ラブラドールさんの映画レビュー・感想・評価

ラブラドール

ラブラドール

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.1

映画館で観てきました。
これだけ映画を観ているのに劇場鑑賞はコロナが流行り始める前以来です。
劇場は自分が一番好きなシアター「八丁座」。
久しぶりの劇場鑑賞、やはりいい物ですね!

作品は広島を舞台と
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.9

今更感はありましたが、初観賞です。
キムタク&長澤まさみの刑事&ホテルマンコンビ、なかなか良かったです!
特に長澤まさみのホテルマンの役はいいですね。
こうしたお客様をもてなすホテルマンを描いたドラマ
>>続きを読む

午後3時の女たち(2013年製作の映画)

3.1

タランティーノが選ぶベスト10の作品の1つという言葉に惹かれアマプラで鑑賞しました。
ジャンルは何なのでしょう。
ヒューマンドラマ作品、ラブコメ作品、どれか1つに当てはめることができないような内容でし
>>続きを読む

カフェ・ド・フロール(2011年製作の映画)

3.4

タイトルに惹かれて鑑賞したフランス作品。
「カフェ・ド・フロール」と言えば100年以上の歴史のあるパリの老舗カフェです。かつてはヘミング・ウェイなどの文豪や、モード界でいえばイブ・サンローラン、映画界
>>続きを読む

ポルトガル、夏の終わり(2019年製作の映画)

3.3

イザベル・ユペール主演のフランス作品。
死期が近い女優が親族を集めて過ごすヒューマン作品。

街の光景や映像は綺麗なのですが、全体的な物語が雑多に感じてしまいイマイチ入りきれませんでした(^^;)
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART III(1990年製作の映画)

4.4

ゴッドファーザー3部作、一気観しました。
パート1観始めたらもうダメですね(^^;)
絶対にパート3まで通して観たくなってしまいます。

パート3はこれまでの2作品の続編で、2代目マイケルのドンとして
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.2

ゴッドファーザーの続編。
もう何度も観ていて点数だけのレビューでしたが、見直しましたので改めて文章付きのレビューを。

2作目は続編ということで、前作でゴッドファーザーの地位を引き継いだマイケルがさら
>>続きを読む

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

4.8

久しぶりに鑑賞しました!
言わずと知れた超名作です。これまで点数だけのレビューでしたので改めてレビューし直しました。
作品のあらすじ、いいところなどは語り尽くされている名作ですので今更何を書こうかと悩
>>続きを読む

マーメイド・イン・パリ(2020年製作の映画)

3.8

現代版人魚姫といった作風のフランス作品。
ファンタジー感満載のロマンチックなラブストリー。

恋することを避ける不器用な男と恋を知らない人魚の純愛ラブストーリーで心温まります。そして何よりも全体的な雰
>>続きを読む

ソニア ナチスの女スパイ(2019年製作の映画)

3.4

ナチスドイツ時代に実在したノルウェーの女優が二重スパイとして活動する姿を描いた作品。
実話ベースなので派手なアクションなどはありませんが、それが逆にリアルに感じられる作品でした。

女優としての演技力
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

3.8

ずっと観てみたいと思いながらも、なかなか観る機会がなかった本作。
2000年作品でありながら1970年代のアメリカのロックミュージックシーンや当時の若者たちの姿を懐古的に映した良品だと思います。

>>続きを読む

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

3.8

作家を目指した頃から、「ライ麦畑でつかまえて」や「フラニーとズーイ」を書き上げて著名な作家となった青年期のサリンジャーを描いた伝記的な映画作品。
アマプラで鑑賞しました。

「ライ麦~」は学生の頃に読
>>続きを読む

ミリオンダラー・スティーラー 史上最大の作戦(2020年製作の映画)

3.8

実際に起きた強盗事件を描いたアルゼンチン作品。
コメディーと書かれているが、登場人物がラテン系でコミカルに見えるだけでコメディ作品ではないですね。
緊迫感もあってハラハラもして笑いとは違う部分ででしっ
>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

3.8

イギリスの孤児院で育った青年の姿を描いた1999年の作品。
主演はトビー・マグワイア、ヒロイン役にシャーリーズ・セロン、育ての親代わりの孤児院のドクター役がマイケル・ケインという豪華な顔ぶれ。

トビ
>>続きを読む

ステイ・フレンズ(2011年製作の映画)

3.6

ニューヨークを舞台にしたラブコメ作品。
え?エマ・ストーンそれでおしまい??と感じてしまうほどの贅沢なちょい役キャスティングもあり、全体としても楽しめました。

「恋愛感情はなし」、「甘い言葉もなし」
>>続きを読む

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)

3.2

酒に酔いやつれた女性刑事の過去や現在を描いたサスペンス&ドラマ作品。
主演はニコール・キッドマン。

ストーリーは驚きもドキドキもなくありふれた感じです。
本作の見どころはニコール・キッドマン。鑑賞し
>>続きを読む

パットン大戦車軍団(1970年製作の映画)

4.1

1971年(第43回)のアカデミー 作品賞 受賞作品。
第二次世界大戦で活躍したアメリカのジョージ・パットンを描いた戦争作品です。
約3時間の作品ですが、長さを感じることなくとても楽しめました。

>>続きを読む

オール・マイ・ライフ(2020年製作の映画)

3.5

実話ベースの王道的ラブストーリー。
Filmarksの映画のあらすじの部分を読むともうネタバレしてしまうほどの王道パターンで。
それでも十分楽しめましたが(^^;)

このカップル、どちらも本当に優し
>>続きを読む

オリバー!(1968年製作の映画)

3.5

第41回(1969年)のアカデミー 作品賞 受賞作品。
1830年代に書かれたチャールズ・ディケンズの小説をミュージカル作品として映像化した作品です。
元の小説とはところどころストーリーは違いますが、
>>続きを読む

シェイクスピアの庭(2018年製作の映画)

2.6

断筆後の晩年、故郷で過ごすシェイクスピアを描いた作品。

重みのある作品とも言えますが、展開や演出が静かで、淡々と話が進む印象です。
シェイクスピア作品が好きで、そんな彼が晩年にどのように過ごしたかを
>>続きを読む

ビリオネア・ボーイズ・クラブ(2018年製作の映画)

3.5

1980年代にアメリカで実際に起きた投資詐欺を元にした史実ベースの物語。
間違いなく初めて観る作品なのですが、既視感を覚える作品でした。
こういうストーリーの作品、結構あるような気がします。

欲に駆
>>続きを読む

エノーラ・ホームズの事件簿(2020年製作の映画)

3.8

シャーロック・ホームズの妹エノーラが活躍するミステリー作品。
作品中にはシャーロックも長男のマイクロフト、母親も登場します。
一方でワトソンは出てきません。

さすがホームズ家の一員といった感じのエノ
>>続きを読む

ブラック アンド ブルー(2019年製作の映画)

4.0

汚職警官の悪事をボディカメラで映してしまったことで新人警官が警官仲間から追われることになるサスペンスアクション作品。
新人警官を役の主演はナオミ・ハリス。

最初から最後までハラハラ、ドキドキの展開で
>>続きを読む

ウィンターズ・ボーン(2010年製作の映画)

3.3

アメリカ ミズーリの山奥の集落で暮らす家族の物語。
主演はジェニファー・ローレンス。

予備知識なしで観たので、途中までは北欧あたりが舞台なのかと思っていたらまさかのアメリカ。
こういう集落があるので
>>続きを読む

サラブレッド(2017年製作の映画)

3.2

幼なじみでありがら違う環境で育った二人の女性が企む計画を描いたスリラー作品。

2016年に亡くなったアントン・イェルチンの遺作になった作品です。
この作品を撮り終えて数週間後に亡くなっていることを思
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

3.0

ビンラディンを捕まえろとお告げを受けた男が繰り広げる実話ベースの物語。
主演はニコラス・ケイジ。

ベースとなった元々のストーリーが面白くないのか、それとも脚本が面白くないのか分かりませんが、あまり話
>>続きを読む

ノッティングヒルの洋菓子店(2020年製作の映画)

3.3

イギリスのノッティングヒル洋菓子店を舞台に店の立ち上げから関わる人たちの人間模様を描いたイギリス作品。
原題は「Love Sarah」ですが、邦題は「ノッティングヒルの洋菓子店」。
正直に言うと原題は
>>続きを読む

es [エス](2001年製作の映画)

3.5

過去に鑑賞しました。記録漏れのために追加します。

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.4

高校卒業を目前とした女性の仲良し二人組の学園コメディ作品。

今まで勉強しかしてこなかった二人が卒業前夜のパーティーで思い出づくりのためにはじける話。
下ネタ的な会話も多く、いかにもアメリカの学園コメ
>>続きを読む

ホワイト・ストーム(2019年製作の映画)

3.8

それぞれ経済界の大物と麻薬売買の大物になった元組織の義兄弟の争いを描いた香港ノワール作品。
主演は「インファナル・アフェア」シリーズのアンディ・ラウ。
仲違いしたきっかけやその後の確執なども含めて大変
>>続きを読む

オフィシャル・シークレット(2018年製作の映画)

3.7

キーラ・ナイトレイ主演の事実に基づくサスペンス作品。
2003年のアメリカ・イギリス他によるイラク戦争の舞台裏で、政府の機密情報をリークした女性職員を描いた作品。

史実ベースのため、リークした女性の
>>続きを読む

ホテルニュームーン(2019年製作の映画)

3.3

永瀬正敏や小林綾子なども出演しているイラン・日本の合同作品。
とはいえ、ほぼイラン作品ですね。
イラン人の母親と娘の出生の秘密を巡るドラマ作品。

ストーリーとしては結構ありがちな流れでそれほどでもあ
>>続きを読む

5時から7時までのクレオ(1961年製作の映画)

3.4

1961年のフランスのモノクロ作品。冒頭部分は少しだけカラー映像になってます。

癌かもしれないクレオが、検査結果を医師から聞くまでの2時間、パリの街で過ごす姿が描かれています。
不安な気持ちの一方で
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.7

引きこもりがちな19歳の女性が前向きに生きようと頑張る姿を描いた作品。
アマプラで配信されていたので鑑賞してみました。

ハーバード大を飛び級で卒業できるほどの頭脳を持っているものの、人付き合いが苦手
>>続きを読む

アザーズ(2001年製作の映画)

3.4

戦時中のフランスの古い館を舞台としたサスペンスホラー作品。
主演はニコール・キッドマン。

たまにドキっとする場面はありましたが、それほど怖い内容ではありません。
オチも考えられるいくつかの選択肢の1
>>続きを読む

>|