sonozyさんの映画レビュー・感想・評価

sonozy

sonozy

日々みなさんの投稿で新たな映画と出会い、見たい作品が増え続けてます。
忘れやすい自分用記録として、レビューというよりストーリー概略やネタバレが多めかもしれません。
スコアは高め傾向です。3.0未満のものはほぼ記録しません。
映画館で観ると作品の良し悪し関係なくどうしても寝落ちしがちなため(最近特に..)、新作は諦め気味です。笑;

映画(772)
ドラマ(0)

ショコラ(1988年製作の映画)

4.0

1988年 仏/西独/カメルーン 女性監督クレール・ドゥニのデビュー作
カンヌ国際映画祭 コンペティション部門ノミネート
National Board of Review: Top Foreign
>>続きを読む

おねえちゃん(2017年製作の映画)

3.4

2017年 米 台湾系アメリカ人女性Feng-I Fiona Roan監督。約15分。

ロサンゼルスに移住してきたばかりの中国人家族(主人公の少女フェンと妹アン、母)。
どうやら父は別の場所に暮らし
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

4.5

1972年 ソ連 アンドレイ・タルコフスキー監督。
カンヌ国際映画祭: 審査員特別グランプリ、FIPRESCI Prize

冒頭は水草がそよぐ湖の水の美しい映像。バッハの音楽。

海と雲に覆われた惑
>>続きを読む

自由(2000年製作の映画)

3.9

リトアニアのシャルナス・バルタス(Šarūnas Bartas)監督作もう1本。
こちらも某Tubeにて。
ヴェネチア国際映画祭 CinemAvvenire Award 受賞。

密輸に向かう舟が、国
>>続きを読む

三日間(1992年製作の映画)

3.9

1991年 リトアニアのシャルナス・バルタス(Šarūnas Bartas)監督作。
こちらのシネフィルの方々の情報で知り、某Tubeにあったのを見てみました。
『パリ、18区、夜(クレール・ドニ)
>>続きを読む

処刑の丘(1976年製作の映画)

4.0

1976年 ソ連 モノクロ
ラリーサ・シェピチコ監督(『炎628』のエレム・クリモフ監督の奥さん)
ベルリン国際映画祭 金熊賞

1942年冬。第二次世界大戦下、ナチス・ドイツ軍に占領されたベラルーシ
>>続きを読む

立ち去った女(2016年製作の映画)

4.0

2016年 フィリピン
“怪物的映画作家"と称されるフィリピンの鬼才ラヴ・ディアス脚本/監督。
ベネチア国際映画祭 金獅子賞(最高賞)

この監督にとっては短いらしいですが、3時間48分!
分断し
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.0

1997年 独 トーマス・ヤーン監督/脚本
ティル・シュヴァイガーが製作/共同脚本/主演
モスクワ国際映画祭 最優秀主演男優賞(ティル・シュヴァイガー)他
タイトル「Knockin' on Heav
>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

4.0

1964年 英/米 スタンリー・キューブリック監督作

英国アカデミー賞: 作品賞(総合/国内)、美術賞モノクロ部門、国連賞
ニューヨーク映画批評家協会賞: 監督賞
AFIアメリカ映画100年シリ
>>続きを読む

Guava Island(2019年製作の映画)

4.0

あの「This Is America」のChildish Gambino(Donald Glover)とHiro Murai監督コンビ。
現在開催中のCoachella 2019のパフォーマンス終了後
>>続きを読む

1900年(1976年製作の映画)

4.5

原題: NOVECENTO(=20世紀 / 1900年代)
ベルナルド・ベルトルッチ監督による5時間16分に及ぶ叙事詩的作品。
脚本はベルトリッチと弟ジュゼッペ、フランコ・アルカッリの3人で2年以上を
>>続きを読む

インヒアレント・ヴァイス(2014年製作の映画)

4.0

2014年 ポール・トーマス・アンダーソン脚本/監督
原題「Inherent Vice」は「内在する欠陥/避けられない危険」という海上保険用語だそうで、70年代のアメリカ社会に内在する影/毒/危険を
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.0

1991年 ジム・ジャームッシュ監督
原題: Night on Earth
インディペンデント・スピリット賞 撮影賞(フレデリック・エルムス)

世界の5つの都市のとある日の同時間(夜〜夜明け)。タ
>>続きを読む

落穂拾い(2000年製作の映画)

3.7

ミレーの名画「落穂拾い」を起点に、様々な"拾う人々"を、ヴァルダ独自の現代批判とユーモアで捉えたドキュメンタリー。

ヴァルダが日本を旅行した時の思い出の品々を広げた中のレンブラントの自画像のポストカ
>>続きを読む

汽車はふたたび故郷へ(2010年製作の映画)

2.5

原題: Chantrapas = フランス語から生まれたロシア語で「役立たず/除外された人」の意味だそう。
グルジア出身のオタール・イオセリアーニ監督。
彼の作品が旧ソ連下で公開禁止となりフランスへ移
>>続きを読む

天使が見た夢(1997年製作の映画)

3.8

1997年 仏 エリック・ゾンカ脚本/監督
原題: La vie rêvée des anges / The Dreamlife of Angels
カンヌで主演の二人が女優賞をW受賞 他

ここにあ
>>続きを読む

パリの恋人(1957年製作の映画)

5.0

1957年 スタンリー・ドーネン監督
原題: Funny Face
※1927年にヒットしたミュージカル『Funny Face』の楽曲を主に使っている。
1957 NBR(米国映画批評会議賞)Top
>>続きを読む

パリ、18区、夜。(1994年製作の映画)

4.0

1994年 仏 クレール・ドゥニ監督
原題: J'ai pas sommeil(I can't sleep)

タバコ片手にオンボロ車を走らせパリに向かう、クールビューティな女ダイガ(エカテリーナ・
>>続きを読む

ロバと王女(1970年製作の映画)

3.9

1970年 仏 ジャック・ドゥミ監督
原題: Peau d'Âne(ロバの皮)
原作はシャルル・ペロー作の童話『ロバの皮』
フランス国内でドゥミ最大のヒットとなった作品のようです。
ミシェル・ルグ
>>続きを読む

C'est du caviar(原題)(2015年製作の映画)

3.4

C'est du caviar(それはキャビア)
2015年 仏 サラ・ルルーシュ(クロード・ルルーシュの娘さん!)
短編 23:05

ある日、シャーリーがレオと同棲しているアパートに帰ると、レオと
>>続きを読む

桜と靴ひもと彼女の告白(2013年製作の映画)

3.2

2013年 西/米 10:40のショートムービー

春のニューヨーク、満開の八重桜咲く河川敷を歩くジョージとレベッカ。
レベッカは花粉症なのかクシャミ連発。ジョージは片方の靴紐ほどけたまま。

よそよ
>>続きを読む

ジャック・ドゥミの少年期(1991年製作の映画)

4.0

1991年 仏 監督・脚本: アニエス・ヴァルダ、原作: ジャック・ドゥミ
原題: Jacquot de Nantes(ナントのジャック)
「わたしは残しておきたい。輝くばかりのジャックの少年期と夢見
>>続きを読む

初恋のきた道(1999年製作の映画)

4.5

1999年 中国 張芸謀(チャン・イーモウ)監督
原題:我的父親母親(私の父と母)/英題: The Road Home(家路)
原作は鮑十(パオ・シー)の同名小説。
ベルリン国際映画祭 銀熊賞(審
>>続きを読む

ロミーとミッシェルの場合(1997年製作の映画)

3.9

原題: Romy and Michele's High School Reunion(ロミーとミッシェルの高校同窓会)

ロスのベニスビーチ沿いのアパートで一緒に暮らすロミーとミッシェルは部屋で大好き
>>続きを読む

運動靴と赤い金魚(1997年製作の映画)

4.0

原題: بچههای آسمان(←ペルシア語をコピペ = Children of Heaven)
1997年 イラン マジッド・マジディ脚本/監督
モントリオール世界映画祭でグランプリ他
イラン映画
>>続きを読む

パリはわれらのもの(1961年製作の映画)

3.7

1961年 仏 ジャック・リヴェットの長篇デビュー作。
2時間21分と長めです。

不穏な音楽と共に「パリは誰のものでもない」(シャルル・ペギー)という引用から始まる。
1957年6月のパリ。アパルト
>>続きを読む

地上より永遠に(1953年製作の映画)

3.5

1953年 フレッド・ジンネマン監督
原作はジェームズ・ジョーンズの同名のベストセラー小説
アカデミー賞で8部門受賞(作品賞、監督賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞、撮影賞、録音賞、編集賞)
原題「F
>>続きを読む

雨のしのび逢い(1960年製作の映画)

3.5

1960年 仏 ピーター・ブルック監督
原題: Moderato cantabile(音楽用語: 普通の速さで歌うように)
マルグリット・デュラスの同名小説が原作で、デュラス本人が脚本を(共同)担
>>続きを読む

マルセイユ(2004年製作の映画)

3.9

2004年 仏/独 アンゲラ・シャーネレク脚本/監督
ドイツ映画批評家賞脚本賞
"シャーネレクの出世作であり、ミニマルで研ぎ澄まされた彼女独自の映画美学を決定づけた作品"とのこと。

「部屋交換し
>>続きを読む

バウンティフルへの旅(1985年製作の映画)

3.0

1985年 ピーター・マスターソン監督
ホートン・フート脚本の1953年の同名のテレビドラマをフート自らの脚色で映画化。
アカデミー賞: 主演女優賞
インディペンデント・スピリット賞: 脚本賞、主演
>>続きを読む

キューバのみなさん、こんにちは(1971年製作の映画)

3.5

1963年 仏/キューバ モノクロ 30分
監督・撮影: アニエス・ヴァルダ

ヴァルダが1962年にキューバを訪れた際に撮影したモノクロのスチル写真1,500枚を編集したドキュメンタリー・フォト・エ
>>続きを読む

25年目のロシュフォールの恋人(1992年製作の映画)

4.0

1992年 仏 アニエス・ヴァルダ

アニエス・ヴァルダの夫ジャック・ドゥミの名作『ロシュフォールの恋人たち』から25年。
ロシュフォールの街で、カトリーヌ・ドヌーヴ、ミシェル・ルグラン、ベルナール・
>>続きを読む

キングス・オブ・サマー(2013年製作の映画)

3.4

2013年 米 ジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督
フェニックス映画批評家協会 Overlooked Film of the Year(知られざる名作 オブ・ザ・イヤー)他

ジョー(ニック・ロビン
>>続きを読む

昼下がり(2007年製作の映画)

3.8

2007年 独 アンゲラ・シャーネレク脚本/監督
英題: Afternoon
チェーホフの『かもめ』の登場人物になぞらえたある家族の物語とのこと。
『かもめ』読んでない&英語字幕というハードルにチャ
>>続きを読む

月曜日に乾杯!(2002年製作の映画)

4.0

2002年 仏/伊 オタール・イオセリアーニ脚本/監督
英題: Monday Morning
ベルリン国際映画祭 銀熊賞(監督賞)&国際批評家連盟賞 ダブル受賞

有毒ガスや廃液を出している化学工場で
>>続きを読む

頭山(2002年製作の映画)

4.0

2002年 山村浩二監督作。
シュールな落語の演目「頭山」を10分間の短編アニメーションで描き、アヌシー国際アニメーションで日本人初のグランプリ 他多数の受賞。

ある日、男の頭のてっぺんに芽が生えて
>>続きを読む

>|