くまじろうさんの映画レビュー・感想・評価

くまじろう

くまじろう

素敵な映画を教えてください!
SFやディズニー系、キャラ系、サスペンス等々が好きな分野です。
洋画邦画何でも見ます、嫌いな分野ありません。

以下採点基準↓

4.5以上 傑作 何度も観たくなる
4.0〜4.4 とにかくオススメ
3.5〜3.9 良作
3.0〜3.4 普通
2.0〜2.9 微妙
1.9以下 うーん

映画(179)
ドラマ(0)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

会社の人がオススメしていたので映画館で鑑賞。

全然クイーン世代では無いし、クイーンの曲も数曲しか知らない。

無知の自分にとってはもう少しスターに成り上がるまでの過程を描いて欲しかった。


それで
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

3.5

3部作の最終話。

1.2と盛り上がりを見せたが、どこか少し寂しい印象。
メインキャラが結構討ち死にしたせいかな。
3部作となるとキャラに思い入れが強くなり過ぎて悲しい。

1対1の戦闘シーンはなかな
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

3.7

常にテンポよく約3時間が気付けばあっという間に過ぎた感覚。

作品に惹きつけられました。
ずっと見ていたいと思える作品です。

激流の中でのアクションシーンが素敵だった。

ロードオブザリングもそうだ
>>続きを読む

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

3.3

足手まといのホビットがだんだんと仲間の信頼を得ていく流れが好き。

3部作ということで、これから盛り上がっていくに違いない。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.2

前作を会社の人に勧められ鑑賞。
前作の最後を見たらこの作品を見られずにはいられない衝動に駆られ、速攻で映画館にて鑑賞。

過去の話が大部分だが、バーフバリ(父)の生き様、母の生き様が素敵。

政権争い
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.3

会社の人がハマっているとのことで鑑賞。

インド映画だからひたすら踊りまくるのかなぁーと思いそこまで期待はしていなかった。

いやいや、バーフバリ最高!
踊りもちょいちょいあるが、嫌にならない丁度良い
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.7

北川景子様がただただ美しい。

現代に欠かせないスマホを題材にしたサスペンス。
誰にでも起こりうる事件という意味ではホラー映画より現実味があって恐ろしい。

スマホはその持ち主の生き写しだが、人は少な
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.3

無感情気味の男性が妻を突然失くし、全てを破壊し、再生していくヒューマンドラマ。

題名から想像していた綺麗な物語ではなかったが、何か心にグッとくるものがあった作品。
好みは分かれると思う。

ギレンホ
>>続きを読む

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントムルージュ)(2012年製作の映画)

1.8

HUNTER×HUNTERが好きだが今更鑑賞。

コミック共関連のありそうなクラピカの過去、クモの過去が絡む展開のため期待していたが、
ストーリー、戦闘共に中途半端な印象。
残念で仕方ない。

インデペンデンス・デイ(1996年製作の映画)

3.6

侵略してくる宇宙船と世界が戦う話。

登場人物は多いが、それぞれのドラマが見事に描かれている。

大統領の宣戦布告のシーンはシビれた。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

ようやく観ました話題作。

あまり期待せずに観ましたが、話題になる理由がわかりました。


こんな分野の映画は今まで観たことがない。


映画製作に全く関わったことのない自分が言うのも何なんですが、
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.1

ニューヨークで英語を学ぶ中で、自分の人生を見つめ直すインドのマダムの物語。

一応留学経験はある私ですが、
留学前に見ておきたかった。。。

インド映画といって敬遠しないで、ぜひ見ていただきたい作品。

アルマゲドン(1998年製作の映画)

3.9

ドワナクローズマイアーイズ

子供の頃でさえ泣いた

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.9

邦画では今のところNO1です。

期待値がそんなに高くなく、
綾瀬はるか主演なので何気なく見た映画でしたが、
号泣号泣。

何より、映像がものすごく綺麗。
モノクロとカラーのコントラスト。
主題歌の奇
>>続きを読む

サヨナライツカ(2009年製作の映画)

4.7

美しい。

純愛というか、待ち続ける・思い続ける女性って居るんですね。

すごい素敵な映画です。

シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年製作の映画)

4.6

少年の初恋を描いた作品。

ものすごく感情移入できる。
最後ヤグラユウヤとともに号泣。

何てったってグランマのキャラが良すぎる。
シュガー&スパイス。
そういう意味だったんですな。。。

この言葉の
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.5

精神年齢低い私にはちょい難しい。
最後の事件はノンフィクションなのか。。。
色々勉強してから見ればよかった。

テッド(2012年製作の映画)

4.5

ものすごく好き。
下品だけど。

少年の頃大事にしてたぬいぐるみ。
感情移入しすぎて、喋り出すって。笑
モフモフモフモフ。

テッド 2(2015年製作の映画)

4.0

1の方が面白いけどテッドファンとしては
テッドが画面で動いて喋ってるだけで満足。

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.9

これは間違いなくNo1映画でしょう。

ほんと綿密に作られている。

5.0をつけると今後、これを超える映画が出た時に点数をつけられないから4.9!

人に薦めるときに間違いなく、この映画を真っ先に薦
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

4.6

まさかの未来に。

時間軸系の映画は大好きですが、ダントツでバックトゥーザ・フューチャーが面白い!

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.8

名作の第三弾。

ドク好き!

1は超えられるわけないけど、それに近いくらい3も好き。まぁ2ももちろん好きではある。

このシリーズは全映画の中で一番好き。

マレフィセント(2014年製作の映画)

4.0

悪役も悪役なりの事情があるのですね。

マレフィセント側からみるとても切ない物語です。

美女と野獣(1991年製作の映画)

4.7

ディズニー映画ではアラジンの次に好き。
黄色いドレスと、青のタキシード、歌がものすごく綺麗。

何度見ても飽きない

アラジン(1992年製作の映画)

4.8

ディズニー映画で一番好きな作品。
全体でも1.2を争う名作。
ホールニューワールドが好きすぎる。

何度見ても良い不朽の名作です。

凶悪(2013年製作の映画)

4.1

何が本当に凶悪なのか。
深く考えさせられる。

タイトル通り凶悪なシーンがちょいちょいあるのでご注意を。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.0

何気なく観たけど、面白い。
完全に騙された。

わかった上で2回目観ると、俳優の演技がまた違った視点で面白く見える

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

4.5

これはオススメ。

バラード第1番に涙が止まらない。

アマルフィ 女神の報酬(2009年製作の映画)

3.8

イタリア綺麗
アマルフィ行きたい

サラブライトマンの歌声も綺麗。

邦画でこんなに綺麗に仕上がるんですね。

予告犯(2015年製作の映画)

3.6

現代に起きそうな事件。
時代にすごい合っていてなかなか良いです。