平田一さんの映画レビュー・感想・評価

平田一

平田一

ルディ・レイ・ムーア(2019年製作の映画)

4.1

スタンダップコメディをこれまで多く配信してきたNetflixだからこそ出来た映画だと思う。批判されても流行に合わせることしか出来ない世間に、ガッツとアイデアでかちこんだ実在したエンターテイナー。しかも>>続きを読む

エル・マリアッチ(1992年製作の映画)

3.8

人違いで殺し屋たちに追われる羽目になってしまった流れ者のギタリスト“マリアッチ”のアクション映画。後にセルフリメイクされる『デスペラード』のオリジンで、ロバート・ロドリゲス監督の長編監督デビュー作。明>>続きを読む

Bedhead(原題)(1991年製作の映画)

3.6

この時点でカメラワークに新人離れを感じたし、カートゥーンアニメ的なギャグとは微妙に違ってて、エッセンスを節々に感じたショートフィルムです。昨年『ドミノ』を監督したロバート・ロドリゲス初期の、文字通りの>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.8

今年最初のIMAXレーザーGT体験はパート2が来月に観られるSFスペクタクル。それでいて『千年女優』やデ・パルマの『悪魔のシスター』に引き続いての超豪華リバイバル上映会。中盤まで正直言って静かに騒がず>>続きを読む

Saltburn(2023年製作の映画)

3.9

些細な親切から始まった階級差の友情が異様な緊張感を常に醸していたのが怖くって、しかもどこの階級でも卑屈や嫉妬が溢れてて、以前観た『リプリー』よりも不穏濃度がハンパない。しかもバリー・コーガンが演じるオ>>続きを読む

レイジング・ケイン(1992年製作の映画)

3.8

何度目かの《デ・パルマ・ブーム》が自分の中で来たうえに、来月で地元のTSUTAYAが閉店することになって、急いでレンタルを試みたデ・パルマ監督作。

オープニングからハッキリな『サイコ』オープニングオ
>>続きを読む

アメリカン・ギャングスター エクステンデッド・バージョン(2007年製作の映画)

3.7

未公開シーンを加えたディレクターズ・カット版。師匠たるバンピーから教わった心得など、よりフランクとバンピーにスポットが当たってて、リッチーも借家の件で選びかねていたりとか、タクシー運転手の件で上司に(>>続きを読む

アメリカン・ギャングスター(2007年製作の映画)

3.9

「商売で一番大切なのは、正直さだ」

デンゼル・ワシントン×ラッセル・クロウ×リドリー・スコット。最高のトリオによる最高の映画です。

ベトナム戦争真っ只中のハーレムで生まれ育った黒人ギャングと警察官
>>続きを読む

CASSHERN(2004年製作の映画)

2.2

完全寝落ちしちゃったので、後日再見しますけど、もうかれこれ20年前の映画なんですね。今だったら2部作の映画として制作されて、特異と強いメッセージを宿した映画になれたかも。

一応覚えている範囲のレビュ
>>続きを読む

べネシアフレニア(2021年製作の映画)

2.1

「木を隠すなら森の中」って言葉があるように、観光客ハンティングは観光地で殺ればいい…な、実話を基にした観光地特化型ホラーもの。昔のイタリアンホラーを思わせるオープニング、観光地保護団体の過激派バージョ>>続きを読む

マエストロ:その音楽と愛と(2023年製作の映画)

3.9

『アリー/スター誕生』においても感じたことだけど、クーパーはどちらかを“分けて”描いていませんね。常に二人を同じカットに置いて並行させていく。だからある意味片時もヒリヒリが収まらない。加えてレナードと>>続きを読む

映画 ネメシス 黄金螺旋の謎(2023年製作の映画)

3.6

旧ジャニーズ関連映画を最後に見たのはいつなのか、調べてみたら22年の『シン・ウルトラマン』以来。23年3月に表面化したジャニー喜多川性加害問題で、(関連映画と一時的に)しばらく距離を取って以来のジャニ>>続きを読む

ゴジラ-1.0/C(2023年製作の映画)

4.9

先ほど米アカデミー賞視覚効果賞ノミネートを受けたことでも話題を読んだ昨年の大ヒット映画のモノクロ上映版。モノクロになったことで1954年の第1作目の精神を浮き彫りにさせたことでも間違いなく傑作で、何度>>続きを読む

悪魔のシスター デジタルリマスター版(1973年製作の映画)

4.1

『千年女優』に引き続いてのリバイバル上映は、大好きなブライアン・デ・パルマ初期のこの映画。初期のデ・パルマ映画というのはあまり観れていないので、今回の機会についてはラッキーだし感謝です。

ただ、メチ
>>続きを読む

北の零年(2004年製作の映画)

2.5

これこそ大河で取り上げるべき題材に思ったし、映画では掘り下げにやはり限度がありますね。

維新後に起きた事変で北海道移住開拓を政府から命じられた四国・淡路の稲田家の人たちの物語。日本がこれまで手掛けて
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

5.0

「映画」という舞台装置で語られる一代記。虚構と現実が交錯する壮大な「物語」…間違いなく永遠に残り続ける名作で、リバイバル上映の機会に感謝の極みです。

ただこれはとてもじゃないけど、ネタバレが不可能で
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.5

デヴィッド・エアー監督本来の意図に基づいた通称《エアー・カット》への応援企画第1弾。悪党どもで編成された自殺部隊こと《スーサイド・スクワッド》がドジで甦った魔女とその弟と大バトル…

なのですが、ハッ
>>続きを読む

スペンサー・コンフィデンシャル(2020年製作の映画)

3.4

ようやっとの今年最初の「火曜9時の映画時間」はNetflix製作×マーク・ウォールバーグ主演。ベストセラー作家ロバート・B・パーカーが生んだ人気シリーズ「スペンサーシリーズ」を映画化した作品で、裏社会>>続きを読む

アクアマン/失われた王国(2023年製作の映画)

3.8

撮影中に発表された新生DCユニバース、加えてジョニデとアンバー・ハードの泥沼離婚裁判と、本編より本編外が波乱万丈だったのに、腐らず完成させたうえ、エンタメとして快走させたのが尊敬の念ですよ。

加えて
>>続きを読む

BLOODY ESCAPE -地獄の逃走劇-(2024年製作の映画)

4.1

新宿ミラノ3とか銀座シネパトスで流れたら、応援上映レベルの熱気で絶対楽しい映画にして、尊重すべきは個人の意志か、秩序を維持する集団かという、不変のテーマをも盛り込んだ贅沢エンターテイメント!

作り手
>>続きを読む

悪魔のいけにえ/レジェンド・オブ・レザーフェイス(1995年製作の映画)

2.5

いつもならこの時間は「火曜9時の映画時間」って企画を行うはずでしたが、ラインナップが定まらない、配信独占長篇映画、この時間にしっくり来る映画がなかなかか決められず、急遽レザーフェイス先生のご助力という>>続きを読む

悪魔のいけにえ3/レザーフェイス逆襲(1989年製作の映画)

2.5

若い頃のヴィゴ・モーテンセンも出演していたり、『サイコ』のベイツ・モーテルみたいな覗き穴もあるうえに、スピルバーグの『激突!』や『ヒッチャー』が浮かんだり、何か随分色んな見所に溢れてた映画です。

>>続きを読む

エクスペンダブルズ ニューブラッド(2023年製作の映画)

3.4

新年最初のスクリーンは《消耗品軍団》で。

そしたら何とバーニー・ロスことスタローンが大仰天!

と、予告でトンでも情報大放出だったけど、いやいやスタさん。いくらなんでもこれはちょいと問題よw

ネタ
>>続きを読む

ブラッド・チェイサー 呪術捜査線/ブラッド・チェイサー 沈黙の儀式(2023年製作の映画)

1.2

大ハズレでしたね…。

パッケージじゃデカデカ出てたモーガン・フリーマンだけど、実際は助演だったというパッケージ詐欺案件。メル・ギブゾンとも共演してたコール・ハウザーが実際の主役という映画ですが、そこ
>>続きを読む

ヘル・ディセント(2022年製作の映画)

3.4

数年後には午後ロードで放映をされていそうな、気軽に見られるジャンル映画でニール・マーシャル監督作。ソビエト連邦の名前×過去に残した謎の施設が出てきただけで、この映画はこういう系って伝えてて、おまけにサ>>続きを読む

眠れない夜の月(2015年製作の映画)

2.5

木彫りの人形を一体ずつ丁寧に動かして、月を空へ戻すという少年とリス話。正直子守唄のようで、メチャクチャ眠くなったけど、月が満ちてる夜のセットは最高だと思います。

明日の太陽(1959年製作の映画)

3.8

新年明けましておめでとうございます。

初陣は今は無き大島渚の初期作品。といっても長編ではなく、短編の映画であり、松竹の若手俳優紹介プロモーションでした。

とはいえ僅か6分間に様々なジャンルを挟む実
>>続きを読む

かぐや様は告らせたい-ファーストキッスは終わらない-(2022年製作の映画)

3.7

開幕からサザエさんを悪用する悪ノリとまさかのあたしんち悪用と随分ギアをかけてるなぁ。しかも今回柏木さんが氷状態かぐや様にキャノン級を連打されて大ダメージ食らっちゃって、スゲエ狼狽しちゃってるのが可愛い>>続きを読む

サンクスギビング(2023年製作の映画)

4.2

「怒り」が劇中の凶行のきっかけとなるオープニング。セールに沸き立ち暴徒のようにスーパーマーケットへ群がり、自分の都合しか考えない人間たちのおぞましさ。あの空気を表現させるのスゴく上手くて怖いうえ、種明>>続きを読む

羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(2019年製作の映画)

4.2

TV用に編集されたアニメの方は見てたけど、せっかくだから去年の年末に録画した映画版も。

相変わらず全編の作画が破格のクオリティ。ストーリーも重厚なメッセージを宿してて、単なる娯楽映画だけでは収まらな
>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

4.5

この手のSFアクション物って展開がどんなにベタでもチープにならなきゃ楽しいですし、ルックス重視で起用されないところも好きなとこですね。しかもちょっと捻りがあれば予測がつかなくなってくし、だから未だにこ>>続きを読む

REBEL MOON ー パート1: 炎の子(2023年製作の映画)

3.4

“これはヒーローではない。レベルズ(反乱者)の物語。”

ザック・スナイダー監督(『マン・オブ・スティール』『ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダー・カット』)が「スター・ウォーズ・シリーズ」用に持
>>続きを読む

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

5.0

“戦後、日本。
無(ゼロ)から負(マイナス)へ。”

1954年から現在まで世界中で大反響を呼んでいる特撮映画シリーズ「ゴジラ」。その国産シリーズでは『シン・ゴジラ』以来となる7年ぶりの最新実写ゴジラ
>>続きを読む

スピリテッド(2022年製作の映画)

4.2

知識をあまり仕入れずに飛び込んで見てみたら、ミュージカルとは知らなくって、最初は結構驚いた。けどどんどん見れば見るほどものスッゴく楽しくて、王道と捻りを利かせたクリスマス映画です。

一見王道の展開を
>>続きを読む

ナポレオン(2023年製作の映画)

2.1

申し訳ないけれど、スゴく眠っていましたね…

リドリー・スコット監督×ホアキン・フェニックス主演。題材が「ナポレオン」…聞いただけでワクワクなのに、蓋を開けたら久しぶりに熟睡した映画です。

一応テー
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 エクステンデッド版(2021年製作の映画)

3.8

序盤の6500万年前の場面以外はどこが追加場面なのかよく分からなかったです。けれど劇場版同様、娯楽としての完成度、押し付けがましくないメッセージ…つまり総じて良かったです。

勿論これまでに登場したキ
>>続きを読む

>|