ゆさんの映画レビュー・感想・評価

ゆ

ホラーとゾンビ大好きマンだけど、なんでもみるよ

映画(30)
ドラマ(0)
  • 30Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

スノーホワイト 氷の王国(2016年製作の映画)

1.4

スノーホワイトなのにスノーホワイト出てこないの
なんでって思って調べたら
監督さんと主演女優さんが不倫してたから降板て、、

主人公が違うから白雪姫要素も鏡くらいでほとんどない
普通のアクションアドベ
>>続きを読む

スノーホワイト(2012年製作の映画)

1.5

いろんな白雪姫が出てきたけど
ジャンヌダルクみたいに強くて行動力のある白雪姫は初めて
アクション山ほど、ロマンスはほぼなし

あとはシャーリーズ・セロンを見るための映画
液体からぬーっと出てくるシーン
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

2.5

ちゃんと原作通りで実写化の呪いにかかってない珍しいタイプ

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

2.5

最初のラブホの話が衝撃的すぎた

人を傷つけることもあるけど
思ってることはちゃんと言わなきゃ
伝えなきゃわかんないよねってお話

(1961年製作の映画)

3.5

心地のいいカメラワークとリアルさ
まだ大丈夫って思ってても
気づかないうちにゆっくり枯れていって
どうしようもなくなっちゃうの
胸が苦しくなった
しんどいけど、好き

シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア(2014年製作の映画)

4.5

ヴァンパイアたちの共同生活を描くという
なかなか変化球の作品だけど
登場人物みんなかわいくてほんと好き
みんな見てほしい

ポランスキーの 欲望の館(1972年製作の映画)

2.2

ふしぎの国のアリスを見ているような気持ち
本当にわけのわからない世界に足を踏み入れてしまった
ラストの台詞を言わせたいがために2時間使いましたという感じ
絶対邦題よりも原題そのままの方がよかったと思う

テナント/恐怖を借りた男(1976年製作の映画)

3.3

もういないシモーヌにじわじわと浸食されていくのはぞわっとした
こっちまでめまいをおこして錯乱してしまいそう
考える暇もなく気がくるってしまいそうな感覚
すごく好き

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.5

最近、生産性のないやつは…って言ってた
女性議員さんがいたけど、そういう感じの映画

前作は家の中でひと家族の狭い世界のお話だったけど
町全体で登場人物も何人もいるぶん
感情輸入しやすくもあって
1作
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

3.3

いろんなレビュー見てると
切羽詰まってるんだから
ジェームズの方が正しいというのをよく見るけど
やっぱり人を殺してしまうのはよくないっていう
メアリーやチャーリー、ゾーイの気持ちもわかる

でも、家族
>>続きを読む

十三人の刺客(2010年製作の映画)

3.6

1963年版のはみたことがないんですが
現代版というにふさわしい出来だったと思う

敵の人数多すぎないかなって思ったのと
小弥太(伊勢谷さん)がチート級に強すぎて
若干萎えたところを除けば最高

鬼畜
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

厳しく言うと悪くはなかったけど
全体的にものすごくごちゃついてた

アベンジャーズみたいにしたかったのはわかるけど
一般的に有名なのはハーレイ・クインとジョーカーくらいで
他のキャラは序盤の数秒で軽く
>>続きを読む

ウォーム・ボディーズ(2013年製作の映画)

4.0

個人的に大好きな作品
恋に落ちるゾンビっていう設定がまず新鮮でおもしろい
細かいところご都合主義的なところもあるけれど
それ抜きにしてもこんなにほんわかしたゾンビ映画はない

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

3.3

やっと序章から勢いづいてお話がどんどん進んで
かなりおもしろくなってきたから
最後までちゃんと見なきゃってなる
ただ、迷路要素は全然ないです

前作と変わらずミンホが勇敢でかっこよかった

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

2.5

思ったほど迷路要素はないけど
まだまだ謎が多いのでかなり序章という感じ
あと、ミンホが勇敢すぎてかっこよかった

三部作だからこれ見て挫折しそうになった人も
是非2も見てからにしてほしいくらいおもしろ
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

3.3

ブラックジョークまみれの作品で
相変わらず2でもぶっ飛んでて大好きなんですが
アメリカのカルチャーや他の大ヒットした映画も
ある程度知ってる人じゃないとわからないネタが多すぎる
ネタ回収が大変

テッド(2012年製作の映画)

3.5

翻訳家さん達大変だっただろうなって思うくらいの
ブラックジョークてんこもりで最高でした
でも、正直35歳なのにあんなに大人げないジョンは
だいぶヤバめだなって思ったのは自分だけじゃないはず、、

秘密 THE TOP SECRET(2016年製作の映画)

1.3

展開も淡々…というかだらだらしてて
退屈で寝そうになった
原作は未読だけど
こっち見るなら絶対原作読んだ方がいいと思った
実写化の呪い
キャストはすごく豪華なのにすごく残念
役者さん目的で見ようとして
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

岡田君のリア充と森田君の狂気が合わさるシーンは
すごく気味が悪くてゾッとした

最後、岡田君を人質にしたあと犬をかばって事故り
意識朦朧の中「お母さーん、麦茶2つ持ってきてー」の台詞
あぁ、これが本当
>>続きを読む

ミスティック・アイズ(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

どこのレビューでも邦題が悪いって見るけれど
個人的にはこの邦題、嫌いじゃないです
邦題にアイズとある通り
説明はせずに目だけでで語るようなお話の雰囲気だなって思ったから

ただ、ベネディクト・カンバー
>>続きを読む

スーパー!(2010年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

奥さんをドラッグの密売人に寝取られたのをきっかけに
キック・アスのように自作した赤いコスチューム着て
レンチで密売人を成敗して奥さんも取り戻すってお話だから

最後、やっと奥さん取り戻したのに
2か月
>>続きを読む

第七の封印(1956年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

神様の存在を題材にした作品
「恐怖の中で心に描くものそれを人は神と呼ぶ」
という台詞を主人公は言うんだけど
まさに彼の最期の事でした
死によって無にかえる

それに、やたら知識が欲しいと言っていたけれ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

正直、いろいろ残念な作品だった
親衛隊のオコエや陛下の妹シュリちゃんが目立っていて
肝心な主人公である陛下が霞みまくってて
誰が主人公だったっけって思うほどだったし
メインの戦闘シーンもタイマンなのに
>>続きを読む

籠の中の乙女(2009年製作の映画)

3.0

「海」のことを「革張りの椅子」
「高速道路」は「強い風」と教える変ちくりんな両親
性的なシーンも出てくるけど、作業的なので色気は皆無
両親の結婚記念日をお祝いしている場面も
ごく普通にお祝いしてるだけ
>>続きを読む

(1985年製作の映画)

4.5

子供の頃、黒澤さんはただの有名な映画監督としか思ってくて
作品も興味なかったんだけど
とてつもなくすごい人だったのが今になってわかった

人間の妬み嫉みとか、嫌な部分がよく出ていたし
弓矢がばんばん飛
>>続きを読む

ミミック(1997年製作の映画)

2.5

ミミックっていうから某ドラゴンのクエストのような
箱のモンスターが出るかと思ってたけど、虫
しかも虫の中でも家に出る嫌われもののアイツ

でも、出てくるのは人間のエゴで作られた新種で
それが人を襲うよ
>>続きを読む

ゾンビーノ(2006年製作の映画)

4.5

映像の雰囲気やファッションが
50~60年代アメリカっぽくて最高なのに
ゾンビを飼うという変化球な内容もまた新鮮でおもしろかった

蝋人形の館(2005年製作の映画)

4.0

パリス・ヒルトン出てるから
どうせしょうもないやーつって思いながら見たけど
かなりおもしろいやーつ

オチとか話の流れは大体すぐわかっちゃうから
どうってことなかったけど
それ抜きにしても気持ち悪くて
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

4.0

大好きなギレルモ・デル・トロ監督で
トム・ヒドルストンさんも大好きだから見ました

ホラーだけど、出てくる幽霊さん達みんな
見た目は不気味なくせに優しいから
ホラー苦手な人もきっと大丈夫

シェイプ・
>>続きを読む

ふしぎの国のアリス(1951年製作の映画)

2.6

シュールの極み
子供の頃に見たときも、大人になった今見ても
ずーっととんちんかんですてきな作品