Shunさんの映画レビュー・感想・評価

Shun

Shun

映画(368)
ドラマ(0)

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.0

見ながら、RENTみたいな空気だなあと感じた。生き急ぐ若者のエネルギーをビンビン感じる映画。音楽も映像も良い。
みんな幸せになると良いなあ。
レイカッコ良すぎる。

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.9

展開の妙。ストーリー自体は今となってはボロボロに使い倒されてる気がするけど、目が離せなかった。

千年女優(2001年製作の映画)

3.7

今敏監督…とんでもない人見逃して生きてきたわ……

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

3.7

ずっと観たかった作品。

一室でおっさんたちが話し合ってるだけの90分なのに、目が離せない。

おれは6番のおっさんが推し。

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

これは2回目を観に行こう。
わからないけど面白いってすごい。

まあ、要はエントロピーをね。小さい頃よく減少させたりして遊んだよね。

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ(2010年製作の映画)

3.6

バンクシー展を観たついでに、こちらも観てみた。

ストリートアーティストを追いかけ、撮り続ける男の話。最終的に伝説のストリートアーティスト・バンクシーに出逢う…のがゴールかと思いきや、その先の展開がお
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

TENNETを前に再鑑賞。
ずっとおもしろい!!複雑なプロットも、含みのあるラストも、小憎たらしいけど結局好き。

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

4.2

これはいいものを見た!!

窮屈な田舎、不穏な社会情勢、ありがたいけど苦しい家族の愛情、幼なじみとの友情、恋、音楽!!ありったけ詰め込んで、素晴らしいラストに結びついてく。たまらん!

青春を彩る音楽
>>続きを読む

星の旅人たち(2010年製作の映画)

4.2

これ以上の旅映画はない!!

たっぷり巡礼旅を見せてくれる。ヨーロッパの自然たっぷり。今は旅行難しいけど、いつか行きたいなあ。

ゆっくり関係が深まっていくのも、見ててニコニコしてしまった。一回ケンカ
>>続きを読む

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

3.6

若さ!!夏!!いいな〜!!
海見てあんだけはしゃぎたい!!

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.7

感染症にビビり散らしながらひっそり暮らす家族のお家に、ある日侵入者が……!から始まる。

ガチガチなホラーとかではないのに、終始不穏な空気が途絶えない。ヒリヒリさせてもらいました……

この監督、WA
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

おもしろかった〜!
パソコンの画面でストーリーを展開する手法と、家族の歴史とを見せてくる冒頭シーン、惹き込まれたな〜。あのシーンがあればこそ、娘の失踪後に必死すぎて熱くなっちゃうパパに「なんやねんコイ
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.0

初めて鑑賞。
ジブリ映画を初めて見る時のワクワク感ったらないなあ。冒頭でハウルとソフィーが出会ったところ、通して鳥肌止まらなかった。含みのある終わり方も好きだったな。

キャラクターがみんな魅力的。ま
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.0

ずっと面白い!!
推理ものの美味しいとこどり感ある。
たのしかった〜

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

これ、マジであったのか……
観た後いろいろ調べるのまで含めて興味深かった

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.6

相手のことを考えていればいるほど、自分では不十分なんじゃないかという気持ちが芽生えちゃうの、わかるなあ。
映画のほぼ全てが苦しかったけど、最後の息子の一言にだいぶ救われたな。

I Am Easy To Find(原題)(2019年製作の映画)

3.9

こんなに短い時間で、しっかり人の一生を描けることあるのか??シンプルで複雑。すごい。

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.2

ドツボだった。とても好き。
良作ロードムービー!
気持ちが前向きになった。
この時期にありがたいことだ。

曲もとてもよかったし、
ヘレディタリのお母さん役トニ・コレット、
ハッピーデスデイの主人公ジ
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.2

もうお決まりもいいとこみたいなストーリーだったけど、プーさんたちとディズニーの音楽が加わるとやはりほっこりする。

ラプンツェルのウェディング(2012年製作の映画)

4.2

ラプンツェルファンにはたまらない。至極の短編スピンオフ。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.6

圧巻の映像美。自然が美しすぎる。「風」という形のないキャラにちょっと愛着持ててしまったのも驚き。風がキャラクターってどういうこと。

曲もなんだかんだ好きだったなあ。

エルサは歌も力も最強。ディズニ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.3

おもしろかった笑

県民ネタってホントしょうもないけどなんかおもしろいな〜
実は作中一番人外の扱いを受け、そのまま放置される群馬県が印象的。
埼玉県人にとっては希望の映画(?)

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

4.0

作品というより、このマインドに対する感動がすごかった。

おれも映画館で映画観て、居酒屋でみんなで酒飲みたい!!!

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.7

1と2、どっちも見るべき。
ずっと面白かった。ちょっと感動したし。でも2はとにかく全くホラーじゃない。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.6

記録忘れ。
1日を繰り返しまくるホラー。今思えば、1作目はちゃんとホラーしてたな……

ペット2(2019年製作の映画)

3.5

前作をいつ見たか忘れてしまった……
けど、全然覚えてなくても普通に楽しめた。アメリカアニメ映画ーーーって感じのノリとか、鮮やかで動きヌルヌルな映像とか、さすがだなって感じ。全キャラめちゃかわいかった。

ジャンヌ・ダルク(1999年製作の映画)

3.2

盲信が時代を変えることもあれば、時代に排斥されることもある。ジャンヌの信心も物凄かったけど、社会側の掌返しも凄い。こんなこと、マジであったんか………

中盤までのジャンヌの勢いまかせ感はもはやおもしろ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.9

ずっと強すぎる。
思えば、マトリックス観てから映画好きなんだよなあ。原点的興奮を感じる。

キアヌの「Guns. Lots of guns. 」は震える。

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

4.0

いきなり奥さんが子供も夫も置いて家を出て行ってしまう場面から始まる。

そこからの、ダスティンパパの頑張りようはとても微笑ましかった。卒業もそうだけど、ダスティン・ホフマンってダメなやつの演技うまい。
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.2

な、なんというかこれは……衝撃がすごい。

仲間や家族、共同体を信じる力は強くて怖い。
黒人差別・KKKなんて、歴史の教科書に載ってる昔の話だとどこかで思っていたかも。ヘイトクライムは現代にも色濃く残
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

4.0

キツくても強かに、人生は続いてくなあと思わされる映画。つまり好き。

でも割とキツいシーン(精神的に)が多い………親と子の関係性って、難しいという一言で済まされないくらい難しい。

本作の主人公はかな
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

2.8

間違いなく令和一頭おかしい映画。
嫌いとかではなく、終始謎。どういう気持ちになってほしくて作られたのかもよくわからん。

わからないって怖いな、とは痛切に感じた。出てくるやつ全員わからない。そのせいで
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.0

戦争映画という認識はちょっと違うかも。

もちろん第二次世界大戦下の話だし、戦争はとても重要なファクターだけど、戦争を背景にした子供の成長と家族の映画。

キャラクターがみな魅力的。映像も音楽もとても
>>続きを読む

ハーモニー(2015年製作の映画)

3.4

うううむ、頭で処理しきれない映画………情報量すごすぎ。

音楽(2019年製作の映画)

4.0

謎のパワーに満ちた映画。青春!バンド!いいねえ!

>|