すいれんさんの映画レビュー・感想・評価

すいれん

すいれん

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.6

かまえてたほど怖くなかったな〜。
前作の恐怖が記憶にあるせいか、どこに現れるかわからないペニー・ワイズにもびっくり箱以上の驚きは感じなかった。

少年少女たちの魅力、たしかにわかるのだけど元々スタンド
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

面白い!
コメディに舵取りしたのが見事にハマってる。ソーもロキもダークワールドとは別人のフランクさで今までの確執が嘘のような腹の割り方。
いつまでもこじらせてるロキばかりでは流石に飽きてしまうのでこれ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.3

長い。
前作は2時間なのに体感が2時間半だったけど今回はリアルに2時間40分。体感は3時間半。前よりは理解できる話だったけど長いせいでわかりにくかった。

思い浮かんだ映画は「マトリックス」一緒に観た
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.5

カルト作品だったりすることを踏まえて観ても眠気を誘われる。
初見も今回も寝落ちしたからもう肌に合わないとしか言えない。
ハードボイルドなデッカードやレプリカントの心情なんかは考察レビューを拾い読みして
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

「評判がいい」という理由だけであらすじも予告も手をつけずに鑑賞。
なるほど、人種差別とホラーをコメディ要素で中和した見事なスリラー。現代スリラーらしく閉鎖空間でスマホが機能してるのも面白い。
ラストま
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.0

わかりにくー。
派手な立ち回りと粋な仲間と小気味良いスパイゲームを期待してたのに、アクションも地味だしキャラも魅力的でもないし全体的に暗いし。
東西ドイツにCIAにKGBならコードネームアンクル的な洒
>>続きを読む

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

3.4

オリジナルも未鑑賞。当時の宣伝はよく覚えてたけど、詳しい内容は知らず。

なんだ、サスペンスじゃないんだ。もっと暗い心理ものかと思ってた。
トムとペネロペだけ観てても退屈はしないけど中盤はかなり中だる
>>続きを読む

ジュマンジ(1995年製作の映画)

4.8

全部面白い。

何度観ても面白い。当時最先端CGとかで話題になったのを覚えてるけど、それ以上に脚本が評価されるべき。不気味さ怖さとコメディラインの絶妙なバランス。割と序盤で涙目にさせられる親子のすれ違
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

観た順番かなぁ。
亜人から10分後に始まったから「悪いところのないとても出来の良い映画」という躍動感のない感想に。(誤解されそうだけどいい作品なのは間違いないです)

すでに褒めレビューが溢れてるので
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

さて、どこから手をつけよう。
原作未読、前知識は予告だけの状態で鑑賞。
ただ死なないだけじゃなく死ぬと肉体ごと再生するのが便利。重症を負うごとに素早くリセット(自殺)・復活の流れがBGMも相まってアガ
>>続きを読む

アウトレイジ ビヨンド(2012年製作の映画)

3.9

やだ面白い。
今回は明確な復讐劇。前作で組をつぶされた生き残り同士の大友と木村の関係がいい。やれ兄貴だ盃だって、私から見ても古いタイプのヤクザなのに仇の殺し方は誰よりも斬新でえげつない。

新しい関西
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

2.8

これの面白さがわからない。

舞台が日本だから余計にわからないのか?
海外セレブの来日あるあるネタが向こうでウケたのか?

ビル・マーレイとスカジョじゃなかったら最後まで観れてなかった。マシュー南(藤
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.5

プロメテウスが今作ありきなのはよくわかった。これがやりたかったからあれが必要だったん訳ね。単体では微妙なはずだ。

突然の恐怖展開、ちっこいのの機動力(こいつ可愛い)、待ってましたの成長体。
確かに怖
>>続きを読む

アウトレイジ(2010年製作の映画)

3.3

思ってたよりこぢんまりとした内容だった。その割に人死にすぎだけど。
小さい組が親元の命令で厄介ごと引き受けさせられて、片付いたと思ったらまたその後処理をやらされて〜。ヤクザの世界も大変だ。組どうしの大
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.0

よくわかんないなー。

これ一回観ただけで納得できるものなの?最後までいってからネットで考察探して読んで、また最初からかいつまんで観て…でもなんだかな〜。

調査団、なんであんないい加減なの?大金かけ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

意外や意外、面白かった!

賛否両論の感想を目にする限り、おそらく否にまわるだろうと思っていたから逆に裏切られた。
良かったのが公開から2週経っていて、ネタバレを避けつつもちらちらレビューを読んでいた
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.7

余命ものでこれを超える作品はもう出ないんじゃないかな。

死との向き合い方、残りの時間の過ごし方、とにかくすべてが贅沢なんだよな。金銭的なことももちろんだけど、それとともに発想、ユーモア、何より最高の
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.3

クリーピーに続いて2作目の黒澤清作品(昔、トウキョウソナタ」観たけどあんま覚えてないからノーカウント) 。

やっぱり変だわ、この人。
違和感だらけのエキストラ、チープというかレトロな演出、真面目に観
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

想像以上に神話。

序盤のビーチ戦がむちゃくちゃかっこ良かった。剣なり矢なりを駆使した流れるような肉弾アクション。目立たなかったけどトレバー大尉もしっかり活躍してたし、ロビン・ライトの将軍は説得力あり
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

恐れていた韓国映画のエグさはなく、正攻法なゾンビ映画。

車内で最初の被害者が出た瞬間から「あ、これ(自分乗ってたら)死んだな」と思ったから、あとはひたすら傍観者目線。

シチュエーションの妙と親娘
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

北村匠海くんの良さ!

浜辺美波ちゃんは私はダメだった。彼女の表情のせいか、さくらのキャラクターのせいかわからないけどもっとギリギリ現実にいそうな子の方が良かった。原作者の住野よるが男性だと最近知った
>>続きを読む

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY(2017年製作の映画)

3.9

今までのドラマ、映画、全て未鑑賞での突撃鑑賞。

結論から言うと予習なんか要らないから今すぐ劇場に観に行け!!責任はとれんが!

ややネタバレ気味で話すけど、はっきり言ってそんなの大した問題じゃないか
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

序盤のオシャレカッコいいカメラワークと流れるようなベイビーの身のこなしがクール!
ただ、私的にはそこからだんだん気持ちが離れていってラストの頃には脱落しかけてたんだけど。

音楽については語る余地なし
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

これはヤラレタ。

シビル・ウォーに登場済みだからこそ、アベンジャーズやトニーがなんの違和感もなくストーリーに組み込まれているし、ピーターの若さもメイおばさんのどセクシーさも当然の要素になっていて1作
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.5

ずいぶんとあっさり風味。
グルーがグッドファーザー&グッドブラザーなのでドタバタもはちゃめちゃも規格内の安心安全仕様。
敵役バルサザールのバックにかかるお手本のような80’ポップスのレパートリーには心
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.7

「カーズ」に対しては思いいれが強すぎて、どうしても受け入れられなかった。
ただ、決して悪い続編ではなかった。

キャラのブレは一切なく、カーズの世界感はそのまま。始まりの心地よさは幸せすぎて泣けてきた
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

4.7

さいっこおおおお!!!

コレは観て! みんな観て!めっちゃめちゃにヒーロー戦隊映画だけど、全編5人のはみ出し者高校生の超青春映画ですよ!これはエモい! 125分じゃ全然足りてない。いや、なんなら
>>続きを読む

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(2016年製作の映画)

2.4

この番外編を含めてBSのシリーズ一挙放送を完走。途中から、というより始めから義務っぽく消化していったので「やっと全部観終わってホッとした」というのが一番の感想。
面白く観た回ももちろんあり、寝るほど退
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

3.9

すごい攻めてる!攻めすぎてて「嘘やだ怖い」って場面が何度もあってなんだコレ、正気か⁈ 約2時間食い入るように観ちゃったよ。
原点からのアナザーストーリーへの自然すぎる流れ、伝説ポケモンの気高さ、バト
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.7

基本は不気味な効果音とドン!バーン!な演出で怖がらせて来るエイリアン的宇宙ホラー。そこに加わるサイコ要素が中々にいやらしい。
古典的な「いや、それやっちゃダメだろ」からの泥沼展開は新鮮味に欠けたけど、
>>続きを読む

カーズ(2006年製作の映画)

4.8

2・30回観てるけどホントいつ観ても大好き。

最初のレースシーン、ハイウェイシーン、ドライブシーンの選曲がそれはそれは素晴らしいんだけど、今回は日本語歌詞付きだったのも良かった。

エンドロールまで
>>続きを読む

初恋のきた道(1999年製作の映画)

3.5

チャン・ツィーの可愛さで成立してる映画。

思ってた「田舎娘の純朴な初恋物語」とはちょっと違って、割と積極的な村一番の美少女(自認してる)の盲目的すぎる恋物語だった。先生があまりに好青年だし、すぐ恋に
>>続きを読む

貞子vs伽椰子(2016年製作の映画)

3.4

(これを観るために呪怨を観た)

呪怨に比べると「ちゃんと映画してる」ってところでかなり高評価できちゃうw

しかし、油断してると中盤で一気におかしくなるぞ!
びっくりするぞ!
いろいろダイナミックだ
>>続きを読む

呪怨(2002年製作の映画)

3.0

今更の初呪怨。これが一作目だと思って観たけどもっと前のがあったのか。

としおクンがあのビジュアルで有名すぎて出て来たら笑っちゃうだろうな、と思ってたけど…予想以上にアレだったな。実体感がありすぎて白
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

2.9

5つの感情のキャラ、特によろこびが常に三人称でライリーのことを話すから自分の感情というより子どもを完璧に管理したがる母親のように感じて気分悪い。
第一、パパとかママとか他の人は感情が自分の分身で構成さ
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.2

この作品の良さが最後までピンとこなかった。

少年ゆえのデリケートな心が見せる現実逃避の世界は映像としては魅力的で見ごたえがあったけど、語られることはどうにも哲学的でスルッと飲み込めず。2つ目3つ目の
>>続きを読む

>|