sonozyさんの映画レビュー・感想・評価

sonozy

sonozy

ここで気になった映画を配信やレンタルで探して、日々新たな映画と出会えるのが幸せ。(ホラー、バイオレンス系はやや苦手)
記憶力弱めの自分用記録として、ストーリー概略やネタバレが多めかも。
スコアは高め傾向です。3.0未満のものはほぼ記録しません。
最近は移動中もiPhoneやタブレットでNetflixやAmazonビデオをダウンロードして見たり...見たい映画が多すぎる!笑

映画(449)
ドラマ(0)

3人のアンヌ(2012年製作の映画)

4.0

2012年、ホン・サンス脚本/監督。
英題: In Another Country

イザベル・ユペールが、3人のフランス人女性アンヌを1人3役で演じた、海辺の街・茅項(モハン)を舞台にしたお話。
>>続きを読む

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

4.0

原題:BLANKA
日本人初となるベネチア国際映画祭の新人監督育成プロジェクト「ビエンナーレ・カレッジ・シネマ」の出資で製作された、長谷井宏紀(Kohki Hasei)監督の長編デビュー作。2017年
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.0

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の脚本/監督/主演のジョン・キャメロン・ミッチェル作。

エル・ファニング演じる謎の惑星からやって来た美少女ザン(エル・ファニング)と、イギリス郊外で2人のアホ
>>続きを読む

ヤンヤン 夏の想い出(2000年製作の映画)

4.0

2000年公開のエドワード・ヤン(楊徳昌)監督の遺作。173分と長めです。

祖母・両親・姉と台北のマンションで暮らす8歳の少年ヤンヤン。
ヤンヤンは女子にいじめられつつ、いたずらして先生から怒られた
>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

4.0

『万引き家族』の是枝裕和監督と音楽を担当した細野晴臣氏のインタビュー記事を見て
http://www.honeyee.com/art-culture/001339
細野晴臣さんが手がけた『銀河鉄道の夜
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

『(500)日のサマー』のマーク・ウェブ監督作。
"gifted"=天賦の才能の持ち主の意味。
キャッチコピー: いちばん大切なのは、<愛する>才能。

ボート修理で生計を立てている独り身のフランク(
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.0

原題『Demolition(破壊)』
2015年『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督作。

妻ジュリア(ヘザー・リンド)の父親フィル(クリス・クーパー)が経営する投資銀行にコネで入
>>続きを読む

ゴーストワールド(2001年製作の映画)

4.5

2001年、ダニエル・クロウズのコミック『ゴーストワールド』の映画化作品。
https://www.amazon.co.jp/dp/4903090272

ロサンゼルス郊外の退屈な町で高校生活を終えよ
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.0

2015年、是枝裕和 脚本/監督/編集。
フジでやっていたので久々に見ました。

「文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」「2013年マンガ大賞」など受賞した吉田秋生のコミック『海街diary』は見て
>>続きを読む

ストックホルムでワルツを(2013年製作の映画)

3.5

モダンジャズ全盛期の1961年に、スターとなったスウェーデンが生んだジャズシンガー、モニカ・ゼタールンド/Monica Zetterlundの波乱に富む数年間に焦点を当てた実話がベースの2013年作品>>続きを読む

生きのびるために(2017年製作の映画)

4.5

タリバン政権下のアフガニスタン・カブールに生きる11歳の少女パヴァーナとその家族の人生を描いた、原題『The Breadwinner(=稼ぎ手)』がNetflixで公開されました。

アイルランドのア
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

カンヌ映画祭の審査員長ケイト・ブランシェットが授賞式の冒頭で語った「invisible people/インビジブル・ピープル」=普段私たちが生活していると、見えないか、見ないふりをするような人々を捉え>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

高評価で気になってましたが、やっとDVDレンタルで鑑賞。

24歳の経理課のOLヨシカ(松岡茉優)は、中学時代から10年間片想いのイチ(北村匠海)の体操着姿を脳内に召喚する日々。

サスペンダー着用の
>>続きを読む

スターダスト・メモリー(1980年製作の映画)

4.5

1980年、ウディ・アレン監督・脚本・主演のモノクロ映画。
ウディ・アレン版「8 1/2(フェデリコ・フェリーニ)」かな?

ウディ・アレンが売れっ子の映画監督サンディの役を演じ、評論家、偽知識人、フ
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.5

『フランシス・ハ』の主役/共同脚本、『犬ヶ島』の金髪アフロの交換留学生トレイシーの声などが印象に残るグレタ・ガーウィグの脚本/監督作。

『ブルックリン』のシアーシャ・ローナンが、カリフォルニア州サク
>>続きを読む

リトルショップ・オブ・ホラーズ(1986年製作の映画)

4.0

"B級映画の帝王"と呼ばれたらしいロジャー・コールマン監督による1960年のB級ホラー映画(https://youtu.be/5m0tivu8u-A)が、1982年にミュージカル化され、そのヒットによ>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.5

ウェス・アンダーソン脚本/監督の『 ファンタスティック Mr.FOX』に続くストップモーション・アニメ。
撮影期間合計日数445日、総勢670人のスタッフが稼働したという手間かかりまくりの作品。

>>続きを読む

砂丘(1970年製作の映画)

3.8

1970年、ミケランジェロ・アントニオーニによるアメリカ映画。
原題: ZABRISKIE POINT(ザブリスキー・ポイント/映画の舞台の一部であるデスヴァレーにある丘陵の名称)

60年代後半の陽
>>続きを読む

ファニーとアレクサンデル(1982年製作の映画)

5.0

1982年、イングマール・ベルイマン監督の実質最後の作品。
アカデミー賞で外国語映画賞、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞を受賞。

5時間11分!という超大作。
なので、何回かに分けて見ました。(日本で
>>続きを読む

イカリエ-XB1(1963年製作の映画)

4.5

「2001年宇宙の旅」「スター・トレック」--すべてはここから始まった。1963年チェコスロヴァキアで生まれた奇蹟のSF映画!
という事で見てきました。(新宿シネマカリテ)

22世紀後半(2163年
>>続きを読む

夏の遊び(1951年製作の映画)

3.9

1951年、イングマール・ベルイマン原案/脚本/監督。
ベルイマンが小学生の時に書いたという小説「マリー」を自ら脚色したという作品。

主人公のマリーはバレリーナ歴20年のプリマで、新聞記者ダヴィッド
>>続きを読む

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

4.0

1964年、加賀まりこ主演のモノクロ映画。中平康監督。
まずこのタイトルとビジュアル、何となくヌーベルバーグなテイストでいいですね。

ヨコハマに実在したという伝説の「ユカ」の物語をファンタジックに描
>>続きを読む

抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-(1956年製作の映画)

5.0

1956年、名匠ロベール・ブレッソン脚本/監督。
カンヌ国際映画祭 監督賞とベスト・セレクションを受賞。

原題は映画冒頭にも出てくる「死刑囚は逃げた。(あるいは、風は己の望む所に吹く)」
※( )内
>>続きを読む

ガスパール/君と過ごした季節(とき)(1990年製作の映画)

4.0

原題:GASPARD ET ROBINSON(ガスパールとロバンソン)

海辺に“姥捨て”されてしまったおばあちゃん。
そのおばあちゃんと暮らすことになる失業中の2人の男ロバンソンとガスパール。
幼い
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.0

アメリカ人女性初、史上2人目のトリプルアクセル成功者のトーニャ・ハーディングのライバル、ナンシー・ケリガン襲撃事件疑惑がテーマ。

トーニャ、母、元夫のインタビュー的なカットと、ストーリーを交互に見せ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

5.0

iPhoneで撮った『タンジェリン(2015)』の鮮烈な印象も新しい、ショーン・ベイカー脚本/監督作。

フロリダ・ディズニー・ワールドのすぐ外側にある「Magic Castle」という安モーテルに暮
>>続きを読む

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

4.5

以前観た作品ですが、改めて。
韓国の古時里という小さな村に暮らす一組の老夫婦に密着した感動のドキュメンタリー。

チン・モヨン監督は、韓国国営放送(KBS)のドキュメンタリー番組「人間劇場」に出た二人
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0

高評価続出の作品、観てきました。

●この詩的なタイトル(現題=邦題で久々の大成功事例?)
●青い空に二人のこのビジュアル
●美少年(ティモシー・シャラメ)と美(媚?)青年(アーミー・ハマー)の恋
>>続きを読む

チャップリンの殺人狂時代(1947年製作の映画)

3.5

1947年。製作・監督・脚本・主演:チャールズ・チャップリン
1920年代のフランスに実在した、10人の女性と1人の少年を殺害したという殺人鬼アンリ・デジレ・ランドリューをモデルにしたお話。

194
>>続きを読む

木靴の樹(1978年製作の映画)

5.0

1978年イタリア映画。
先日86歳で亡くなったエルマンノ・オルミ脚本/監督作。
カンヌ映画祭・パルム・ドール(最高賞)とエキュメニカル審査賞を受賞。

北イタリアのベルガモ地方出身のオルミ監督が、幼
>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

3.8

2016年、アルゼンチン/スペイン映画
英題: The Distinguished Citizen(名誉市民)
ゴヤ賞(スペイン・アカデミー賞)外国映画賞、
主役のオスカル・マルティネスがヴェネチア国
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

4.5

チャップリン映画初の完全トーキー作品かつ、大胆なヒトラー批判・風刺作。

チャップリンの3番目の妻とされる、ハンナ(ポーレット・ゴダード)のたくましい美しさ。

ユダヤ人の床屋チャーリーと、独裁者ヒン
>>続きを読む

街の灯(1931年製作の映画)

5.0

やはり、哀愁とユーモアが織り交ぜられた傑作ですね。

盲目の花売り娘を演じたヴァージニア・チェリルの儚い美しさ。(撮影中はチャップリンと諸々いざこざがあったようですが..)

ボクシングでの名演や、酔
>>続きを読む

モダン・タイムス(1936年製作の映画)

5.0

冒頭、壁時計をバックに「人間の機械化に反対して、個人の幸福を求める物語」という説明。
"人間の機械化"というのが時代を感じますが、今なら"人間のAI化"でしょうか。

鉄鋼会社工場内でのナット締め作業
>>続きを読む

チャップリンの黄金狂時代(1925年製作の映画)

4.0

見たようで実はあまり見ていないチャップリン作品。

改めて、パントマイム(動き)と音使いの魔術師だし、あらゆる「笑い/コメディ」の原点だし、「ヒューマニズム」「哀愁」「愛」「風刺」も伝えてくれた天才で
>>続きを読む

いぬ(1963年製作の映画)

4.0

フィルム・ノワールの巨匠 ジャン=ピエール・メルヴィル脚本/監督の1963年作。
原題: Le Doulos
Doulos=帽子=隠語で「いぬ(密告者)」の意味。

4年の刑期を終えたばかりのモーリス
>>続きを読む

>|