きょんくんさんの映画レビュー・感想・評価

きょんくん

きょんくん

20161/16〜標準は⒊5.
地方民なので映画館でみられる洋画はほぼ食いつきます!

クリスティーン(1983年製作の映画)

3.8

寝がけに始まったこの映画を結局最後まで観てしまった。

並々ならぬ面白さ
ジョンカーペンター監督って誰?
(映画初心者ですみません。)
原作がスティーブンキングだったので、調理?の仕方が気になったので
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.7

正直視聴中はぼぼ耳元で不協和音を聞いてるような感じでした。

恐ろしく抑圧された家庭。
厳格な家長制度。
弱さを許容しない父親。
口達者で逃げこいばかり得意な次男が父親の物言いと類似点が多いのもぞっと
>>続きを読む

ガーディアンズ(2017年製作の映画)

3.5

怪作??
B級映画の模範生。

掴みは悪くなかったと思います。
冒頭のキャラクター紹介シーンはジャスティスリーグっぽかったし。(って比べたら怒られるかな…)
オート機能付の殺戮マシンも攻殻機動隊っぽか
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

とにかく今回はビバラスヒューグラント!でしたね。
大活躍すぎてこっちが息切れしそうでした。
最後のミュージカルとか
サービスすぎる!

前作はちょっと受け入れ難かったのですが
今作は素直な気持ちで
>>続きを読む

カティンの森(2007年製作の映画)

5.0

昨年、夜明けの祈りという
フランスとポーランドの映画をみました。

その時買ったパンフレットに当時の状況を解説してあって
そこでカティンの森事件を知ったのでした。
一万二千もの将校達がその森で虐殺され
>>続きを読む

6日間(2017年製作の映画)

3.9

CAT SHIT ONE やマスターキートンでも取り上げらていたあの駐英イラン大使館事件が映画になっていて
かつマークストロングご出演と知ったら観ないという選択肢はない。

という事で平賀さん(マスタ
>>続きを読む

ぼくらと、ぼくらの闇(2017年製作の映画)

3.7

冒頭の鹿の暴走(多分)からの重症。
瀕死の鹿をそして踏みつけて?殺処分。
それを偶然見届けるヒロイン。

観終わってみればそのシーンが恐ろしいほどその後の展開を暗示している。

正直観ていて
痛くて痛
>>続きを読む

ベルファスト71(2014年製作の映画)

4.0

イギリスと北アイルランド問題を取り上げた作品。

主人公の新兵が治安維持のため北アイルランド、ベルファストに派遣される。
気楽な気持ちで治安維持に向かう主人公は現地に到着しはじまった
暴動の凄まじさに
>>続きを読む

ブライト(2017年製作の映画)

3.5

第9地区的な表現なのかな
と思いつつ
セレブ階級なエルフと毛嫌いされるオークをという表現があまりオブラートになってない。
エンドオブウィッチをマジックワールドに置き換えた感じ。
この世界でも人種もとい
>>続きを読む

ラザロ・エフェクト(2015年製作の映画)

2.5

死者の復活の研究をすすめるチームが遂に犬を使っての実験に成功する。
予後に問題点も見られるが概ね順調だ
そんなか出資者の許可を得ずに実験していたことが露見し、
全ての成果を強制的に没収される。
納得の
>>続きを読む

ネイバーズ2(2016年製作の映画)

3.3

アメリカの学生パーティーの実情はもちろん全然知らないけど
女子会(って言っていいのかな?)がないんだ…そのことにちょっとびっくり。

ネイバーズの続編と考えるとパンチが弱いかもですが
十分どん引きシー
>>続きを読む

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!(2017年製作の映画)

3.6

ドイツフランス映画!
に妙に合点がいく。
ハリウッド映画っぽいけどなんかぎこちなさあったから…
そーかそーか。
でも目指すはエクスペンダブルズ?消耗品軍団なのかなあ。
キャラクターの個性そこそこあった
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.9

安易な共感や感動ではなく
とても思考を揺さぶってくる映画でした。

主人公は病気の母と2人暮し、
自分のことは自分でする
学校では目立たない存在で友達もいない
仲良しは母親のみだ。
ある日母親の母親つ
>>続きを読む

オン・エッジ 19歳のカルテ(2001年製作の映画)

-

若かりしキリアンと聞いたらみないという選択肢はない。

音楽が映像を導いていく、
映画をつくっていく感じや
生きづらさを抱える人たちを描くのはジョンカーニー監督の
本作(デビュー作?いいのかな)から一
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

4.0

多分3回目
初回見たときはファスが目当て(出番少ない…)
その時イーライロスをみてザカリークイントだと思った記憶が鮮明にある
2回目はダニエルブリュールが目当てでした。(思い上がった英雄役を爽やかに演
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

3.0

何をみにいったのかよくわからない気分。
ただエンディングみながら
ラブアンドピース?みたいな気分だった。
ジャッキーと美女とライオンの面白顔と踊り。
ヨガどこにあった?
ああ美女がヨガしてたなあ。
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ネタバレしかないです。
ただの覚書。
スコアは計測不能。

初回はもやもやしました。

前作の時もグロ表情とか
なかなか受け入れがたい所があった。
でも見るたびに好きなシーンが増えてここが
そこがいい
>>続きを読む

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.5

本来のタイトルは
真実。

報道に携わる人たちは真実を追求すべきである。

だが状況証拠が揃った時点で辻褄があえば報道してしまう

辻褄どころか根も葉もない事を報道してしまう事もある。

私たちが何を
>>続きを読む

モンスタートラック(2016年製作の映画)

3.0

主人公は車が欲しいティーンで母1人子1人の生活だ
ある日バイト先の廃車工場で見たこともない生物と遭遇。
主人公が製作中の廃品で集めた車に入り込み
なんと車を動かしはじめた!
徐々に仲良くなるモンスター
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.5

実はシザーハンズも見た事無いというある意味希少な人ですが
こちらも観ていませんでした。

これは原作もあったよね。
同じ結末なの?

ともかく因果応報な物語でした。
子どもに教訓を与えるグリム童話みた
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

うわーうわーうわー
マジでおもしろかった

アドレナリンでまくりで画面に食いつきそうだった。

こんな刺激的な作品を今の私は欲していました。

やり手のロビイスト、スローンが勝てそうにない面白い案件に
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.7

これは折り紙と魔法と家族の物語

ほぼ何の知識もなく鑑賞したので
アニメというより何だかNHKの人形劇みたいだな
って思ってたのですが
エンディングで謎が明かされました。

そのつもりでもう一回みたい
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.5

拳銃で頭撃たれてもすぐ死ねないのか…
銃弾は頭蓋骨簡単に通過しない?
威力の違い?

っていう不謹慎な感想を抱きつつ

ほぼ無計画、場当たり的な行動、殺人で、理由は利己的でしかない犯人一家なんですが
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

2.8

1939年ポーランドで動物園の管理を任されている家族の実話。
奥さん役のジェシカチャスティンの色気が凄かった。
これではヒトラーお抱えの動物学者ヘック氏がおかしな気分になっても責められない。
と同情。
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ただの覚えがき

マスクオフのカイロレンが前作より更に思春期反抗期ナイフみたいに尖ってて夜の校舎窓ガラス壊してそうでよかった。
あとプロレスラー体型?
胴回り。

ポーダメロンが前作より予想外にダメロ
>>続きを読む

彼女が目覚めるその日まで(2016年製作の映画)

3.8

邦題と感動の実話という宣伝文句

避けて通るジャンルと思われたのでやめとこうかな…
と思ってました。
でもクロエちゃんだし
仕事終わりの時間にぴったり(ギリギリともいう)だったのでみてみました

主人
>>続きを読む

バイオハザード III(2007年製作の映画)

3.3

主人公アリスがサイキックに目覚めて
AKIRAっぽくなってきた。
(そーいえばAKIRAってハリウッド映画化話あったような…)

シリーズ通して非常に感じるのは
監督が主人公アリスもしくは主演のミラジ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

単純にミステリーとしてなら
やはり原作に勝るものはないんですが
豪華キャストの演技とセットを観られるという贅沢さを堪能できた映画でした。

ケネスポワロがかわいくて…
ああ…
それにルルフォさん久しぶ
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

4.0

イギリスの裁判制度は訴えられた側に立証責任がある。
これがこの裁判を難解にし
緊張感を与え
素晴らしい法廷劇たらしめているから皮肉だなあ。
何といっても実話なので。

ホロコーストはなかったとでっち上
>>続きを読む

ボヴァリー夫人(2014年製作の映画)

2.5

正直エズラ目当てだったのですが
ここまで愚直に女性が描かれるのは中々辛辣に過ぎるなあ…

ここまで堕ちてしまう事のなんと容易い事か…
自分に正直であれば破滅する人生。

最近みたノクターナルアニマルズ
>>続きを読む

バイオハザード II アポカリプス(2004年製作の映画)

3.5

なんか凄く面白いぞ!
ド派手な演出!
世紀末地味た街をゾンビがねりあるいてますw
ストーリーも前作を引き継いでますので続けて観るのオススメ。
カタルシスのある脚本だった。

そしてまた続きが気になる終
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

長文の感想
間違えて削除してしまった。
落胆

とりあえず冒頭のダイアナ活躍シーンでワンダーウーマン思い出して涙目でした。
(やっぱワンダーウーマンは最高だね。
ボックスのリレーも最高だった。
そこも
>>続きを読む

バイオハザード(2001年製作の映画)

3.5

バイオハザードゲームしらないけど楽しめた!
エイリアンっぽいスリル満載!

ラスボスクリチャーがCG過ぎて残念だけど2001年の映画でした。

ミシェルロドリゲス居るのでうれしい。
女子であんなに眉間
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.5

子役のかわいさと
クリエバとの居る時の画的なバランスの良さ。
それに尽きた。
猫ちゃんもよし。
先生もかわいかったなあ

脚本的には最後の暴露が爆弾だった。
弟が姪を救うために行使したのであればそれで
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

だらだらと長いだけの感想です。

のっけから宙吊りソーは緊張感ないし
スカージはデスとロイなんて名付けしてるし
極めつけはマッドデイモンのロキなんですけど
飲み物飲んでなくてよかった。
でも目をこすっ
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

衝撃と予想外の緻密さと細かい笑いがたのしい作品でした。

不運に見舞われ続けるローガン一家(末の妹は除く)。
人生の採算?を合わせる為にある計画を立てる長兄(チャニングテイタム)
それに賛同し協力する
>>続きを読む

>|