モンブランさんの映画レビュー・感想・評価

モンブラン

モンブラン

  • List view
  • Grid view

ある男(2022年製作の映画)

3.5

Xの過去を探り出しつつ自分の心の重しに照らし合わせていくのが淡々と順調に進み、ずっと良く出来た小説をなぞっている感じで映画的にはグッと来なかった‥
在日云々で「GO」の熱量と比べてしまったりも。実際に
>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.0

原作既読で、原作ではお節介加減や展開が絵空事っぽく感じていて(原作ファンの方🙏)なかなか足が向かなかったけれど、監督のトーク会の期にやっと観ました。
好改編の噂通り、自然にスーッと最後まで見守れる物語
>>続きを読む

べイビーわるきゅーれ(2021年製作の映画)

3.8

評価が高いので気になり視聴
可愛かった!テキトーだった!そして面白かったー。好き。子供の頃に見たら、さらに嵌って好きだったと思う。漫画っぽくて遊んでる、何も考えずに楽しめる作品って、褒め言葉だと思うけ
>>続きを読む

1秒先の彼(2023年製作の映画)

3.0

台灣版オリジナルの不思議な魅力が全く消えてしまってたのは、男女逆転でまず前半に甘さがないからかな?
そして後半も清原果耶ちゃんってしっかりしていそうだから、ワンテンポ遅いではなくて落ち着いてる子になっ
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

3.1

きっと刺さる人にはとても刺さる系。そして私には分からないこの未練タラタラ‥思考が違うタイプなのだよなーと参考に。あの女、この女‥の思い出が友人や仕事より先な人も居るんだな、生きるのヘタっぽく描かれてる>>続きを読む

ザ・キラー(2023年製作の映画)

3.4

プロフェッショナル仕事の流儀、殺し屋編という感じで、自分でナレーションしてる感じが面白い。淡々と渋いのにミスっちゃったり完璧じゃない所が人間味あったかな。

ペナルティループ(2024年製作の映画)

4.2

あらすじを読み、どんな世界が見られるのかに期待。混乱させられクレイジーさとスピード感、若葉竜也×伊勢谷友介の加速する掛け合い‥良い。面白かった

緩やかな序盤はコースターの坂道をゆっくり登るかの様。そ
>>続きを読む

14歳の栞(2021年製作の映画)

4.5

だいぶ大人なので自分が一体どんな風に感じるんだろう、と思いながら鑑賞
教室にこんなにぎっちり子供たちが詰まって、当たり前に毎日毎日良くぞ過ごしたものだとその密度に驚きつつ、もう朧げだったあの頃の記憶が
>>続きを読む

ちひろさん(2023年製作の映画)

3.1

初代ちひろさん(市川実和子)、良かった。あの僅かな出番でもカッケー姉さんで印象的。
『優しく繋がり個を尊重してくれる居場所』は理想郷だな。マンガ読み放題って高校生の頃なら入り浸っちゃうかも。
原作未読
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

4.2

好評を知り予備知識ゼロで初視聴。うゎイカしてた
意味のないようなカフェでの会話、あっという間の逃走劇、その展開の早さに何とか着いて行きつつ『ドッグ』の意味に私も気づいてからは、彼らの捲し立てる会話の緊
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.3

2が気になったのでまずはこちらを。
序章すぎる。ずっと展開を待ってたら終わっちゃった。物凄い潔さに、このシリーズへの制作陣の自信を感じる‥
映像美、母息子もとにかく美しい

市子(2023年製作の映画)

3.3

主演受賞、絶賛されまくりでハードル上げすぎたかな。ストーリー展開は好みのタイプで、彼女の逃げる理由については勉強になりつつも。
杉咲花の市子は『ひたむきな健気さ、可哀想』だけど、仄暗さを抱え生きるため
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

3.1

原作既読なので、まぁこういうお話しなんだけど。物足らない感じが‥主役がきれいだから?
伊坂幸太郎映像化、大ブームだったなぁ

かそけきサンカヨウ(2021年製作の映画)

3.0

記録。優しい空気、悩む娘、大人になる手前の瑞々しさ

街の上で(2019年製作の映画)

3.2

みんな下北に生息している事に酔ってる感と自分語りがムズムズして。でも、そこに乗れるかどうかが本作の魅力が味わえるかの分かれ目で‥
今泉監督は何作か見たけどやっぱり合わないんだなと、批判ではなく相性。
>>続きを読む

恋は光(2022年製作の映画)

-

公開当時評判良かったので期待しすぎた。文豪の文学みたいな語り口調のお堅い2人が「恋とは‥」にまず乗れず。で3人で最後まで拗らせてて幼いな、あとセリフ読んでます感‥と思うけど、この空気感がピュアでカワイ>>続きを読む

アメリカン・フィクション(2023年製作の映画)

4.5

前半はヒューマンドラマ風でいながらの後半の皮肉の畳み掛けでオチまで徹底したシニカルさ。終盤がキレッキレ
最後にアジア系スタッフの扱いをぶっ込んでて(急に当事者意識を投げかけられた!)笑わせながら世の中
>>続きを読む

パレード(2024年製作の映画)

4.3

藤井監督ならではの美しさと深みあるヒューマンドラマ。見る度に、噛みしめ深まってゆく作品。誰もが役の誰かに共感できる物語だった。そして鎮魂の話と思っていたけれ希望を感じた。
ファンタジーだけれどそういう
>>続きを読む

君は放課後インソムニア(2023年製作の映画)

3.5

天文学部のお話‥に惹かれて。等身大の役がとても似合う主演の2人だった。温かい青春ムービー。こういう誰かの背中をそっと押してくれる映画って好きだな。眠れない夜がワクワクする夜に変わっていく。
なぜ高校生
>>続きを読む

DOGMAN ドッグマン(2023年製作の映画)

4.0

冒頭の訳アリでヤバそうな登場シーンから心つかまれ。主人公ダグラスの瞳が挑発的なのに柔らかで魅力的。こんな彼に何があったのかと物語に没入していった。

ダグラスの七変化がとてもフォトジェニック。次第に次
>>続きを読む

ソウルメイト/七月と安生(2016年製作の映画)

3.1

公開中のリメイク版が好評なので、先にこちらを。
関係性が状況とともに変わっていくのアルアル。よく描けていたけれどベッタリしてる関係性が苦手でハマれなかった‥。
もっと早くに決断していたらって思ったり‥
>>続きを読む

キャタピラー(2010年製作の映画)

3.8

見るのに覚悟が必要だった‥何とか。
でも夫の姿を見るのがまず怖かったのに見慣れてくる自分に驚き。それとこの皆に押し付けられた酷い状況が初めから行き詰まっているのに、何とかやっていく事も。
色々な思いが
>>続きを読む

ヴァチカンのエクソシスト(2023年製作の映画)

3.3

乗り移られた男の子に既視感‥と思ったら、ロード・オブ・ザ・リングのゴラムに似てるからだ‥
ホラーが苦手で避けてきたけれど、これは見やすかった。心のトラウマに付け入る悪魔という人間らしい物語だったからだ
>>続きを読む

ぐるりのこと。(2008年製作の映画)

3.8

じっくりと、夫婦の始まりから喪失の悼みと心の苦しみ、そして再起の年月をカメラを通して見つめている感覚だった。
夫婦って共に過ごす時間も知らない時間もあって。人間同士、勝手だし上手くいかない事も何考えて
>>続きを読む

落下の解剖学(2023年製作の映画)

4.7

落下が起点のサスペンスミステリーかと思っていたら物語は複層になり、物凄く余韻の残るヒューマンミステリーに変貌する事に震えた。スゴい‥。法廷での応酬も見ものだし(赤と黒の法廷着も対立が分かりやすくて良き>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.7

共依存と言うのか。でも支配と洗脳だと思う。そして寄生する毒親。
でもそもそも母親の方の精神的?発達?に問題があったと思うけれど、その辺りは彼女の親も知識がないし拒絶するだけで誰も手を差しのべないから孤
>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.8

NHKドラマ版が好きすぎるので、時を経てようやくの映画版。
原作未読。両方観た上で、そもそもこれだけの様々な要素をリンクさせうねりあるサスペンスに仕上がるのは、原作がやはり凄いのだと改めて。読まなくて
>>続きを読む

瞳をとじて(2023年製作の映画)

4.5

初エリセ監督。というか今作までそもそも存じ上げずなライト層。
静かにゆったり進む贅沢な余白にただただ好きだなぁ‥と作品の世界に浸る。中高年の「人生」と「人」の物語をこれだけ飽きさせずに見入れる力。
>>続きを読む

オー!ファーザー(2013年製作の映画)

3.0

原作未読。久々の伊坂幸太郎原作モノを視聴。かなり変わったワケあり仲良し家族の話で‥
パパ4人の個性がちゃんと活きているし、愛され息子感もしっかり伝わって。も少し初々しい俳優ならまた違う味も出たのかな?
>>続きを読む

予告犯(2015年製作の映画)

3.2

今見ると主役級ばかりの豪華な作品。それは置いておいて‥
もう一つ、心に迫るものが足らないのは何かなと考えて演出や構図が淡々と平均的だからなのかな。戸田恵梨香が若くて警察側の迫力が物足らないのかな‥何だ
>>続きを読む

his(2020年製作の映画)

3.2

予想していなかった方向のお話だった。いくつもの社会問題を内包してて、その観点ではどれも一通りさらってる感じなのと、人物像も同じくでイマイチ入り込めず淡々と視聴。
藤原季節は役が似合っていて流石‥夫婦の
>>続きを読む

愛なのに(2021年製作の映画)

3.2

キャスティングが本当に絶妙。そしてR15で瀬戸康史?と思ったけれど納得の役どころ
初めはサレ系の現状から一歩踏み出す話かな?と冷めて見ていたのに、一花の心情周りが見えてきた中盤から、この人達の行く末に
>>続きを読む

ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人(2023年製作の映画)

3.8

フランス王朝が隆盛と贅を極めた時代の豪華絢爛なセット、装束、濃い人間模様‥おまけにジョニデがフランス国王!?
が見たかったので大満足。
こういう美と知性を備えた人の強かな成り上がりモノ、ほんとある意味
>>続きを読む

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

3.8

ゾクッとするポスターに惹かれて楽しみにしていたので、それがここぞ!の場面だったから満足。
そして「盲目」を活かしたスリルを味わいたかった所に鍼師の技量も加味された展開で、おぉー頑張れ逃げ切れ誰かナカマ
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.5

話題作だよね?位の予備知識ゼロだったので、無情な展開が本当に衝撃。途中からなぜ真相を言わないの!?と置いていかれそうになったけれど‥ずっと微笑んでいるように見えるビョークの絶望感に打ちのめされた
そし
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

3.5

人間の弱さが悪い方へ作用しまくる物語。人と人が深く繋がり合う「楽園」という事かな
ムラ社会で洗脳されているというか、支配された空気感が終始胸クソ悪く、ガッツリ見るには体力が必要。そしてこれはどんな組織
>>続きを読む

>|