つよさんの映画レビュー・感想・評価 - 148ページ目

ナンバー23(2007年製作の映画)

2.0

23という数字に拘った映画。
ジョエル・シューマカー監督も23作目。

数字に取りつかれてく様子(だけ)は面白かった。

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

4.5

マンデラ大統領 × ラグビー。
ノンフィクション小説の映画化。実話。
マンデラさんは以前に自分の役はモーガン・フリーマンにやってほしいと言ったことがあるらしい。

もっと黒人と白人の対立があるかと思っ
>>続きを読む

南極料理人(2009年製作の映画)

3.5

タイトル通り、南極の基地にいる料理人の話。
エッセーの映画化。実話?

笑えたて面白かった。
ちょい長い。

堺雅人が良い。

ラスト・ターゲット(2010年製作の映画)

3.0

静かなジョージ・クルーニー。

綺麗なお姉さんのヌードが美しい。

私の中のあなた(2009年製作の映画)

4.0

白血病の姉を助けるために生まれた子が、ドナーになることを拒否して両親を訴え…。

感動。涙。

キャメロン・ディアスが好き。

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.5

第二次大戦中
ナチスから逃げるユダヤ人。
ナチスをやっつけるブラピたち。

さすがタランティーノ。らしさを発揮。
エグいし長いけど、かっこよくて面白い。

クリストフ・ヴァルツがとても印象的。
アカデ
>>続きを読む

サロゲート(2009年製作の映画)

3.0

リアルな身代わりロボットが社会生活をしてる近未来。
身代わりロボットが死んでも安全なはずの人間。

良くも悪くも期待を裏切らないストーリー。

映像は良いしアクションもカッコいい。

ブレイキング・ベ
>>続きを読む

カールじいさんの空飛ぶ家(2009年製作の映画)

3.0

アカデミー賞授賞や評価高いからハードル上がって、そうでもないと思ってしまった。

おもしろかったけどすこし退屈。
もっといっぱい空飛ぶのかと思ったのに。

映画館で3Dで見たかった。

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.0

1954年。
精神疾患のある患者を収容する孤島の刑務所で一人の女性が消えた。

途中眠くなりネタバレで目がさめた。
オチには満足。

俳優もさすが。
エミリー・モーティマーが好き。

ディカプリオとス
>>続きを読む

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ(2009年製作の映画)

2.0

ライアーゲーム2時間ドラマを映画館でやったただけ。

犯人分かる場面や種明かしは、そりゃ面白い。

テレビで人気だから映画化するのではなく、長くテレビシリーズを続けてほしい。

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.0

まだNHK BS2だった時代に観た。

よくわからなくて、でも鳥肌が立った。

音楽良くて映像が凄い。
なんていうか、引き込まれたのか?

名前だけは知っていたスタンリー・キューブリック、初体験かな。
>>続きを読む

アップタウン・ガールズ(2003年製作の映画)

3.5

中身がお子ちゃまなベビーシッターと、ムカつくぐらい生意気な子ども。

ブリタニー・マーフィーとダコタ・ファニングが抜群にカワイイ。
そしてこの二人のやり取りが面白い。

ほのぼの。
感動も。

奥さまは魔女(2005年製作の映画)

3.0

本物の魔女が魔女を演じる。
面白かった。

ニコール・キッドマンやウィル・フェレルもとってもいいキャラ。

ピーナッツ(2005年製作の映画)

3.0

ウッチャンナンチャン内村光良初監督作品。

昔の仲間が集まって嫌なやつを倒そう、という普通の展開だけど良い映画。

演技力はしょうがない。

野球シーンがリアル。

レアル ザ・ムービー(2005年製作の映画)

1.0

見事なまでの、これぞ期待はずれ。
レアル・マドリードのドキュメント映画ではない。

クラシコまでのレアルは描かれているんだけど、少ない。
サブストーリーいらない。
日本でのドラマシーンもあったけど良く
>>続きを読む

ザ・センチネル/陰謀の星条旗(2006年製作の映画)

3.0

レーガンを救ったこともあるシークレットサービスが大統領夫人と関係を持ち、それと同時に大統領に暗殺の脅迫が。
不倫がバレないようにアタフタしてるから疑われるドンマイ。

テンポ良く軽い感じで見られて面白
>>続きを読む

パニック・フライト(2005年製作の映画)

3.0

飛行機で帰省する女性がトラブルに巻き込まれ男に立ち向かう。

音楽などもB級映画感。
特に駆け引きとか無いけど、まあまあ面白かった。

出演者が無名のせいで日本劇場未公開だったらしい。
主人公と受付の
>>続きを読む

サン・ジャックへの道(2005年製作の映画)

5.0

ロードムービーは好き。
まくし立てるフランス語、テンポが良くて面白い。
風景も素敵。

「コーラス」でも使われる曲「La Nuit」がお気にいり。

ノー・マンズ・ランド(2001年製作の映画)

5.0

戦争の中立地帯で動けなくなった男。
V6坂本昌行で舞台化もされた、素晴らしい反戦映画。
主人公がルイス・フィーゴのそっくりさん。

オススメ。

アバター(2009年製作の映画)

4.8

2154年。
青い肌をしたナヴィが住む星パンドラには地球人が求める鉱石がある。
ナヴィが大切にする自然なんか関係なく採ろうとする地球人。
人間が、ナヴィと人間を合わせて作った肉体に人間の意識だけリンク
>>続きを読む

戦場からの脱出(2006年製作の映画)

4.0

ベトナム戦争で捕虜になったアメリカ兵の脱出劇。

楽しい話じゃないけど臨場感リアル感あって良かった。

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.7

盲目で頑固な退役軍人と、彼を世話することになった高校生。

1992年の作品。
みんな若い。フィリップ・シーモア・ホフマンの制服姿は特に違和感。

とにかく、アル・パチーノが良い!

名作と言われてる
>>続きを読む

マンデラの名もなき看守(2007年製作の映画)

4.5

獄中生活を送るネルソン・マンデラと、白人看守との心の交流を描いた実話。

特に盛り上がる場面はないけど、とても良い映画を観た。

重力ピエロ(2009年製作の映画)

4.0

ある兄弟が住む街で、謎の連続放火事件が発生。

伊坂幸太郎の面白い小説の映画化。

いい!

役者さんもストーリー展開も良く、おススメ。

S.R.Sのエンディング曲「Sometimes」がとても良か
>>続きを読む

ラッシュライフ(2009年製作の映画)

1.0

孤高の泥棒、宗教にハマる青年、不倫相手と邪悪な計画を進めるカウンセラー、リストラされたサラリーマンを中心に、交錯する人生模様を描く。

伊坂幸太郎の小説の映画化失敗。

見て損した。

そもそも学生が
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.5

音楽が時間を越えて世界を救う話。

伊坂幸太郎の小説の映画化。

映画だけの話もあったり、小説よりエンターテイメント色強い。

のめり込めなかったけど最後の見せ方は面白かった。

アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ(2009年製作の映画)

4.0

生身のYAMAKASHIアクション第二弾。

パルクールがめちゃくちゃカッコいい!
でも、もっと魅せてほしかった。

一作目の方が好き。

特に男子にオススメ。何か動きたくなる。

サブウェイ123 激突(2009年製作の映画)

4.0

トラボルタが1時23分発ペラム123号の地下鉄をジャックして、司令室の鉄道員デンゼルとの対決。

小説の映画化。しかも3回目とか。

トニー・スコット感得は面白い映画をたくさん。
豪華なキャストで役者
>>続きを読む

フェイク シティ ある男のルール(2008年製作の映画)

3.0

法律ギリギリをいく型破りデカのキアヌ。
元相棒が殺されて実は裏には…。

キアヌかっこいい。
でもこういう役は合ってない気がして。
考えさせられたり深かったり分かるし良いんだけど、キアヌの違和感が最後
>>続きを読む

少年メリケンサック(2008年製作の映画)

3.0

宮崎あおいは音楽会社の新人発掘担当。
クドカンコメディ。

この映画で126分はちょい長くて90分ぐらいがちょうどいいような。
キム兄も雰囲気あるけど、普通に演技力ある俳優さん使えばいいのに。

とて
>>続きを読む

ぼくたちの奉仕活動(2008年製作の映画)

3.0

逮捕された二人の男が、奉仕活動で一癖ある子供達と接しながら、心暖まる的な。

突飛だけどありきたりなストーリー。たまにはあり。

良くないのは、下ネタと言葉遣い。

ノウイング(2009年製作の映画)

3.5

50年前に埋めたタイムカプセルの中にあった数字が書かれた手紙には、過去50年に起きた事故や災害が書かれてて…。

SFディザスター?

クライマックスで失速したり、「あぁ、そっちか」って展開。

予備
>>続きを読む

アドレナリン:ハイ・ボルテージ(2009年製作の映画)

3.0

アドレナリン上げないと死んじゃう男の続編。
今回は充電しないと死んじゃうって設定。

アイカワラズカメラやアクションはカッコよくて、下ネタなど下品で。

インパクトがあった映画の続編てのはこんなもの
>>続きを読む

リクルート(2003年製作の映画)

4.0

CIA訓練生の話。

コリンファレル。カッコイイ。
オーラを放つアルパチーノに引き込まれる。
美しいブリジット・モイナハン。
俳優陣が良かった。

テンポの良い場面転換。

ステルス(2005年製作の映画)

2.0

CGのステルスアクションは凄い。飛行機カッコイイ。

人工知能を持ったステルス機が暴走する話。
ジェイミー・フォックスは主役じゃなかった。

国家の危機のはずなのに全部内々で済ませようとしてるの凄い。
>>続きを読む

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

4.0

ステキ映画。

邦題もいいけど、原題の「The Time Travelar's Wife」が分かりやすい。
原題通りのタイムトラベルラブストーリー。
アメリカの小説が原作で、文庫本にする時に変えたとか
>>続きを読む