TDSさんの映画レビュー・感想・評価

TDS

TDS

より幅広いジャンルの映画を観るようにしたい
ネトフリ使用者
読解能力低め

映画(637)
ドラマ(18)

カムガール(2018年製作の映画)

3.4

序盤は「NERVE/ナーヴ 世界で一番危険なゲーム」のエロい版かと思ったけど、途中からはアカウントの乗っ取りというネット社会の危険性をメインにしたサスペンスな感じになり良かった
でも、肝心な部分で解明
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.6

ナルニア国物語

全てが想定内でツッコミどころもいくつかあるが、王道ファンタジーで幅広い層が楽しめる作品だと思う

マッケンジー・フォイが可愛すぎて悶える

音楽と舞台が綺麗

ネズミかわいい

終盤
>>続きを読む

へレディタリー/継承(2018年製作の映画)

2.1

若干の伏線をちゃんと回収して、最後の最後で動機や理由が理解できるが、しょうもない

ホラー映画にしては間が長過ぎて退屈する

Mr.タスク(2014年製作の映画)

2.3

トップオブ胸糞映画
ムカデ人間とパッと見似たような発想だけど、今作の方が胸糞
ラストいい感じに終わらせようとしてるけど胸糞

間の長い会話シーンが多い
滑ってる感じの笑いが多い

キャラデザがキモ過ぎ
>>続きを読む

モーグリ: ジャングルの伝説(2019年製作の映画)

2.7

ディズニー版と比べてどんどんダークになっていく
CGのクオリティはどちらも大差ないが、今作はキャラクターの顔が若干アニメチックなようにも感じた(かわいくはない)

ラストはキャラクターそれぞれの考えが
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

2.6

ケネディ大統領暗殺の瞬間からの大統領夫人(ファーストレディ)の悲しみ、精神的疲労、迷い、葛藤

ナタリー・ポートマン鑑賞用作品

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

2.4

ありのままでやりたいことやろう的メッセージ

終盤ではみんな仲良くハッピーな感じに収束していってるが、中盤で主役2人に掛け持ちをやめさせようと友達だったはずの人たちが大勢で協力して2人を陥れたシーンは
>>続きを読む

グリンチ(2000年製作の映画)

4.6

クリスマスとは本来どうあるべきか、という典型的なクリスマスムービー
遊園地のような舞台の中で繰り広げられる世界間は観ていて楽しい
グリンチは意地悪なことを繰り返しているが、途中で明かされるグリンチの過
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.8

宇宙ステーションという限られた空間の中で地球外生命体と対決する、という点では「エイリアン」と同じだが、今作は地球外生命体に対して真っ向から戦闘をすることは少なく、施設のハッチやポッドなどを利用していか>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.6

終始明るく、笑える場面が多く最後はスカッとする
どの曲も明るく、ダンスが綺麗で、タップダンスがかっこいい

ドナルド・オコナーのコミカルな演技が好き
特に"Make 'em Laugh"のダンスと顔芸
>>続きを読む

ロケッティア(1991年製作の映画)

3.3

ダサかっこいいヒーロー

ジェニファー・コネリーが若くてかわいい

ミケランジェロ・プロジェクト(2013年製作の映画)

2.9

実話ベースだが、笑えるシーンが多くあり比較的気軽に楽しめる

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.1

中盤からラストにかけてのアイアンジャイアントの感情が良い

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

2.9

コミックオタクのおっさんとダイ・ハードなおっさん

スローペースな展開に感じたが、結末は面白かった

ホテル・ルワンダ(2004年製作の映画)

4.2

それまでの歴史を知らないのでどっちの部族が良くて、どっちの部族が悪いかとかは一概には言えないしわからないが、この作品で描かれたような虐殺は起きてはならないこと

話が進むにつれて辛い描写が増えてくる
>>続きを読む

インデペンデンス・デイ:リサージェンス(2016年製作の映画)

2.4

既視感の塊

エイリアンクイーン、第9地区、ATフィールド、etc...

ジェフ・ゴールドブラムとマッケナ・グレイスがかわいい

ダンケルク 史上最大の撤退作戦・奇跡の10日間(2004年製作の映画)

3.2

映画というか1話60分×3話のドラマ

メインビジュアルにベネ様がデカデカと描かれているが、ベネ様が出るのは3話目

ノーラン監督版「ダンケルク」とゲイリー・オールドマンの「ウィンストン・チャーチル」
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

2.3

年々突拍子も無さが上がってる気がする

日本の運命を小学生任せ

エルム街の悪夢(1984年製作の映画)

3.8

特殊効果がふんだんに使われていてすごかった
終わり方が全編を通して一番怖かった

ところどころツッコミどころはある

ジョニデ若すぎ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.6

童貞二人恋愛珍道中

今作の主人公は前作のジェイコブから変わりグリンデルバルド

開始早々の超絶展開でテンションが上がり、その後はテンポが悪すぎて、ストーリーは面白いが退屈に感じてしまう
ラストは超絶
>>続きを読む

おしゃれキャット(1970年製作の映画)

3.6

猫一家帰宅物語

遺産相続とかいう大人な事情に巻き込まれた猫たちがかわいそう

"Ev'rybody Wants to Be a Cat"のシーンがおしゃれでかわいくて好き

ラストバトルが痛快

>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

3.3

政治的な用語が多くて難しめだが、政治的思想によって表現の自由が制限されるべきではないということはわかる
後半で偽名を使って数々の脚本を生み出し、以前の立場を取り戻していく姿は痛快

ブライアン・クラン
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.8

何かがワッと出てくる系のホラーではなく、精神攻撃で主人公たちが錯乱していくというのが良かった

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

2.2

この作品が「Mr.タスク」のスピンオフだということを後から知り、そちらの方は未見だが、それを差し引いても終始しょうもなかった

ジョニー・デップのカメレオンぶりは改めてすごいと思った

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

Queenが活躍していた時期を実際に生きていた訳ではないが、十分に楽しめる

前半はQueenの結成、アルバムの制作がメインのいかにも「実話」みたいな感じだが、中盤でフレディと周囲の人たちとの関係に問
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

2.8

今までのエヴァンゲリオンとは全く違う

「Qはわけわからん、やばい、やらかしてる」という噂を聞いていたが、言いたいことがわかった
ひとつの話としてはおもしろくない訳ではない

前半は前作までの繋がりを
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

3.9

新劇オリジナル要素が増えた分、序と比べるとテンポが遅いが、終盤の詰め込み具合がハンパない

レイが感情豊かになりすぎ

青春してる

ミサトさんのお団子ヘアー姿が素敵

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

4.0

基本的にTV版6話までの内容をギュッと濃縮してるからテンポが早い
所々TV版とは違う部分があるので違いを見つけるのも楽しい

提供丸わかりのミサトさんの家

ミサトさんのポニーテール姿が素敵

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

5.0

「白鳥の湖」の主役を演じることになったニナの役に対するプレッシャーや周囲の人との関係から生じる精神の変化を描いた作品だが、話が進むにつれていろんな意味で恐くなってくる。

ラスト30分が映像的にもニナ
>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

3.5

メッセージを詰め込んだアニメ版ラストと比べて、壮大なスケールでストーリーをきっちりと終わらせた劇場版ラスト

25話にあたる「Air」は迫力あるアクションシーンや感動なシーンが多く、エヴァとしても映画
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

2.8

ラストの戦いは壮大だが、ツッコミどころが多く、色々とクセが強い

なんか笑ってまう

ムーラン(1998年製作の映画)

3.2

特殊能力無しの戦闘系ディズニーヒロイン

チャイナな音楽が良い感じ

ムーシューはほぼジーニー

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.9

コメディ、ホラー、アクション、恋愛要素に満ちた、ハートフル"ペット拾いました"ムービー

若干のテンポの遅さを感じたが、とにかくエディとヴェノムが可愛すぎて悶えた
もちろんかっこよさもあるが、それを忘
>>続きを読む

>|