つよさんの映画レビュー・感想・評価

つよ

つよ

夢を生きた男/ザ・ベーブ(1991年製作の映画)

3.0

ベーブ・ルースの伝記。
投げても打っても大活躍の野球選手。
凄い人だと思ってたら、暴力的でワガママだったのは知らなかったのでちょっと嫌いになった。
ジョン・グッドマンがハマってる。

闇の処刑人 ザ・ショットガン(2019年製作の映画)

3.0

弁護士兼処刑人。
法を逃れる悪をやっつける。
B級ぽいけど観やすく気軽に。

真夏の夜のジャズ(1959年製作の映画)

3.5

ジャズフェス映像。
詳しくないジャンルだけど音楽は楽しい。

弁護士ジョリー/弁護士ジョリー2~真実を白日のもとに(2017年製作の映画)

3.0

お金がない時代に依頼主か誰かのお金を使ってしてしまう弁護士。
警察の汚職と戦うように。
ダンスと歌、法廷シーンも長い。
エンドロールにメイキング。

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

3.5

スキー旅行に来た家族。
人工雪崩が起きた時の父親の行動がきっかけで少しギクシャク。
画角固定の映像も面白かった。

ファイアー・ブレイク 炎の大救出(2020年製作の映画)

3.5

森林消防隊に入るのは、ボスの娘と付き合ってる生意気そうな若手。
怖さが伝わる映像の迫力が凄い。圧迫感。
ちょっと今言いづらいけど、さすがロシア映画。

ヒトラーに盗られたうさぎ(2019年製作の映画)

3.5

ナチスから逃れるために家族で引っ越す。
大変そう。
子ども目線も良い。
「絵本作家の自伝」に引っ張られすぎて、絵本要素どこなのと待ってしまった。キッカケみたいのは出てくるけど。

ひまわり(1970年製作の映画)

3.5

戦争で離れ離れになった夫婦。
夫は生きてると信じて探す妻。
愛と切なさ。
雪は過酷。
ひまわり畑きれい。カチューシャという名前の子がいるのはポピュラーなんだろうか。

パーフェクト・ゲッタウェイ(2009年製作の映画)

3.0

ハワイに来た新婚。
トレイル中に、ホノルルで若いカップルが殺される事件を途中で知ったり、謎のカップルと出会ったり。
一緒にいるのが悪者なのかも、とドキドキ。
でも真実が気になるだけで。話が長く感じた。
>>続きを読む

馬上の二人(1961年製作の映画)

3.0

保安官と軍人の友だち。
コマンチ族にさらわれ育てられてる白人を救うために、保安官が軍隊に協力。
意外に重い内容でも観やすい。

ブラック・ライダー(1971年製作の映画)

3.0

南北戦争が終わって黒人奴隷も解放されるけど形だけ。
本物の自由を求めて旅に出る。
馬が駆けるのは気持ち良い。
ハーモニカやギターや、なんかビヨンビヨンする音や、音楽も印象的。

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

3.0

二人の音楽が世界を救うと言われたコンビ、気付いたら時間が無くなってて、タイムトラベルを繰り返しなんとかしようとする。
ドタバタやってます、がハマらなかった。

トゥルー・クライム(1999年製作の映画)

3.0

女好きで若い記者と飲んでる男。振られた女記者は事故に遭い、代わりに死刑囚の取材することになる男。
だだの取材のはずが、事件に疑問を持ち調べると犯人じゃないかも?
別居中の妻と幼い娘との話も。
死刑は重
>>続きを読む

デンジャー・クロース 極限着弾(2019年製作の映画)

3.5

ベトナム内戦。アメリカと共に南軍についた新兵が多いオーストラリア軍。
ダサい邦題だけど、爆破や銃撃戦や迫力ある映像は見所。

テスラ エジソンが恐れた天才(2020年製作の映画)

2.0

ナレーションとドラマと、ストーリーに入り込めない変なドキュメントのような独特の世界観。再現ドラマみたい。予算無くなっていったのかと思うぐらい。
歴史や人物を知るには良いんだけど。

ダンケルク(2017年製作の映画)

5.0

第二次世界大戦。
陸・海・空、同じ出来事を違う視点でそれぞれ時間の流れも違うのは、さすがクリストファー・ノーラン。
最後クライマックスに向かう感じも気持ちが良い。
不穏な音楽もこの監督らしい。
映像の
>>続きを読む

抱きしめたい(1978年製作の映画)

3.5

ビートルズの虜になった女の子が本人たちに会いに行こうとする。
青春で可愛らしいけど、物凄い熱量の厄介オタク。

草原の野獣(1958年製作の映画)

3.0

銃がトレードマークのハケット家。
馬追いの手助けを頼む兄弟。優しい弟は頼みに行った先の女の子に恋をして、乱暴な兄はその女の子の兄と仕事中に…。
馬はカッコいい。タイトルすごいな。
嘘つき証人や、裁判が
>>続きを読む

SECURITY/セキュリティ(2016年製作の映画)

3.0

元軍人、帰国しても仕事がなく、ショッピングモールの警備員の仕事をやっと見つける。
証人の女の子が悪者に狙われてて助けることに。
同僚の偉そうなテンション高いモミアゲがウザキャラ。

シェラマドレの決斗_1(1966年製作の映画)

3.5

名馬を使って牧場を始めようとするがその馬が悪者に盗まれ、取り返しに。な
明るい西部劇は好き。

ザ・メガロドン 怪獣大逆襲(2021年製作の映画)

1.0

軍艦が巨大サメに襲われ戦争勃発の危機。
軍人っぽくない人たちが少人数で頑張る。
これぞアサイラムのB級映画。

ザスーラ(2005年製作の映画)

4.5

弟をバカにしての兄。兄弟ゲンカばかり。
ザスーラというボードゲームを見つけてやってみたら、家ごと宇宙に飛び出してまう。
協力して地球に帰れるのか。
冒険もの面白かった。

サンドラの小さな家(2020年製作の映画)

3.0

母親が小さな娘2人を連れて暴力男から離れ、自分で家を建てようとする。
トラウマになりながらも、助けを借りて仲間と一緒に頑張るのが良い。

酷い事されても、暴力振るう前の出合った頃のあの人が好き、ってあ
>>続きを読む

サンバ(2014年製作の映画)

3.5

長く真面目に働いていても不法移民は収容されてしまって。
でも担当者の女性と良い感じになったり、仲間と働いたり、真面目に明るく生きる。
軽いコミカルさもあり観やすかった。

サイキック・ウォリアーズ/超時空大戦(1992年製作の映画)

3.5

黒魔術、善vs悪。
人間界で殺人事件発生。
邦題のダサさに騙された。世界観、衣装やセット、違和感ないCG、凝ってる感じでとても良かった。

サイレント・ワールド(2004年製作の映画)

2.0

彗星が地球に衝突。
北ヨーロッパは人が住めない氷河期に。
ビームを出す衛星は破棄されたはずがまた使われ調査に。
軍人と科学者で揉めながら。

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

4.0

巨大嵐で父親を迎えに行った娘。家にワニ。
ドキドキしたし痛そうでずっと緊張感あって、泳ぐの速すぎてツッコミ所も楽しめて、チープさもなく怖くて。
ダサい邦題で損してるけど、良作パニックものじゃないか。

クリープショー(1982年製作の映画)

3.0

不気味ホラー。
俳優の演技が良いのか、安っぽさあるのに妙にリアリティ。
砂浜に埋められるの苦しい。

キャノンボール(1980年製作の映画)

3.5

大陸横断レース。色々ズルしたり、テンション高めで楽しい。
小型飛行機乗って「ちょっとビール買ってくる」はファンキー。
主役じゃないジャッキー・チェンは珍しい気がする。

希望の街(1991年製作の映画)

3.0

簡単に仕事を辞めちゃう青年、街の再開発、不良。
ワンカットで色んな人物にフォーカスするのは好き。

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

4.0

ゲーム実況的な動画をアップするのにハマってる男。
アンチコメントに反応したら襲われて、両手に拳銃をくっ付けられてしまい、現実世界で殺しをやらなくちゃいけなくなり、それをネットで楽しむ人たち。
グロさも
>>続きを読む

大いなる勇者(1972年製作の映画)

3.5

山で暮らすことにしたロバート・レッドフォード。
子どもを引き取り、先住民に軽い気持ちでプレゼントしようとしたら予想外の返礼を受け。
家族みたいに暮らすことに。
家を建てちゃうのすごい。
大自然の映像が
>>続きを読む

オーバードライヴ(2013年製作の映画)

3.0

運送会社社長のドウェイン。息子が麻薬で捕まり、罪が重すぎて検察とかが頼りにならないので自分で麻薬組織に潜入して息子を助けようとする。
実話に驚き。

エール!(2014年製作の映画)

5.0

フランスの田舎村。
耳の不自由な両親と弟と酪農やりながら暮らす女子高生。
学校ではコーラス部で歌の才能を見出だされ、家では父親が村長に対抗して選挙に立候補。
とても良かった。なんか分からないけど涙出そ
>>続きを読む

M.S.ドーニー 語られざる物語(2016年製作の映画)

3.0

クリケット選手の伝記。
反対されながらスポーツと勉強を頑張ったり恋愛もあったり。
試合も映画も長い。

エアポート2021(2020年製作の映画)

2.0

航空機がテロリストに奪われる。
システムもハッキングされ対処できないので、乗客を乗せた旅客機が止めに行く。
曲がるとき機内あんなに傾くかな。

>|