もちのさんの映画レビュー・感想・評価

もちの

もちの

最近はヒューマンドラマとアメコミ多め。

映画(809)
ドラマ(4)

天才スピヴェット(2013年製作の映画)

3.8

久々に見返したら全く違った面白さを感じた。

弟の死から歯車が欠けてしまった家族が、スピヴェットの冒険をきっかけに再生する物語。

父親の無骨さや母親のぎこちない歩み寄り、偉そうな態度を取りつつもちゃ
>>続きを読む

ピアソラ 永遠のリベルタンゴ(2017年製作の映画)

3.5

ちゃんとタンゴを聞いたこともなくピアソラも知らずで観たけど、バンドネオンの音にガツンと引き込まれた。

ふんわりとタンゴの歴史やピアソラ自身の歴史などを知りつつ、ホームビデオなどでピアソラの人柄なども
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

脚色されているとはいえ、実際にインドでは生理を穢れとして扱っている中で、ナプキンを男のラクシュミが作るっていうのは本当に大変だったと思う。

そんな大変な中でも、安くて良いナプキンを作り続けたラクシュ
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.0

世界観と美術、役者、音楽などの外堀は最高なはずなのに、肝心のストーリーがイマイチ。
子ども向けなのは分かるけど、予想通りすぎる上に見せ場もあんまりない。

あとキャラクターの深みがあんまりなくて、トン
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.8

生きている限りどうにでもなるという言葉をよく聞くけど、じゃあ死んで取り残されたゴーストはどうすればいいの…?

全身にシーツを被ってる出で立ちだから表情も何も分からないし、声も一切発さない。
ポルター
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

子供は純粋にプーさん達の大冒険を楽しんで、大人はプーさん達の純粋さが胸にくる物語になっていて、家族で楽しめる映画って感じ!

大人になったクリストファーロビンに自分を重ねつつ、プーさん達のちょっとした
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

5.0

国際版の時にカットされていたマノハリを聴けて大満足…!
アマレンドラバーフバリの色気が桁違いだし、女性のダンサーさん達も皆色っぽい!
サントラの会社があげているyoutubeで動画自体は見ていたけど、
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

思ってたよりもちゃんとヒーローしてるヴェノムに驚きつつ、宣伝で最悪って煽りすぎて肩透かしくらった。

敵と主人公の両サイドから時系列順に進んでいくんだけど、淡々と物語が進んでいくから描写が多いわりにあ
>>続きを読む

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち(2017年製作の映画)

4.3

今までとは打って変わって、ちょっとクライムサスペンス色も付いたストーリー。
あと1作目からあった、優れた頭脳があっても整った研究環境が無いっていう実際の社会問題へのメッセージもより強くなってた。

>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

4.0

1作ずつ完結してると思ってたので、2の怒れると3の闘うで前後編に分かれていてビックリ。

10人にもなると誰かしらキャラが薄くなったりしそうだけど、旧メンバーのキャラはブレないまま新キャラもいい味出し
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

4.0

職にあぶれた各分野の研究者や学者達が、生活費のためにギャングを結成して麻薬の密売を始めるが……ってお話。

チームで各々の分野の知識を生かして色々やるって映画は今までにも観てたけど、化学、数学、考古
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

クイーンの音楽に、クイーンの歴史に、フレディマーキュリーの生き様に…力づくで引っ張り込まれたような体験だった。

パワフルで時に情緒的なクイーンの音楽が、フレディマーキュリーのパフォーマー的なカッコよ
>>続きを読む

トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド(2014年製作の映画)

4.0

トリクシーが可愛くて強くてかっこいい!新キャラのバトルザウルスもカッコよくてめちゃ良い!

トイストーリーシリーズはいつもワクワクとハラハラと、最後には笑顔を届けてくれるので大好き。

最後のみんなで
>>続きを読む

負け犬の美学(2017年製作の映画)

3.8

自分の強みは打たれ強さ。
もうずっと試合には勝てておらず、それは武器じゃないと否定され、時には観客から馬鹿にされる……そんな中でも諦めず、相手に向かっていく姿がカッコいい。

お父さんのことを大好きな
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

もっとホラー感強いかと思ったら、スリラー感強めな家族ドラマって感じだった。

音を立てれない緊張感や迫ってくる恐怖の演出が上手くて、観ながらこっちまで緊張した。
ツッコミどころがちょいちょいあるけど面
>>続きを読む

ズーランダー(2001年製作の映画)

3.8

くだらないけど、それがめっちゃ面白い!とにかく笑った!!

ペンスティラーのキメ顔もわかっていてもやられるたびに笑っちゃう。なんならウィルフェレルは映るたび笑っちゃう。

ここまでシンプルな笑いを久々
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

見る前から口コミでだいぶハードルが上がっていたけど、そのハードルも軽く飛び越えていく面白さだった。

前情報入れずに観てほしい!

僕はラジオ(2003年製作の映画)

3.7

監督の優しい眼差しや、同じように見守る町や学校の人達、そしてラジオがみんなに与える優しさにジーンときた。
実話っていうのが驚き。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.8

マルコと2人の愛にただただ胸が締め付けられた。

偏見と差別はする側にとっては当たり前の考えだから凄く怖い、でも1番怖いのはされる側もそれを当たり前と思うことなんだろうなと思った。

はじまりはヒップホップ(2014年製作の映画)

3.8

普通の映画だったらつまらないような想像通りの展開でも、フィクションでも何でもない純粋なドキュメタリー映画だから胸にくるものがあった。

おじいちゃんおばあちゃんそれぞれの人生のバックボーンが1人1人の
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.8

正直そんなに期待しないで観たけど、普通に面白いしアクションは凄まじいしでめっちゃ楽しめた!

個人的には弱音を吐かないダイハードって感じで、ひたすらお父さんがかっこよかった!
家族みんな強くて子ども達
>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

3.5

同じ監督作品のバーフバリでハマって鑑賞。

よりインド映画らしいダンスシーンやびっくり演出が多くて面白かった!
雑いCGとかめちゃくちゃご都合主義な強引な展開も、全部思わず納得しちゃうくらいの勢いがあ
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.3

宇宙船や、基地の内部、映像のどれを取っても50年前に制作されたものって信じられない…!
アナログチックなハイテクも身近な未来感があって、すごくワクワクした。

音楽も上映形態含めた演出も全ての要素がカ
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.3

マーベル映画の中の癒し。
前作よりアクションにもコメディ的な面白さにもさらに磨きがかかっていて、しかもアントマン独特の大きさを変化させる戦い方のバリエーションもいっぱいでひたすら楽しかった!

ぼくを探しに(2013年製作の映画)

4.0

両親の死から言葉を話せなくなり、生き甲斐もなくただ日々を過ごしていた主人公のポールが幸せだった子供の頃の記憶を呼び覚ましていくことで心を揺さぶられ、段々と変わっていく…というシンプルなストーリーなんだ>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

4.3

アーティストのJRと映画監督のアニエスのドキュメンタリーロードムービー。

2人が田舎を巡りながら、地元の人たちと交流して作品を作っていく。
写真を撮影して壁に貼るだけなんだけど、その作品を通してその
>>続きを読む

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(2006年製作の映画)

3.8

風刺が効きすぎてる。あと下品。
ボラットの極端かつ無意識(っていう設定)の不謹慎な言動、それに対しての反応が逆にその人の中の差別や偏見を浮き彫りにしてる。

純粋なブラックコメディと風刺のバランスがち
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

女性の社会進出や主夫の問題も取り入れつつ、ちゃんと続編として最高の作品になってるのが凄い。

前回よりも家族全員の人柄を深く掘り下げてて、よりインクレディブルファミリーが好きになった。

あと純粋に色
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

オーシャンズ8のメンバーは皆かっこいいし、可愛いしで最高なんだけど、キャラ立ちがキャスティングに助けられすぎてて物語上の人物としてはあんまり感情移入できなかった…

オーシャンズシリーズ特有のキラキラ
>>続きを読む

スナッチャーズ・フィーバー 喰われた町(2014年製作の映画)

3.5

街の住人の不気味さの演出や見せ方がうまくて、観てる間何回もガチビビリして心臓が痛かった。

後半が似たような怖がらせ方しかなくグダリすぎてて、無理やり伸ばした感が否めないのが残念。

>|