きょんくんさんの映画レビュー・感想・評価

きょんくん

きょんくん

20161/16〜標準は⒊5.
田んぼに囲まれた田舎住まい。
仕事の後のご褒美が映画です。

映画(629)
ドラマ(18)

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.0

ピーターラビットの知識がほぼ皆無の状態で鑑賞。

ウサギってこんなに戦闘民族だったの?

カカロットの分際でえええ

と襲いかかるベジータとか
仁義なき戦い
かと思った次第です。

でもドーナルグリー
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.5

因果応報な物語。

この家族が対峙した者は何だったのか?
過去の罪か?
本当の自分から逃げられないって事を思い知られる為の存在?

父親の罪。
プロテスタントを信仰する母親の罪。
自分の母親をまずそう
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.5

指定暴力団の映画だと思って
覚悟して(構えて)映画館に赴きましたが、
人間ドラマやった。
義理と人情、はかりにかけられん。

とてもよかった。

懐かしいにおいのするハードな昭和の刑事ドラマ。

松坂
>>続きを読む

カーゴ(2017年製作の映画)

3.5

ゾンビ化により終末の訪れたオーストラリアでの物語。

人間への脅威がメインではなく
ヒューマンストーリー。

オーストラリアの現地人(でいいのかな?)の目の美しさとか彼らの風習とかが物語の過酷さをやわ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.5

奥浩哉原作。

原作と結末等違ったけど
これはこれで十分有り!
でした。

でも原作の理想的な因果応報的結末に美学を感じる。

これ奥浩哉作品に共通してるんですが
いつも人の悪意と善意、弱者や強者、外
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

脚本と設定の妙
プラス
クリチャーのデザイン(外薗昌也先生の犬神に出てくる地球外生物とデザインが似ていたのでびっくりした。
寄生獣も似てる感ある。
映画の公開の方が先なので
この映画の影響を受けたんだ
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

やばい
むっちゃ面白かった。

いまいち覇気のない主人公がボツボツ語るモノローグもツボにくるし、
種族の個性が際立っててそれによって起こる意見の対立やトラブルの人間ドラマの描かれ方が
皮肉っぽくて
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

途中,はまれない感あったのですが

とにかく最後のティモシーシャラメに持っていかれました。

この演技はのまれた。

蛇足。
ハエ気になった。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.5

もうただただ
マイケルケインとモーガンフリーマンとアランアーキンに癒された。
3人の漫才?最高。
おじいちゃん万歳やね。

老人には敬意を!

お年寄りにしわ寄せがいく社会保障制度はいかんからちゃんと
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.6

実話

才覚があり冷静、美しく、機転がきく。
スポーツ以外でなら何処でも活躍できただろう彼女が選択したモノは。

打たれても裏切られても、折れない、へこたれない、諦めない。
決して強い女性とは言えない
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.5

実話

でもこの実話は事実を明らかにするというよりは
当時ボストンマラソンのテロにあいその渦中で多くのモノに翻弄された主人公のその心の動きをつまびらかにしていく事がメイン。

というかジェイクギレンホ
>>続きを読む

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

3.5

カールとアサドのコンビやっぱいいね。
さすがに端折り具合が気になってきたけど。
カールの抱える問題とか…
ただ役者さんのみせる演技は原作通りな感じで
それがいいんだなあ。

一作目の感想でも書いたけど
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.5

好きな小説を映像でみられる喜びを感じる本シリーズ。
安心してみられる主人公コンビ。
秘書のイメージが違ったけど
真価を発揮するのはこれからかな??

原作との違いとか省略とかも全然スルーできるのはキャ
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

最後の銃撃戦、圧巻の凄まじさ!
戦闘シーンにかける気合が
唯ならなぬ感じで圧倒です!
ヘリの滑空シーンも迫力満点!

記憶に残ったのは
タリバンの戦闘員たちは死ねば今より幸せな世界に行けると思っている
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

過去実際にアメリカであった事件の映画化。

現在の関係者にインタビューしながら過去を振り返っていくストーリー。

でもの映画はトーニャ選手が起こした事件の真実を語る事より
もっと大切なメッセージを語っ
>>続きを読む

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

2.5

冒頭の
主人公の枕元の壁に貼ってある紙の言葉

たしか

泥の中に居ても星をみる人もいる

だったかな
そんなような意味でした。

この言葉を念頭に置いてみると
この映画をもっとよくわかる気がする。
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.5

そらおそろしいリアリティ。

さすがフレンチアルプスの監督。

鑑賞者というか自分は頭を垂れるしかない…

最後の娘の視線な。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

計測器振り切った映画だった。

公開初日に観に行ったのですが
鑑賞後、途方に暮れてしまって
感想が乾燥して雲散霧消?
心は定まらず落ち着かず…
翌日もう一回見ようと思ったのですが勇気が出なかった…
>>続きを読む

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作既読組
というか原作ファン。
なので映像化の視聴は避けていたのですが
BSの放映をうっかりみてしまった。

ですが
これは先ずキャスト大勝利でした。
個性派な2人を演じた俳優さんのハマり具合!!
>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

日中に決行された銀行強盗。
人質を多数とって立てこもる犯人たち。
正直建物囲まれちゃって無理でしょと思ったけど
中々手の込んだ計画を練った犯人たちの手練に警察は事態を全く打開できずにいた…

この映画
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ポスターの煽り文句も
なんとなーくさわりだけ読むみなさんの感想も
赤信号点滅している感じだったので
凄く構えてみていたのですが
見終わってみれば御伽話的な結末の純愛ストーリーで
最後に夢オチとかあるん
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

冒頭のレースの盛り上がり最高だったからIMAX大勝利!
目が回る!

そして個人的にキャストに大盛り上がりでした!
マークライアンスに
サイモンペグに
ベンメンデルスゾーン!
爆発!私が。
マークライ
>>続きを読む

コールド マウンテン(2003年製作の映画)

3.5

155分という長尺に尻込みしていましたが
チャーリーハナムの為に一念発起。

そしてキャストが豪華過ぎて慄いた

フィリップシーモアホフマンに
ブレンダングリーンソン
キリアンマーフィー!?

いやい
>>続きを読む

トゥモロー・ワールド(2006年製作の映画)

3.9

デストピアな世界。

圧倒
圧倒されました

なんか凄いものみた気がするんですが…

これ
ゼログラビティのアルソンフォンキュアロン監督?!

あちらは非常にわかりやすい展開だったので
視覚映像に圧倒
>>続きを読む

デッドフォール 極寒地帯(2012年製作の映画)

4.0

当初抱いていたクライムサスペンス的なイメージだった。
その要素もあるけど
でも心に残ったのは
抱えきれない悲しみが覆い尽くすようなラストだった。

兄と妹のが寄り添う理由

父親との確執を抱えるオリン
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.8

これはこれはなんと言うか
演出が最高だった!

チャーチルの孤独感や焦燥感、孤立感を表現する時
彼がいる部屋以外は真っ暗にするとか
更に窮地に追い込まれている感じが出て
観ている私も心臓締め付けられる
>>続きを読む

ロスト・シティZ 失われた黄金都市(2016年製作の映画)

3.8

動画配信はじまってた!

けど予備知識全然なくて
どうやら実在の人物で
その方題材に小説が書かれ
それを映画化した作品でした。

かの大作シリーズ
インディジョーンズのモデルになったとか。

以上全て
>>続きを読む

恋人まで1%(2014年製作の映画)

3.2

マイケルBジョーダンくんをみたくて鑑賞。
(ブラックパンサーの劇場公開終了の穴が大きすぎて虚ろ。)

そんな理由だったけど
ダメダメな3人組って
ハングオーバーとか
ファッキン上司とか有名だけど
そー
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.5

少し前にみた
ストロングアイライドというドキュメンタリー思い出した。
登場する家族の転居する場所は黒人と白人の住む場所がしっかり区画分けされていた。
そうしなければ秩序が保たれる事は難しい。
この映画
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オープニングの流れが凄く好き
スクラップ集めて自前のイェガーつくるとか
ムッチャわくわくした!
スクラッパーかわいいし!

何よりやっぱジプシーデンジャーのデザインを受け継ぐ
ジプシーアベンジャー出た
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

どこで死にたいか?
ここか?
イェーガーの中か?

このペントコストの鼓舞するような問いかけでテンション上がらないわけがない。
イドリスエルバの演説最高!


KAIJUが海の中を泳ぐ
足で掻いて!
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.5

全然面白いんだけど
なぜかセルフパロディっぽく感じてしまった。
やっぱり家族に頭が上がらない感じのマッドデイモンとか
意外と小悪党っぽくてなってしまったアンディガルシアとか
大泥棒らしいヴァンサンカッ
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

-

ご縁があって鑑賞。

主演3人ありきで
とにかく彼らの
旅立ちとか
卒業とか
これから
の作品だと思いました。

4部構成ですが
見終わってまとめ方とか感心しました。

ただ純粋に映画って言われると違
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.7

有名なのに見てなかった今作をとうとうみる。
オーシャンズ8気になるので。

ブラッドピットの目が
光彩が美しい。
吸い寄せられる!
あとスーツとメガネ着用のマッドデイモンと
ドンチードルの調子のいいボ
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

主人公役のアリシアちゃんのハスキーボイスな声が癖になる映画だった。
こんなにハスキーだったんだなあ。
彼女の一挙手一投足にずっと目が釘付けだった。
この映画はビキャンテルちゃんがメインディッシュです。
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.7

ライフ3つとか
ゲームキャラクターの設定のバランスとか(文武それぞれ得意キャラがいるとか外観と性別のバラツキ加減とか)
決められた台詞しか喋らないキャラクターとか
ファミコン世代、どツボだと思うのです
>>続きを読む

>|