gahさんの映画レビュー・感想・評価

gah

gah

映画(73)
ドラマ(0)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

・今までのシリーズだと、メンバーの半分くらいが何でも屋的な立ち回りでキャラが薄かったのが、今作はほぼ全員が各々の固有の能力で作戦を組み立てているのが良かった。
だって今までのオーシャンズシリーズ、何し
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

京都旅行中にたまたまやっているのを見つけて鑑賞。映画館で観ておいてよかったー。

・ある時代の現実の日本が舞台ではなく、日本ベースに作ったパラレルワールドなのが良かった。いわゆる外人が思う日本のイメー
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

4.5

・CMの打ち方が良くない。ジブリ的なファンタジーアドベンチャー風に宣伝してるけど、ちょっと違う気が。

・子供の見ている世界は、実際に見えてるものも頭の中だけの世界も全部地続きで、子供の視点の世界を膨
>>続きを読む

処刑人(1999年製作の映画)

3.5

・もっとシリアスなサスペンスかと思ったら、タランティーノ的なジョークと木更津キャッツアイ的なマヌケさ(でも何だかんだ上手くいく)でサクッと見れて面白かった。ウィリアムデフォーがめちゃ良い。

・一方で
>>続きを読む

天国の口、終りの楽園。(2001年製作の映画)

5.0

何年かに一度は観てるしたぶん今後も観ると思う。DVD買った方が良いな…。

夏になると感じる、何かしたいけど何もすることがない退屈さ、そういう時に何か予定が入った時のワクワク感、なんか分からないけどや
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

・スタートレックのTシャツ着た奴と出会い頭から本能的に分かり合うのが最高。人に分かってもらえないけど心血注いでる趣味がある奴らが遭遇してしまった感。分かる人多いのでは。

・主人公以外の家族や仲間が、
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

・たまたま万引きで生計立てているって以外は何ら普通の家族の風景で、この生活を嘆くような描写も無いし、何かのせいでこうなった、という感じでもない。
そこに世間が思う「正しさ」みたいなもの当てはめることの
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.0

みんなが思う「コレが無いとスターウォーズじゃないでしょ」「ハンソロってこういうキャラでしょ」って要素を満遍なく詰め込んで、他作品のオマージュや伏線も必死に回収した結果、アクションとしてもケイパーものな>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.5

トムクルーズのスター感とアホなことも出来る器用さを前面に活かした感じ。細かいところはさておきたしかに面白い。
多分麻薬カルテル界隈の史実ではそこまでの存在感がなかったこのキャラクターをここまでエンタメ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

低予算ゾンビ映画+木更津キャッツアイの「裏」パート。低予算ゆえの安っぽさとかベタなゴア描写が発想の転換で全部コメディ要素に活きていて、めちゃくちゃ面白い。

『「ゾンビ映画の撮影中に本物のゾンビに襲わ
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

ダーティ警官モノとしては◎
(警官が悪いことしてる映画は大抵おもしろい)

全編通しての、役所広司と松坂桃李の子弟モノ、新兵モノとしては、後半が割とベタだったので、松坂桃李がもっと暴走する展開でもよか
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

インフィニティウォー復習

前半がちと退屈なのは仕方ないとして、バトルシーンは圧倒的に良かった。
こういうインセプションみたいな視覚的めちゃくちゃが許されるのはヒーロー映画の利点だし、そこを活かした誰
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

・ガーディアンズやらが絡んでくると、いよいよ荒唐無稽な話になるのではと思ったけどそんなことはなく、例えばほぼ生身のスカーレットヨハンソンとかワカンダの女性にも見せ場がしっかりあるし、キャラの出しどころ>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

3.5

インフィニティウォー予習その②

ヒーロー大混戦のとこで、アントマンが連携プレーに幅を出してて良い。単独作も見ないとなー。

最後がキャプテンとアイアンマンの完全な肉弾戦だったのがめちゃ胸をやられた。
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

3.5

インフィニティウォー予習①

序盤の足の引っ張り合いが長くて「うーん」という感じだったけど、戦闘が始まってこのメンバーが一挙に街に降り立つとめちゃくちゃテンション上がる。
バラバラの地点で戦闘してると
>>続きを読む

赤色彗星倶楽部(2017年製作の映画)

4.0

大林宣彦リスペクトなとこはもちろん、序盤の天文部メンバーの間の抜けたテンポ感も良かった。

現代的なモチーフが少ないのと、くすんだセピア調の色合いが多いのとで、昔の映画観てるような感じだった。また観た
>>続きを読む

NIGHT SAFARI(2014年製作の映画)

3.5

・「わらの犬」とかみたいな、やられたらやり返すが行き過ぎちゃう話。1時間でサクッとテンポ良く終わって気持ちいい反面、もう少し尺伸ばしてもいいからもう少しシーソーがあっても、という気も。

・駐車場とか
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

・スケート選手に女性像とか人徳を求められるのに反感覚えるの、まあ分かる。未だに有名人は何かやるとすぐゴシップにされるけど、何かで才ある人が人格者とは限らない。ホントはそんなもんなのに。(ただこの人は怒>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

・自然光をたっぷり使って撮った避暑地の自然が美しい。美しすぎる。湿度が高くなくてカラッと晴れた夏の日差しが画面越しでも分かる。この自然をただ延々と流すだけの映画でも充分成立したのでは?

・年上の男性
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

4.0

久々に鑑賞。

これだけ起伏のないストーリーでたっぷり3時間弱を映画として成立させる映像はやっぱりすごい。自然とか何気ない風景の美しさを際立たせるセンスだけでも観るに値する。

時間、人間と人間ならざ
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.5

前作はしっかり一話完結だったけど、続きを作るにあたって、不自然じゃない戦う動機がかけていたと思う。あと今回は昼間の戦闘シーンが多いから、何が起きてるのかパッとわかるのも良かった。
前作みたいな「うおー
>>続きを読む

ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007年製作の映画)

4.5

福音派の宣教師(カルトとかではないし健全な宗教のはずなんだけど、どうにも胡散臭い)と、そういう欺瞞が許せない金と欲に忠実な石油王っていう構図が最後の最後に爆発して見終わったあと呆然となってしまった。ジ>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.0

役者の表情がスゴい。ガールフレンドの子以外、誰一人目が笑ってない。まだ何も起きてない段階ですでに不穏さがヤバい。ガールフレンドの子も後半入った途端に人格ガラッと変わっててスゴい。

サクッと観れて面白
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.0

昭和の雰囲気が詰め込んであったのが良かったし、基本的にケラケラ笑えて面白かった。
が、菊地成孔演じるアラーキーが出てきたとこで、渦中の話題が頭をよぎって素直に笑っていいものなのか分からなくなってしまっ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.5

題材を知らなくても導入部のところで歴史的な背景は分かるし、それが終われば否が応でも観客は事件の現場に引きずり出される。とにかく緊張感が凄い。今見るべきテーマだし見てよかったと思う。

わたしたちの家(2017年製作の映画)

3.5

音を介して2つの世界が交わる描写はとても面白い。明かりが少なくて全体的に湿気がする画、なんでもないシーンに何かが潜んでるような感覚、そのあたりテクニカルな部分は新人とか全く気にならなかった。静かな映画>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

5.0

「他者に想いを伝えること」全般に通じる内容。アカデミーの作品だとスリービルボードよりずっと響いた。

言葉を話せない主人公が音楽に合わせて踏むステップであったり、身振り手振りで会話であったり、ひとつひ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

救護の見識や柔術、主人公の半生でやってきた色んなことが事件の一点に帰結していて、「結果こうなることは、運命だった」っていうのがこの映画の結論だけど、説得力があった。
少年時代からずっと追って行くと主人
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

よく「悪い人ではないんだけどね…」という言い方をすることがあるけど、それ聞くたびに「悪い奴!とキッパリ言い切れる人なんてそうそういないでしょ」と思う。みんなそれぞれ事情がある。簡単には割り切って責めら>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.5

邦画にありがちなコントみたいな流れは漫画原作だから仕方ないとはいえ、面白かった。

競技かるたのルールをちゃんと説明してくれてるから、互いに残り1枚になったときとかはちゃんと息飲む展開になってたし、そ
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.5

インターネットやハッキングをテーマにした映画って、真面目にハッキング描写するとPCをカチカチしてるだけで地味だし、かと言ってあんまり派手にやり過ぎると「いやいやこんなこと出来ないから」となるので、塩梅>>続きを読む

ステイ(2005年製作の映画)

3.5

最後のオチがインパクトに欠けたけど、記憶や精神の階層に踏み入っていくのを日常描写の延長で撮れてる所とか、それがまた綺麗な画になっている所とか、これだけでも見る価値あると思う。特にオープニング。

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.0

それぞれ一言多い感じのしょうもない話と銃撃戦が絡むのは面白かった。タランティーノ感。
ただ、このロケーションが悪いのか、キャラクターの設定が薄いのか、途中から誰が何やら…となる。戦況をもう少しスッキリ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

見終わった直後は「うおー!」って感じだったけど、1日経って冷静に思い返すと「…んん?」となるところがちょいちょい。
フォースはこうあるべき、とかジェダイは、スターウォーズはこうじゃない、とかの意見が多
>>続きを読む

ヘドローバ(2017年製作の映画)

4.0

全員死刑はリアリティとアホさがどっちつかずなとこがあるような気がしてまったけど、こっちは完全にアホ方向。何も考えず観れる面白さがあった。
全編スマホ撮影も気にならない出来だったし、なんなら初期作品より
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

4.0

なんで宇宙人とパンクって組み合わせなんだろう、と思ったけど、観て納得。これは確かにこの組み合わせで描けるテーマ。
人に分かってもらい難い趣味を持ってる奴にとっては、分かんないはずなのに自分の話にウンウ
>>続きを読む

>|