オーウェンさんの映画レビュー・感想・評価

オーウェン

オーウェン

映画(3787)
ドラマ(0)
アニメ(0)

Studio 666 スタジオ666(2022年製作の映画)

3.3

フー・ファイターズは楽曲制作で悩んでいた。
そこで環境を変えようと、田舎にある家で作ろうとするが、その家は過去に怨霊が住み着いていた屋敷だった。

ホラーコメディの要素を持っており、それをフー・ファイ
>>続きを読む

カンバセーション…盗聴…(1973年製作の映画)

3.8

プロの盗聴屋が陥った罠と、後の強迫観念に駆られる孤独を描くコッポラ作品。

盗聴とは言ってもそこに派手さはなく、はっきり言って地味以外の何物でもない。
だがそこに焦点を当て、偶然撮れたメッセージに興味
>>続きを読む

アンコントロール(2020年製作の映画)

3.5

デンマーク映画というが、そういう国籍で見るような類いではなく、リアルなお国事情がうかがい知れる警察もの。

いつものようにパトロールで巡回に出たジュンスとマイク。
そこで怪しい行動見せた少年を補導した
>>続きを読む

パーフェクト・ルーム(2014年製作の映画)

2.8

1作目からリメイクしての3作目。
一番分かり易いのはさすがハリウッドというところ。

しかしこの作品は少しぼやかす程度の方が、人が持つ欲が際立つ。
それは嫉妬だとか、強欲など。

中身がオリジナルとほ
>>続きを読む

レイモンド&レイ(2022年製作の映画)

2.7

異母兄弟のレイモンドとレイは父の死をきっかけに再開。
反りが合わない2人だが、それにも増して父との仲は最悪だった。
そんな父の願いは、自分のための墓を掘ってもらうこと。

配信なのだが、それで正解なの
>>続きを読む

天使の処刑人 バイオレット&デイジー(2011年製作の映画)

2.3

OPから面白そうな雰囲気を醸し出しており、丁度「処刑人」の女性版のような感じかと思った。

しかし次の暗殺者のシーンになると急にトーンダウン。
標的に情が移りという、いかにもな少女の展開も勢いを削いで
>>続きを読む

X エックス(2022年製作の映画)

3.6

ポルノ映画撮影のために赴いた田舎町。
そこで一軒の家を借りるのだが、近くに住む老夫婦は撮影隊を疎ましく思っている。

幽霊が出るだとかそういう類いのホラーではない。
ホラーというよりはスラッシャー映画
>>続きを読む

スマイル、アゲイン(2012年製作の映画)

1.3

華やかだった現役と違い、元サッカー選手となったジョージは仕事もなく家賃も払えないありさま。
分かれた妻との間にできた子供との関係修復のため、サッカーチームのコーチを務めることに。

この作品は邦題を見
>>続きを読む

ミセス・ハリス、パリへ行く(2022年製作の映画)

3.8

ベテランがもう一度見たいな話かと思ったら、年を重ねた女性のシンデレラストーリーである。

家政婦のミセス・ハリスが金持ち宅で見かけたドレス。
それはクリスチャンディオールのオートクチュール。
あまりに
>>続きを読む

ロスト・マネー 偽りの報酬(2018年製作の映画)

3.6

当初は「妻たちの落とし前」という邦題で公開予定だったのが突然中止。
そしてこのB級映画みたいな変てこなタイトルに変わってしまった。

愛する夫が実は強盗犯の一味であり、しかも計画に失敗し死亡。
狙って
>>続きを読む

ウォーターボーイ(1998年製作の映画)

3.1

アダム・サンドラーが本格的にブレイクした作品。

とはいえアメリカのみだし、サンドラーのキャラはかなり抑えめ。
幼児性が抜けきれないキャラであり、母親に溺愛されているため一般社会には付いていけない。
>>続きを読む

ライディング・ザ・ブレット(2004年製作の映画)

2.5

キング自身の臨死体験を基に執筆されたという物語。
だが残念ながらキング原作は当たり外れが多いことで知られている。
どちらかというと外れの方だが、ヒッピーなど時代を1969年という設定は楽しめた。

>>続きを読む

パラレル・マザーズ(2021年製作の映画)

3.9

ジャニスとアナは望んでもいない妊娠をしてしまい、お互い同じ日同じ時間に赤ちゃんが産まれる。
そこから時は経ちジャニスは彼から肌の色が違うと指摘され、DNA検査をすると自分の子ではないとの診断。

過去
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

2.0

今泉監督の作品は好きなんだけど、これは途中から違うなあと感じた違和感が最後まで付きまとうことに。

恋愛ドラマのオムニバスという形だが、花屋の店長とラーメン屋の娘。
そして女子高生たちの恋。

まずタ
>>続きを読む

グリーン・ナイト(2021年製作の映画)

3.3

「アーサー王の伝説」が下敷きになっているが、かなり大胆な解釈になっている。

王の後継者であるガウェインが、樹木に覆われている騎士グリーンナイトによって首を刎ねる試練を受ける。
だがグリーンナイトは生
>>続きを読む

エクスタシー(2005年製作の映画)

1.5

ジェイソン・ステイサムが出演する作品でアクションじゃないのは幾つかあるが、やはりそうなると物語でのめり込ませてくれないと厳しい。

「セルラー」では対立していたクリス・エヴァンスとジェイソン・ステイサ
>>続きを読む

犯罪都市 THE ROUNDUP(2022年製作の映画)

3.8

1作目を見ずに劇場鑑賞したけど、何ら問題なく楽しめた。
何よりもマブリーの剛腕ぶりを堪能できる。

同胞の行方不明者を追って韓国からベトナムのホーチミンへ向かうマ・ソクド刑事。
そこには凶悪な殺人者カ
>>続きを読む

名探偵コナン 異次元の狙撃手(スナイパー)(2014年製作の映画)

3.5

前作は久しぶりに推理物としての見ごたえが最高な出来であったが、今作も高水準の出来ではある。

スナイパーとネイビーシールズという職種に焦点を当て、暗殺者が残すダイイングメッセージをもとに警察とFBI、
>>続きを読む

少女バーディ ~大人への階段~(2022年製作の映画)

3.3

中世の貴族の生まれのバーディは好奇心旺盛の14歳。
当時は政略結婚当たり前な時代だし、女性の主義主張などあるわけもない。
だがバーディには親が次々お見合い相手を押し付けてくる。

METOOを出すまで
>>続きを読む

私の男(2013年製作の映画)

3.2

津波によって孤児となった10歳の少女花。
遠縁の淳悟が花を引き取り、二人は紋別の田舎町に住むことに。
だが二人の関係は特別なものになっていく。

特別なものとは近親相姦の関係になっていくこと。
子供の
>>続きを読む

ザ・テキサス・レンジャーズ​(2019年製作の映画)

3.2

「俺たちに明日はない」で銀行強盗になったボニーとクライド。
彼らは民衆のヒーローであり、警察の敵でもある。

その視点を警察の側から描いた映画。
警察とはいっても彼らが託したのはテキサス・レンジャーズ
>>続きを読む

ダーク・フェアリー(2011年製作の映画)

2.8

製作ギレルモ・デル・トロとホラー作品というだけの情報で鑑賞。

サリーは預けられた古い屋敷に住むことに。
しかしそには奇妙な声が響き、地下室には得体の知れないものが…

かなり古典のホラーを意識した設
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.8

とある島の少年が加入するボーイスカウト。
そこにいる少年のサムは嫌気が差し抜け出すが、途中に少女のスージーと出会い、同じ境遇の二人は追ってくる大人たちや、他のボーイスカウトから逃れるため逃避行の旅へ。
>>続きを読む

ザ・ホスト 美しき侵略者(2013年製作の映画)

2.1

「トワイライト」シリーズと同じ原作者だからか、SFもののテイストの割になぜか恋愛部分が急変化のようにやってくる。

地球が宇宙の生命体から侵略を受けていた時代。
メラニーはその生命体に体を寄生され、体
>>続きを読む

桜桃の味(1997年製作の映画)

3.1

カンヌでグランプリを獲ったという作品なら、自ずと中身も詩的なものになるというのは予想出来る。

自殺を考えてその幇助を頼むため男は車を走らせ、その手伝い人を探していく。
当然自殺に手を貸そうとする人間
>>続きを読む

アテナ(2022年製作の映画)

4.2

いきなり始まる暴動。
市民の側から始まり、それに警察が対抗し一大暴動劇が始まる。

冒頭のシークエンスからワンカットで続くアクション。
その暴動から基地である団地に帰る際も、一切画面は途切れずに続く。
>>続きを読む

ダウン(2001年製作の映画)

2.5

ナオミ・ワッツが出ている事からも、呪いのビデオならぬ呪いのエレベーターか(笑)

エレベーターが暴走するというアイデアはB級で面白くなりそうだが、死ぬ際の方法があらかた決まってしまうというのはマイナス
>>続きを読む

ライアー・ハウス(2012年製作の映画)

1.9

ジャケットにはヴァル・キルマーが出ているが、正味15分ぐらいで退場と散々な扱い(笑)

そして残った女性2人が夫の残した金を求めて家を捜索。
だがタイミング悪く警官が家にやってきてしまい、捜索令状を待
>>続きを読む

ウェインズ・ワールド(1992年製作の映画)

3.1

サタデー・ナイト・ライブから派生した、ウェインとガースのヘヴィメタルおたくが送るドタバタコメディ。

オースティンパワーズで有名になる前にマイク・マイヤーズはこのキャラでブレイクしている。
しかし悲し
>>続きを読む

サイレンシング(2020年製作の映画)

3.1

動物保護区の管理人レイバーンは失踪した娘を探して5年。
酒に頼る日々になっている現状の中で、女性の死体が発見される情報が。

見知ったキャストがいないので、どう転んでいくのか展開が分からない。
そこで
>>続きを読む

シェル・コレクター(2015年製作の映画)

2.0

盲目の貝類学者が島に移り住んだことから起こる奇想天外な日々。

主だった物語はほとんどないが、これはただ貝類学者の行動を眺めるだけの映画でしかない。

テレンス・マリックみたいな映画を邦画が作ったらこ
>>続きを読む

暗数殺人(2018年製作の映画)

3.4

犯罪者のカン・テオが7人を殺害したことをヒョンミン刑事に告白する。
すると実際に死体が発見されるが、テオはその後供述を代え死体を運んだだけと自白。

犯人に翻弄されていく刑事という図式。
しかもヒョン
>>続きを読む

クライム・キーパー/香港捜査官(1989年製作の映画)

3.8

事前の情報では主演がドニー・イェンであり、監督がユエン・ウーピンという豪華な布陣ということだけ。
だがこの組み合わせはやはり至高のアクションを生み出すのである。

事件に巻き込まれた一般人の男が、警察
>>続きを読む

ヴォイジャー(2021年製作の映画)

2.8

地球滅亡に備えて他の惑星に移住する計画が持ち上がる。
そこで若者だけを30名宇宙船で出発させ、孫の代まで栄えさせようとする。
管理の責任者リチャードはそれを見守る役目としているが。

SFの体制だが、
>>続きを読む

花とアリス殺人事件(2015年製作の映画)

3.4

元になっている「花とアリス」は青春映画の中でも出色の出来だが、その前日譚がアニメとなって製作された。

この理由は分かる。公開された年から見ても、11年の年齢を重ねているのだから実写で演じるのはどう考
>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

4.5

まさか先の未来を予測なんかしていないだろうし、所詮はフィクションの物語のはずであった話。
でも今これが絵空事とは言えないのは誰もが知っている。

学校教師が原子爆弾を作って政府に要求を突き付ける。
>>続きを読む

>|