ミドルさんの映画レビュー・感想・評価

ミドル

ミドル

映画(109)
ドラマ(1)

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.0

ストーリーは、間延びする感じでイマイチ。
あそこまで恐竜達にやられているのに、懲りない社長も見るに耐えない。
恐竜に力を入れているからやむを得ないのかもしれないけど、共感できる人間がほとんどいない。
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

5.0

久しぶりに本当に感動した映画。
人生山あり谷ありだけど、ラストにサムが見せた笑顔は、やりきった充実感からくるものなのだろう。
今を大切にって簡単に言えるけど、実際は難しい。
楽しく悲しい物語。

デッドプール(2016年製作の映画)

3.9

主人公は全然ヒーローっぽくない言動のため、軽い感じで観ることができる。だけど、映像やアクションはすごい。
タクシードライバーとのやりとりが、好き。
不思議な魅力のある主人公。

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.2

何も知らないがために純粋すぎるエドワード。それを都合のいいように使う人達。
本当のモンスターが、どちらかは言わずもがな。
悲しい恋の物語。
それにしても、あんなご近所は嫌すぎる…

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

3.9

恐竜のいるテーマパークという発想がすごくユニーク。
だけど、やっぱり共存は難しい。
全体的に臨場感があるし、映像も当時としてはすごく綺麗。
ただ、恐竜がドアノブ開けるのはちょっと…

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

4.0

イーサンが走りまくり、撃ちまくり!
突然のイーサンの結婚には驚きだけど、隠し通せる職業じゃないよね…
顔マスクも前作のように乱発せず、最小限にしているし、ラスボスとの駆け引きも面白い。
でもやっぱり最
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.8

応援したくなるじーさん達。逃げても体がついていかない。
俺の車に乗れって、車がアレ⁉︎
ニヤっとしてしまうシーンが満載。
強盗はしても悪人ではないことを見抜く女の子。人情味があるね!
黒いネクタイには
>>続きを読む

デビルズ・ノット(2013年製作の映画)

3.5

最後まで観ても、モヤモヤ感が残る。
犯人は被害者のみが知るが、もしも真犯人がいたとして、いまだにぬくぬくと暮らしているのだとしたら、子供達は浮かばれないのでは…
スティービィーは、わんぱくでかわいい子
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.5

アクションは派手なんだけど、前作よりドキドキ感がなかった。
でもバイクアクションは、格好いい。
ただ、顔マスクを敵まで使えちゃうのは、ちょっと節操がない気がする。
主人公しか使えない奥の手、としてほし
>>続きを読む

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015年製作の映画)

3.5

軽いノリに独特のテンポ。
チャーリーとジョックもいいコンビで、暗い感じはなく、面白い。
だけど軽すぎて、肝心のストーリーが頭に入ってこない😅
でも、面白い。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

陸、海、空それぞれの視点で描かれたものが線につながる。
無駄なことはほとんど言わないため、感情移入できる人もそれほどいないけど、それが逆に絶望感を煽る。
実際、敵に囲まれているのに、饒舌な人はいないだ
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.0

子供の頃なら、ワクワクしたストーリー。
ただ、子供達が主人公のため終始落ち着きがなく、全体的に騒がしい。
宝の地図や宝探しには、憧れたな〜

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

4.0

アクションがとにかくすごい‼︎
宙吊りシーンは、本当に手に汗握る。
トムが若いな〜

エンド・オブ・ホワイトハウス(2013年製作の映画)

3.7

アクションシーンはなかなか。
ただ、アメリカNo.1、という感じが随所に見られるので、そこを受け入れられるかどうかで評価が別れるかも。
敵があの国だし、アメリカの大統領はあの人だし、本当にこんな事件が
>>続きを読む

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

4.0

暗くならず、重くならず時にコメディ要素を織り交ぜながらのストーリーは、軽快でテンポがいい。
シリーズ中、一番コメディの要素が強いかも。
1作目からの主要人物も相変わらずだし、続編が見たいところだが…
>>続きを読む

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

4.0

続き物は大体、1作目より劣るけど、このシリーズは全然そんなことはない。
前作の登場人物も出てくるうえ、サルたちの張り手もパワーアップしている。
重い雰囲気がなく、軽い感じで観られるし、また観たくなる。
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

4.0

博物館の展示品が夜、動き出すってホラーにもなりそうなテーマなのに、コミカルに描かれている。
人間、動物問わず、それぞれがいい味を出している。
ラストの楽しさ溢れる平和な感じがいいね。
軽く観られるし、
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

出だしは良かったのに、だんだんストーリーが変な方向に向かっていき、最後はよく分からない終わり方…
全体的に、人間関係が稀薄。
そのため、トムとヒロインの関係にも深みがなく、必死に助けようとすればするほ
>>続きを読む

インビジブル2(2006年製作の映画)

3.0

前作の二番煎じ感があるが、透明人間同士の闘いは斬新だった。
どちらが勝ったのかは声を聞かないと分からないが…
ストーリーとしては可もなく不可もなく。

インビジブル(2000年製作の映画)

3.5

透明になって好きなことができるとモラルって、やっぱりなくなるんだな…
最初はもの珍しくて、いいかもしれないけど、後々生きていくことに辛くなりそう…
病気になったり、事故にあっても誰も分からない…
透明
>>続きを読む

リンカーン(2012年製作の映画)

3.0

奴隷制を廃止するためのリンカーンの努力を綴った映画。
多くの血が流れたが、彼の信念は揺るがず真っ直ぐだった。
まさに歴史的な勝利。
それに比べて、今の日本は…
スケールが違いすぎる…

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.2

下ネタ満載。アホくさいけど、意外とグロい場面も出てくる。
真面目に観るものではないが、妙に作り込まれている。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.1

後付でシミュレーションの結果、間違った判断だった、と言われてもね…
人命救助は結果が全て。現実に全員の命を救えたのだから、それは最良の策だったはず。機長達は、さぞ不本意だったと思うが、最後に証明できて
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.3

ドリスは、思ったことをすぐに口に出す子供のよう。
逆にフィリップは、堅物でユーモアも全く通じない。
だけど馬の合う不思議な関係で、観ていてほっこりする。
口は悪いがドリスは、本当にいい奴だし、ラストの
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.5

悪趣味だけど、斬新なストーリーで先が気になる映画。最後の方は、派手なパーティーが始まるし…
緊急時の対処法は、事前にしっかり考えておかないとね。

REDリターンズ(2013年製作の映画)

4.0

ストーリーは、攻守交代が多かったため、逆にそれほど頭に残らなかった。
ただ、飛行機も銃も派手に使うし、とにかくカーアクションがカッコいい‼︎
ルパンシリーズを見ているような錯覚に陥った。

RED/レッド(2010年製作の映画)

4.2

ロケットランチャー、マシンガン何でもありで、派手なドンパチ。
お年寄り達のキャラが皆いい味を出しているから、ストーリーが重くならず、派手にやればやるだけ爽快感がある。

年をとっても、愛し続けられる人
>>続きを読む

アイアンクロス ヒトラー親衛隊《SS》装甲師団(2015年製作の映画)

3.0

戦争がテーマだが、静かな映画。
語りがメインで、映像が後からついてくるよう。
何かに突出した人にスポットを当てるのではなく、その他大勢に属する人々の心情を描いている。
主人公のような思いを抱きながら、
>>続きを読む

ベルセルク 黄金時代篇 III 降臨(2012年製作の映画)

3.8

蝕の絶望感…
原作を読んでいるから、展開は分かっていたが、悲惨すぎる。
今まで、いい味を出していたキャラ達が皆、散っていく…
ジュドーは、生かしてほしかった…

ベルセルク 黄金時代篇 II ドルドレイ攻略(2012年製作の映画)

3.5

鷹の団が崩れていく…
戦闘シーンも多く、ガッツの強さが引き立つ。
ボスコーン将軍は、敵方として出てくる人間で最強でしょ。

ベルセルク 黄金時代篇 I 覇王の卵(2011年製作の映画)

3.5

原作で一番好きな黄金時代編。
グリフィスとガッツの出会いから、徐々に絆が深まっていく。
間延びすることもなく、画像も綺麗だが、たまに背景から人物が浮いているように感じる時がある。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

20年後もこの町にいたら…のくだりがお気に入り。
ふざけながらも、背中を押す友達っていいな。
親友と呼べる人、恩師と呼べる人は生きていくうえで、何人出会えるのだろうか?

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.3

銃を持たず、申し訳ないが締まりのない顔は、およそ戦争に似つかわしくない。だけど、デズモンドはやり遂げた。
戦闘は、息苦しくなるようなシーンの連続。現実にいつ撃たれてもおかしくない状態で、多くの人間を救
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

3.0

パージが法律として認知されているという設定だけで、観なくてもB級なのが分かるが、何となく気になって観てみた。
若者集団のボスが、あんなにあっさりやられちゃダメだろう、とか結局あの黒人は何だったの⁇とか
>>続きを読む

トロイ ザ・ウォーズ(2003年製作の映画)

3.8

予言、占い、生死すら非科学的なことで決めてしまうこの時代の悲哀を感じた。
後悔しつつも、子供ですら手にかけてしまう野心家。
戦争が10年の長きにわたったということは、表舞台には出てこない兵隊達の疲弊振
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

2.8

全体を通して、よく意味が分からなかった。多重人格者の演技はすごいけど、肝心なストーリーがアレだとね…
ラストも分かる人にしか分からないものでは、ダメでは⁇

>|