ししまるさんの映画レビュー・感想・評価

ししまる

ししまる

  • List view
  • Grid view

フライト・クルー(2016年製作の映画)

-

2016年ロシアの航空パニック&ディザスタームービー。火山島へ救助に向かった民間機が噴火に巻き込まれ、脱出しようとする。
まともなつくりだが、訓練生パイロットのアレクセイ・グシチン(ダニーラ・
>>続きを読む

アナコンダ2(2004年製作の映画)

3.4

アナコンダの続編。脚本ハンス・バウアー、製作は同じだが、ストーリーのつながりはなく、キャストも共通していない。
病に効く不死の蘭「ブラッド・オーキッド」を求めてボルネオ島にやってきた科学
>>続きを読む

ブラック・ウォーター(2007年製作の映画)

2.2

2008年オーストラリアのパニックスリラー。ワニが登場する前から既に不穏な雰囲気。基本的にカップルとその妹、ガイドしか登場せず、場面も限られているので低予算と思われる。同じ場面でワニと対峙する時>>続きを読む

フライト・オブ・フェニックス(2004年製作の映画)

2.6

1965年の「飛べ!フェニックス」のリメイク作品(現場設定はサハラ砂漠からゴビ砂漠に変更)。
突然閉鎖された石油採掘場の作業員らを乗せた輸送機がゴビ砂漠に不時着。救助をあきらめ、新しい飛行
>>続きを読む

バーティカル・ターゲット/大統領狙撃計画(2000年製作の映画)

2.3

2000年の米加テレビ映画。文字通り大統領暗殺を防ぐシークレットサービスのアレックス(ダリル・ハンナ)の奮闘を描くアクションスリラー。
内部の裏切り含め、ありきたりのプロット。テレビ映
>>続きを読む

アイ・スパイ(2002年製作の映画)

2.5

60年代アメリカのテレビドラマをリメイク。スパイのアレックス・スコット(オーウェン・ウィルソン)がボクシング世界チャンピオンのケリー・ロビンソン(エディ・マーフィ)と組んで、密売人から最新鋭の>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

3.2

米仏合作でリュック・ベッソン監督のスパイアクション。KGBに誘われて訓練を受けたアナがCIAの二重スパイとして働く。
KGB vs CIA、一枚上手なのは誰か。ラストは面白い。ただ、最
>>続きを読む

ラストミッション(2014年製作の映画)

3.4

リユック・ベッソンら脚本で、フランスを舞台にしたスパイアクションスリラー。国内公開時のキャッチコピーは「職業、スパイ。弱点、16歳の娘」。
余名3カ月と診断され、CIAをやめたイーサン・レ
>>続きを読む

アビゲイル クローズド・ワールド(2019年製作の映画)

1.5

謎の感染症が蔓延し、感染者はどこかへと隔離される世界を舞台に、父を探す女性を描くー。というから、ロシア発のサスペンス的な話かと思ったら全く違う不思議なSFファンタジーだった。
異世界が舞台
>>続きを読む

ラスト・カウントダウン/大統領の選択(1990年製作の映画)

4.0

低予算で地味ながらVHSで何度も鑑賞。DVD化もされず、もう見られないのかなあ。

チャッピー(2015年製作の映画)

2.5

ロボット警官隊が活躍する南アが舞台のSF。AIを搭載した新タイプのロボットがストリートギャングの手にわたったり、ロボットメーカーの一部開発者が暴走したりする。
「第9地区」 「エリジウム」で知
>>続きを読む

ゾンビ津波(2019年製作の映画)

1.6

意外と面白いかもと思ってみたが、予想通りつまらなかった。
海中から大量発生したゾンビから逃げたり、原因を探ったりするホラー。ストーリーはあってないようなもの。CGも安っぽく不自然。

リズム・セクション(2019年製作の映画)

2.1

ミステリー作家マーク・バーネルの同名小説(4部作の第1作。邦題「堕天使の報復」)が原作のスリラー映画。タイトルは「心臓がドラム、呼吸がベース」で精神をコントロールするという訓練方法に由来して>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

3.6

2015年の英国作品。ネット検索最大手企業のプログラマーが社長の依頼を受け、高度なAIとの対話テストを繰り返すSFテクノスリラー。
タイトル(原題同)はラテン語で「機械仕掛けの」という
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

2.9

米国防総省国防情報局の敏腕スナイパーヘンリー・ブローガン(ウィル・スミス)が自身のクローンに狙われるアクションスリラー。
ストーリーは単純で気軽に楽しめるし、アクションも◯。この手の作品
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.9

米FOXニュースで起きたCEO ロジャー・エイルズによるセクハラとそれに対する告白を描いたドラマ。
マーゴット・ロビー演じるケイラ・ポスピシルら一部架空の人物を除き、実名で登場。シャー
>>続きを読む

エクストリーム・ジョブ(2018年製作の映画)

2.9

韓国で大ヒットのクライムコメディ。
実績の上がらない麻薬捜査班が内定捜査のために買い上げたフライドチキンが大人気となり、捜査もままならなくなる。
プロットはとても面白いが、かなり癖のあ
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

2.6

ピーターラビット初の実写映画化作品。簡単にいえばトーマス(ドーナル・グリーソン)とウサギたちの戦争コメディ。
最後は丸くおさまるとはいえ、 ウサギたち身勝手極まりなく、生意気すぎでかわい
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

2017年公開の続編。パディントンが冤罪で刑務所に入れられる。ラストは不覚にも感涙。
第3作も来年春ごろ撮影が始まるらしい。

パディントン(2014年製作の映画)

3.8

マイケル・ボンドの児童文学作品「くまのパディントン」に基づく英仏の作品。ペルーからロンドンにやってきた子グマを巡る騒動を描く。
子供向けでご都合主義の極致だが、大人でも十分楽しめる。
>>続きを読む

その女諜報員 アレックス(2015年製作の映画)

2.9

元CIAで銀行強盗に加わったアレックス(オルガ・キュリレンコ)が陰謀に巻き込まれるクライムアクション。
原題は「Momentum」(勢い)。邦題は「諜報員」となっているがCIAにいたのは
>>続きを読む

ザ・ハッスル(2019年製作の映画)

2.5

女詐欺師の ジョセフィーヌ(アン・ハサウェイ )とペニー(レベル・ウィルソン)がタッグを組んだり、競争したりするコメディ。
ストーリーはあってないようなもの。大筋はだいたい読めるし、細か
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.9

米英合作による2016年のドラマ。交通事故で重度の障害を負った青年ウィル(サム・クラフリン)を介護することになったルー(エミリア・クラーク)を描く。
富豪の障害者を介護するという点は「最
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

2.9

1997年のカナダホラー。立方体の箱が積まれた迷宮から互いに見ず知らずの男女6人が脱出を試みる。
低予算ながら90年代後半の話題作。改めて鑑賞すると、真面目にキューブの謎を考えようとすると
>>続きを読む

インターセクション(2013年製作の映画)

3.8

リュック・ベッソン製作のサバイバルサスペンス。モロッコの砂漠で多重事故が発生、新婚旅行中の夫婦らが生き残りをかけて駆け引きを展開する。
原題「intersections」は交差点の意。生き
>>続きを読む

アウトランダー(2008年製作の映画)

2.8

宇宙船が時空を超えて8世紀のノルウェーに墜落、潜んでいた地球外モンスター「モアウェン」が人間を襲撃するSF歴史スペクタクル。
壮大な物語で迫力もあるが、なぜか地味で、2時間は長い。モ
>>続きを読む

レッド・ライト(2012年製作の映画)

2.6

物理学者が超能力者のペテンを暴こうとするスリラー。
マシスン(シガニー・ウィーバー)が退場するあたりまでは面白かったのに、つまらない方向へ進む。ラストはまさかの展開でかつ情緒的。シル
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

3.5

2013年メキシコ映画をフランス製作でリメイク。原題は「Demain Tout Commence(明日は新しい一日)」。
南仏で働いていたサミュエルのもとに、前年夏、一夜をともにしたク
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.4

60年代の人気スパイテレビドラマ「 0011ナポレオン・ソロ」をリメイクした英米合作のアクション。冷戦下、CIAとKGBのトップスパイが反発し合いながら、協力して犯罪組織を追う。
>>続きを読む

パーフェクト ストーム(2000年製作の映画)

2.5

1991年秋、大嵐で行方不明になったアンドレア・ゲイル号の乗組員や家族らを描いたノンフィクション小説を映画化。
最悪の大嵐はよく再現され迫力ある。ただストーリーが冗長で集中力を欠く
>>続きを読む

ロックアウト(2012年製作の映画)

2.3

リュック・ベッソンら製作のフランスSFバイオレンス。宇宙空間に建設された重犯罪刑務所で暴動が発生、居合わせた大統領令嬢を救おうとする話だが、 設定、展開がやや陳腐。
 ガイ・ピアース演じるス
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

3.9

大晦日のニューヨークを舞台にしたロマンティックコメディ。名優ロバート・デ・ニーロをはじめ超豪華キャスト(クレジットの最初はハル・ベリー)が共演している。
8つのミニストーリーがあり、そ
>>続きを読む

コード211(2018年製作の映画)

1.4

つまらない、といえば簡単だが、あえて考察。
銀行強盗との銃撃戦、関連する人物の家族たちを描くクライムアクションで、犯人グループのスナイパーとしてニコラス・ケイジの実息も登場する。
>>続きを読む

トランセンデンス(2014年製作の映画)

2.6

自我を持つ人工知能を巡るテクノスリラーで、中盤からナノテクによる不死身人間とか登場。今後100年、200年では到底実現不能なため、明らかなSFへと話が転がっていく。
プロットは部分
>>続きを読む

タイムリミット 見知らぬ影(2018年製作の映画)

2.5

不動産会社幹部のカールとその子供二人が乗った車に爆弾が仕掛けられ、電話で多額の金を要求されるドイツ発サスペンス。
犯人は誰なのか、爆弾は本当にあるのか、逃げられるのか、ハラハラドキドキ
>>続きを読む

デッドマン・ダウン(2013年製作の映画)

3.3

NYボスギャングの右腕ヴィクター(コリン・ファレル)がある日、向かいに住むベアトリス(ノオミ・ラパス)から殺人を強要されるクライムスリラー。
警察は登場せず、面白い展開だが、さほど人気
>>続きを読む

>|