TDSさんの映画レビュー・感想・評価

TDS

TDS

より幅広いジャンルの映画を観るようにしたい
ネトフリ使用者
読解能力低め

映画(557)
ドラマ(18)

ジュピター(2014年製作の映画)

2.2

映像が綺麗で、キャストが豪華だから製作費が高いだろうに、雰囲気や話の展開に低予算映画感が充満している
時々話が唐突な部分もある
映像が綺麗と言ったが、キャラクターデザインは一昔前の感じで若干ダサい

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

5.0

全社畜に贈る、ディズニーの感動作

大人になって仕事まみれになって変わってしまったクリストファー・ロビンが、プーと再会して大切なことを思い出す。

原題が"Christopher Robin"であるだ
>>続きを読む

なんだかおかしな物語/ボクの人生を変えた5日間(2010年製作の映画)

3.3

軽めな笑いと、重めな話題と、良い感じの感動
人生の見つめ直し

エマ・ロバーツが美人

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.2

ストーリーはよくあるミステリー、探偵ものだが、笑えるシーンが多く、映像の彩りもきれいで楽しかった。

ライアン・ゴズリングが最高にかわいい
ゴズリングの娘役のアンガーリー・ライスはホムカミの子でこれま
>>続きを読む

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ2(2013年製作の映画)

2.6

エグさ、胸糞さは前作よりマシ
後半からツッコミどころが著しく増える

ペーパーマン PaperMan(2009年製作の映画)

2.4

コメディな部分もあるが、基本的におっさんと女の子の生き方について
あまり大きな動きなく進むので退屈にも感じるが、ジェフ・ダニエルズとエマ・ストーンが可愛らしく、終盤は感動

TAU/タウ(2018年製作の映画)

2.4

監禁生活で育んだAIとの友情

エド・スクライン悪役多すぎ

バッド・バディ! 私とカレの暗殺デート(2015年製作の映画)

3.2

アナ・ケンドリックとサム・ロックウェルがひたすらかわいいだけの映画

なんちゃって家族(2013年製作の映画)

4.3

適度な下ネタとエロさ、アホさで満足
キスしまくるシーンはエロかった

エマ・ロバーツ美人

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

5.0

前作でもっと観たいと思っていた部分がもっと観れて、アクションや笑いはパワーアップ
アントマンとワスプの協力バトルが爽快
敵も味方も全員かわいく感じてくる

スコットとキャシーのシーンが特にかわいくてほ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.4

コストの高いヨシヒコ

神楽とまた子のアクションシーンがかっこよかった

佐藤二郎とムロツヨシがツボ

サークル(2015年製作の映画)

2.4

人の心理状態、心理戦を存分に楽しめるが、ほぼ全編同じ部屋で進行するので飽きる人は飽きる
結末が良い

セル(2015年製作の映画)

2.3

基本的にゾンビ映画
設定が面白いのにもったいない

アメリカン・レポーター(2016年製作の映画)

3.2

全体的にコメディな雰囲気で、アフガニスタンの状況とかも学べるのでよかった

(2013年製作の映画)

3.1

めっちゃグロい映画なのかと想像していたが、グロい映画ではなく、グロい習慣のある家庭での子供たちの葛藤とかを描いた作品
娘2人の最後の行動が怖くもあるし、切なさもある

グロい映画だと思って観てると退屈
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

2.6

様々なものを犠牲にしてでも自分の正義を貫き通したスノーデンのかっこよさ

若干退屈に感じるシーンもあったが、緊張感のあるシーンもあって良かった

パピヨン(1973年製作の映画)

2.9

監獄と脱獄が似合う男、スティーブ・マックィーン

ミスト(2007年製作の映画)

3.7

異常な状況に陥った人々の心理状況を楽しむ系
同じ雰囲気のシーンが多いので中盤若干退屈になるが、全体的な流れとラストが良かった

ウォーキング・デッドのメンツが多くて良かった

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.7

一つの家庭が徐々に崩壊していく様が見ていて楽しかったし、切なかった
ラストのケヴィン・スペイシーのセリフがちょっと怖い
映像の見せ方も綺麗だった

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

2.9

途中までは、ある日空から攻めて来た的なよくある展開と光景だが、中盤からガラッと変わって良かった

おちゃらけたペーニャも良いが、真面目なペーニャも良い

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

2.3

ただの長いミュージック・ビデオ
ラストの曲だけで充分

愛とは何か的なメッセージ性をずっと訴えかけてるのはわかるが、終着点が見えないまま延々と続けられるので途中から飽きてきた

コリン・ファースはかわ
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.2

笑えるシーンもあるが基本しんみり
アルフレードのトトに対するいろんな形の優しさが心にしみる

映画好きなトトや町の人の好感度高い

子供トトかわいい

13日の金曜日(2009年製作の映画)

2.3

侵入者絶対殺すマンVSパリピ集団×2

無駄なおっぱい描写多め
脳天ぶっ刺し引き抜きおっぱいはアホすぎて笑えた

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映画を撮影している映画を撮影している映画であることはすぐにわかるが、本番は映画を撮影している映画が終了してから
本番では前半の映画を撮影している映画において違和感に感じたり、ツッコミどころに感じたこと
>>続きを読む

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.3

グロキモ描写が続くだけかと思いきや、ラストのどんでん返しが良かった
少し考えさせられた
拷問シーンとかゴキブリシーンとか気持ち悪い

死霊館(2013年製作の映画)

2.2

全体的に不気味だった
観たことある感じの部分が多かった

ヒッチコックの鳥

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.2

どんどん行動が過激化していく様は観ていて楽しい
行動が過激化するにつれて作品の雰囲気自体もどんどん変わっていく

グースバンプス モンスターと秘密の書(2015年製作の映画)

2.2

全体的に単純なストーリーで退屈したが、いろんなモンスターがいっぱい出てくるのは楽しめた
原作を読んでたらもっと楽しめたかな

ジャック・ブラックのキャラの変化具合が良い

パッケージ: オレたちの"珍"騒動(2018年製作の映画)

5.0

今までたくさんのコメディ映画を観てきたが、この作品ほど話の本筋がアホすぎるものは観たことがない。
開始20分ほどで事件が起きてからはエンドロール終了まで終始腹を抱えて笑えた。
話の本筋がド下ネタなので
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

ケイト・ブランシェットがひたすらかっこよすぎる

全体的にすんなりいきすぎな感じもするけど、オーシャンズ感はちゃんと出ていて良かった

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

5.0

前作からスムーズに繋がり、子育てをする父親としての葛藤やらヒーローの意義やらメッセージを盛り込みつつ、前作よりもド派手なアクションシーンの連続で楽しかった

アクションシーンは、様々な能力が出てくるの
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.8

最初、肉まんから目が出てきた時は気持ち悪過ぎたが、感動する展開で、ディズニーの短編史上一番深いかも

>|