kaito.mさんの映画レビュー・感想・評価

kaito.m

kaito.m

映画(596)
ドラマ(0)

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.7

パーティに呼ばれないはぐれもの男子二人のちょいワルロードムービー。正反対に見えた二人が仲良くなるくだりとか、ちょっとした会話にキュンと来ますね。そっちに傾いたってええじゃない!
旅先での出来事がパッと
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.9

ほんのちょっと先の未来を描いていると思うが、その程よい未来観にセンスがある。今見ないとすぐ古くなっちゃいそう。
賞金がでなくたって、アホなことや危険
なことをする人が増えてるこのご時世、こんなゲームが
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.7

死んだ嫁への愛情に自信が持てず、自分の心を再点検するために色んなものを破壊する。おかしくなってしまったように見えたデイヴィスも、ある親子との交流を経て徐々に感情らしきものを取り戻していく…。
感情とい
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ(2017年製作の映画)

3.8

子供たちが宇宙人と一緒に冒険するっていうのは、それだけでなかなかときめく要素だ。ETをはじめとしたSF映画パロが楽しい。ビームサーベルを使った低レベルな下ネタに二度爆笑してしまった…。
やや長さは感じ
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

随分簡単に最高機密文書が盗み出されちゃうのね。
前半は登場人物も次々に出てきて、当然前提を知っているものとして話が進むのでなかなかきつかった。
後半は、人間ドラマの要素も強く、社長の覚醒には熱くなった
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.8

定年間近でリストラあっても、またまた家族のためにバリバリアクション頑張るリーアム父さんカッコ良い!不憫でもある。
王道のアクションサスペンスだが、リーアムさんの魅力に頼りすぎることなく、カメラワークに
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

3.7

笑えるところもあったけど、見た目のイメージほどふざけてなくて、真面目な熱血映画に感じた。相変わらず菅田将暉は素晴らしいし、他の役者もよかった。でも、イマイチ感情が動かなかったのは、いかにも漫画の実写化>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.7

親子間のすれ違いって言っても世代が違うんだからしょうがないよね。何とか寛容であろうとしたり、息子の好きな音楽聞いてみたりする母ちゃんがいじらしいが、頑張りすぎなんだよね。息子も素直なイイヤツだから心配>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.1

井の頭公園の魅力を伝える映画としては満点なのかもしれない。前半のほのぼのキャッキャしているところはむず痒いが、決して悪くはなかった。しかし、中盤以降の回りくどくて曖昧なストーリー展開がだるい。
そして
>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

4.1

裁判所、検察、警察がぐるになってしまえば、どんな犯罪事実も操作されてしまう。そんな中、すべてを失う覚悟で闘う一介の弁護士の姿に感動を覚える。そんな大昔の話でもないし、完全に他人事でもない。おそろしや。>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0

思ってたよりええ話!ブレックファストクラブのゲーム版。ゲームの世界の話なので、なんでもあり。なんでもありの割にはやや地味だが、登場人物が魅力的で、終始楽しい。現代映画にしては古臭いアドベンチャーな感じ>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.3

女子高のアイドル的存在の死の真相を巡るミステリーで、ストーリー自体はなかなか面白く、後半はかなりひきこまれた。黒々とした結末も良い。
けれど、淡々と文章を読み上げるというシーンが多く、目が退屈。「告白
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.4

色々な要素を散らした前編と違って、主役二人に焦点を絞ってあり、熱ーいボクシング映画になった。クライマックスの試合はくどすぎてちょっと飽きた。前半終了時の期待は超えなかった。
菅田君はホントいい顔するね
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.9

面白いが、まだまだこれからという感じ。自殺防止サークルが浮いていて異様。散らされたメッセージの数々をどう仕上げるのか。ただのボクシング映画ではないというところが、後半にどう効いてくるのか楽しみ。でんで>>続きを読む

ザ・ハリケーン(1999年製作の映画)

4.0

理不尽すぎる冤罪と30年にも渡って戦い続けるボクサー、ルービンの苦難が辛すぎる。しかし、感情移入できて、長い時間を感じさせない見応えがある。
少年はともかく、やたら善人なカナダ人達の人間性があまりみえ
>>続きを読む

北陸代理戦争(1977年製作の映画)

3.5

割と何言ってるか分からないけど豪快!破天荒な松方さんカッコいい!組同士を口八丁で争わせるのは「用心棒」的。
伊吹吾郎の無敵オーラも良い!頭パーン!!

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.3

こんなに切ない話なのに、本気で笑わそうとしてくるふざけ心が素晴らしい。変なやつばっかり出てくるが、大体イイヤツ。
あの手この手で出会いを演出する卵形プレイボーイのアダムサンドラーがだんだんカッコよく見
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

2.9

ピクサーと非ピクサーは分けてほしい。ピクサー映画の前にアナ雪を「皆さんの大好きな」っていうノリでぶっこんでくるのがムカつく。オリジナルのピクサー短編が観たいのに。
歌も相変わらず素晴らしいし、映像も綺
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.7

死んだらどうなるっていう死生観っていうのは人によって国によってバラバラで、宗教的な考えとかも絡んでくるから普遍的な物語にするのはかなり難しいと思うんだけど、全く違和感なく説得力のあるファンタジーとして>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.8

下の句より良かったが、上の句には劣るかな。登場人物が魅力的なんだけど、そのせいで良くも悪くも群像劇的になりすぎて終わりきれていない。
受け継いでいくというテーマの筋は通っていたが、もっと熱いクライマッ
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.2

もう今更言うことはない。とにかく二時間半まるっと全部面白い!バットマンのマシンがカッコ良し。
ジョーカーの挙動に目が離せない。バットマンと一緒にジョーカーに翻弄されよう!

ハッピーエンド(2017年製作の映画)

3.5

死がやけに身近で、愛に存在感がない。誰からも感情が見えない。
だから、不道徳な行為が行われててもこちらも何も感情が動かない。
スクリーンの中で起こる出来事は所詮他人事。そんなことは言われなくてもわかる
>>続きを読む

裁き(2014年製作の映画)

3.5

明るく派手で能天気なインド映画と対極の、静かで地味な社会派インド映画。
反体制で攻撃的な歌を歌う老人が自殺幇助の容疑で起訴されるという話を主軸にインドの法廷のずさんさ、市民やエリートの日常が淡々と描か
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

とにかく曲と、曲を盛り上げる演出がバッチリきまってるので、それだけで楽しめるショームービー。楽しい!
バーナムさんよりマイノリティ側の人を主人公としたほうがストーリー的には深みが増しただろうけど、あま
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

音楽もない静かな映画。
働きたいが心臓が悪くて働けない。補助金もらおうにも冷たい役人と、IT化のそびえ立つ壁。なんという優しくない世界!と思いきや出てくる人の多くはイイヤツ。だから、こんなに辛い状況で
>>続きを読む

クロコダイル・ダンディー(1986年製作の映画)

3.1

ワニをも一捻りにするクロコダイルなダンディさんがニューヨークでカルチャーショックを受けながらものんびりするほのぼのコメディ。彼にとってはすべてが新鮮で、差別も悪気もあったものではない。でも大した騒動に>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.5

前作と一緒で身体能力の高い人たちのアクションが迫力あってカッコいい。
特に前半のUSB(メモリ)争奪戦は熱かった。車のフロントガラスにガシャーンと飛び込む無鉄砲さかにときめく。おうちで静かにアップロー
>>続きを読む

狂覗(2017年製作の映画)

3.8

終始嫌~な感じのお荷物検査に引き込まれる。教師陣の情緒がかなり不安定なので、錯乱描写がかなりくどい。
そこに目をつぶれれば、なかなか面白い。荷物あさりから少しずつ明らかになっていく生徒達の問題、教師自
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.3

英語を喋れないことでバカにされ、奮起したインドの主婦シャシが英会話教室に通うお話。アメリカで最初に入った店での体験が地獄過ぎて、アメリカ恐い!と思ったけど、あの店員以外はいいやつばかりで安心した。
>>続きを読む

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

4.0

斎藤工の変態臭が最高に際立っていて、目が離せない!こういう工が見たかった!クリーピーの香川さんバリにキモし。
ストーリーも良くできていていて最後まで楽しめた。復讐の熱意は韓国映画のようで感心した。
>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.1

ザックさんセンス良い!オープニングのかっこよさとテンポの良さは見事。
しかし、使いふるされたありきたりなストーリーと感じるのはこれがリメイクでありながら、数多くのフォロワーを作った映画だからなのかもし
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.1

すみからすみまで美しい!観たいものをしっかり捉える、落ち着いたカメラワークも完璧。惚れ惚れする。
こういう美しい映画って退屈だったりするんだけど、全然そんなことない。おおまかなストーリーはディズニー映
>>続きを読む

オフェンダー 〜コソ泥珍道中〜(2016年製作の映画)

4.0

コカイン探しで一攫千金を狙う、考えの浅い二人の少年の物語。警察に追われたりしてる割に、見知らぬボケた爺さんと触れあったり、海でキャッキャしたり、道中の寄り道がやたらゆるい。
後半、深刻な状況に追い込ま
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.9

悪趣味全開で人が無惨に殺される様がとても良かった。エイリアンシリーズでも屈指のグロテスクさだったのではないだろうか。プロメテウスもよかったけど、シリアスにして更に良くなった感じがある。流石、リドリー・>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

具合悪そうな人が多くて辛いけど、残酷描写全開のアクションシーンが派手かつ陰惨でテンション上がる。無口な子ルヴァリンもヒットガールばりにザクザク殺しまくる。首も転がる。
メインキャラの能力が敵も含め、「
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

2.9

映像に力がないのと、この手の映画に必要な勢いがないせいで、全線惹き付けられない。もっとハラハラさせてほしい。せっかくの練られた脚本が生きていない勿体ない作品。ささくらさんのネクラ演技が達者すぎるせいか>>続きを読む

>|