや振り子アクションはダイハードを更に発展させている。今回オンリーのマギー>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

タイトルにちゃんとKKKが入ってるのがいい!いつものスパイクリーの押し付けがましさが薄れて、かなり笑えるコメディ仕立て。しかしメッセージは強烈という名人芸。実話が元らしいけど、ストーリーが面白く、いつ>>続きを読む

ニューヨーク1997(1981年製作の映画)

3.8

公開初日に観た。セルジオレオーネ組のリーヴァンクリーフ、ペキンパー組のアーネストボーグナインが出演してる事からもカーペンターはマカロニウエスタンを未来に置き換えて撮ったのだろう。
カートラッセルのスネ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.0

全編スパイダーマン愛!サム・ライミ版や、東映作、過去のアニメ等全てに対するリスペクトとパロディ!
なんか感動した!全くダメダメの黒人少年が一人前のスパイダーマンになる話。
スパイダーマンのアベンジャー
>>続きを読む

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

4.0

サム・ライミ版ベスト。これがあったからファーフロムホームがある。特に電車のシーンはヒーロー映画史に残る名シーン!
子供の「誰にも言わないから」は泣ける。しかし、ヒロインMJの性格の悪さはマーベル映画史
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

5.0

映画の教科書みたいな傑作。たまたまテレビつけたら淀川さんが「ハイ、今日の映画は怖いですよ」って解説してたので何気にタイトルも知らず観たら…最後まで一気に観てしまった!
そして手に汗握ってた!スピルバー
>>続きを読む

魔界転生(1981年製作の映画)

4.5

当時の日本映画が総力を結集した妖術時代劇。奇想天外なストーリーも凄いが、何よりも役者の魅力と殺陣、アクションで勝負してるのが素晴らしい!
子供も見る娯楽映画なのに堂々とオッパイ出してるのも大人向きに作
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.5

子供の凶暴性を描いたアニメは珍しいのではないでしょうか?大抵の主人公は優しくていい子。でも、この主人公くんちゃんは我儘で暴力的。うる星やつらのテンちゃんみたいや。で、家族のルーツを知る。ありきたりだが>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.5

ええええええっ?スパイダーマンってこんなに面白かったっけ?ど根性ガエルの修学旅行の回みたいな出だしで、好きな女とライバルとの小競り合いとか友達との付き合いの方が地球を救う使命より上ってのがもう!
トム
>>続きを読む

哀しみのベラドンナ(1973年製作の映画)

4.0

映画史に残るアニメというより動く画集。日本で1973年(エクソシスト、燃えよドラゴンの公開年)にこれだけエロスと美を前面に出して自由な表現が出来た事に驚愕する!
その後のアニメや絵画に多大な影響与えて
>>続きを読む

アラバマ物語(1962年製作の映画)

5.0

これは文句なしにアメリカ映画最高の名作。グレゴリーペックが善良そのものの弁護士を演じる。この時代に差別を描いて、しかも典型的なハッピーエンドじゃない作品を出したのが凄い!
全ての意味で完全無欠の完璧な
>>続きを読む

悪を呼ぶ少年(1972年製作の映画)

3.5

これ、日本のホラー漫画、映画はアザーズやヘレディタリーが確実に影響受けてるな。兎に角不気味だった。子供の頃観て怖すぎた記憶。だから再見はしたくないな。

ブラジルから来た少年(1978年製作の映画)

5.0

えええええ?これが1978年の映画?今まで見てなかった事を恥じた大傑作。
って未公開作だったのか?何故?
流石は猿の惑星、パピヨン、パットン大戦車軍団のフランクリンJシャフナー監督だ。派手な見せ場は無
>>続きを読む

特攻任侠自衛隊(1977年製作の映画)

5.0

自主映画史上最高傑作!観たのは高校一年生だった。それまでの映画の概念を全て覆された!
映画は自由なんだ。
「実録たまご運搬人警視庁殴り込み」を製作した騒動社が一年ぶりに製作した作品。ヒョンな事から自衛
>>続きを読む

グリズリー(1976年製作の映画)

1.0

ジョーズの亜流だけど本当に酷い!グリズリーは5メートルの巨大熊なのに普通の熊にしか見えない。カット割りも熊の主観も全然怖くない!
人間と熊が同時に映ったカットが無いのは致命的。世界に繋がってる海の中の
>>続きを読む

里見八犬伝(1983年製作の映画)

3.8

真田広之が美しい!そして全編人間離れした動きをしている。薬師丸ひろ子はこの時代の姫の顔してる!岡田奈々の可憐さを改めて認識。千葉真一、志保美悦子、京本政樹の殺陣がハンパじゃない!
夏木マリの肉体と演技
>>続きを読む

ファンタズム II(1988年製作の映画)

1.2

一作目よりは面白いけど、相変わらず意味が解らないのと展開が鈍い。コメディっぽい部分があるのと、ヒロインが可愛い子とエロい子ぎ居るのが良い。
飛び玉一つで5まで使い回し出来るのはお得感!骨壷の骨の名前が
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.0

日本のキングオブモンスターズでした。ホラーというより、幼児虐待、堕胎、育児放棄、ブロガーを批判した今の時代を鋭く突いた啓蒙映画でした、
前作の『乾き。』より遥かに素晴らしく、小松菜奈の演技はリアル。松
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0

楳図かずおの世界でしたね。脚本と演技と音響でずっと気味の悪い世界が続く。あの少女の顔が怖すぎる!あとポン!
ヤバい勧誘には近づくな!という教訓映画ですね。トニコレットの演技がヤバい。シックスセンスの人
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

2.9

ロバートレッドフォード版に比べたら遥かに後味マシかも。あれは胸糞悪映画ベストに入る。というようにわざわざリメイクする必要無い嫌な話。1920年代の退廃感を表して現代を比喩したのだろうけど。ディカプリオ>>続きを読む

アニマル・ハウス(1978年製作の映画)

3.5

リアルタイムで初日に高校生の時観て爆笑した。しかし、客席はガラガラ。タイトルがポルノっぽくて全く日本では受けなかった。
久々に観て、ジョンベルーシの顔芸以外は全く面白くなかった。他のキャラもギャグも全
>>続きを読む

シーナ(1984年製作の映画)

3.3

何というか、女ターザン映画と言うか、DOJIN映画と言うか珍品。原住民が槍持って踊るって今は無理だろう。タニアロバーツの魅力爆発のアイドル映画でもある。
やたらと下からタニアの尻を煽りで撮ったり、屈ま
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

5.0

いやー!凄いもん見ちまったな!ゴジラシリーズ最高傑作じゃない?子供の頃の夢が叶った。‪
生まれて初めて親に連れられて観た映画がサンダ対ガイラ、次がゴジラの息子じゃ、人格形成期に怪獣バトルを植え付けられ
>>続きを読む

えびボクサー(2002年製作の映画)

1.9

えびボクサーがどうやって動くんだろう?と、そこだけ期待してたが前足?しか動かなかった!殆ど主演のおっさんが動いてサポートしてた。イギリス映画らしい生真面目さアメリカコメディみたいなぶっ飛びさに欠けてた>>続きを読む

ザ・カンニング [IQ=0](1980年製作の映画)

3.3

劇場で観た時、隣に座ってたお兄さんが笑い過ぎて「腹いてえ」と言ってた。本当にくだらない!フランスバカ映画の金字塔。ジャンコクトーの恐るべき子供たち等のフランス学園映画がここまで馬鹿に徹してるのが凄い。>>続きを読む

チェイス!(2013年製作の映画)

3.5

これぞ本物のからくりサーカス!グレイテスト・ショーマン!インド映画の凄さに圧倒される。
少年ジャンプの漫画の実写化みたい!兎に角主演のアーミルカーンの肉体と身体能力と演じ分けが凄い!ヒロインのカトリー
>>続きを読む

続・激突!/カージャック(1974年製作の映画)

4.0

スピルバーグのデビュー作にして最高傑作かも。他の作品と違って特撮に頼って無い!純粋に演出と演技だけで勝負している。ゴールディホーンのベストかも。夫役のウィリアムアザ―トン、警官役のマイケルサックス等地>>続きを読む

>|