TDSさんの映画レビュー・感想・評価

TDS

TDS

より幅広いジャンルの映画を観るようにしたい
ネトフリ使用者
読解能力低め

映画(515)
ドラマ(18)

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

良くも悪くも想定内の面白さ
今までのシリーズの中で一番多く倫理的問題や陰謀的な部分に焦点を当てている

前作のように巨大テーマパークに行ったような高揚感は感じられなかったが、それはジュラシックパーク2
>>続きを読む

スパルタンX(1984年製作の映画)

4.1

いろんな意味で笑えて楽しかった
終盤のジャッキー・チェンが特にかっこいい
スペインを舞台にする意味はよくわからない
シルビアが美人

13 ラブ 30 サーティン・ラブ・サーティ(2004年製作の映画)

2.3

13歳の少女が30歳の世界を楽しむ夢に満ちた話かと思ってたら終盤割とギスギスしてた。
ジェニファー・ガーナーが、中身が13歳の30歳を演じるのうまかった。
キャストが豪華

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

2.6

ドラッグ、下ネタ、青春、音楽など好きなジャンルが色々詰め込まれていて良かった
前半と比べて後半はシリアス多め

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.8

恋愛メインな話かと思いきや、コメディ要素多めで、シリアスな場面もあるがコメディが暗さを吹き飛ばす
最後は感動

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

4.6

アメリカでの興収があまり良くない、ということで心配していたが、スターウォーズは信じるべき存在だと改めて感じさせられた。確かに序盤では、何も悪い部分はないのにも関わらず心の中で何かが足りていないという気>>続きを読む

ピートと秘密の友達(2016年製作の映画)

1.8

キャストは豪華だが、ストーリーがイマイチ。ドキドキするような展開も感動するような展開もほとんどなかった。

3,4歳まで人間世界で暮らしてたのに人間世界にあまりにも慣れ無さすぎ

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

4.4

最初から最後まで下ネタとドラッグで満載で楽しい
こんなにはっちゃけてるロバート・デ・ニーロをあんまり観たことなかった
ザック・エフロンの酔った姿は最高

ベンジー(2018年製作の映画)

2.8

ストーリーの流れは想像がつきやすい王道
ひたすらベンジーがかわいいだけの映画
ベンジーが賢すぎて途中から笑えてくる

ジェーン(2014年製作の映画)

2.8

ナタリー・ポートマンが復讐のために西部開拓時代を舞台に銃を撃ちまくる話かと思いきや、ドロドロの三角関係かと思いきや、終盤は感動した

デッドプール2(2018年製作の映画)

5.0

前作からネタもアクションもパワーアップ、家族や恋人への愛や人種差別に関するメッセージに溢れるファミリー向け映画

ストーリーにはベタな部分もあるが、常に笑わせてくれて、アクションシーンは鳥肌もののかっ
>>続きを読む

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

2.2

タイトルからは想像できないグロ

中盤で大きく展開が変わり、よくわからない方向へと走っていった

ハンナ(2011年製作の映画)

1.8

外の世界をほとんど知らない殺し屋の少女が街に出た的な
展開が遅く、アクションもこれといって目新しさがないので飽きる

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.2

ストーリーは王道
細かな笑いが連続し、ずっと笑っていられた。
うさぎ達はかわいいが、かわいい外面とは裏腹にマクレガーvsうさぎの両陣営がお互いをガチで殺しにかかってるのはおもしろいし迫力があった。
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

2.8

人格形成期、思春期の思い、葛藤

前半は先生対生徒で先生を出し抜いたりするのがコミカルで楽しかった
終盤は一気にメッセージ性が深くなった

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.4

基本テンポ良くてポーカーのシーンとかは楽しいけど、時系列を交互に進めたり、専門用語とか難しい言葉が多いので若干混乱した
終盤は会話ベースの進行になってテンポが少し悪くなったように感じて退屈してしまった
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.7

おじいちゃん3人組がかわいい

強盗計画がしっかりしているし、笑えるシーンが多くて楽しかった

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.4

事件の概要は知っていたが詳しい部分は知らなかったので新鮮に楽しめた
主要登場人物たちはキャラが濃くて主張が激しいので中盤まではイライラさせられた
トーニャのパフォーマンスのシーンは綺麗で良かった

>>続きを読む

メン・イン・キャット(2016年製作の映画)

3.2

ただかわいくて笑えるだけじゃなくて家族愛を取り戻す感じが良かった

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

5.0

少年たちが集まってバンド(しかもMV付き)するっていうだけでワクワクものなのに、そこに恋愛要素やら周囲の環境に対する思いやらをしっかり絡めているのでただワクワクするだけじゃなく感動もできて良かった
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

4.0

サメに襲われる。という王道なストーリーだが、7割くらいのシーンをブレイク・ライブリーが一人(しかもずっとビキニ)で演じているのがすごいし、映像が綺麗

海は綺麗だが、危険がいっぱい

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.5

難しい部分もあったが、設定と世界観が好き
ずっと赤いバイクに乗ってる人がアキラって名前なのかと思ってた

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

アクション、ファンタジー、笑い、恋愛、感動、巨大企業の陰謀、貧困層、ゲーム、映画、アニメなどなど映画の中で観たいもののほとんど全てがバランスよく詰め込まれていて、スピルバーグ作品の極みのような作品。>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.3

冒頭に前回のあらすじがあり初心者でも楽しめるようになっている。
後付け感がある部分もあるが割とつじつまが合っていて良かった。

序盤は緊迫感がなく退屈
「展開読めまくりやん」と思わせつつそこからのどん
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

5.0

評判通りマジジュマンジな作品
童心に返って楽しめる

申し訳程度の前作との関係性で前作のファンもある程度納得させ、新規の人に受け入れ安くしている
ゲームあるあるや、笑える要素が山ほど盛り込まれていて終
>>続きを読む

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

2.8

デザイン、雰囲気はさすがギレルモ・デル・トロという感じで良いが、ストーリーは終盤以外スローペースで進むので退屈に感じてしまった

ミア・ワシコウスカのカツラ感が拭えない
トム・ヒドルストンとジェシカ・
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

5.0

チャーチルかわいい

ゲイリー・オールドマンだと知らなかったら知らないまま終わるレベルで外見も話し方も良い意味でゲイリー・オールドマンの原型を留めていない。
ストーリーは第二次世界大戦中の英国議会での
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.6

ロシア人が終始英語で話してることは置いといて、リアル系のスパイ映画にはどれにも通じるが、ややこしいけどラストのどんでん返しが快感

訓練学校のシーンはある意味AV
訓練学校で学んだことがそんなに生かさ
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.7

The 美男美女なデイン・デハーンとカーラ・デルビーニュの(なんだかんだ)ラブラブ珍道中

世界観、デザイン、キャラクター設定、ガジェットが好み
序盤の大市場でのシーンが特に新鮮で楽しかった。
場面が
>>続きを読む

ゲームオーバー!(2018年製作の映画)

4.2

テロリストから人質を救いに行く展開はよくあるアクション映画と言う感じだが、おバカさ、下ネタ、グロを思いっきり詰め込んでいるので終始笑えて楽しい
伏線も結構張っていて、終盤での回収が気持ちよくハマった
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.4

最初から最後まで王道展開まみれ
タンクトップ姿のアリシア・ヴィキャンダーを観続けられるぐらいしか良いところがない
冒頭のシーンで遺物からスーパーパワーが飛び出してがっかりする系かと匂わされたが、思った
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.6

前半は戦時下での生活がどのようだったかをコミカルな感じで穏やかに描いていたが、後半にいくにつれてその穏やかな感じが変わっていき辛く感じるシーンも多い

主人公が描いた絵のようなタッチのシーンが印象に残
>>続きを読む

ダラス・バイヤーズクラブ(2013年製作の映画)

3.2

違法行為にはなるが、エイズ患者を救おうとする主人公
エイズ患者をホモと言いバカにする人への対応がかっこよかった
ストーリーよりもマシュー・マコノヒーとジャレッド・レトーの演技力にばかり目がいってしまっ
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

5.0

現代社会の便利さに慣れきっていて、色んな意味でアホな家族4人がいきなり電気関連のものが一切使えない世界でサバイバルすることになる。
全編通してずっと笑っていられ、サバイバル状況下での人間心理も(ありき
>>続きを読む

>|