法月さんの映画レビュー・感想・評価

法月

法月

観た映画を記録として書き込ませてもらおうと思います。とにかく、感じたままに。

気にさわる言葉があったらごめんなさい。
好き嫌いは十人十色。

皆さんの言葉も、参考にさせてもらってます、感謝。

映画(508)
ドラマ(0)

友罪(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

瑛太、生田斗真、夏帆、そして言うまでもなく佐藤浩市、みな素晴らしい演技。感嘆させられっぱなしだった。 
けれど....

正直、いろんな要素つめ込み過ぎて傑作になり損ねた作品、て感じ。
「64」の時
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.7

話題作、ようやく観ました。

前半、んー? んーー? んんーー?? で? て感じでしたが、あぁそうくるか、で、なるほど、こうくるのかーーー て感じ。
尻上がりに面白くなっていきましたね。

これは劇場
>>続きを読む

闇のカーニバル(1981年製作の映画)

-

これを観ようと思った理由は、80年代初頭の日本のインディーズ・ロックの映像をちょっとでも見てみたかったから。

で、結局確認できたのはミチロウさんだけ。
しかも演奏シーンなくていきなりボコられるだけ。
>>続きを読む

地獄の逃避行(1973年製作の映画)

3.8

噂には聞いてて、いつか観たいと思ってた映画。
今は、ネット使えばなんとか巡り合えちゃう、便利だね。

「地獄の逃避行」て邦題はなんとかならんか?て思うけど。
(「バッドランズ」のままでえぇやん。まぁ、
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.7

悪意の塊のようでもあり、人間愛も垣間見えるようでもある、とらえどころのない作品。
ハイソでスノッブな主人公、現代アート美術館の高名なキュレーター、クリスティアンの身の回りに怒る悲喜こもごも。

現代ア
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

あの日、あの時に戻って人生やり直せたら....

最初にこのアイディアを物語に取り入れたのは誰だか知らないけど、誰もが一度は考えたことある願望だよね。

この映画も多々あるタイムトラベルもののひとつ。
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.7

これはファンタジーなのか?
と思いながら観始めた本作。

いや、ミステリー? オカルト? まさかSF?....
ぐるんぐるん振り回されましたよ最後まで。

うん、そんなジャンル分けこそが邪道なんですね
>>続きを読む

お引越し(1993年製作の映画)

4.0

相米慎二監督作品を観てみよう第三弾。

といってもこれ、過去に見てて、記憶もはっきりとある。
けれど、独身の時に観たのとバツイチになった今観るのとでは、趣が違う。

離婚を前提に別居する両親。なんとか
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

数秒おきに小ネタの嵐!
前作以上の徹底ぶり、もぅこんなくだらないの、大好きですよ(^^)/

少々残酷でもエロでも、なにしてもデッドプール、嫌みがない。
まぁ元ネタ半分ぐらいしかわかんなかったけど、そ
>>続きを読む

フラミンゴキッド(1984年製作の映画)

3.5

これも昔、観たような観てないような.....
で、終盤のあるシーンで確信、絶対観てる!!

もう、観たかもなぁーて迷った映画は絶対観てるんです!そういうもんです! Filmarksに感想書きこんだらも
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

楽しめましたよ、もちろん!
帝国軍との銀河の平和を賭けた壮大な戦いじゃなくて、ただのアウトローの冒険活劇。宇宙に舞台を変えた西部劇感。
チューバッカ、ミレニアムファルコン、ランドとの出会いをはじめ、ス
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

やっぱしヤクザ映画にぴったしなんは広島弁じゃけぇのぅ....
これ観ると「ばかやろーこのやろー」なアウトレイジが物足りなく感じてしまう。

なにはともあれ役所広司の魅力だね。
そして覚醒する松坂桃李。
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

2.9

AMAZONプライムにあったので、つい鑑賞。

冒頭いきなり走るガール、追う輩たち。
あぁ園子温だ、名前見んでもわかる。
それ以上の感想出てこない。
こういうエキセントリックなだけのモノはもう....
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.7

普通の誘拐ものとは違って、愛する息子を誘拐された母親が戦う相手が誘拐犯だけでなく、身代金を出そうとしない守銭奴の大富豪の義父でもある、という点が面白い。

超が付く大金持ちになり、美術品を買い漁って至
>>続きを読む

風花 kaza-hana(2000年製作の映画)

3.7

相米慎二監督作品を観てみよう第二弾。

旅は道連れ世は情け、ワケあり男女、北への道行き。
別に何がどうというお話ではないのだが、女がキョンキョンで、男が浅野忠信だから惹かれる。ふたりがしょーもないこと
>>続きを読む

ファイブ・イージー・ピーセス(1970年製作の映画)

3.5

 あれ、この映画、前に観たかも......

「アタシの顎にはなんで窪みがあるのか、ママに聞いたの」話、
「メニューにサンドイッチあるのに、なんでトースト出せないんだ?」話、なんか覚え、ある。

そし
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.5

地上波録画鑑賞でゴメンナサイ<m(__)m>

まったく期待してなかったけど、なかなか楽しめた。
ガッキーが可愛い、とにかく可愛い。
OLガッキー、都落ちガッキー、卓球ガッキー、缶詰工場ガッキー、全部
>>続きを読む

BROTHER(2000年製作の映画)

3.5

未見だった北野武作品を鑑賞。
BROTHERって、アニキだったんだ.....

「アウトレイジ」作る前からずっとアウトレイジだったんだなぁ。
この映画でたけし演じるヤクザもアウトレイジの大友そのまま。
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.7

おさるのジョージ、大暴れ。
アメリカ人ってゴリラ好きねぇホント。

もう難しいことなんもいらん、とにかく楽しめました!
ロック様の安定感、そしてウォーキング・デッドのニーガンがいいモンの役で出てる(´
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

3.7

子供の頃観て、とても印象に残っている映画「暁の7人」。
そのリメイクというか、同じ史実、ハイドリヒ(ナチスのナンバー3)暗殺作戦を描いた映画ということで鑑賞。

思ったより地味。派手さがない。勇猛果敢
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

3.7

主人公が尋問のスペシャリスト(女性)という設定がまず面白い。

ノオミ・ラパスが強固な意志を持ったタフネスな女を演じてる。
美形とは言い難いし若くもないし色気もないけど魅力的。
ゴツゴツしたアクション
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

3.9

ヒーローいっぱい、お腹いっぱい!
これだけのキャラ出してそれぞれの活躍場面ちゃんと作ってる、巧いね。

個人的には「ガーディアンズオブギャラクシー」の面々が一番好きだったな。小枝もすっかり大きくなって
>>続きを読む

身体を売ったらサヨウナラ(2017年製作の映画)

-

一流私大から東大大学院へ。その後一流新聞社の政治記者となるも大学生時代にAV出演していた過去がバレて退社、という原作者の情報に触れ興味を持っての鑑賞。

社会的にはセレブな主人公。お金目的ではないAV
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.7

「レディ・プレイヤー・ワン 」と同時にこの映画を作っちゃうのがスピルバーグのバランス感覚なのね。

手堅く面白い、安心感も絶大。
トム・ハンクスもメリル・ストリープも当然素晴らしい。
けど、今後何回も
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.8

ボードゲームからテレビゲームへ。
このリニューアル、成功だと思う、面白かった!

居残り命じられた異なるスクールカーストの高校生4人。
アバターに変身してからも、役者たちの達者な演技で(こんな見た目だ
>>続きを読む

過激派オペラ(2016年製作の映画)

2.7

WOWOWぷらすとの宣伝につられて、つい観てしまったんだけど、疲れた.... 好みじゃなかった....

女性だけのアングラ小劇団。そこのトップの演出家、女たらしのナオコと劇団員たちとのあれこれ。
>>続きを読む

赤い文化住宅の初子(2007年製作の映画)

4.0

「赤毛のアン」が嫌い。あんな境遇の子が幸せになれるなんて嘘だ。
(けど、いつも「赤毛のアン」を読んでる.....)

父親は借金作って蒸発、優しかった母は事故死、兄貴は高校中退して荒れてる..... 
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.9

冒頭20分余りのアクション・シーンとラスト20分余りのアクション・シーン、それが全て。
回想シーン多くてストーリーはわかりにくいし中だるみ感は否めないけど、最後の怒涛のアクション見たらもうそんなことど
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

2.5

冒頭の舞台、日本のとある漁村の小料理屋。

なにがどうおかしいのかは指摘できないけれど、たしかにおかしい小料理屋、そして女将。絶対日本人じゃないぞ(>_<)!!!
そして唐突に始まるドンパチ・シーン、
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7

(栄光なき天才たち アメリカ黒人女性編)て、感じ。

人種差別の理不尽さを訴える内容ながら、心えぐられるような表現はなし。清々しい後味を残してくれる一本だった。60年代アメリカのファッションや自動車を
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最初に断っておきます、思い切りネタバレしてます。
あと、松本清張「砂の器」のネタバレになってるかもしれません。
あしからず。



「新参者」シリーズはTVドラマの時から好きで、ずっと追いかけてきた作
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.6

岡崎京子「リバーズ・エッジ」
原作はたしかに読んでいるのだが、内容はまったく憶えてなかった。
映画観ながら、あぁそうだったそうだった、と、徐々に徐々に鬱な気分に呑み込まれていって....


岡崎京子
>>続きを読む

不能犯(2018年製作の映画)

2.7

原作未読。
サスペンスかと思ったらホラー。
(人を呪わば穴二つ)的なお話でした。

日本ホラー界の鬼才、白石晃士監督がスター俳優使ってどんな映画見せてくれるのかな、と期待してたんですが、なんか、手堅く
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

まさかハリウッド作品でメカゴジラとガンダムの戦いを見れるとは!?
レディプレイヤーワンはスピルバーグが80年代オタクに向けて贈った夢の宝石箱やーーー(≧▽≦)ノ!!!

まぁいうても自分、元ネタの半分
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.2

なんとなく借りて観てしまいましたが、いまいち乗り切れず。

アンジー版にくらべて見た目のインパクト無さすぎでしょ。
まぁ若き日のララってことなんでしょうが.....

いきなり「えっ、卑弥呼?」って思
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

(これじゃー警官、嫌われるはずだよなぁ.....)

映画観終わっての、一番の感想がこれ。

ホテルでの、白人警官による黒人青年たち(白人女性二人含む)に対する長い長い尋問シーン。人権蹂躙も甚だしい。
>>続きを読む

>|