ROYさんの映画レビュー・感想・評価

ROY

ROY

映画(1646)
ドラマ(90)

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

4.4

猜疑心

A24製作だったんだ

プレッパー

『ツリー・オブ・ライフ』にヒントを得たとか

監督自身の体験がベースとなっている

継父のエゴ

ポスト黙示録

画角が3回変わる

ブリューゲルの絵画
>>続きを読む

Rabbits(原題)(2002年製作の映画)

-

Sitcom

『インランド・エンパイア』の劇中にも登場した映像

かみ合わない会話

最近Filmarksにも追加されたので改めて観賞

DAVID LYNCH THEATERでも見られる

Family Romance, LLC(英題)(2019年製作の映画)

-

家族レンタル

MUBIにて24時間限定無料公開されるとのことで早速観賞

■STORY
理想の父親を演じることに徹する石井裕一。そんな石井裕一のことを小さいときに行方不明になった本当の父親が戻ってき
>>続きを読む

最後の吉原芸者 四代目みな子姐さん -吉原最後の証言記録-(2013年製作の映画)

-

“粋”

大学講義内で観賞

■STORY
2010年に90歳で亡くなるまで現役で活躍した吉原芸者・みな子さんを記録したドキュメンタリー。1919年(大正8年)に北海道で生まれ、9歳のときに家族で上京
>>続きを読む

ウォッチメン(2009年製作の映画)

-

原作コミックをCHAPTER IVまで読んで、我慢できず実写版を見始めてしまった。次はドラマ『ウォッチメン』を見るか、『Dark S3』を見るか迷う。いや、まずコミックを読み切ろう。

少しだけしか読
>>続きを読む

裸のランチ(1991年製作の映画)

3.8

「真実などない。すべて許されている」—ハッサン・イ・サバ

「腕利きのハスラーにも当てることのできない内面の目印がある」—W・S・バロウズ

■STORY
1953年、ニューヨーク。害虫駆除員として働
>>続きを読む

ザ・フライ(1986年製作の映画)

3.8

■STORY
物質移動と遺伝子組み換えについて研究している科学者セスは、物質を別の空間に転移する新装置“テレポッド”を発明する。セスと出会った雑誌記者のベロニカは装置のことを特ダネにしようと彼に提案し
>>続きを読む

デッドゾーン(1983年製作の映画)

4.4

■STORY
交通事故に遭い5年の昏睡状態から覚めた時、手に触れるだけで相手の未来を予知出来るようになった男。ある議員がやがて世界を破滅に導くと知った時、男は自分の使命を感じとる。

■NOTES
>>続きを読む

しとやかな獣(1962年製作の映画)

4.3

■STORY
芸能プロ会計係三谷幸枝は肉体をエサに男たちから金を巻き上げるしたたかな女。男から男を渡り歩き金を巻き上げる、それもすべて長年の夢である旅館開業を実現させるためだった。

■NOTES
>>続きを読む

狼は天使の匂い(1972年製作の映画)

4.2

「いとしき人よ。我々は眠りに就く前にむずかる年老いた子供にすぎない。」—ルイス・キャロル

■STORY
ロマの少女を過失致死させた仏人の男。裁判では無罪だがロマの復讐の掟で命を狙われカナダまで逃れて
>>続きを読む

禁じられた遊び(1952年製作の映画)

4.3

「悲劇と戦禍に呑み込まれし幼き子の何ものにも変えがたき一途にして純粋なる眼差しの力を無垢の昇華とするすべを知りて」

原作はフランソワ・ボワイエの『Les Jeux inconnus』

■STORY
>>続きを読む

秋立ちぬ(1960年製作の映画)

4.7

■STORY
父を亡くし、銀座裏で八百屋を開く伯父・常吉のもとへ、母に連れられやってきた秀男。母は女中として勤め始め、長野から持って来たカブト虫と寂しく遊ぶ秀男。都会の生活に馴染めない秀男の友達は昭太
>>続きを読む

ブリキの太鼓(1979年製作の映画)

4.5

ダーヴィット・ベネントの怪演🥁🎺

■STORY
時は1920年代、ところはポーランド。ポーランド人、ドイツ人、ロシア人、ユダヤ人などが混在する港町ダンツィヒ(現グダニスク)で3歳の誕生日を迎えた少年
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

3.8

『SKIN 短編』は、『SKIN/スキン』公式サイトにて2020年6月12日(金)18時〜6月18 日(木)24時まで期間限定で配信。

■STORY
スーパーマーケットで、黒人の男性がレジに並んでい
>>続きを読む

ザ・ファイブ・ブラッズ(2020年製作の映画)

4.4

FIST UP ✊✊🏻 ✊🏼 ✊🏽 ✊🏾 ✊🏿

■STORY
アフリカ系アメリカ人の退役軍人4名が、現代のベトナムを訪れる。ベトナム戦争当時、彼ら4人は分隊の仲間として同地で戦った。今回の旅の目的は
>>続きを読む

泥の河(1981年製作の映画)

4.5

「あの時少年時代は終わった。いま、痛みの源流へ遡りたい」という公開当時のキャッチコピーにやられた。

生と死

■STORY
高度成長期を迎えつつあった昭和31年の夏、大阪・安治川の河口。川べりに建つ
>>続きを読む

フォーリング・ダウン(1993年製作の映画)

4.5

GOING GOING HOME

ダグラス落ち着くんだ

逆切れ界のわらしべ長者

■STORY
1991年6月12日、ロサンゼルス。朝のラッシュアワーの中、ウィリアム・フォスター(通称“D-FEN
>>続きを読む

沈黙(1962年製作の映画)

4.1

「神の沈黙」3部作の最終章

■STORY
病をもつ翻訳家の姉と奔放に生きる妹、そして妹のひとり息子。三人は列車で母国へ帰途するなか、姉が発作を起こし、途中、ある国で列車を降りる。そこでは全く言葉が通
>>続きを読む

八日目(1996年製作の映画)

3.8

■STORY
ダウン症のジョルジュは母親に会いたくて、犬と一緒に施設から抜け出す。一方、仕事一筋の会社員アリーは、妻と2人の娘に愛想を尽かされて家を飛び出されてしまう。そんな中2人は出会い、次第に心を
>>続きを読む

鏡の中にある如く(1961年製作の映画)

4.3

「神の沈黙」3部作の1作目

「彼女を愛してる。だが無力だ。ただ見守るだけ。彼女が別人に変わってゆくのを...。」

■STORY
夏、孤島にやってきた4人の家族。狂気へと走ってゆく娘に対し親として何
>>続きを読む

オープニング・ナイト(1978年製作の映画)

4.3

加齢・接触・転倒

■STORY
自分の実年齢と新作舞台で演じるヒロインの年齢のギャップがネックとなり、役作りに苦しむ、有名舞台女優のマートル。ある日、彼女は自分の熱狂的なファンと名乗る17歳の少女が
>>続きを読む

こわれゆく女(1974年製作の映画)

4.4

日常

結婚できたら観直そ

■STORY
土木作業の現場監督であるニックと妻メイベル。久しぶりに夫婦水入らずの時間を楽しもうと予定したある晩、夫が急な仕事で帰宅できなくなったのを機に、メイベルは次第
>>続きを読む

鬼婆(1964年製作の映画)

4.5

“暗深(いく)”

太古から現代へ闇を透して通じる

題字は岡本太郎によるもの

モノクロのススキ野原

■STORY
南北朝時代、戦乱により男手を失い餓えた2人の女(姑と嫁)は、殺した落武者から武具
>>続きを読む

津軽じょんがら節(1973年製作の映画)

4.8

初代高橋竹山の津軽三味線&斉藤真一の絵

■STORY
津軽の寂れた漁村。そこは、東京のバーで働いていたイサ子の郷里だった。イサ子はヤクザらしい男を連れている。男は徹男といい、よその組の幹部を刺したた
>>続きを読む

黄金の腕(1955年製作の映画)

4.0

ソウル・バスのアブストラクトなタイトル・デザイン&エルマー・バーンスタインのジャジーな音楽

■STORY
“黄金の腕”とあだ名されるカードの名手フランキーは、六ヶ月の療養所生活を終え、車椅子生活の妻
>>続きを読む

ツィゴイネルワイゼン(1980年製作の映画)

4.3

こんなん初めて見たよ

「浪漫三部作」の一作目

内田百閒の『サラサーテの盤』他いくつかの短篇小説を、生と死、時間と空間、現実と幻想のなかを彷徨う物語として田中陽造が脚色した作品。

奇妙な物語に通底
>>続きを読む

Women Reply(英題)(1975年製作の映画)

-

UbuWebにて観賞

■ABOUT
テレビ局に「女性とは何か」と聞かれて、アグネスをはじめとする数人の女性映画監督が答えた。画面には、裸の妊婦が踊りながら大笑いしている様子が映し出され、アンテネ2に
>>続きを読む

Black Panthers(原題)(1968年製作の映画)

-

UbuWebにて観賞。UbuWeb(ユビュウェブ)は、1996年にアメリカの詩人、ケネス・ゴールドスミスが発行人となり、彼が所有する視覚詩、具体詩の絶版作品を掲載するサイトとして開設された、テキスト、>>続きを読む

フェリーニのアマルコルド(1974年製作の映画)

4.4

🔥🦚❄️🐂

日常の狂騒的横滑り

パンとワイン

■STORY
春が訪れた港町・リミニで、賑やかな家族と暮らす少年・チッタは、学校の悪ガキたちと悪戯三昧の生活を送っていた。チッタは高級娼婦・グラディ
>>続きを読む

砂の女(1964年製作の映画)

4.3

蠢動

原作者の安部公房自らが脚色したこともあって、かなり忠実に再現されていた。

■STORY
教師である仁木順平は、8月のある日新種の昆虫を採集するため砂丘の村にやってきた。日も暮れ、漁師の老人に
>>続きを読む

ルートヴィヒ 完全復元版(1972年製作の映画)

4.2

幻想と破滅

「ドイツ3部作」の最終章

物語は1864年、父の後を継いで18歳でバイエルン国王に即位し、「狂王」と呼ばれ、40歳で謎の死を遂げたルートヴィヒ2世の、音楽家ワーグナーへの傾倒やオースト
>>続きを読む

新学期・操行ゼロ(1933年製作の映画)

4.4

反乱と無秩序

“Bruel, Caussat, Colin... zero for conduct, detention on Sunday.”

本作はフランス政府は1933年にたった1回の上映後
>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

4.6

原作はトーマス・マンの同名小説

マーラーの交響曲第5番第4楽章「アダージェット」がドラマを壮麗に彩る

「ドイツ3部作」の2作目

■STORY
水の都ベニスを保養で訪れたドイツの高名な老作曲家アシ
>>続きを読む

地獄に堕ちた勇者ども(1969年製作の映画)

4.2

欲望

「ドイツ3部作」の1作目

■STORY
1933年、ナチス勃興の時代。巨大な権勢を誇るエッセンベック一族内では家の実権を狙って骨肉の争いが繰り広げられていた。そしてエッセンベック男爵の従兄で
>>続きを読む

幸福(しあわせ)(1964年製作の映画)

4.3

桃の内側は虫に食われていた

もはやホラー

完璧なカラー・コーディネート

■STORY
平凡だが満ち足りた日々を子供たちと過ごすフランソワと妻。そんななか、フランソワは、近くの町のエミリと恋に落ち
>>続きを読む

ひまわり(1970年製作の映画)

3.9

「『ひまわり 50周年HDレストア版』Fan’s Voice独占オンライン試写会」にて観賞

清藤秀人さん、SYOさん、立田敦子さん等によるアフタートークも面白かった。

■STORY
WWII下、陽
>>続きを読む

>|