sonozyさんの映画レビュー・感想・評価

sonozy

sonozy

ここで気になった映画を配信やレンタルで探して、日々新たな映画と出会えるのが幸せ。(ホラー、バイオレンス系はやや苦手)
記憶力弱めの自分用記録として、ストーリー概略やネタバレが多めかも。
スコアは高め傾向です。3.0未満のものはほぼ記録しません。
最近は移動中もiPhoneやタブレットでNetflixやAmazonビデオをダウンロードして見たり...見たい映画が多すぎる!笑

映画(504)
ドラマ(0)

ホーホケキョ となりの山田くん(1999年製作の映画)

4.0

文春オンラインの「なぜ高畑勲さんともう映画を作りたくなかったか/鈴木敏夫が語る高畑勲」を見て。初見です。
http://bunshun.jp/articles/-/8406?page=2

1991年
>>続きを読む

エボリューション(2001年製作の映画)

3.8

この三つ目スマイルは以前から気になってましたが、初見です。
アイヴァン・ライトマン監督のSFコメディ。『ゴーストバスターズ』の監督と知って納得。

アリゾナの砂漠に隕石が落下。
その場に居合わせていた
>>続きを読む

激怒(1936年製作の映画)

4.0

1936年 フリッツ・ラング監督の渡米第一作目とのこと。
ユダヤ人であるラングはナチスから亡命で1934年にフランス→米国へと渡ったそうです。

貧乏で結婚を先送りにしていたジョー(スペンサー・トレイ
>>続きを読む

ジャニス リトル・ガール・ブルー(2015年製作の映画)

3.8

1943年、テキサス生まれ。中高時代まで容姿についてイジメられ、大学は音楽のためにドロップアウト。

1966年ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー参加し、1967年のモントレー・
>>続きを読む

タイニー・ファニチャー(2010年製作の映画)

3.8

2010年 レナ・ダナム脚本・監督・主演。
SXSW Film Festivalで長編作品賞、女性監督賞を受賞し注目を浴びた作品がGucchi's Free Schoolさんにより日本公開に。

大学
>>続きを読む

世紀の光(2006年製作の映画)

4.0

2006年、アピチャッポン・ウィーラセタクン脚本/監督作。
監督作の鑑賞は『ブンミおじさんの森(2010)』に次ぐ2作目です。

タイ国内では、検閲委員会により6箇所を削除しなければ上映不可となり、抵
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.2

うーん。。ちょっと期待外れでした。
メンバー集め、犯行計画、実施までほぼスムーズな展開で、スリリング感がいまひとつで。

大好きなケイト・ブランシェットはカッコよかったですけどね。
『ザ・レイト・レイ
>>続きを読む

聖杯たちの騎士(2015年製作の映画)

3.9

寡作なうえに公の場に姿を見せないという名匠テレンス・マリックによる『ツリー・オブ・ライフ(2011)』『トゥ・ザ・ワンダー(2012)』に次ぐ自伝的な作品のようです。

原題: Knight of C
>>続きを読む

地球は女で回ってる(1997年製作の映画)

4.0

1997年、ウディ・アレン監督・脚本・主演
原題はDeconstructing Harry(解体されるハリー)

ニューヨークに住む作家のハリー(ウディ・アレン)の現在と過去、彼の書く小説のストーリー
>>続きを読む

赤い靴(1948年製作の映画)

4.0

1949年 アカデミー賞:美術監督賞、ドラマ/コメディ音楽賞、ゴールデングローブ賞:音楽賞 他

レルモントフ・バレエ団のオーナー兼プロデューサーの冷血な男 ボリス・レルモントフ、有能な青年作曲家ジ
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

4.0

1996年、ウディ・アレンのミュージカル・コメディ。
原題"Everyone Says I Love You"は、マルクス兄弟の1932年の映画『御冗談でショ』中に使用されている楽曲名。この作品の中で
>>続きを読む

マニフェスト(原題)(2015年製作の映画)

3.6

ドイツの現代美術家で映像作家のJulian Rosefeldt(ユリアン・ローゼフェルト)のインスタレーション作品のムービー版です。
http://www.imageforumfestival.com
>>続きを読む

エヴァの匂い(1962年製作の映画)

3.2

これぞファム・ファタール(男を破滅させる魔性の女)!なエヴァ(ジャンヌ・モロー様)の男のあしらいっぷり、撮影監督ジャンニ・ディ・ヴェナンツォによるモノクロ映像とビリー・ホリデイ♪

カッコいい作品なん
>>続きを読む

グレイ・ガーデンズ 追憶の館(2009年製作の映画)

3.5

先日ネットで探して見た1975年の『グレイ・ガーデンズ/Grey Gardens』を元に制作された2009年のTV向け映画。

リトル・イディ役のドリュー・バリモア、ビッグ・イディ役のジェシカ・ラング
>>続きを読む

サンセットドライブ(2014年製作の映画)

4.0

2014年、樋本淳(ひもとじゅん)監督の初の長編作。
http://kamawood.com/sunsetdrive/
モノクロ(一部カラー)/93分
思わぬ掘り出し物でした。

舞台は、湘南/材木座
>>続きを読む

テイク8(2015年製作の映画)

3.8

100館以上で上映となった『カメラを止めるな!』大ヒット中の上田慎一郎監督/脚本/編集の2015年の短編。19分。

【想定外の公私混同!ウェディング・ワンシチュエーション・コメディ!】

自主映画監
>>続きを読む

真夏の夜のジャズ(1959年製作の映画)

3.8

YouTubeでFUJI ROCKライブ中継中ですが、ふとこの作品を思い出し、大昔の録画で。

1954年に始まった、アメリカ・ロードアイランド州ニューポートで毎年8月に開かれるニューポート・ジャズ・
>>続きを読む

グレイ・ガーデンズ(1975年製作の映画)

3.8

ドキュメンタリー映画の潮流「ダイレクト・シネマ」の代表的映画監督という、メイズルス兄弟による1975年のカルトな作品とのこと。
明日、渋谷TOEIで続編の『グレイ・ガーデンズ ふたりのイディ』と共に1
>>続きを読む

フランケンシュタイン(1931年製作の映画)

4.0

そういえば、フランケンシュタイン、ちゃんと見たことないなと。

フランケンシュタイン男爵家の嫡男である若き科学者ヘンリー・フランケンシュタイン(コリン・クライヴ)には、エリザベスという婚約者がいるが、
>>続きを読む

夏時間の庭(2008年製作の映画)

3.5

この季節らしいタイトルに惹かれて。
2008年、オルセー美術館開館20周年を記念し、オリヴィエ・アサイヤス監督がオルセー美術館所蔵の美術品と家族をテーマとしたオリジナル脚本を執筆し製作されたものとのこ
>>続きを読む

終電車(1980年製作の映画)

4.0

1980年、トリュフォー監督 晩年の作品。
セザール賞主要十部門!を受賞したトリュフォー最大のヒット作だったんですね。知らなかった。

トリュフォーがかつて(1969年〜)2年ほど同棲していたカトリー
>>続きを読む

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.8

ベルリン国際映画祭で新人監督賞とジェネレーションKplus部門グランプリ(青少年・子供映画の最高賞)。
スペイン国内ではゴヤ賞(スペインのアカデミー賞)新人賞を獲得。

舞台は自然豊かなスペイン・カタ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

連日完売・満席、大爆笑&大拍手、大ヒット拡大上映中という当作、渋谷ユーロスペースで観てきました。

監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。
上田慎一郎監督待望の
>>続きを読む

西瓜(2005年製作の映画)

3.5

台湾の蔡明亮(ツァイ・ミンリャン)作品、初鑑賞。
2005年ベルリン国際映画祭で、銀熊賞(芸術貢献賞)とアルフレード・バウアー賞(新たな視点賞)を受賞。

記録的な暑さで水不足となり、ほぼ断水状態の台
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

渋谷直角の漫画の大根仁による実写映画化。
以前からこの長いタイトルが気になっていました。笑
"奥田民生になりたい"ってのは男として良く分かりますし。

主人公コーロキ(妻夫木聡)は中学時代から奥田民生
>>続きを読む

飾窓の女(1944年製作の映画)

4.5

1944年、フリッツ・ラング監督作。フィルム・ノワールの代表作品の一つ。

大学の犯罪学の准教授リチャードは自身は仕事のため、妻と2人の子供を休暇の旅行に送り出し、友人のフランク(地方検察庁検事)やマ
>>続きを読む

スリ(掏摸)(1960年製作の映画)

4.0

1959年、ロベール・ブレッソン脚本・監督作。
撮影は『抵抗(レジスタンス)死刑囚の手記より』のレオンス・アンリ・ビュレル。
ドストエフスキーの『罪と罰』にインスパイアされた作品と言われていますが、『
>>続きを読む

ロープ(1948年製作の映画)

4.0

1948年、ヒッチコック監督作。
実際に起きた殺人事件を題材にしたパトリック・ハミルトンの戯曲“Rope's end”の映画化。

ヒッチコック初のカラー作品で、全編を長回しワンショットでリアルタイム
>>続きを読む

スコルピオンの恋まじない(2001年製作の映画)

4.5

2001年、ウディ・アレン監督・脚本・主演。
原題: THE CURSE OF THE JADE SCORPION(ヒスイのさそりのおまじない/呪い)

1940年の損害保険会社が舞台。
腕利きのベテ
>>続きを読む

クレアのカメラ(2017年製作の映画)

3.8

ホン・サンス監督作の4作連続公開の最後となる作品。
(『それから』『夜の浜辺でひとり』『正しい日 間違えた日』『クレアのカメラ』)

2016年の『第69回カンヌ国際映画祭』開催時に、監督が愛するキム
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

4.0

1985年、ジョン・ヒューズ脚本/監督作。

イリノイ州・シャーマーハイスクール
土曜の早朝、1日補習授業に集められた、それぞれ何かやらかした5人の高校生。
親の車で送ってもらう4人と、徒歩で来る1人
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

4.0

1961年、ジャン=リュック・ゴダールがアンナ・カリーナと結婚後第一作&カラー作品第一作。
ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員特別賞)と主演女優賞(アンナ・カリーナ)を受賞。

書店勤めのエミール(ジ
>>続きを読む

藍色夏恋(2002年製作の映画)

4.0

2002年、イー・ツーイェン脚本・監督作。
原題:藍色大門/Blue Gate Crossing

夏の台北。
17歳の女子高生モン(グイ・ルンメイ)と親友のリン(リャン・シューホイ)。
体育の授業を
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

4.0

青山シアター・オンライン試写会にて。

1997年ライ・クーダーのプロデュースによる、キューバの往年の高齢ミュージシャンを再結集して完成したアルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」はグラミー賞を受
>>続きを読む

カビリアの夜(1957年製作の映画)

4.5

『道』同様、フェデリコ・フェリーニ、トゥリオ・ピネリ、エンニオ・フライアーノの脚本、フェリーニ監督作。
アカデミー外国語映画賞、カンヌ主演女優賞他。

カビリア(ジュリエッタ・マシーナ)は仲間と毎晩ス
>>続きを読む

女と男のいる舗道(1962年製作の映画)

4.5

久々のゴダール。
原題:Vivre sa vie / My Life to Live(自分の人生を生きる)
1962年ヴェネツィア国際映画祭でパジネッティ賞と審査員特別賞を受賞。

12景からなる映画
>>続きを読む

>|