のちのよるねこさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • のちのよるねこさんの鑑賞したドラマ
のちのよるねこ

のちのよるねこ

  • List view
  • Grid view

藤子・F・不二雄 SF短編ドラマ シーズン2(2024年製作のドラマ)

4.5

よかった。
1stシーズンより全体的に安定感がある。
そして面白い。
1stのときは面白いけど、今ではブラッシュアップされてその上位互換みたいな話も新しく出てるからなあという印象は拭えなかったが、2s
>>続きを読む

0

北条時宗(2001年製作のドラマ)

4.3

総集編として再視聴。
前回視聴したのも総集編であり、全話を見た訳ではない。

前に見たときは歴史と各人物に疎かったために入り込めなかったが、一通り本を読んだあとに見たらとても面白かった(また大河ドラマ
>>続きを読む

0

岸辺露伴は動かない(2020年製作のドラマ)

4.5

第9話「#密漁海岸」まで見た。
そういえばまだ感想を書いてなかった。
昔のはうろ覚えだが感想メモをしておく。

役者ヨシ!
音楽ヨシ!
全体的な画の暗めで落ち着いたトーンヨシ!
アングルも俯瞰や覗き込
>>続きを読む

0

草燃える(1979年製作のドラマ)

4.0

総集編(計5回)を視聴。
面白かった。よく出来てる。ただ昔の人は覚えられないのが残念。あと大勢が出てくるので総集編だと一人ひとりを深堀りする暇がないのでどこまでこのドラマの魅力を読み取れたかは分からな
>>続きを読む

0

SHOGUN 将軍(2024年製作のドラマ)

4.4

良かった。
7話から物語が熱く燃えてくる。
そして分からなくなってくる。
最後は見事な締め。

2000年代の映画ラストサムライがアメリカの日本の歴史描写の教科書になったように、今度はこのshogun
>>続きを読む

0

1670(2023年製作のドラマ)

4.0

ポーランドギャグドラマ。当時の風刺も現代風刺も混ざっている。
シンプソンズやモンティパイソンのノリで楽しめる。
ポーランドネタは普通に楽しめるが、それでも背景を知らないので一つ一つがへええとなる。ただ
>>続きを読む

0

どうする家康(2023年製作のドラマ)

3.8

いいね。
絵がリッチ。
最新の技術の、背景に巨大なLEDモニターを置いてリアルな情景をつくる手法が生きている。またCGも生かされていて、見ていて画が貧相だったり、舞台セットがわざとらしくてフィクション
>>続きを読む

0

幽☆遊☆白書(2023年製作のドラマ)

3.6

なるほどなあこう実写化したか!
あと綾野剛の戸愚呂弟と滝藤賢一の戸愚呂兄の登場で笑ってしまった。ぴったりだ!その実写イメージはなかったが堅実に合ってるな!
あと主人公二人も合ってた。演技しっかりしてる
>>続きを読む

0

藤子・F・不二雄 SF短編ドラマ(2023年製作のドラマ)

3.9

面白かった。
原作の良いのでドラマ化しても面白い。

「親子とりかへばや」がその中でもよくできていた。
とにかく空気感がいい。そして最初から最期までその空気が漂う世界観が崩れてなかった。構図とテンポも
>>続きを読む

0

ONE PIECE シーズン1(2023年製作のドラマ)

4.4

あれ面白いなこれ。一気に見てしまった。

今まで原色でぶちまけられてたイメージが、一つの世界観に馴染んでいっているようだ。
もう一度原作を見返そうかな。

とにかく良いドラマだった。
次回作も是非期待
>>続きを読む

0

家康と三成のスマホ(2023年製作のドラマ)

3.9

歴史武将のスマホifシリーズ。今回は三成と家康のダブル主演。
このシリーズはハズレがなく、基本面白い。この回も例に漏れず面白かった。

ただ最後が雑だったなあ。今回、視聴者の投票により関ケ原でどちらが
>>続きを読む

0

秀吉のスマホ(2023年製作のドラマ)

4.5

現代のSNS社会のフィルターを通して歴史をデフォルメした短編ドラマ作品。このシリーズはいつもハズレが無いな!今回もめちゃ面白かった。秀吉役の和田正人がハマり役だった。この人あまり知らなかったけどいいね>>続きを読む

0

信長のスマホ(2023年製作のドラマ)

4.6

いいねえ。こういうの好きだよ。
NHK大河、麒麟がくるのような母への愛着障害がモチベや性格に影響してる系の信長。
ちらっと出るけどテレビ通話での秀吉、柴田、丹羽のキャラ好き。
最後の締めいいね。

2
>>続きを読む

0

星新一の不思議な不思議な短編ドラマ(2022年製作のドラマ)

3.9

よかった。
1話を見てから最後のを見るまで日が空いてしまったので、余り覚えてないが、一応記録として書いておく。
星新一は偉大な作家だが、あまりに偉大な為により改善されたり二転三転増やした展開の話が多く
>>続きを読む

0

鎌倉殿の13人(2022年製作のドラマ)

5.0

走りきったな!俺は満足だよ!

大河ドラマかなり見てない方だけど、その中で印象深かったのを4つ選ぶと古い順から
・武田信玄 (1988)
・龍馬伝 (2010)
・平清盛 (2012)
・鎌倉殿の13
>>続きを読む

0

ザ・ボーイズ シーズン3(2022年製作のドラマ)

5.0

面白かった。
復習のために過去の味方を一人一人殺していくというストーリーの軸があったので分かりやすく、かつ自由に物語を膨らませられている。
前作の2期がとっ散らかり、最後が急だった印象があったのであま
>>続きを読む

0

義経のスマホ(2022年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

良かった。大江広元がひろゆきなのは設定的にもそれっぽくてフフっとなった。7話までが真骨頂。最後の8話の勧進帳からはまあ普通に良かった。ちょうど今大河の鎌倉殿をやってるからか前回の、土方のスマホ、光秀の>>続きを読む

0

TRICK(2000年製作のドラマ)

4.0

面白かった。再視聴。今までは穴開きでリアルタイムと再放送で見た程度。
とにかく主人公二人の夫婦漫才が面白いドラマ。あとこの監督お得意のカメラの多アングルからのカットを沢山挟み込む手法もサービス精神旺盛
>>続きを読む

0

スローな武士にしてくれ(2019年製作のドラマ)

4.0

よく出来てた。役者がどなたもいいなあ。特に主演の内野聖陽は最高。この人一人いるだけで話にリアリティがでる。
欲張ると最新機材の説明や使用についてはあと3割増し欲しかったが。客観的に見ると普通に充実した
>>続きを読む

0

新選組!(2004年製作のドラマ)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

総集編3話での感想。
15年ぐらいぶりに見た。
思い出に補正かかって過大評価してるんじゃないかと思ったが、今見ても色あせてなかった。
芹沢と沖田の関係が今も絶妙。芹沢がキャベツやコウノトリを信じてる奴
>>続きを読む

0

幕末相棒伝(2022年製作のドラマ)

2.5

普通に面白かった。正月の家族で見る特番にいいエンタメ具合。

0

土方のスマホ(2021年製作のドラマ)

5.0

面白かった。今だからできる。涙腺ゆるんだ。

0

光秀のスマホ(2020年製作のドラマ)

5.0

面白かった。今だからできる。涙腺ゆるんだ。

0

聖☆おにいさん第III紀(2020年製作のドラマ)

3.0

3期目となると馴染んできた
普通に面白く見れる

0

聖☆おにいさん 第Ⅱ紀(2019年製作のドラマ)

3.0

ゆるいお笑い
前作の1つ目よりか整合性が取れてていい感じ

0

地下鉄道 ~自由への旅路~(2021年製作のドラマ)

3.5

原作を読んだ後に見てみた。なかなかに魅せられた。音と光の雰囲気がいい。追手がいい味をだしてる。捕まっての輸送中の回が好き。黒い果実の回の演出めちゃこわー。

0

全裸監督 シーズン2(2021年製作のドラマ)

4.0

良かった。シーズン2にしてうまく収めた。これで終わりかな。いいドラマだった。

0

警部補 古畑任三郎 3rd(1999年製作のドラマ)

4.0

再視聴。3期は犯人がどれもキャラが立っていて面白い。
人間ドラマとして
#3 古畑、風邪をひく
#6 絶対音感殺人事件
#7 哀しき完全犯罪
好き。

0

警部補 古畑任三郎 2nd(1996年製作のドラマ)

4.0

再視聴。名作。どれもドラマが面白い。無印よりも犯人との対決が充実感ィある。相手が馬鹿じゃなくなってる。
10話のニューヨークでの出来事は白眉。一番好き。
2話の笑わない女と6話のVSクイズ王も好み。
>>続きを読む

0

警部補 古畑任三郎 1st(1994年製作のドラマ)

3.0

再視聴。一人の犯人という人間の機微を細かく描いたドラマ。名作。演技が皆いいなあ。トリックと解決への道筋は薄っぺらくて微妙なのが多い。
ただその中でもミステリーとして3話の笑える死体はなかなか良かった。
>>続きを読む

0

古畑任三郎 vs SMAP(1999年製作のドラマ)

3.0

面白かった。演技も展開もいい。解決への道筋以外は全てよかった。

0

家康、江戸を建てる(2019年製作のドラマ)

3.0

面白かった。いい映像化だった。
原作の小説から大きく脚色がされてたが構造が分かりやすくなりエンタメとして面白くなった。
小説の石切の話なども映像化して欲しい。
後半の小判作りが特に面白かった。
小学生
>>続きを読む

0

ザ・ループ TALES FROM THE LOOP(2020年製作のドラマ)

3.5

テッド・チャンの小説からSF的な理由・根拠を抜いた映画。つまり雰囲気SF。しかしそれが良かった。アメリのSFみたいな読後感。

0