Yusukeさんの映画レビュー・感想・評価

Yusuke

Yusuke

映画(254)
ドラマ(0)

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.5

どんなに真剣な内省であっても、まだそれは真の内省ではない、という。

長い夢から覚めることで、真の現実の認識へと至る、とは限らないはずで、

むしろ朝子は、亮平なんか殺してしまって、麦の元へ帰る方が、
>>続きを読む

軽蔑(2011年製作の映画)

3.7

路地に生まれ落ちた「中本の血」を持つ神の子は、新宿の夜の世界から追いやられる。「路地」解体後の新宮に帰るが、彼にも、そしてまた親戚が一切いない、私生児である彼女にも、何処にも行くあてがない。

なぜな
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.9

とにかく良い顔。終始真顔であった。

善悪の彼岸におられる方には、もう手を合わせるしかない。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.0

紀州の海と山のあいだで、男女の運命にまつわる青春物語。

面を作る神主の家に生まれついた男と、絶世の美女として生まれついた女は、そういった運命を背負う者同士であるからこそ強烈に惹かれ合うのだが、彼らを
>>続きを読む

長江 愛の詩(2016年製作の映画)

3.6

レビュー書いた後に、「長江圖」が、主人公本人による詩集と判明。
-------------------------------

死んだ父が残した、詩集であり、また地図でもある「長江圖」に導かれながら
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.3

フランスの中には、きっとこれを全くもってヒューマニスムなんかではないと断言する人がいることを信じたい。

これをアメリカ的な英雄の物語と捉えてしまうことはできるのかもしれないけれど、それはそれで、浅は
>>続きを読む

雨月物語(1953年製作の映画)

3.8

謎の美女に惹かれる男。それはまさに自分のことではないか。

欲望の翼(1990年製作の映画)

3.5

どうしようもない孤独なマザコン男がひとり。

彼は「本当の母親」を探している。
だが、結局彼が追っているのは抽象的な観念としての母でしかなかった。
彼は周りの女を愛せないし、育ての母親すらも許せない。
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.6

家族というものの形が、もっと自由で、多様であれば良いと思う。

その反面、血縁というものが持つ、呪術的な縛りや争いがあることも、僕の中を流れる血が強く知っている。

血は争えない。その可笑しさを笑い飛
>>続きを読む

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

3.9

台風の夜、声をひそめこっそり家を抜け出す父と息子。

そんなふたりを部屋の窓から心配そうに優しく見つめるふたりの母たち。

海よりもまだ深く人を愛することは、この女たちの、いや女神たちのその眼差しの中
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

コーラ片手にとポップコーンをつまみながら、機嫌良く観ればなおよし。

火宅の人(1986年製作の映画)

4.0

生きていれば、迷いというのは常につきまとってしまうのか。

自分の迷いそのものを切り売りし、小説を書く男に、僕はある種の憧れを感じた。
その迷いは、罪の意識のような暗さはなく、どこかあっけらかんとした
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.9

ひとつの恋愛が終わりを告げることが、決して絶望的な終焉でないという、その最も大切な教訓を、素晴らしい俳優が、美しい音楽が、繊細に描き出す。少年は学び、成長し、生きてゆかんとす。決して死なない。

グザ
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.0

こころのよわい単独者が、それでもなお、やはり、単独者でいなければならない、音楽という理由。良い映画だなあ。

>|