tirolさんの映画レビュー・感想・評価

tirol

tirol

洋画を中心に見ます!特にSFやサスペンス系が好きです!

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

3.3

設定や世界観は個人的には好きだった。首都とその他の隷属地区との対比も良かったと思う。ただ長い映画の割にはストーリーが薄く、期待を超えてくるような展開もない。中弛み感は否めなかった。また活かしきれていな>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.9

迫力あるカーアクション、そして完璧にシンクロする映像と音楽で圧倒的な爽快感を楽しめる作品。
踊り出すことはないが、若干ミュージカルとも言えるくらいの演出と構成が非常に心地良かった。
メインキャストもそ
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.9

銃を持たないと誓った米軍衛生兵の活躍を描いた実話ベースの作品。

ノンフィクションものとしては珍しく、内容と展開が非常に豊富で見応えがあった。
幼少期の話から軍での訓練、恋愛、戦場でのアクションなど、
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.4

いつ死ぬか分からない緊迫感や重厚なサウンド、CGにこだわらない空中戦を楽しむことができた。
しかし個人的には大好きなクリストファーノーランの作品ということもあり、期待し過ぎてしまった。
史実を基にして
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

3.7

実際にあった事件をモデルにした、クリント・イーストウッドの手腕が光るヒューマンミステリー。

この作品を鑑賞し、改めてイーストウッドはノンフィクションを手掛けるのがうまいと思った。実際はどこまで事実で
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

3.2

金曜ロードショーにて久しぶりの鑑賞。
当時観たときは全く面白いと思わず、というよりかほとんど記憶になかったので新鮮な気持ちで観れた。
とにかく評価が低いイメージだったので、1ミリも期待しないで観たら、
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.3

音楽と坂本龍一とデヴィッドボウイがとにかく美しい映画。
ストーリーは自分が想像していたものとはかなり異なっていた。もっと戦争やクリスマスにフォーカスした作品だと思っていたが、実際には男たちの友情と愛情
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.7

最終作へと繋がる重大な責務を担った第8作。
個人的な感想としては「うーーん」といったところ。
ストーリーもそこそこで内容も豊富だし決して退屈はしなかった。期待せず観た映画だったら及第点は付けられる。
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.7

圧巻のアクションとCGが楽しめる作品。
ストーリーや構成は普通だと思ったが、個人的にこういうハイスピードで迫力あるアクションが好きなので充分面白かった。空飛んでて音速超えて衝撃波出る演出は何かいいなと
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.6

クリストファーノーランの代表作の1つ。
個人的には指3本には確実に入るほどの大好きな映画。この作品をきっかけにノーランファンになってしまった。
ノーランが長い間構想を練っていただけあって、世界観や設定
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.4

大好きな作品の1つ。
ストーリー、演出、演技のどこをピックアップしても高い評価が出来る。
この監督の映画は何本か見ているがこれが圧倒的に好きな作品。
ジャンレノとナタリーポートマンのそれぞれのキャラも
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.0

クリストファーノーランの代表作の1つ。
脚本はもちろん、設定と構成がとても秀逸。他とは一線を画したサスペンス作品になっている。
複雑で独特な構成で造られ、ストーリーは理解するのに難し過ぎずそして簡単過
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.0

過度のストレスを抱えた私生活の中で、精神が次第に削られていく様子を描いたサイコスリラー。なかなか好きな作品の1つ。
数年前に観た映画だが、全体的に強く印象に残っている。
構成・演出共に闇に堕ちていく精
>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.4

近未来系SF大好き、タイムリープもの大好きな自分には、好みの設定と世界観だったが、そこまでそれらの魅力を引き出せていないように感じた。
決してつまらなくはなかったが、そこそこといったところ。観て損する
>>続きを読む

第9地区(2009年製作の映画)

3.7

かなり前に観た作品だが、全体的に非常に印象に残る作品。
難民化した宇宙人という設定や南アフリカという舞台、ドキュメンタリー風のカメラワークなど、他のSFとは一線を画した独特の雰囲気と世界観が造られてい
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.5

過去記録
ストーリーを楽しむというよりは、良くできたCG映像と迫力あるアクションを楽しむ作品。

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.5

過去記録
映像が綺麗。
空を飛ぶところの演出が良かった。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

宇宙空間を忠実に描いた、SF&ヒューマンドラマの名作。
90分という比較的短い時間の中、手に汗握る展開と演出であっという間にストーリーが進んでいく。冒頭から引き込まれ、中弛みを感じることなく最後まで楽
>>続きを読む

ねこぢる草(2000年製作の映画)

3.5

臨死体験を描いた抽象的で奇妙で摩訶不思議な世界観を体験できる作品。
深く考えすぎると鬱になりそう笑

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.6

オードリーと音楽がとにかく美しい作品。
特にオードリーは、1つ1つの仕草のどこを切り取っとっても絵になるほどの綺麗さ。印象的なセリフがあるのも良い。ストーリー自体はそこまで凝っていないように感じた。

ニキータ(1990年製作の映画)

3.6

ニキータが不良少女から秘密工作員になるまでの成長と葛藤を描いたラブストーリー&アクション。
悪くない出来ではあったが、ストーリーや展開にいくつかツッコミ所もあった。
ニキータの人間らしい成長を上手く描
>>続きを読む

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年製作の映画)

3.5

ファンタジーの定番作。押入れが別世界に繋がるという設定は好き。
作品自体は映像美で迫力もあり、悪くない出来。だがあまりシリーズ物としては成功しなかったイメージ。
ファンタジー過ぎてメリハリがないという
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.6

新海誠の世界観と映像美が堪能できる作品。
雨の日に観たくなる映画。音楽も綺麗。
演出と展開が若干クサい感じもあるが、青春アニメものだし問題ないだろう。

星を追う子ども(2011年製作の映画)

3.3

ジブリ感がハンパない作品。
映像も綺麗で演出も迫力あるが、肝心のストーリーには深みはなく薄っぺらいイメージ。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.5

新海誠の世界観が溢れ出てる作品。
映像や音楽がとても綺麗。切なくノスタルジックなストーリー。
「君の名は」ほど大衆受けはしなさそうだが、新海ファンからしたらこっちの方が人気ありそう。

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.6

伏線回収が気持ちいい作品。
間延び感はあるが最後まで充分楽しめる。

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

クリストファー・ノーラン作品の中でも、1位2位を争う面白さと完成度を持つ映画。
ノーラン大好き、宇宙系SF大好き、特に2001年宇宙の旅が好きな自分にとっては、最高の作品だった。
3時間近い映画だが、
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

3.6

デヴィッド・フィンチャーの手腕が光る映画。ストーリー・演出共に良く出来ていて、オチも秀逸。サイコパスな作品。

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.7

ストーリー・演出共に良く出来た作品。
男心をくすぐる1本。映像も良くアクションに迫力がある。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲(2001年製作の映画)

3.9

アニメ映画の傑作。
脚本・演出共に非常にクオリティが高いと言える1本。正直泣けた。
思い出補正は否めないが、トラックを運転するシーンや、ひろしの回想、ラストのタワーを登っていくシーンなど、多くの見どこ
>>続きを読む

名探偵コナン 天国へのカウントダウン(2001年製作の映画)

3.8

こだま監督時代の名作。
思い出補正もあるかもしれないが、数あるコナン作品の中でも指3本に入る面白さだと思う。個人的には1番好きな作品かもしれない。
ストーリーも良く出来ているし、ラストの演出は強く印象
>>続きを読む

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

3.7

こだま監督時代の名作。
思い出補正されている面もあるが、数あるコナン作品の中でも1位2位を争うくらいに好きな1本。
脚本も演出もしっかりしている。
ラストのアクションも良い。