udoncoさんの映画レビュー・感想・評価

udonco

udonco

映画(464)
ドラマ(0)

アンダードッグ 後編(2020年製作の映画)

3.8

作為的になりがちな性欲、虐待、障害の描写がなかなか自然で、好感もてました。

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

3.6

豪華な福田雄一作品としてフツーに楽しめましたよ?
キッズ率が高いのが意外でした。

ばるぼら(2019年製作の映画)

3.6

手塚眞色出てて、ふみもゴロウもはまってて、よかったと思う。
原作読んでないと、なんじゃこりゃ、かと。

フード・ラック!食運(2020年製作の映画)

3.7

ジモン氏のグルメ番組がいい感じにフィクションに昇華していて、好感もてました。

ひき裂かれた盛装 「夜間飛行」より(1967年製作の映画)

3.7

ミッキーがイカしたモテ役を当てられてるのがうれしいし、実際カッコよすぎて目が離せん。

女賭博師壺くらべ(1970年製作の映画)

3.5

バーで横身に飲むミッキーのかっこよさといったらもう。

罪の声(2020年製作の映画)

3.8

小栗旬と星野源のコンビはなかなか面白かったし、何気ない宮下順子、堀内正美、佐藤蛾次郎らのキャストもうれしいところ。

メイキング・オブ・モータウン(2019年製作の映画)

3.9

長年、まったく背景を知らずに聴いていたので大変有意義だった。
マーサ・リーヴスやホーランドブラザーズの元気なお姿が見られて何より。

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.8

ややこしくて咀嚼困難だけども、おもしろかった感が残る不思議。

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.7

ゲンズブールとBBの"Bonnie and Clyde"は、この映画で使われてるわけじゃなかったのかー、と思ったくらいぴったり。

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

3.8

映画制作て手間かかってる、、
てことを再認識。
立川シネマシティの極音で堪能。

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

夢オチという言葉があるけども、
夢メインの設定という斬新さ。
予定してなかったIMAXもうれしい誤算。

ひまわり(1970年製作の映画)

3.7

ツラさが圧倒的。
果てしなく続くひまわり畑と墓標が圧倒的。
大きく3期に分かれるソフィア・ローレンの化けかたが圧倒的。

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.9

この作品の魅力が凝縮されている今日俺バンドを観るだけで幸せを感じる。
もうね、愛おしい。。

>|