tirolさんの映画レビュー・感想・評価

tirol

tirol

洋画を中心に見ます!特にSFやサスペンス系が好きです!

  • 132Marks
  • 5Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ニキータ(1990年製作の映画)

3.6

ニキータが不良少女から秘密工作員になるまでの成長と葛藤を描いたラブストーリー&アクション。
悪くない出来ではあったが、ストーリーや展開にいくつかツッコミ所もあった。
ニキータの人間らしい成長を上手く描
>>続きを読む

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年製作の映画)

3.5

ファンタジーの定番作。押入れが別世界に繋がるという設定は好き。
作品自体は映像美で迫力もあり、悪くない出来。だがあまりシリーズ物としては成功しなかったイメージ。
ファンタジー過ぎてメリハリがないという
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.6

新海誠の世界観と映像美が堪能できる作品。
雨の日に観たくなる映画。音楽も綺麗。
演出と展開が若干クサい感じもあるが、青春アニメものだし問題ないだろう。

星を追う子ども(2011年製作の映画)

3.3

ジブリ感がハンパない作品。
映像も綺麗で演出も迫力あるが、肝心のストーリーには深みはなく薄っぺらいイメージ。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.5

新海誠の世界観が溢れ出てる作品。
映像や音楽がとても綺麗。切なくノスタルジックなストーリー。
「君の名は」ほど大衆受けはしなさそうだが、新海ファンからしたらこっちの方が人気ありそう。

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.6

伏線回収が気持ちいい作品。
間延び感はあるが最後まで充分楽しめる。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

クリストファー・ノーラン作品の中でも、1位2位を争う面白さと完成度を持つ映画。
ノーラン大好き、宇宙系SF大好き、特に2001年宇宙の旅が好きな自分にとっては、最高の作品だった。
3時間近い映画だが、
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.6

デヴィッド・フィンチャーの手腕が光る映画。ストーリー・演出共に良く出来ていて、オチも秀逸。サイコパスな作品。

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.7

ストーリー・演出共に良く出来た作品。
男心をくすぐる1本。映像も良くアクションに迫力がある。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

3.9

アニメ映画の傑作。
脚本・演出共に非常にクオリティが高いと言える1本。正直泣けた。
思い出補正は否めないが、トラックを運転するシーンや、ひろしの回想、ラストのタワーを登っていくシーンなど、多くの見どこ
>>続きを読む

名探偵コナン 天国へのカウントダウン(2001年製作の映画)

3.8

こだま監督時代の名作。
思い出補正もあるかもしれないが、数あるコナン作品の中でも指3本に入る面白さだと思う。個人的には1番好きな作品かもしれない。
ストーリーも良く出来ているし、ラストの演出は強く印象
>>続きを読む

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

3.7

こだま監督時代の名作。
思い出補正されている面もあるが、数あるコナン作品の中でも1位2位を争うくらいに好きな1本。
脚本も演出もしっかりしている。
ラストのアクションも良い。

時をかける少女(2006年製作の映画)

4.0

青春アニメ映画の傑作。
タイムリープものとしても捉えられる。
夏になると非常に観たくなる。
奥華子のガーネットがハマりすぎている。
細田守の作品は殆ど観たが、それらの中でも1位2位を争う名作だと思う。
>>続きを読む

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

3.1

J.J.エイブラムスとスピルバーグのタッグということで期待したが、思っていたような映画とは違ったし、内容もかなり薄っぺらいように感じた。いろいろ中途半端。残念。

TIME/タイム(2011年製作の映画)

3.6

設定が斬新で世界観も好きな作品。
上映時間も比較的短く、テンポの良い展開とストーリーが楽しめる作品。
主人公とヒロインのコンビもなかなか良かった。

ナイト&デイ(2010年製作の映画)

3.4

爽快なアクションとテンポの良い2人のやり取り・展開が楽しめるが、観終わったあとにあまり印象に残らない作品。何も考えずに観れるしその分観終わった後は何も考えない。メリットでもあるしデメリットでもある。

トランセンデンス(2014年製作の映画)

3.3

AIと人間の意識が融合し、人知を超えた能力を得てしまう作品。
期待せずに観たので、退屈することはなく楽しむことはできた。
ただ面白い設定と題材の割には、ストーリーに深みはなく、オチもそこまで考えさせら
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.5

ほとんど期待せずに鑑賞したため、予想以上に楽しむことができた。王道のSF路線の脚本。映像美ではあるが、そこまで製作にお金はかけて無さそうな出来ではある。
斬新な発想と演出があるわけではないが、世界観と
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.4

あまりここでの評価は高くないが、個人的にはそれなりに楽しめた作品。少なくともありきたりな作品ではなく、ストーリーや演出が印象に残っている1本。
リアリティはないが、脳が覚醒していくという設定は斬新で興
>>続きを読む

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.5

大人気アクション映画の続編。
個人的には1よりアクションやストーリーなどの印象は薄い。
ただクロエは成長してさらに美人になっているところは必見。

キック・アス(2010年製作の映画)

3.6

テンポの良い爽快なアクションが楽しめる作品。
とにかくクロエが可愛い。
特にヒットガールがアジトへと攻め込み、組織の人間を次々に倒すシーンは圧巻。

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.7

CGとそれ以外での演出を上手く組み合わせたパニック映画の名作。
このシリーズに関しては結局1作目が1番面白く完成度が高いと感じる。
93年にしては高い特撮技術で、恐竜をリアルに迫力的に描いている。
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.8

劇場に続き地上波で2度目の鑑賞。
構成と演出のクオリティが高く、庵野監督らしく仕上がっている。
展開が目まぐるしく、冒頭から引き込まれてしまう。
あらゆる部署や機関の了解を得ないと次の段階に進むことの
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

3.6

イーストウッドの手腕が光る名作。
ラストは非常に切ないが、ほっこりとした気持ちになれる。

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.7

圧巻の脚本と演出。
特にラストシーンが印象的な映画。
内容も多彩で、この独特な世界観に引き込まれてしまう。
ただそこまでグロテスクなわけではないが、中々に残酷で暴力的な作品。名作ではあるがあんまり思春
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.2

何度観ても68年公開とは思えないクオリティ。今まで観たSFの中で1番衝撃を受けたと言っても過言ではない。今年公開の低予算のSFよりよっぽど素晴らしい映像美と迫力ある演出で宇宙を表現できている。音楽も終>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.4

ホラーとヒューマンドラマを上手く融合させた傑作。
107分という比較的短い時間で、ストーリーを丁寧に仕上げている。
ただ個人的には、途中でオチが完全に読めてしまい、ラストのどんでん返しを楽しむことがで
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.7

衝撃のバットエンドで有名な映画。
追い詰められた人間の精神的な脆さを描いている。
次に何が起こるか分からない展開の連続で退屈せず楽しむことができた。
オチは正直知っていたのだが、それでも鬱な気持ちにな
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.6

演出や構成の巧さはさすがのディズニー。
日本が舞台になっているのもポイント。
笑いあり感動ありで充分楽しめる作品。

>|