てらまんさんの映画レビュー・感想・評価

てらまん

てらまん

クライム・ゲーム(2021年製作の映画)

2.9

いやぁ、解りにくいストーリーだった。デル・トロだから観たけど、複雑な内容と多数の登場人物でデル・トロどころでなくなった(^_^;)。
序盤からこりゃ字幕じゃ理解できないと思い、吹替で観ました。
100
>>続きを読む

ストレイ・ドッグ(2018年製作の映画)

3.0

まぁ、良くこれだけヤツレたメイクにしたし、またニコールもかなりダイエットしたと思う。
チョイチョイ過去を挟みながら、進んでく最近多いパターン。今作はやむを得ないが、どうしても展開の流れが悪くなり正直観
>>続きを読む

リトル・シングス(2021年製作の映画)

3.1

名優デンゼル、ラミ・マレック作品。楽しみして観ました。ラミ・マレックが小さく見えるぐらいの重厚感あるデンゼル独特の眼光、演技…集中して観ての後半〜クライマックス···モヤモヤモヤ😞。皆さんが評する通り>>続きを読む

ストックホルム・ケース(2018年製作の映画)

3.5

ストックホルム症候群の状態になる経過に不思議と違和感を感じる事がなかったので、スムーズな流れで観る事が出来た。真実とは言え、上手く描けていたと思う。
ノオミ・パレスの演技は素晴らしいと改めて感じた。
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

5.0

去年の公開から再々延期でやっと観れました。が前作のストーリーをかなり忘れていてイマイチ楽しめなかったので、ダニエル・クレイグ007を全てしっかり見直し、万全の状態での2回目です。
ITの流れでスパイが
>>続きを読む

ブラック アンド ブルー(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

これは中々面白かった。警察に対して諦めからの嫌悪感を持つエリアはあるかも知れないし、汚職警官がこの様に悪事を働けるエリアもあるかも知れない。
この良くありがちな事が2つ重なるとこうなるのかも知れないな
>>続きを読む

レガシー・オブ・ライズ(2020年製作の映画)

2.8

ウ~ン、悪くなさそうなんだけどストーリーにキレとテンポが悪いのか盛り上がりとドキドキ感がないダラダラした作品。
楽しくない。

ザ・クーリエ(2019年製作の映画)

2.5

折角大物二人が出てるのに、アホな脚本のせいで台無しに。
あのさぁ、二人共出演作品選ぼうよ。慰謝料で出演作品選ばなくて、評価を下げたニコラス・ケイジみたいになっちゃうよ。
まだ言わせて貰えば、残虐な殺し
>>続きを読む

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.1

コロナ禍の今観たから、リアルと同じで緊迫感を感じることかできなかなった。
コロナ前なら楽しめたのかも知れない。

トリプル・スレット(2018年製作の映画)

3.2

イコ・ウワイス繋がりで観た。結構残虐的に殺す所はタイ映画と言う感じだね。
ストーリーはウ~ンと言う感じだけど、アクションは申し分なかった。ガチンコ格闘タイマンかと思ったらブロックで殴ったり、2対1とか
>>続きを読む

2ガンズ(2013年製作の映画)

3.5

ウォールバーグ、デンゼルの二人で面白くない筈がないよね。そこにポーラ・バットン(^^)。彼女はゴーストプロトコルからファン😍
で内容。私はコメディー色が強い作品は好みではないんだけど、この作品のコメデ
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.5

プロローグ的な始まり。前作からの「つなぎ」にストーリー的違和感、疑問点を抱かせる点はなく、本編への鑑賞欲を満たせる素晴らしいプロローグ。120点💯。
序盤の内容も違和感なく観る事が出来、ゾンビ、街並み
>>続きを読む

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.6

ジェイク主演作品なので観た。が序盤でジェイクはいなくなり、おぃおぃと思ったが、常に彼の存在感を中心にして作品は進んでいく。そう思わせるストーリーは凄いな。
と言うものの作品としては親としての責務を果た
>>続きを読む

レディ・ヒットマン(2020年製作の映画)

1.0

ストーリー、演技、撮影道具どれを取っても酷すぎる内容。スパイ映画を馬鹿にしてる。予算がないのは仕方がない。だか演技は真面目にしろ!お遊戯会じゃない!

ブラッド・ジャスティス(2018年製作の映画)

2.4

途中まではマイノリティー差別警官、身内保護の隠蔽警察を法廷で裁くスリラー作品と観ていたのだが、途中から「ん?あれ?
」と言う雰囲気に···。それでも「まさかねぇ」と観ていたけど、そのまま、まさかの方向
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

3.4

犬のCG作品なんてどうせ駄作だろ。ハリソンもくだらん作品に出演して...と思ったけど、まぁ観たら良く出来てる😄。
僕も犬好きだから犬の表情の変化は分かる。だけど元来、犬の微妙な表情の変化をその時々の犬
>>続きを読む

ホワイト・ストーム(2019年製作の映画)

3.5

ストーリが良かった。アクションは銃ばかりで、物足りなかった。でも最後のカーアクションは見所なんだけど、少し長い。それと最後はCGやり過ぎ😅。まぁ今までにない映像作りたい気持ちは分かるけど。

ブルータル・ジャスティス(2018年製作の映画)

3.6

ストーリが良かった。状況により立場が逆転し、先が読めない展開に楽しませて貰った。ただ最後は少し不満。もう少し別の展開はなかったのか?とは言え、こうだったらと言う展開も思いつかないんだが。
メル・ギブソ
>>続きを読む

ロシアン・スナイパー(2015年製作の映画)

2.5

時代、情勢的にも人間らしく生きる事は勿論出来ない時代、女性らしく生きるなど出来ない時代だったのだろう。
映画としては私の好みではなかった。

4デイズ・イン・イラク/カルバラ イラク戦争・奇跡の4日間(2015年製作の映画)

2.5

ドキュメンタリー作品として捉えた方が見易いかな。平和維持軍とはいったい誰の平和を維持するのか、それが分からないのが現地の状況を伝えたい意図は理解出来る。
だか、そこに臆病な兵士が一人前の兵士になった的
>>続きを読む

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

3.0

彼女の不幸で屈辱的な出来事、環境には同情するが、ただの犯罪者。死んでよし!けしからん!見終わって気分が悪い!
だが、映画と言う作品の評価としては3.0はつけて良いかな。

KILLERMAN キラーマン(2019年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

題材は悪くないと思う。アンダーカバー系の作品には二通りある。
①アンダーカバーと言う事を描いてそれがバレるかも、バレてるのかものヒヤヒヤ感を観る側に楽しませる方法。
②アンダーカバーと言う事を観る側を
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.0

女性には失礼な意見かも知れないけど、あまりインパクトがなかった。当然あってはならない事なんだけど、私が男性だからか、置き換えて考える事が出来なかった。黒人差別とかは、インパクトあるんだけど。ただシャリ>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.0

ズーイ·デシャネルが出てるから観た。
う~ん、まずは受け入れ何でも前向きにやってみる。それが閉塞感を抜け出し、生活を豊かにすると言う自己啓発的な作品。中々こうは出来ないよね、と言う感想以外はない😌。

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.4

コロナで観れなかったが、やっと観た。
正直目新しさはなく、見終わった後の感動、高揚感はないかな😓。
だけど、空気を吸う権利すら与えたくないクズヤロー共を惨殺し、抹殺する事はすこぶる気持ちが良い!
この
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

3.2

以前から知ってはいたが、主役の女優があんまり好みじゃなかったが、友人が貸してくれたので観ました。リュック·ベッソン監督だし。カーアクションもなかったし、何よりスパイのテクニックじゃなく、スパイと実生活>>続きを読む

ブラックホーク・ダウン(2001年製作の映画)

3.5

色々戦争映画は見て、ノンフィクションも見てきたが歴史、政治的背景よりも個人に焦点を当てた作品はあまりないと思う。
戦争の無惨さ、残酷さは際立って描かれていたと思う。沢山の人の命···また亡くなった命の
>>続きを読む

ヘッド・ショット(2016年製作の映画)

3.3

ストーリはまぁシンプルです。まぁアクションシーンではみんな口から血が出ます···とまぁインドネシアアクションの定番なんだろうな。やっつけるシーンも惨殺的なのが多いのも定番かな(((^_^;)
でもイコ
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

4.3

KGB、CIAネタが大好物の俺には堪らない作品。楽しかった。特に終わり方が最高。
脚本もリュック·ベッソン···素晴らしい監督だ!
女性がスパイ役の作品はあまり好きではなかったが、女スパイは目的達成の
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

うん、これは面白かった。世間の好評価も納得。久し振りにハラハラドキドキ感が味わえた。展開において「いやいや、それはないやろ?無理でしょ?」と言う強引な展開を感じる事がなかったので、映画に集中出来た。韓>>続きを読む

ブラッドショット(2020年製作の映画)

3.4

好みの系統なんで楽しく観れた。ストーリも比較的分かりやすかったしね。
映像は最近のCG技術の凄いなぁ···と。
T2とヴェノムを思い出させるシーンと映像でした。

クリアショット(2020年製作の映画)

1.8

実話だからと言って何でも映画にすれば良いのではない。そもそも映画の題材選択ミス。その上警察、SWAT、犯人、人質の構成、演技、セリフが雑。
仮にそれが事実だとしても映画と言う作品でお金を貰おうと思うな
>>続きを読む

マイ・スパイ(2020年製作の映画)

3.2

CIAがショボ過ぎだろ!と思ったけど、逆にCIAだけが、真面目でビシッとしてたら、メッチャ変だよね?😅?まぁ、コメディと知らずに観たけど、たまにはこのぐらいのコメディなら悪くはないかな。

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

3.2

結構な豪華キャストの演技だったので、作品がビシッと締まっていた。
ストーリは同じ速度で展開して、かつ丁寧に描いていたと思う。監督、脚本もこなしたエドワード・ノートンの演技も良かったがウィレム・デフォー
>>続きを読む

>|