NSさんの映画レビュー・感想・評価

NS

NS

映画(241)
ドラマ(1)

サッドティー(2013年製作の映画)

4.2

めっちゃ面白い!この手のやつ多いかもしれないしどっかで見たことあるけど面白い。一緒に観ていろんな人と感想や考えを語りたい。「愛がなんだ」もそうだったように。中盤のアハ体験は劇場にいたらみんな笑うはず。

グレタ GRETA(2018年製作の映画)

4.2

めっちゃ怖かったし、もうやめてくれってなった。音の使い方が上手いと怖くなるなー。
話の本筋とは全く関係ないが、エレベーターで降りる時、普段ならあるはずの無い0階とか-4階とかどんどん降りてく夢を自分も
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.3

喜劇と悲劇を何たるか分かってないけど、訴えかけるものは分かった。渋谷のハロウィンとダブってしまった。騒ぎたいよねみんな。暗い映画好きじゃないけどもう一回見たいくらいにクセになった

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.0

ライアン・ゴズリングって口に出したい言葉。序盤優男だと思ってたら後半アクションシーン多くて、こんなんできるんや!ってなった。思ったより車運転しないのな。

ドリーミング村上春樹(2017年製作の映画)

3.8

久々ドキュメンタリー、デンマークで村上春樹作品の翻訳してるおばあさんの話。
おばあさんの翻訳に対する熱い思いがカッコ良い。
村上春樹は全作品読んだことはないけど結構好きくらいです。
読者の中でも村上春
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.6

発想は面白い!こういう話って神話とか物語で昔からあるのかな?あとは好みの問題だと思います。自分にはどうしてもB級感の印象を受けて、なんか萎えてしまった。性の部分はもう少し隠喩で表現して欲しい

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.7

自分の知らない世界を見れたので良かったです。家の小さいテレビよりも劇場の一番前で見る方がいい作品

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.0

真利子哲也監督、ディストラクションベイビーズで見た時に生々しいの撮るのうまいなと思ってたけど今回もそんな感じ。主演とヒロインは演技力半端じゃない。
宮本浩次の主題歌が素敵。
このタイミングで普通にピエ
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.1

原作 伊坂幸太郎らしく、異なる場面の人物たちが一つの結末に向かっていく感じを残しつつ、やり過ぎてない・くどくない感じでストーリーが進むのでこれまでにない新鮮味を感じた。(うまく言葉で表せないが)

>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

4.0

内容全然分からなかったけど、最後のシーン+桜流しですごい良いという印象で終わってしまった、、
やっぱすごいわ

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.4

ストーリーが分岐しました。中盤推せるポイントが多いけど最後はやはり悲しい

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.1

面白かったーもっとタランティーノ観たい。エンドロール飽きさせないのも良い。

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.5

終始イかれててお、おう、、って感じでした
必要以上にドラマ性を持たせないのがこの国の文化なのかもね

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.3

面白い〜〜
解説サイト見ないと分からなかった。

まずブルースウィリスに髪あるのが驚き。
日本の幽霊の話(世にも奇妙な、ほん怖)にも応用されているのかなと。
音楽が秀逸。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.3

映画館内、自分一人という巨大ネットフリックス状態で鑑賞。本当に一番最後の何気ないシーンでウルっときてしまった。これは観てよかったと思った。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.1

ドキドキで面白かったー、アメリカンヒストリーXにも過激派の白人いたな。過激派白人はサイコ感が出る。

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.0

観た人と感想を語り合うのにもってこいの映画なんじゃないか。一見強そうな人もどこか弱い部分はあるんだなと思いました。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

社会人入って初めて観た。会社のことばっか考えてるので、映画観ると全く違うこと考えれて良いな。

これまで知られてなかった問題や知るべき問題を題材として誰もが楽しめるような物語にするということで観客を啓
>>続きを読む

劇場版 テレクラキャノンボール2013(2014年製作の映画)

4.0

普通に面白い。ゲラゲラ笑ってた。
バカみたいなことに全力になれる彼らに熱いものを感じた。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.1

うーん、、
主人公の自分勝手なとこが目について
見てていらいらしてしまった…
本来すげえってなるとこよりもそっちに強く引っ張られてしまった。

七つの会議(2018年製作の映画)

4.0

tbs、日曜劇場、池井戸潤の伝統芸といったところ。映画館で観ると音響が凄い。大和田常務の声がよく響きます。
4月からメーカーで働くので観てて複雑でした。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.9

監督がヒット作連発の人なのだが、「結局月に到着した」ということは周知なのである程度ストーリーの骨組みは決まってしまうし、のっぺりした作品だった。というか何でアポロ11号の話なのか?というのが分からない>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.2

面白かった!
3人の演技が凄すぎたという印象。
チャプターのタイトルが凝っているのでそれを考えながら観てたらあっという間に終わってしまった。楽しめました。

ジュリアン(2017年製作の映画)

4.2

面白い!人間の自己承認欲求みたいなのが凄く嫌な方向に出てた。ストーカーは他人からすると異常な行動をあたかも普通のようにしてしまう。シートベルトの音とか急発進の音、ブザーの音など音が恐怖を高める。ジュリ>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.6

こういう表現もあるんだなあ、、
解説読んでると子供目線っていう言葉がしっくり来る。視点がなんか幼くて狭い感じがした。だからすごいスリルがあった。
ファンタジーは理解しにくいけど、逆にいうと完全に理解し
>>続きを読む

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

3.7

一回だけ「ライ麦畑」読んで、全然分からなかったけどこの映画観てからならちょっとわかる気がした

ムトゥ 踊るマハラジャ(1995年製作の映画)

4.1

デジタルリマスター版で鑑賞。途中のインド映画特有の踊りが長過ぎて頭が訳分からなくなった。意外とストーリー、アクションしっかり。長いけど面白い。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

洋楽は全然聞いていなかったのですが、中学生の頃親が聞いてたクイーンはよく聞いていました。懐かしくて良かったなあと。その分フレディを見ると悲しくなる

斬、(2018年製作の映画)

3.5

前作の「野火」観た時よりもインパクトがないし、分かりにくさがあった。手法や作風に慣れてしまったのか?集中して観てなかったからか。
中盤の残虐なシーンは流石やなと思いました。

>|