法月さんの映画レビュー・感想・評価

法月

法月

観た映画を記録として書き込ませてもらおうと思います。とにかく、感じたままに。

気にさわる言葉があったらごめんなさい。
好き嫌いは十人十色。

皆さんの言葉も、参考にさせてもらってます、感謝。

映画(489)
ドラマ(0)

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.7

子供の頃観て、とても印象に残っている映画「暁の7人」。
そのリメイクというか、同じ史実、ハイドリヒ(ナチスのナンバー3)暗殺作戦を描いた映画ということで鑑賞。

思ったより地味。派手さがない。勇猛果敢
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.7

主人公が尋問のスペシャリスト(女性)という設定がまず面白い。

ノオミ・ラパスが強固な意志を持ったタフネスな女を演じてる。
美形とは言い難いし若くもないし色気もないけど魅力的。
ゴツゴツしたアクション
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.9

ヒーローいっぱい、お腹いっぱい!
これだけのキャラ出してそれぞれの活躍場面ちゃんと作ってる、巧いね。

個人的には「ガーディアンズオブギャラクシー」の面々が一番好きだったな。小枝もすっかり大きくなって
>>続きを読む

身体を売ったらサヨウナラ(2017年製作の映画)

-

一流私大から東大大学院へ。その後一流新聞社の政治記者となるも大学生時代にAV出演していた過去がバレて退社、という原作者の情報に触れ興味を持っての鑑賞。

社会的にはセレブな主人公。お金目的ではないAV
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

「レディ・プレイヤー・ワン 」と同時にこの映画を作っちゃうのがスピルバーグのバランス感覚なのね。

手堅く面白い、安心感も絶大。
トム・ハンクスもメリル・ストリープも当然素晴らしい。
けど、今後何回も
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

ボードゲームからテレビゲームへ。
このリニューアル、成功だと思う、面白かった!

居残り命じられた異なるスクールカーストの高校生4人。
アバターに変身してからも、役者たちの達者な演技で(こんな見た目だ
>>続きを読む

過激派オペラ(2016年製作の映画)

2.7

WOWOWぷらすとの宣伝につられて、つい観てしまったんだけど、疲れた.... 好みじゃなかった....

女性だけのアングラ小劇団。そこのトップの演出家、女たらしのナオコと劇団員たちとのあれこれ。
>>続きを読む

赤い文化住宅の初子(2007年製作の映画)

4.0

「赤毛のアン」が嫌い。あんな境遇の子が幸せになれるなんて嘘だ。
(けど、いつも「赤毛のアン」を読んでる.....)

父親は借金作って蒸発、優しかった母は事故死、兄貴は高校中退して荒れてる..... 
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.9

冒頭20分余りのアクション・シーンとラスト20分余りのアクション・シーン、それが全て。
回想シーン多くてストーリーはわかりにくいし中だるみ感は否めないけど、最後の怒涛のアクション見たらもうそんなことど
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

2.5

冒頭の舞台、日本のとある漁村の小料理屋。

なにがどうおかしいのかは指摘できないけれど、たしかにおかしい小料理屋、そして女将。絶対日本人じゃないぞ(>_<)!!!
そして唐突に始まるドンパチ・シーン、
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7

(栄光なき天才たち アメリカ黒人女性編)て、感じ。

人種差別の理不尽さを訴える内容ながら、心えぐられるような表現はなし。清々しい後味を残してくれる一本だった。60年代アメリカのファッションや自動車を
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最初に断っておきます、思い切りネタバレしてます。
あと、松本清張「砂の器」のネタバレになってるかもしれません。
あしからず。



「新参者」シリーズはTVドラマの時から好きで、ずっと追いかけてきた作
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.6

岡崎京子「リバーズ・エッジ」
原作はたしかに読んでいるのだが、内容はまったく憶えてなかった。
映画観ながら、あぁそうだったそうだった、と、徐々に徐々に鬱な気分に呑み込まれていって....


岡崎京子
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.7

原作未読。
サスペンスかと思ったらホラー。
(人を呪わば穴二つ)的なお話でした。

日本ホラー界の鬼才、白石晃士監督がスター俳優使ってどんな映画見せてくれるのかな、と期待してたんですが、なんか、手堅く
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

まさかハリウッド作品でメカゴジラとガンダムの戦いを見れるとは!?
レディプレイヤーワンはスピルバーグが80年代オタクに向けて贈った夢の宝石箱やーーー(≧▽≦)ノ!!!

まぁいうても自分、元ネタの半分
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.2

なんとなく借りて観てしまいましたが、いまいち乗り切れず。

アンジー版にくらべて見た目のインパクト無さすぎでしょ。
まぁ若き日のララってことなんでしょうが.....

いきなり「えっ、卑弥呼?」って思
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

(これじゃー警官、嫌われるはずだよなぁ.....)

映画観終わっての、一番の感想がこれ。

ホテルでの、白人警官による黒人青年たち(白人女性二人含む)に対する長い長い尋問シーン。人権蹂躙も甚だしい。
>>続きを読む

ションベン・ライダー(1983年製作の映画)

3.4

未見の相米慎二作品を観てみようと思いたち、鑑賞。

ロングショット長回し、冒頭十数分なにがなんだかわからない。
どうやら人違いでヤクザに誘拐されたいじめっ子に復讐するためにいじめられっ子三人組がいじめ
>>続きを読む

ONE PIECE ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島(2005年製作の映画)

3.8

「ハウルの動く城」の監督を降板させられた細田守の復活の狼煙作品、だということで鑑賞。

面白い、面白いじゃないですか!
イマジネーション、テンポ、ストーリー運び、文句なしです。
そりぁー子供が観たらち
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

-

予備知識ゼロでこれ観て、面白いですか(?_?).....

まったく面白くなかったわけではないよ、もちろん。
子供時代のはみ出し生徒感だったり、シングル・マザーたちのイキリ感だったり、成長したスペンサ
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

予備知識ゼロで観た。

暗い、重い、全編に漂う不穏感。
殺人を犯し、服役していたという男、八坂。
その男を雇い、家庭にまで迎え入れる町工場経営者、鈴岡。

肝心なことは最後まで語られない、誰もが納得で
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.3

悪党なんだけど憎みきれないベーコンを味わう。
そうそうこの味いつものやつ、て感じ。
けど、ちょっと食い足りない。

嫌いではなかったけれど、もう三、四転がししてくんなきゃなぁ....
子供たちは可愛か
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

面会日に子供たちと観てきました。
「未来のミライ」や「ペンギン・ハイウェイ」と迷ったけど、やっぱり安定のピクサーを選んじゃいました。うん、正解!

これぞエンタメ、かっこいいし笑えるしそれにオシャレ、
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

ジェニファー・ローレンス目当てで鑑賞。
まぁその目的は達成、楽しめました。

逆境で輝く女、怒らせると本当に怖い女ジェニロー。期待どおりです、身体も張ってくれてたし。

アクション控え目、隠で静なスパ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

面白い。立て看板のアイディア、予想を上回る展開、練られた脚本、いろんな面を持ってる登場人物たち、こういう映画、とても好きだ。

単なる復讐譚ではなかった。
人は時に正しさというレールを外れて暴走してし
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.8

原作が鬼才山上たつひこ(がきデカ)×異才いがらしみきお(ぼのぼの)の合作漫画という、ちょっとどうかしてるというか、脂っこい題材を、あの吉田大八監督が映画化ということで、そうとう身構えて観たんですが、あ>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.7

ギフテッドってどういう意味だろう?
観終わってからググってみた。まぁ平たく言うと天才児。神様から特別な才能を与えられた子、ぐらいの意味でいいのかな。

けど、メアリーは自分で天才脳を欲して生まれてきた
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.8

お、ちゃんと商業映画になってるじゃん。
最初の感想がこれ。
(前に観た小林勇貴監督の「孤高の遠吠」が、あまりにも出鱈目だったから)

六平直政、 間宮祥太朗、鳥居みゆき、名のある役者使って手堅いエンタ
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.6

正直想像してたのとは全然違ってて戸惑ってしまいました。
大都会の闇を駆け巡るダークヒーローだと思ってたんです、勝手に....

黒人マイノリティの怒りを悪い白人犯罪者にぶつけまくってスカッとさせてくれ
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.5

監督・原作者・一部出演者と、「ALWAYS」と重なる部分がある本作。
大人も楽しめるファンタジーを狙ってるんでしょうか.....

のほほんとした感じ、嫌いじゃない。嫌いじゃないんですけどね。
なんか
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前にレビューで「ダメダメな男が主人公の話は好物だが、ダメダメな女が主人公の話はだるくて観てらんない」的なことを書いてしまったのだが、ヨシカ、好きだ!とても他人とは思えないぞ(>_<)!!

妄想の世界
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.5

スタジオ・ライカの『コラライン』と『パラノーマン』が大好きなので、期待をこめての鑑賞。

だけど、いまいちのめり込めなかった、残念。
映像はますます凄い!ストップモーション・アニメーションでここまでで
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.2

ワールドカップに夢中でしばらく映画観れず状態、でした(=_=)....

で、ひさびさに観た今作。
なんて優しい映画でしょう、なんと切ない映画でしょう、
好きです無条件にヾ(≧▽≦)ノ

いまどき「ア
>>続きを読む

動乱(1980年製作の映画)

3.3

知ってる場所がロケ地になってるということで確認のために観てみたんですが。 あれーここかなぁ? わからずじまいでした(ーー;)......

高倉健、吉永小百合、初共演という今作。
やっぱり健さんは健さ
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.2

結末知ってる本格ミステリものを楽しむことができるのか?
そんな課題をつきつけられたような映画でした。

結果。やっぱり、ドキドキしないよねぇ(ーー;).....

ケネス・ブラナーのポアロはなかなか貫
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

-

アン・ハサウェイに惹かれてつい借りてしまったのだけど、なんですかこれ????
アン・ハサウェイ、なんでこれに出演したの? 監督、スタッフがお友達なの?

「ダメウーマンの暴力男からの決別物語」でしょう
>>続きを読む

>|